「パンツ㊙の話…」(※一部加筆修正)




   クレバス…2015年10月22日


                                             @永代橋
                       「”雲のクレバス”(※山室さん…これ意図的に斜めです)」
                                               XQ1

              ※写真をクリックすると二段階で大きくなります…是非どうぞ!




日の話はパンツ。ズボンのパンツではなくてアンダーウエアの「下着」のあのパンツの話です。


頻繁に銭湯や温泉に行くとか、ゴルフなどのスポーツをするという人以外は、不特定多数の人達と一緒に「着替えをする」ということ自体が高校卒業と同時に極端に減る。それはイコールで「人の着替えを見る」ということも少なくなると言うことです。


ゴルフもしない、スポーツらしき事もしないボクも他人の着替えに立ち会うのは、せいぜい年に一度の「健康診断」のクリニックで妙なガウンに着替える時くらいだったわけです。

昨年ポンコツな身体に鞭打ってGymに通い始めた事で、知らない人の前で「着替える」事が多くなった。もちろん「他人の着替え」を見ることも増えた。

そこで残念な事に気付いた…そこそこきちんとしたスーツを着ていても「パンツ」つまり下着はパッとしない人が圧倒的に多いということだ。


それが年配者だったら特段驚かないが、ロビーで英語で電話をしている外資系に勤めていそうなスタイリッシュなビジネスマンが…スーツの脱ぐととても残念なパンツだったりするのです。

下着の好みもあるので形については白いブリーフでも仕方ないとは思うのですが、それが伸び伸びだったり、なんだかだらしない感じになっていたり、どう言う基準で選んでいるのか分からない柄パンツだったり、30歳代前半でふんどしだったり(これはビックリした)、驚きの連続なんです。

そして…何より残念なのはトランク姿のパンツ。悲しい感じにしわくちゃになっている人が多くて。
ボクは心の中でそういう人を「デカパンさん」と総称しているのですが…今どきのタイトなシルエットのスーツのトラウザース(ズボン)の中で「股」のところに溜まっちゃって”シワくちゃ”になっているわけです。

想像出来ます? ハンカチの素材みたいなパンツが股と裾のところがクシャクシャ…解説図にした方が良いですね。

          パンツ…2015年10月22日

こんな感じです。

なんだか悲しい…感じなんですわ。

そー言うボクはどうか?というと…以前ブランド縛りがあったことはお話しましたが、ローライズのRLはここに来てワコールのメンズになっていまして。これがいいんです。気持ちの良いタイト感があって(形はボクサー型というのでしょうか?)尚且つ「裾」が折り返しじゃなくて編み立てで薄いのです。

これがズボンの表に当たりが出なくて本当にスッキリしていいのです。ワコールと言うとレディースのイメージがありますが、男性諸氏…値段もブランドパンツの半額ぐらいなので是非お試し下さい。ワコールBROS(品番GT3202)この気持ち良さをお届けしたいのでありました(笑)



Comment

☆kirageegeさんへ:
 いやいや…これは職業とも全く関係ない個人的な主観ですぅ(^_^;ゞエヘ
ッ 何気なく普段考えていていたことを書いたまでで(^_^;ゞエヘッ

そうですか、お母様が手作りの褌を。
今でも普通に売っていたりするのでしょうか? 以前何かで見聞きした中でも褌が体に良い…と
いっていた事は記憶しているのですが、実生活を考えると、やはりなかなか手が出せないです。

ここで書きたかったことの一つなんですが…やはり外見でパッと分かることも大切ですが、
限りなく裸に近付いた時でも高い美意識があるというのは大切なんじゃないか?って思います。

 パンツをはき、シャツを身につけ、ズボンをはき、靴下を履き、ネクタイを締め、ジャケットを羽織る。
その一連でどんどん魅力的になっていくのも良いですが、
ジャケットを脱ぎ、ネクタイを外し、靴下を脱いで、ズボンを脱ぎ、シャツを脱いで…パンツ(下着)一
枚になっても美しさを持っていることを目指したいなぁと。

 もちろん生き物として究極はヌードになっても美しい体があるというのが、最も魅力的なことですけど。



  • 2015/10/24 17:50
  • ☆kirageegeさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
☆99Qさんへ
 いや自分では職業柄だとは思わないのですがw、なんだかスタイリッシュってことを考えていくと
最後は下着って結構重要なパーツなんだなぁと思いました。

以前にも書きましたが、母の実質遺言に近い言葉は、父を心配する母の気遣いだったのですが、
それが下着っていうのもおかしい話ですw

 自分が一番心地良いモノを履くって言うのが大前提ですが、いろんなモノを脱ぎ捨てていく過程で
最後の一枚、身に纏っているパンツだけでも破綻しない美意識は、とても高い究極の美意識だと思います。
 そういう意味では裸が美しいというのが、本当の究極なんでしょうけどね。

 一年に一度、自分の下着を確認して、褌のひもを締めるが如くパンツの点検をするのは良いかもしれません。

  • 2015/10/24 17:35
  • ☆99Qさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
デザイナーともなると、やはり見るところが違うんですねぇ~
ととても感心してしまいました。
確かにそういえばそうだよなぁ~って、どこかの温泉の脱衣所
でのことを頭に思い浮かべながら・・・(^^;

このいいパンツ、息子のに何となく似ているような・・・
僕はといえば、かなり前から褌です (^^)v
締め付けるゴムが基本的に嫌いなだけですけど、
亡くなったおふくろが最初に作ってくれたやつが
ネットで購入したものよりずーっとよく一番でしたね。
  • 2015/10/23 12:39
  • キラジージ
  • URL
  • Edit
パンツの話 面白かったです
人にそんな風に見られているなんて思いもしませんでした
だらしないパンツ、人の振り見て…
ふんどし のヒモを引き締めないといけませんね(笑)
  • 2015/10/22 23:14
  • 99Q
  • URL
Comment Form
公開設定