『本当にビックリなんです』




         さ、朝だ!
                       @Vivan 「明けていく空を見て今日を占う」






~お断り~
まず初めに、本題に入る前に自分の立場を明らかにしておきます。
例の「冷凍食品農薬混入事件」に関してですが、今”容疑者”として逮捕されている人を「犯人」とは思っていません。それは「誰か他に犯人がいる」と言っているのでは無くて、まだ何も明らかになっていない状態で、彼を犯人と決めつけたようなコメントが朝のワイドショーや情報番組であまりにも多く見受けられるからです。
 だけど…やはり刑が確定するまでは「推定無罪」と言う事でいたいと思います。





さて本題。
毒物混入事件の”容疑者が捕まった”という第一報はラジオでした。素直に「何だか嫌な事件だなぁ」と思っていたので、ホッとはしたのだけど、容疑者は内部の人間と聞いて、またいたたまれなくなってしまった。
もちろん外部でも内部でも悪いことには変わりないのだけど、食品を取り扱う会社でその「食品」に悪意を仕込むというのは…なんともイヤな犯罪だなぁと。


 そのニュースを聞いた日の夜、帰宅してテレビをつけると映り出された容疑者の容姿を見てまたショック。49才と聞いていたので勝手に自分や友人を基準に想像していたのだが、容疑者はまるで(僕には)老人に見えてしまうほど、やつれた老いた49才だったのだ。


 日本だと4月に卒入学あるから一つ上みたいな感覚があるけど、国際基準で考えると同い年だと思って良い訳で。そこでまたショックを感じた。
「あゝ同い年か…」と。

 丁度そのニュース画像を見ている時に、古くからの友人とメールでやり取りをしていて「オイオイ49才って…アレ、間違いじゃないのか?」って話をしていたのだが、もしかしたら若い人から見たら、容疑者も僕も同じ様に見えているのかも知れない…というと「それはないだろう」と言う事で話は落ち着いたが、お互いに付き合いが長いから、そこはどうしても基準が甘くなる訳で。


 そう言えば、子供頃に想像する40才以上はまごう無きオジサンな訳で…ある意味、容疑者の容姿に近しい。サザエさんの磯野波平さんが54才設定であることを思うと、容疑者の49才は納得出来る範疇かと。
子供の時に感じた40才よりは、48才の僕は54才の波平に近い訳で…さらにあの容疑者に近いのかなぁと…。


 僕は加齢を「善」としているので構わないのだけど、精神年齢と周りから見られている実年齢のギャップに、最近驚かされることが実に多いのだなぁ。