「アンティーク…風?」




                アンティーク…2014年11月9日
                                   @南青山
                   「本物じゃ無くても欲しくなる…”風のもの”」

                             X-E2 XF56㎜ F1.2 R






夢の中に初めて父に買って貰った時計が出てきた。

いや…その表現は正確では無いな。約40年前、父と時計を買いに行ったあの日の夢を見た。子供のボクと今のボクより若い父と買いに行っているのだ。


中央線の荻窪駅から四面道の方へ歩いて数分、青梅街道沿いに大きな時計店があった。その時計店のビルには「SEIKO」の大きな看板があり、バスの車窓からいつもそれが見えていて物心がついた時から「自分の時計はいつかあそこでを買うんだ」と自然に思うようになっていた。
なんの根拠も無いのに。


小学生3年生の時、塾に通うことになりそれを機に自分で時間を管理をするように言われた。そして腕時計を買う事になったのだ。

SEIKOの大きな看板のあの店で。



店に入ると父は息子用の時計を買いに来と告げた。それを聞いた店員が案内したコーナーの時計を見て父は難色を示し、結局「自分の好きな時計を選ぶように」とだけ言って…買ったのはシチズンの時計だった。

グリーンの淡いグラデーションがかったフェイスの美しいもので、一目惚れして買い求めたものだった。初めに案内された子供コーナーのものでは無く、大人用商品の中にある一点だった。

記憶の中の父と夢の中の父が綺麗に重なった。



朝目覚めて画像検索してみた。
検索ワードは…
シチズン
1970年代
グリーンフェイス

そして見つかった…この時計。


この腕時計の解説を読んでよく分かった。当時の物価を調べるととても父らしい買い物だったのだと。


夢の中ではあったけど、本当に久しぶりに父の笑顔を見た。



とても優しい良い笑顔をしていた。









Comment

★kirageegeさんへ:
(^∇^)アハハハハ! 僕はともかくkirageegeさんは本当に忙しいままで変わらないですね(^◇^;)アセ

仕事の方はなんとか首尾よく進んだのですが…kirageegeさんの仰る様に『毎回上手く行く』
とは限らないのです…ボクの力不足なんですけど。

僕の場合は自分の勤めている会社の意向と、クライアントが欲しいと思うデザインを、
可能な限り一致させる…って事がメインなんですね。

そういう意味では”自分の会社の意向だけ”でもダメですし、かと言って
”クライアントの想像の範囲内の着想だけ”では、我が社と契約している意味がない
と言う事になりますし。

つまりは独善過ぎず、程よいバランスのプレゼンをする…というのが毎回頭を悩ます
重要なポイントだったりします。
担当になって10年。未だに前日には100%胃が痛くなる(リアルに痛みがある)のは
失笑ものです。

因みに僕が評価されるポイントは二箇所(二回)あります。

一つ目は自社とクライアントその両者が納得できるデザインがプレゼンできた時。
二つ目は一年後…売れた時です。

一つ目がダメでも二つ目がクリアなら問題がない様に思いますが、実際はそうでも無くて…
『売れてもなるべきではない』…強く言えば『売れれば何でも良い訳じゃない』という矜持を
持ってビジネスをしている面もあって厄介です。

矜持だけじゃ食えませんし(苦笑)

長くなりましたが、なんだそうやって今回は第一関門を通過しました。
これがきちんと形になるように…頑張ります。

☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★


> 休日返上でのお仕事、お疲れ様でした。
> nachopapaさん、こんにちは。
> 僕も昨日は予定どおり9時から21まで仕事でした。
>
> さて、その成果を発揮すべきプレゼン、いかがでしたか。
> きっといつものとおり無事成功したものと推察しております。
>
> 今まで大変だった分、ゆっくりと休養なさってください。
  • 2014/11/28 16:59
  • ★kirageegeさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
休日返上でのお仕事、お疲れ様でした。
nachopapaさん、こんにちは。
僕も昨日は予定どおり9時から21まで仕事でした。

さて、その成果を発揮すべきプレゼン、いかがでしたか。
きっといつものとおり無事成功したものと推察しております。

今まで大変だった分、ゆっくりと休養なさってください。
  • 2014/11/25 12:29
  • キラジージ
  • URL
  • Edit
★naokoさんへ:

そうそう、、、、済みません。
あまりに文章が読み辛かったので、携帯から書き直したのですね。
その時にcomment欄がオンになったり、オフになったりしたようです…
ご迷惑お掛けしました。

あー何だかブログに関して言うと、毎回「シクロニシティー」とは
言わないかも知れませんが、"沢山の偶然"に支配されて"がらくたスッケチ"と
関わりがあるように感じていたのですが、今回も正にそれですね(*^_^*)

きっとボクの中にある「優しかった時間」の多くは、今回の荻窪を始め吉祥寺…
そして電車で行った丸ノ内線の新宿三丁目駅での伊勢丹への通路とか、
とてもピンポイントな思い出が中心になります。
幼かった時の鮮明なイメージがまったく古びる事無く映像として繫がるのです。

その優しかった時間の流れるエリアに本拠地がある(苦笑)naokoさんと、
こうして繫がるのも、またとても素敵な偶然なのだなと思います(^_-)ウン


最近、良く自分の親の事を考えるます。
少し悲しいような、それでいて優しいような、何とも切ない感情なんですが…
もしかしたらボクの心の中で、本当の意味で両親の死を受け入れたって事なの
かも知れません。
2012年からですから…2年近く経ってやっと…って事なんですけどね。

コメント有り難うございました。

☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★

> わ!コメント欄開いた〜
> 以下重複しちゃいますが
> びっくりです〜
> たまたま昨日の夜です、昔の私のブログ記事を探していたのですが…
> その見つけた記事にあったnachopapaさんのコメント、まさにこの時計屋さんのことが書かれていたのです。
> 青梅街道、新星堂、時計屋さん、スポーツ用品店、そこに書かれていたnachopapaさんの荻窪を再び読み返したところでした。
> なんだか私まで(存じ上げないのに)お父様の優しい笑顔を見た気がします。
  • 2014/11/10 22:02
  • ★naokoさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
わ!コメント欄開いた〜

以下重複しちゃいますが
びっくりです〜
たまたま昨日の夜です、昔の私のブログ記事を探していたのですが…
その見つけた記事にあったnachopapaさんのコメント、まさにこの時計屋さんのことが書かれていたのです。
青梅街道、新星堂、時計屋さん、スポーツ用品店、そこに書かれていたnachopapaさんの荻窪を再び読み返したところでした。
なんだか私まで(存じ上げないのに)お父様の優しい笑顔を見た気がします。
  • 2014/11/10 17:10
  • naoko
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定