「だっちゅーの そして 悶絶』




                                    ”ひとひとひとひと”
                                          渋谷
ひとひとひとひと…2016年8月16日
                             X-Pro2 XF10-24mmF4 R OIS
                                       FUJIFILM




娘が中学校に上がった辺りから、夏休みに家族旅行が出来なくなってしまった。クラブの合宿だったり、塾の夏期講習があったりで親の夏休みと娘の夏休みが合わせられない訳です。

以来…夏休みをどう過ごすのか?はそれぞれ計画を立てて、事前に各自家族内告知をして過ごすのが恒例になっている。

で、ボクは?と言えばデザイン学校時代の友人と恒例の“暑気払い”をするのと、14日の昼に”パーソナルトレーニングを受ける“と言うことにしたんです。


これがまあ凄い破壊力でして(苦笑)

50歳近くになって体力作りを始めたのですが、それは日々“倦怠感”や“体力の低下”などを自覚するようになっていて…あゝこのままじゃヤバいな…と一念発起したわけです。

その日からすでに3年目に入っているのですが、挫折することもなくコンスタントにトレーニングしながら、しかも定期的にカウンセリングを受けて体力強化をしているわけです。

で、この夏、普段のカウンセリングではなく有料でパーソナルトレーナーを付けてみることにしたのです。



ーソナルトレーナーはこちら側の目的に沿って普段のトレーニングメニューを確認して再構築、最終的には『追い込む(徹底的に鍛える)』ところまで専属で付き合ってくれるわけです。

詳細を書いてもチンプンカンプンだと思うので、端折りますが…これがとんでもない事になりまして。

いつもトレーニングの後にはきちんと筋肉痛になりますし、そもそも若い時には駅の階段を普通に降りられないほど全身筋肉痛…なんて事もあったので、それなりに“筋肉痛”に馴れていると思っていたのですが、が…今回の筋肉痛は凄かった。


今回は上半身のトレーニングを1時間のオーダーで内容もハードですし、やり方も目から鱗が落ちるほどだったのですが、終わった直後は“まあこんなモノかな”って程度だったのです。

ところが…寝る時間になって大変な事態に。

通常、筋肉痛って翌日とか翌々日に表れる事が多いのですが、まだトレーニング後12時間程度なのに大胸筋がパンパンで…かつて経験したことのない痛みで“眠れない”ほどなんです。

仰向けに寝ると胸が開いて痛いですし、横向きになるとパイレーツの”だっちゅーの”の姿勢になってしまって痛いし、うつぶせは胸が敷き布団に触れて痛いし…もう悶絶です。
(※知らない方のために…パイレーツとは往年の巨乳爆笑王女性芸人のパイレーツですw)

つまりどんな体勢をしても痛みで眠れないほどの筋肉痛になってしまった訳です。

夜中に何度も目覚めて、なんとか寝ようとするのですが…また痛みで目覚めて、みたいな。



二日が経った今日…ここでも不思議な事が。

いつもなら筋肉痛が消えるのに3〜4日かかるので、『経験したことのないこんな痛みだと…1週間はトレーニングできないなぁ』と覚悟していたのです。

しかし、この二日間でほとんど痛みが消えていて、眠れないほどの痛みだったのが嘘のよう。後を全く引かない痛みなのです。

そもそもいつも半分のウエイトのダンベルを使っていたのに、強烈な筋肉痛になったことも含めて、改めてプロによる“追い込み”というのは凄いな…と思った2016年夏でした。

また時期を見てやってみようと思ういます。

運動から遠ざかっている中年諸氏 時には眠れないほどの筋肉痛も悪くないですよ。是非お薦めします。