「思いもよらず…』




                                      ”繰り出そう…”
                                          渋谷
繰り出そう…2016年8月12日

                        X-Pro2 XF10-24mmF4 R OIS FUJIFILM





以前にも書いた事があるけど、ハイレゾの時代にタクシーの中で聞くラジオから聞こえる曲の音質が好きだったりする。
同じように3Dだの4Dだのといっている映画の時代に、途中でトイレに行っても差して気にならない『金曜ロードSHOW!』でみるTVの映画も好きだったりする。

前者も後者も選んで観ると言うよりも、偶然だったり暇つぶしとして観ることがほとんどで、そこでは『映画にクオリティ』を求めたりもしていない。

でも時々そんな中から『思いもよらず惹かれる作品』に出会うことがあるのでラジオやテレビで観る映画が好きなのだと思う。




用を済ませて夕方から少し時間があったので、録画していた映画『海街diary』を観た。こう言っては失礼だが主演者の顔ぶれから、人気女優を集めて、人気漫画の原作をぶつけた企画映画だろう…と思ってたのだ。

ところが見始めるとそのイメージは冒頭10分で覆される。いや長澤まさみさんの仕草とか台詞とか演技を観ていると、あまりに自然で見入ってしまうほどだった。
(※長澤まさみさんだけではなく、出演者の綾瀬はるかさん、夏帆さん、広瀬すずさん、樹木希林さん、大竹しのぶさん、風吹ジュンさん…皆さんそうなんです)

また画面には映っていない所から聞こえる会話(セリフ)なども、”ああ姉妹(家族)ならそういう会話…確かにするよなぁ” ”こういう家族のシーンというのはウチにも有ったな…”とか、一々リアルで妙に心に響くのだ。

※そー言えば、考えてみると、この映画の出演している女優さん達は“常に仕事が切れずに入っている人達”で、その理由が分かるような気がした。

観る前に『アイドル女優さん達の映画』と勝手にレッテルを貼っていたことを“申し訳ない”と思いながら、話のモチーフとしてはハリウッドではなくイギリスやフランスでリメイクしても良い映画になるのではないか…と思ってしまった。



因みに全部観終わった後、TVの映画はカットされているだろうから…と、ネットで配信レンタルしちゃいました。ちゃんと観てみようと。カットされているシーンにも、きっと美しいシーンがあるのではないかと思いまして。

お時間のある方、騙されたと思って…ぜひご覧下さい。