『あなたの初夢買います…と言う店が』



   夜の仲見世通り…2016年1月2日
                「少し退廃の香りのする夜の浅草は刹那に美しい」

                      今宵のBGM:Bachianas Brasileras No.5 by Wayne Shorter






寝時に耳栓をするようになってから夢を見ることが少なくなった。見ないわけではないが以前のようなスペクタクルな夢を見るは減ってしまった。
味も痛みも感触もあって、どうかすると覚醒しているときより疲れてしまうことが多かったから、少しホッとしている。でも心のどこかでは少し寂しくもある。

時々以前のような夢を期待して耳栓を外してみるのだが、無音に近い中での入眠に慣れてしまった身体は音に関して過敏になってしまって寝付かれないのだ。



そんな中で今年の初夢。

ボクは首都高速らしき所で車を運転している。と言っても単にドライブをしている状況ではなく、状況は切迫している。薄暗く深い霧のかかった極端に視界の悪い中で運転を強いられているのだ。

誰かを追っているのか、それとも誰かに追われているのか、そしてどこからか逃げているのか分かないが、とにかく命がかかった状況で最新のスカイラインのハンドルを握っているのだ。

既にドアやバンパーなど至る所をガンガンと側壁や辺りの車にぶつけながら疾走している。

気付くと一般道から自宅の駐車場に入っている。エンジンを止め車外に出ると、折れてしまっている左右のドアミラーはコードでぶら下がっているだけなのを確認して『参ったなぁ』と思いながら逃げおおせた事にホッとしているところで目が覚めた。


何の暗示なのか分からないけど、恐怖とちょっとした高揚感で息が荒くなっていた。そしてぐっしょりと汗をかいていた。




『あなたの初夢買います…』なんて店があったら、そこで買い取られた沢山の初夢を覗いてみたい気が…。
皆さんの初夢…どのようなものだったのでしょうか? お聞かせ下さい。







Comment

☆kirageegeさんへ
改めておめでとうございます。

kirageegeさんがコメント下さっている『夢を忘れてしまう』という人が大変多いことを、ここで夢の話を書くようになって知りました。

と言うか、そもそも夢を見ると言う事があまりにも日常だったので、後は“どこまでディテールを覚えているのか”という程度問題だと思っていたのです。

でも実に多くの方が『覚えていない』もしくは『夢を見ていたことは記憶しているのだけど、内容は全く覚えていない』というのです。

(^o^)アハハ 果たして素敵な夢なんでしょうか? 感覚も味も匂いもあるなら、さぞかし素敵な女性が現れてあれよあれよと素敵な関係になる…なーんて事なら良いのですが(苦笑)そういうセクシーな夢を見ることはまったく無く、誰かに追われているとか、世界の秘密(じつはマグロの大トロは工場で作られている)を打ち明けられて、それがバレたら命が危ない…とか(笑)滅茶苦茶な内容なんですから。

2016年も仕事が始まって発のウイークエンドが来ます。毎日『コレ』といった何かがある訳でも無いのですが、それでも日々は刻々と過ぎていくわけで。
あまり進歩がない表現になってしまいますが、それでも”昨日と同じ様な平凡な毎日”を送りたいと思う日々です。

もっとも…昨日と同じ様な平凡な毎日”ってそれなりの努力しないとキープ出来ないのですけどね(笑)

こちらこそ今年も宜しくお願い致します。


  • 2016/01/08 10:58
  • ☆kirageegeさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
こんにちわ
ブログ治ったようですね
良かったです

白クマが流氷に乗っかった置物?
底に吸い取り紙が付いていて余分なインクを吸い取るものでしょうか
何の用途に使われるものかもわからないのですけどお洒落で素敵だと思いました


  • 2016/01/08 10:50
  • 風花
  • URL
  • Edit
遅ればせながら明けましておめでとうございます。

夢を見ない、というか夢をすっかり忘れている人がここにいます(^^;
レム睡眠中に目覚めなかったからなのかもしれませんが、よくわかりません。
でも寝すぎたり二度寝したときなど何か見たような記憶が残っていたりします。
起きたときに疲れていないですね。目が覚めたとき頭はすっきりしています。
これが寝不足だとなかなか起きたくないなぁ~という気分で実際20分も
起きるのが遅くなってしまったりします。

夢をすっかり忘れている私にとって、nachopapaさんや風花さんのような
素敵な夢を見ている人はホント羨ましいです。

今年もよろしくお願いします m(_ _)m
  • 2016/01/05 19:22
  • キラジージ
  • URL
  • Edit
☆kazahanaさんへ:
改めて、明けましておめでとうございます。
いや僕の夢など足下にも及ばぬ超大作の夢じゃないですか! 
なんだかお金をかけた4時間ドラマスペシャル…そんな感じですね。
映像がどこか耽美的に感じるのはkazahanaさんの文章の旨さでしょうか?

なるほど『家庭における年頃の若者の役割』なんだか凄く分かる気がします。
共働きの我が家にとっては仕事の話もありますが、会話の中心になるのは
どうしても娘のことですから…そこに問題が生まれると大きな影響が出るのは必至ですもの。
その先生の仰ったことは真理です(^v^)ニコ 。


今年もまた日々の仕事や行事に追われての一年になると思いますが、
kazahanaさんの一年はいかがでしょうか? 
因みにいつもお気にかけて下さっているナチョは…今年4月にはついに高校生になります。
幼稚園の時から同じ学校なので、娘自身を見るよりも幼稚園の時に感じた『高等部』という
響きが娘の成長を暗に感じさせたりして….。

いつになったら安心してみていられるのか?はなはだ疑問なんですけどね。

いつ拝見してもkazahanaさんがお話しなさる『お兄様』の下りはとても尊敬の念が感じられて
良い文章だなぁと思いますが、夢の中でもその片鱗を感じられて素敵です。

  • 2016/01/04 18:47
  • ☆kazahanaさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
こんばんわ
兄は文学部哲学科でショーペンハウエルの厭世哲学について論文を収めました
私は兄が細かい資料をまとめ 万年筆の裏で書き留めていたのを記憶しています
膨大な資料でした それが個人経営にしてはかなり大きい書店の棚に並んでいるのです
もちろん他の書籍も多く陳列されており 冬らしいちょっと厚着の服装をした客が見ていました
今の時代にはややレトロな感じの自然の素材を用いたきちんとした服装の客が多かったように思います
書店は階層になっており造りは木造でした 棚の厚みも相当なもので6cmはありました
蔵書の種類も多くて多岐にわたっていました お客の層も様々でした
私は書店の中をなんとなく眺めながら 同時に人間観察もしていました
会話がどこか時代がかって聴こえたのはその時でした 昭和初期あるいは大正時代とも
感じられました 話している人の眼鏡はロイド風の丸メガネのようです
服装も現代風ではありません 書架の隙間から見え隠れする他の人の様子もそうでした
やばい例のごとくタイムスリップしてしまったか でも兄の資料はさほど古めかしくもなく
書店は兄と他の家族が経営している様子を感じたのです
耳元でエレキギターのブルースが聴こえてきて目が覚めました 夢だったようです
最近YouTubeで音楽やミステリーものなどを聞き流して眠ることが多いのです
愛用のAKG-K701です イヤーパッドが快適で何時間装着していても違和感を感じません
そんな感じで夢と現実が倒錯する世界に引きずり込まれたのでしょう 危ない危ない

パパ様の耳栓 効果的なのでしょうけど それでも見てしまった夢は本物であるように思えます

高校生のころ谷崎純一郎に傾倒していた国語の先生が 君たちの年齢の若者の
家庭に於ける役割は大切です 君たちがどう過ごすかでその家庭は明るくもなったり
暗くもなったりします 出来ればそれを意識して生活してくださいと教わりました
谷崎の嫁がコメをかみ砕いて一升瓶に吐きだめて焼酎を作った話をし
いいなあ羨ましいですねえと言っておられました
ナチョ様ならば諭すことも必要なく良い若者に育っていかれることと思います
もちろん様々なことがこれからも起こるのでしょうけど
たのしみですね

  • 2016/01/02 22:38
  • 風花
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定