『告白~どうやらバレ無かったので~(3/6)』





〝電気街の夜…〟
秋葉原
電気街の夜…2017年2月10日 
                                            X70
                                          FUJIFILM






 感染症はインフルエンザに限らず“突然発症するもの”だろうし、当然こちら側の予定や都合を一切考慮せずお構いなしにやってくる。今回も『瞼のピクピク』が酷くなって病院に行こうと思った矢先にインフルエンザで外出自粛・禁止になってしまったし。


 しかたなくベッドの上でGoogle先生に相談してみると『薬物の副作用の可能性がある』という。その判断を信じて服用を中止するとピクピクは収まり…とりあえずホッとしたという流れでした。


実は病院だけじゃなくてもう一つ、週末の予定が飛んでびまして…それが髪を切りに行くことでした。つまり美容室の予約をキャンセルしたわけです。




ボクの髪型はいわゆるツーブロックで、こめかみから耳の周りそして襟足まで刈り上げられいて、TOPは少し長めにしで刈り上げ部分に被せているのです。

イメージできますか?


おおよそ月一でカットに行くのですが、髪が伸びるのが早いので、三週間目にはヘアースタイルとしては崩壊してしまうのです。

髪質も毛流も頭の形も管理の難しいタイプで、適当に伸ばしてもそれなりにまとまるタイプの人とは対極にある感じ。面倒臭いことこの上ない。
※剛毛、直毛、絶壁…そして頭皮に対して垂直に生えている。イメージとしては海中のウニみたいな…お分かり頂けますでしょうか?




3週間おきにコンスタントに美容室に行ければいいのですが、店が少し遠く一日仕事になってしまうのでそれもなかなか難しい。

そこで考えたのがセルフカット。
つまり快適に過ごすためには『伸びた部分だけでも、自分で刈ってしまえば良い!!!』と。



で昨年末ついにパナソニックのヘアーカッターを購入しまして、自分で刈ることにしたのです。



ところがこれ実際にやるとなるとかなりハードルが高くて(鏡を見ながらやるのですが、後頭部とかは見えないわけで)、虎刈りになっても困るので『とりあえずセルフカットのやり方』を美容師さんに教えてもらっていたのです。
※「とりあえずセルフカット」=完璧に仕上げるのではなくて”美容室に行く直前の一週間をどうにか乗り越えるだけの『カットの仕方』のこと。



予約をキャンセルをした時点ですでに4週間が過ぎていて髪型は崩壊していたのですが、なにしろ外出自粛ですから仕方ありません。

当然刈り上げの部分は伸び放題、洗面所の鏡の中のボクはうんざりするほどだらしないことになっているのです。
外出をしないから許される姿だという感じで。


明日からいよいよ会社という夜…風呂の鏡には髪もヒゲも伸び放題の自分が写っていて、いくら病み上がりとは言えこれは社会人としてマズイだろうと思い、『良し! セルフカットしてしまおう』
と浴室にヘアカッターを持ち込んで

ジョリジョリ…
ガーガーガー
ジョリジョリ…
と、いい音立てて刈り始めたのです。



Comment

Re: あれ
ご・ご・ごめんなさい…(*'-'*)エヘヘ
上手くまとめられなくて。

  • 2017/02/15 21:09
  • ★ナチョパパ
  • URL
  • Edit
あれ
3/5になってしまった
引っ張れ~☺
  • 2017/02/15 19:02
  • かざはな
  • URL
  • Edit
Re: そういえば
ありました、ありました。床屋話…(笑)
たしか途中で頓挫したままだったかと(^○^)アハハ

鋭い!! マルガリータ! 
この話、次回で終話を迎えますので、是非最後までお付き合いくださいませ。


あああ確かにそれは期待できるレンズですね。
でもそれはきっとMFですよね? 扱える自信がゼロですぅ(^○^)アハハ
最近はもうAF以外でのピント合わせに自信がありません。

段々ポンコツになっていく自分を日々感じています。

  • 2017/02/15 12:52
  • ★kazahanaさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
そういえば
昔 床屋噺がありましたねえ
もしやして今はマルガリータとか (笑)

Voight Lander の大口径単焦点レンズがやたら明るくて重いのですがよく写るのだそうです
もしマイクロフォーサーズのカメラを手に入れたら試してみたいものだと思っております

  • 2017/02/14 01:57
  • かざはな
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定