「石畳と林檎の芯…」




               清掃人
           @Paris 「仕事姿って本当に格好いいなぁ…と心から思う」






多分、異国に行くことの意義の中に”異文化に触れる”って事がある。日本では常識だと思っていたことが、ある国では非常識だったり、日本では顔をしかめてしまう様な事が、何でも無い…その国では当たり前の事だったり。文化(宗教、歴史、政治体系等々)の中で生まれたルール(法律)やマナー(常識)が違うという事を身を以て体感するというのは、グローバルな今を生きて行こうと考えると大切な事だと思うし、また驚きの多くは”好奇心”に火を点けてくれて…面白く(興味深く)感じる。

少なくとも僕個人のレベルで言うと、日々細かなディティールの違いを感じながら生活をするというのは楽しいことの一つだったりした。


多少の違いはあるにせよ、今の日本に育って欧米諸国でルール(法的な意味)が理解できない!と言う事は…まずないだろう。様々なメディアからリアルタイムでニュースが飛び込んでくるし、生活様式そのものも欧米化しているし。たとえ持っている知識がその国に対するステレオタイプなモノであったとしても…全く異質な価値観である事はまずないだろうと。
※アラブ諸国などになるとまた別なのかも知れないけど。

しかし法的なものでは無く”マナー”に関して言うと…かなり勝手が違ってたりする。

例えば先日話した”タバコの吸い殻を店の床に捨てる”なんて発想は日本人にはまず無い。駅前広場で小さな紙くずを捨てたくてごみ箱を探していると、”道路の側溝に捨てろ。時間が来たら水が流してくれる”とポリスに説明を受けた時には驚いた。後から友人とその話をしたら…"皆が皆ゴミ箱に捨てたら、街の清掃員の仕事が無くなってしまうじゃ無いか!"と言われた事も驚いた。

もちろん、からかわれているのかも知れないし、それが多くの人の意見…つまり”パリ・コンセンサス”なのかどうかは分からないけど、「ゴミを道端に捨てなくなる→ゴミが無くなる→清掃員の仕事が無くなる→失業者が出る」などと考えたことさえ無かったから今でも鮮明に覚えている。



今朝、古くからの友人とメールしていると"今!リンゴ食べながら歩いてる人がいた! ビックリ!!"と今までの話の流れとは違ったフレーズが突然飛び込んできた。

えっ?とボクも驚いた。
と言うのも、驚き方が友人とは逆で…"えっボクも良くリンゴ食べながら歩きますけど…それってビックリなの?!"って。

今は車通勤だから、流石にそれはないけど、どうかすると駅までリンゴ食べながら歩いていたことが普通にあったので。

でもそれって学生時代…パリでできた習慣なんだと思い当たった。確かに正しい日本のマナーから言えば"歩きながら物を食べる"というのは明らかに無作法なのだから。
そしてふと"躾"という観点から言うと、そういう気付かない所でいつの間にか逸脱したものが、娘に受け継がれているのではないかと不安になった朝だった。


もちろん食べたリンゴの芯を石畳みに捨てたりはしないけど。



Comment

★しこちゃんへ;
了解です。いつでも使って下さい。
因みにANGELINA…端にフォークとナイフが写っているモノですか?
何の問題もありません…このblogの相当劣化させているので、データ便で送りますよ。
モノクロで良いですか? お返事待っています。


☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★
> なちょぱぱさん
> 相変わらずセンス溢れる写真が多いですね。
> パリでは沢山のお土産が撮れたのではないでしょうか。
> なちょぱぱさんにお願いがあるのですが、「アンジェリーナ」の写真を私のPower pointに使わせてもらいたいのですが。。。
> 当日、話す内容のタイトルバックにです。
> Webに掲載したりはしませんし、譲ることもしません。
> 無理なお願いでしょうが、<これから始まる感>がマッチングするのです。
> ご検討宜しくお願い致します。
  • 2014/01/18 19:52
  • ★しこちゃんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
なちょぱぱさん

相変わらずセンス溢れる写真が多いですね。
パリでは沢山のお土産が撮れたのではないでしょうか。

なちょぱぱさんにお願いがあるのですが、「アンジェリーナ」の写真を私のPower pointに使わせてもらいたいのですが。。。
当日、話す内容のタイトルバックにです。
Webに掲載したりはしませんし、譲ることもしません。
無理なお願いでしょうが、<これから始まる感>がマッチングするのです。
ご検討宜しくお願い致します。
  • 2014/01/18 13:45
  • しこ
  • URL
★naokoさんへ:
☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆
お褒めの言葉有り難うございます。読みながら「引越とカレーライス」の方に
興味が映ってしまいました(^o^)アハハ 
確かに関連をあまり感じさせない…「風が吹けば桶屋が儲かる」的なコピーは
ちょっと目を張りますよね。
ボクの中でも周期的に起こる意図的につけるタイトルの手法の一つでもあります
(^∀^)ゞ ハイ

そうそう。ありましたよね。今のような感覚では無くて…ちょっと高価なランチ
だった記憶があります。
後で検索をしてみようかと思いますが、感覚で言うと…1000円位のランチを食べて
いるような感覚だったのを覚えています。

僕はお行儀が悪いのか、歩き流れ食べることにさほど抵抗がないのですね。
でもだからといって銀座線の中でコンビニ弁当を食べ始めた人を見た時には…
引きましたけどぉ(笑)
きっとnaokoさんが電車の中で見た人と同じ様な事ですよね…引きます。


僕も先ほど林檎食べました。果物がない人生なんて!のボクでした(^o^)アハハ 
旦那様とわかり合えるなぁ〜(^v^)ニコ


☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★

> タイトルにぐぐっと惹かれます。
> 一見、何の繋がりもない二つの単語の組み合わせですけど、
> 私、こういうの好きでした〜w
> どこかでお話したかもしれませんが、
> 小5の転校生の私、東京に来てたぶん初めて書いた作文が「引っ越しとカレーライス」でした。
> 内容はここでは省きます^^;あとで先生にタイトルがよいねと言われた記憶があって、それが未だにどこかに残っているらしくw
> 時折、好んで使うんです^m^(一見結びつかない二つの言葉)
> なのでドキッとするタイトルです。
> あ、すみません、、横道に逸れました。
> 文化の違い、ここでも話題になっている歩きながらの飲食で思い出すのは、何と言ってもマックが日本初上陸した時でした。
> 三越の一角の窓口のようなお店だったので食べる場所さえなかったわけですが、
> 道で食べる、歩きながら食べる…がこの場所ではまかり通っていました。
> それが常識にならずに良かったと思います。
> で、この記事に逆らうわけじゃありませんが(笑)じゃ〜座って食べればよいかというと、これまたちょっと違う。
> 今、(旅行などでなく)電車の中で平気で食べ始めたりする人に出くわしますぅ、これまた衝撃です。
> 先ほど、林檎を食べました〜(笑) 芯、生ゴミにポイッ!
  • 2014/01/18 08:06
  • ★naokoさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
タイトルにぐぐっと惹かれます。
一見、何の繋がりもない二つの単語の組み合わせですけど、
私、こういうの好きでした〜w
どこかでお話したかもしれませんが、
小5の転校生の私、東京に来てたぶん初めて書いた作文が「引っ越しとカレーライス」でした。
内容はここでは省きます^^;あとで先生にタイトルがよいねと言われた記憶があって、それが未だにどこかに残っているらしくw
時折、好んで使うんです^m^(一見結びつかない二つの言葉)
なのでドキッとするタイトルです。

あ、すみません、、横道に逸れました。

文化の違い、ここでも話題になっている歩きながらの飲食で思い出すのは、何と言ってもマックが日本初上陸した時でした。
三越の一角の窓口のようなお店だったので食べる場所さえなかったわけですが、
道で食べる、歩きながら食べる…がこの場所ではまかり通っていました。
それが常識にならずに良かったと思います。
で、この記事に逆らうわけじゃありませんが(笑)じゃ〜座って食べればよいかというと、これまたちょっと違う。
今、(旅行などでなく)電車の中で平気で食べ始めたりする人に出くわしますぅ、これまた衝撃です。

先ほど、林檎を食べました〜(笑) 芯、生ゴミにポイッ!
  • 2014/01/17 22:47
  • naoko
  • URL
  • Edit
★バウトさんへ

忙しい時にコメント有り難うございます。
あーご理解頂けて良かったです。だからボクの中で旅は”失敗”も”騙された
”も”最高に良い所”も”世界遺産”もどう価値なんです。

もちろん命を落とすような事はあってはならないし、ツアーコンダクターじゃない
けど”帰宅(記憶)して初めて旅は終わった”って事になるわけで。
まずは安全に帰ることが大前提なんですけどね。


考えてみると、電車内で聞こえてくるミュージックプレイヤーからのシャカシャカ音
だって、いきなり車内に入ってきて演奏が始まってなにがしかの金銭を要求される
(もちろん断る権利有り)国では、シャカシャカ音どころの話じゃないですから。

その国でそれぞれ根ざした文化というのを見るのは、醍醐味ですよね。
出来たら…沢木耕太郎のように夜の雑踏の屋台でも平然とメシが食えるような
男に憧れるのですが…実際には携帯用ウォシュレットを持っていった軟弱男です。

ごめんなさい。

(^o^)アハハ

☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆

> 全く同感です。文化の中で生まれたルールやマナーの違いを体感するという事は面白い事でもあります。そしてなぜそれは日本ではダメとされているのかな?と考える機会にもなります。例えばなぜ日本の交通機関は携帯での通話はしないようにと呼びかけるようになったのか?など。
> ぼくはリンゴの歩行かじりはしませんが、軽い食事にリンゴを選択するというところで既に西洋人のイメージです(^-^)
  • 2014/01/17 20:44
  • ★バウトさんへ;ナチョパパ
  • URL
  • Edit
全く同感です。文化の中で生まれたルールやマナーの違いを体感するという事は面白い事でもあります。そしてなぜそれは日本ではダメとされているのかな?と考える機会にもなります。例えばなぜ日本の交通機関は携帯での通話はしないようにと呼びかけるようになったのか?など。
ぼくはリンゴの歩行かじりはしませんが、軽い食事にリンゴを選択するというところで既に西洋人のイメージです(^-^)
  • 2014/01/17 13:26
  • バウト
  • URL
Comment Form
公開設定