「サマークリスマス、サマースノー、サマースキー…そしてサマーインフルエンザ…えっ?!」




〝美しい人が美しい花を持って美しい花の美しいディスプレイを覗き込む…〟
 麻布十番
     美しい人と美し花と…2017年8月3日 
                                  X70+WCLX70
                                     FUJIFILM

ちょっとびっくりしたのだけど…クライアントの担当の課長がこの週末インフルエンザに罹った。
インフルエンザA型だったらしい。

正確には先週、大阪で大きな会議があってどうもそこで罹患したらしく…東京に戻って週末に発症。社則により自宅療養を命じられて、やっと今日現場復帰したとメールが入ったのです。

大事に至らなかったので言えることだけど…真夏に、まごうなき真夏に、インフルエンザって…。





んでも大阪の会議の参加者に発症者がでて「そういえば自分もなんだかおかしい」と病院に行くと感染していることがわかり、周りを見渡すと東京、大阪の両営業部長も感染しダウン、当然課員にも感染者がということで…「猛威を振るっている」といってもいい状態になっているらしい。

私の記憶(最近かなり怪しいけど)では、インフルエンザ・ウィルスというのは湿度が60%を越えると活動が鈍くなって人に感染するだけの力を持たない(死滅するわけではないだろうけど不活性化している様な状態なのだろうと思う)と聞いてた。

だから冬場でも室内では加湿し60%をキープしていたのですが…インフルエンザ…湿度への耐性どこまで上がってるの?って思ってしまいました。何しろ「水の中にいるみたい」と言っていた日が感染が広がって日だったので。大阪の猛烈な湿度を乗り越えたインフルエンザ・ウィルスだったってことだし…。

夏だと思って油断しちゃダメって…って話です。





Comment

★kirageegeさんへ
うですね、ご指摘があるまで気付かなかったのですが…オフィスなのでエアコンが入っていたことは事実なので、会議室の湿度が低かった可能性は充分にあります。
エアコンは結果として除湿しますから(最近は除湿しないものもあるらしいのですが)…湿度60%以下のドライな状況になっていた可能性です。


いやいや…エアコンの廃止…無理無理無理(笑)
寝るときに冷蔵庫みたい部屋を冷やしてから寝ないと…全く寝付かれず、結果翌朝(翌日)仕事中に睡魔に襲われるような状況になりますから(実験済み(^o^)アハハ)

去年のような異常な酷暑でもkirageegeさんはエアコンを入れなかったと言うことですから…凄過ぎます。
実際にエコだと思います。
ただ…それが健康的なのかって聞かれるとかなり厳しいのではないでしょうか?
先日もTVで「夏の睡眠対策」って特集で28℃以上の室温の中での睡眠は「熱中症の条件が全部揃っている」という内容でした。
kirageegeさんの状況をお聞きすると、その番組で示されたエビデンスも怪しくなりますが(苦笑)…今の状況でエアコンディショニングしないkirageegeさんはやはり鉄人なんだと思います。

夏は冷蔵庫のような部屋、冬は半袖Tシャツ&短パンという南国スタイル…堕落したダメ人間のボクが酷過ぎるのですけどね。
どうかエアコンフル稼動 許して下さい。

  • 2017/08/08 10:32
  • ★kirageegeさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
もしかして、エアコンが悪さしていたんではないでしょうか。

自宅では、もう何10年もエアコンは使用していない、
というか、壊れて以降そのままにしている状況が続いているので、
最近のエアコンはどうかよくわかりませんが、「冷房」にするだけで
除湿機能が働きますよね。その会議室の湿度はたぶん60%をきっていたんではないでしょうか。
しかもエアコンを介してインフルエンザが拡散したように思われますね。


エアコンなしの生活はいかがですか(^^;

今年は例年になく気温があまり高くないのでけっこう過ごしやすいですよ。
窓を開けているだけです。電気代かかりません(^^)V
  • 2017/08/06 11:26
  • キラジージ
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定