「お風呂で鼻歌の話」




         omotesando-station 2014年3月22日
                        @表参道駅 「エレベータ脇の綺麗な広告」





春分の日も過ぎて暦の上では春になったのに今日の東京は寒かった。陽射しが「春」しているので心は何となくウキウキするような動きがあるのだけど…11℃とか12℃だと、やっぱりまだ”ダウン”が手放せない。尤も北の方では大雪になってるし全国規模で見ると、そもそも3月じゃ「日本全国春」とは言えないのだけど。


その昔の話なんだけど…人前で歌を唄う事があった。高校を卒業してからは何十年も唄っていなかったのだけど、ここ数年チャンスがあると思い出したように唄う事がある。昔のように唄う事はもう出来ないので…そこはなんだかとっても残念なクオリティなんだけど、楽器を担当しているプレイヤーはドンドン上手くなっているので…爆発的に助けられてなんとか(あくまでもアマチュアとして)人前で披露するレベルギリギリまでなっているの現状なんですね。

で、まあ…最近もそういう事があるのだけど、イマイチ英語の歌を唄うのが辛くて。覚えられないのもあるけど…ちゃんと日本語で歌いなぁと思う訳です。しかもアンプラグドで静かに個性的にアレンジされた歌謡曲を素敵に歌えたらなぁと…。


昨日、入手した大瀧詠一の「EACH TIME」を聴いていたら…なんだか本当にそう思ってしまった。現状を考えるとそれはちょっと難しい。だから今日もお風呂で鼻歌を真剣に歌っちゃうんだな(微笑)


さ、お風呂入ろう!っと。








Comment

Comment Form
公開設定