「おめでとうございます…成人の皆様」




   圧巻…2016年1月10日
                「赤坂の都営アパートの夜観は実に美しい」


人の皆様 おめでとうございます。本来なら「これからは選挙権もありどうか日本の将来を背負って頑張って…」などと書きたくなるところですが、いつの間にかその権利も18歳にまで引き下げられるので…書けなくなってしまいました。

では20歳になってできる事ってなにって言ったら「飲酒」と「喫煙」と「年金の支払い開始(※学生の場合は申請で免除されますけど)」ぐらいになってしまったわけで。

しかも“喫煙”に関しては、日本のトレンドがマイナスになってしまってるし…飲酒に関して言うと「めでたい」ってほどめでたいわけでもないですし…。そういう意味では「20歳の醍醐味」みたいなものがちょっとスポイルされてしまった気もします。

しかしそれでも今の日本状況を考えると保守であれリベラルであれ「ちゃんと関わっていないと後悔することになる」のは目に見えているので、20歳の祝いの日に少しだけ「自分」と「自分の住む街のこと」、そして「国のこと」を考えてみるのは良いかも知れませんね。

そして国のことを考えながら、ここまで育てて下さったかた(親であったり親族であったり、先生であったり…人それぞれだと思いますが)に感謝の念を伝えるのも良いかと思いますよ。



改めて「成人おめでとうございます」。