「記憶のメソッド」:号外

  • Day:2014.01.25 20:26
  • Cat:号外



               聴く
                    @CDG空港 「彼女の記憶のために…」





街の音を記憶することも旅の楽しみの一つだけど、もしあなたが20年後もその街の香りや光景、そしてその時に感じた異国の感覚を記憶に刻み込むなら「音楽」を持ち歩くと良いと思っている。極論で言えばたった一曲で良いから、ホテルで旅の記録をしながら、街でバスを待ちながら、カフェでコーヒーを待つ間、繰り返し曲を聴いてみると良い。

かつての同僚がパリに旅行している時に”音楽と一緒に旅すると、日本に戻ってからもその曲が流れると、心はあっという間に海を越えてParisの自分が蘇るよ”という話をした。彼女が今それを楽しんでいるのか分からないけど…娘にも同じ話をして”やってみると良い!”と成田空港で好きなアーティストのアルバムをDLして…Parisで聴きまくっていた。


何十年後かに、彼女がその曲を聴いたら…午前3時のシャルル・ド・ゴールの光景と、パパの臭いがするマフラーと、なんだかワクワクした気持ちを思い出せるかなと。