「過去エスカレーターが今日も街のどこかで動き続けている…って話」




          color…2016年6月19日
                       「色の世界を覗いてみる」
                 今宵のBGV: ゆとりですがなにか?(録画再生)



ロッとした白いTブラに紺のガウチョパンツ、そしてペッタンコの白いスニーカーを履いた二十歳代前半の女性が、質の良い黒いシンプルな革のトートバッグを肩から掛けてエスカレーターの前に立っていた。
顔も見えないし正確な年齢も分からないけど、その後ろ姿が若い時に好きだった人に似ていた。

その人の記憶は二十歳代で止まっているけど、実際には50歳近いわけで目の前で背を向けている女性であるはずはないのだけど、白いスニーカーを見ながら懐かしい気持ちになった。


突然女性がが振り向いて、それがその彼女だったらボクはなんと言うのだろうか。

なんだか穏やかに「やあ」って声をかけて、その後は静かに逢わなくなってからの人生の話が出来る気がする。
どんな人生を送っていても、話を聞きながら心は二十歳の頃にきっと戻るのだろうけどね。