FC2ブログ

『麦茶とドアノー』



〝時間帯にもよるのだろうがこのコロナがなかった時の人並みに戻っている気がする〟
 渋谷スクランブル交差点
人並み…2021年2月14日
GRⅢ RICOH




昨夜の福島沖地震は10年前のあの3·11の余震だと言われている。

つまりは10年前の歪みがここで1つ弾けたと言うことらしい。いずれにしても私の住んでいる港区も相当揺れ、免震構造になっているこの家はまるで船を漕いでいるように長く揺れた。

夜が明けてから土砂崩れがあったという関連の続報が入ってきている。
どうかこれ以上ひどい状況にならないことを心から祈る。



いつも飲んでいる麦茶がなくなり、それが東急の本店の地下でしか購入ができないので午後買いに行った。

人気があるのか…欲しい銘柄のものだけ棚がポッカリ空いていて…店員さんに聞くと在庫がなく、入荷は水曜日になると言う。
仕方がないので買い物もせずそのまま駐車場へ向かった。

行くときには気づかなかったのだが、文化村で写真家ドアノー展をやっていた。
わざわざ車に乗って来て何も買わないで帰ると言うのも癪なので、そのままドアノード展を観ることにした。

ファンの方も多いと思うので、ドアノーについての詳細は割愛するが、時系列で写真を順番に見ていくと多くはキャンディッドフォトと言うよりも、計算されたまたはセッティングされた状態での撮影が多かったことを知る。

そういう意味ではソール・ライターの方に惹かれる。

お時間のある方は3/25まで開催されているので是非。

Comment

Comment Form
公開設定