「墓参りと餃子を喰らう日」




   亀戸餃子…2015年8月15日
                                           @亀戸餃子本店
                             「食べるものは餃子だけ…の本店の潔さが好き」

                                               LX100

       ※不本意ながらあまりにもしっかり人物特定が出来てしまうので…ボカしを入れました。
                       実に不本意ですが・・・。





10:00過ぎ墓参りに行った。多くの企業がこの時期夏季休業に入り、それを「お盆休み」と呼ぶのだが東京のお盆は7月なのだ。つまり東京に限って言えば、この時期は既に“お墓参り”が終わってしまっているのだ。
ただ我が家の場合、8月22日が父の命日と言う事もあり、2012年から「お盆休み」に”命日のお参り”をするのが習慣になっている。


昨日妹が清掃も供花もしていたので、今日は簡単な清掃と線香を供えただけで終わり…手を合わせてそそくさと寺を後にした。

お寺を出た時、急に餃子を食べたくなって…他にまったく選択肢を持たずに「亀戸餃子」に向かった。高樹町→六本木→秋葉原→亀戸…約40分の移動。単に餃子ならどこでも良いのになぜか拘りどころは「亀戸餃子本店」だった。もしかしたら亡き父が行きたがったのかも知れない。尤も父は亀戸餃子を知らなかった気がするが。


馴れないビール(小瓶)と餃子を4枚(一枚に5個)を1350円で食し、その後映画でも観ようと思ったのだが…小瓶のビールが効いて“ネムネム”に。そのまま総武線に乗って一寝入りして、幼い頃に住んでいた吉祥寺辺りまで行ってしまおうかと思ったのだが、その電車は中野止まりだった為に…諦めて帰宅。

特に何って事もない一日だったけど…実はそれがとても贅沢な休みらしい日だったのかも知れないと、一日の終わりに思うのだった。