「被写体にしてみるという試み」





              街中のM…2014年11月30日
                                  @日本橋丸善
                                  「街中のM」

                                      GR






上手く時間が作れなくて思うようにシャッターを切るチャンスが無い時に、普段の暮らしの中にある風景を切り取ってみたら…と思い撮った一枚。あまりにも日常なので他の人が見たらどう見えるのか分からないけど。

時々『撮る写真、いかにも都会って感じですね』と言われる。意識したことが無かっただけに驚いた。ボクの日常の風景、日常の光景は都会的なのだろうか。


あなたの日常の風景…あまりにも日常過ぎて見逃してしまっている光景をスナップしてみませんか。



Comment

★kirageegeさんへ:
いやいや、特に意味があっての使い分けは無いんです。
強いて言うとしたら、その日の行動予定と荷物の量によって変えるって事でしょうか?

小さいカメラの場合はXQ1 
忙しくてもう街のスナップしかない…しかも流し撮りみたいな感じになりそうな時はGR。
気分は35㎜だな…って時はX100sになります。
因みに今日はX100sを持っての通勤です。


(^∇^)アハハハハ! 過分なお言葉有り難うございます。
でもなにも出ませんよ(笑) 
沢山持っているような錯覚があるかも知れませんが、実際には5DmarkⅢもレンズ毎(資産全部)売却してしまいましたし。
カメラに不満は無かったのですが、歳を重ねる毎にシステムを小さくしていっています。
やはり重さが原因で稼働率が落ちている現状があったのです。

きっともう一般的な一眼レフを買う事は無いと思います。
それに…ボクみたいな写真はフルサイズである必要も無いので、ポケットに入ってボクの視神経の延長線上にあるカメラで充分だという気がしています。
結果として…単焦点のレンズを付けて街を歩く事が圧倒的に多いですね。

kirageegeさんも是非、ボケッとにカメラを入れてスナップして歩いて下さい。
ボクはもうカメラをケースにすら入れません。
鞄の中に『生』でゴロン!と入れて使っています(笑)

☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★

> めずらしく? GRでの写真が続いていますねぇ~。
> nachopapaさん、こんにちは。
> いくつものカメラをお持ちのようですが、
> いったいどのように使い分けしているのでしょうか。
> あるいはメインとサブを常に持ち歩いているのでしょうか。
>
> 日頃ポケットにもバッグにもカメラが入っていないので
> 日常を切り取ることができませんし、そもそもセンスがありません。
>
> スナップにはもってこいのGRですが、それに少し近いかなぁ~
> と思われるGXRにA12:28mmを乗っけてたまには
> お昼休みでも職場の近くをぶらついてみようかな(^^;
>
> と思いたくなる素敵なスナップが続いていますよね(^^)/
> 最新のモノクロなんかとてもかっこいい。
  • 2014/12/03 10:28
  • ★kirageegeさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
★naokoさんへ
あゝ確かに漢字のMですね(ん?何だか変な言い方だな…漢字のMって(笑))

過分なお言葉有り難うございます。でもまあちょっと苦し紛れの一枚だったりもするのです。
"ボクの写真が…"という意味では無くnaokoさんの仰っている事良く分かります。

確かに被写体そのものが優れているのでは無くて、そこを見つけて切り取って上げないと
決して主張する事の無いシーンを、確実にファインダー越しに見つけて画像にする…って言うのが
楽しいなぁと思うようになってきました。

と同時に…昔は全く感じなかった、いや正確には好きでは無い写真と言っても良いほどだった
『レンズを意識したポートレート』みたいな写真が一番幸せなんじゃ無いか…って
思うようになりました。

分かり易く言うと…娘がカメラに向かってピースサインをしているような、超個人的な
記録写真的なものです。

いや…プロのカメラマンの写したパリとか異国の写真はそれはそれでとても惹かれるのですが…
なにか最後にふり返る時に一番心穏やかに何度も見返すのは、結局家族や親しい友人の何気ない
一枚なんじゃ無いか?って思うのですよ。

数年前に両親を相次いで亡くして、遺品の整理ってヤツをしたのですが、結構色々な国に行って
いた両親の撮った写真も…風景などは本人以外に然程価値を見いだせない(笑)
でも何気ないシーン(例えばホテルの机の上に置かれた父がいつも使っていたボールペンとか、
そのチェアの背もたれに掛けられたブルゾンとか)の方にグッと来るものがあったりして。

ふり返るのは何か特別な今日では無くて、いつも身近にある生活の構成要素なんじゃ無いか?って
最近思います。
歳を取ったからかも知れませんが…。

☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★

> あ、Mだ!(笑)漢字のM社ね^m^
> Mって逆さまにしたら W?
> と、イミフメイな長い独り言でした(笑)
> こんばんは〜nachopapaさん。
>
> nachopapaさんの切り取った何気ない日常は、
> 何気ないのに絵になるからすごいなぁ〜と思います。
> 被写体はどこにもで転がっているってことなのですよね、うん。
>
> 多くの人が綺麗だ〜と思うような、
> その存在だけで惹きつけられてしまう被写体は
> それだけでそこそこの一枚になるんだけど、
> そうじゃない、多くの人が見落として通り過ぎてしまうようなところに目を向ける、
> カメラの醍醐味かな?とも思います。
> 小さな感動や驚きや嬉しさをカタチに残せるっていい、、修業を積みたいと思います(笑)

  • 2014/12/02 22:16
  • ★naokoさん:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
めずらしく? GRでの写真が続いていますねぇ~。
nachopapaさん、こんにちは。
いくつものカメラをお持ちのようですが、
いったいどのように使い分けしているのでしょうか。
あるいはメインとサブを常に持ち歩いているのでしょうか。

日頃ポケットにもバッグにもカメラが入っていないので
日常を切り取ることができませんし、そもそもセンスがありません。

スナップにはもってこいのGRですが、それに少し近いかなぁ~
と思われるGXRにA12:28mmを乗っけてたまには
お昼休みでも職場の近くをぶらついてみようかな(^^;

と思いたくなる素敵なスナップが続いていますよね(^^)/
最新のモノクロなんかとてもかっこいい。
  • 2014/12/02 12:45
  • キラジージ
  • URL
  • Edit
あ、Mだ!(笑)漢字のM社ね^m^
Mって逆さまにしたら W?
と、イミフメイな長い独り言でした(笑)
こんばんは〜nachopapaさん。

nachopapaさんの切り取った何気ない日常は、
何気ないのに絵になるからすごいなぁ〜と思います。
被写体はどこにもで転がっているってことなのですよね、うん。

多くの人が綺麗だ〜と思うような、
その存在だけで惹きつけられてしまう被写体は
それだけでそこそこの一枚になるんだけど、
そうじゃない、多くの人が見落として通り過ぎてしまうようなところに目を向ける、
カメラの醍醐味かな?とも思います。
小さな感動や驚きや嬉しさをカタチに残せるっていい、、修業を積みたいと思います(笑)
  • 2014/12/01 23:15
  • naoko
  • URL
  • Edit
★鍵コメさんへ:
Mって反対(裏)から見てもMなんですよね(#^.^#)
こんにちわ鍵コメさん

鍵コメさんのお住まいの地域にあるのか、東京だけなのか分かりませんが…
丸善という大きな老舗書店(小物や文具、メガネ、衣料なども取り扱っている日本橋の老舗です)の
エスカレータの踊場での一枚です。

窓の外一杯に写っているのが、百貨店の高島屋日本橋本店です。


鍵コメさんの状況ですが…まずは朗報ですね。
もちろん…色んな事が付帯して必要になるので、喜んでばかりもいられない…と思いますが、
それでも毎日を…一日一日を淡々と過ごしてく事が(色々な思いはあるでしょうけど)
幸せな日々なんだ…と思えますよね。


最近つくづく思うのは、宝物ってその時の相場で価値が変動するようなものは、
実は大した事無いなぁと。
ダイヤでも金でも赤珊瑚でも良いのですが(苦笑)…無いよりはあった方が良いのかも
知れませんけど、『生とか死』とか『人生とか生きる意味』とかそういうものの前では
実に小さな事だと。

本当の宝物って自分の中だけにある小さな思い出の欠片だったり、何度思い浮かべても
優しい気持ちになるシーンだったり、どんなにお金を積んでも手に入らないものの総称の事を
言うのでは無いかって思うのです。

例えば貧しくて明日の生活もおぼつかない状態でそんな呑気な事を言ってられない…という事は
あるかも知れませんが、そんな時こそ自分の中にある宝物を探す…トレジャーハンター的な時間を
過ごすのも悪くない時間の過ごし方かと思いますしね。

2014年の締め括りが静かに優しい締め括りでありますように。

  • 2014/12/01 20:39
  • ★鍵コメさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/12/01 10:10
Comment Form
公開設定