シティノイズ シティサウンド 3/3



                 くも くも の そら
                  @日本橋室町 「くも くも の そら」







ックリするような騒音を立てながらガラスゴミを収集するパリの街騒音。
初めは慣れない音にうんざりするし、過敏になり無意識にその時刻になると目覚めてしまう時期もあった。規則やルールに関してルーズなこの国で、珍しくパンクチュアルにやってくるこの騒音は「僕のバリの音ライブラリー」の中の一つになっている。




2003,2004年頃から写真を撮り始めた。
当初はポケットに入る小さなデジタルカメラで、娘や身の回り身近なものを撮っていた。2013年の今、気付けばそれは唯一の趣味となり、腕はともかく画像や写真に関わる時間が、常に生活の中にあって一定割合を占めるようになった。

実はカメラが身近にあるようになって、ちょっとした心の変化があった。
普段、身近にある「街中写真」を撮っている内に「パリの街を撮ってみたい」と思うようになったのだ。留学後も仕事で、度々訪れていた街に今度はプレイべートでカメラを持って行ってみたいと。
あんなに「もう充分…」と思っていたはずの街なのに。


行ったからと言って何か傑作が撮れるとか、どうしても収めたい名所旧跡があるという訳ではない。
なんと言うか…自分にしか面白いと思えないかも知れないけど、”あの街の日常”を写真にしたいなぁと。それはまるで望郷に近い感覚なのかも知れない。第三者から見たら価値のない場所でも、自分には意味のある場所やシーンを撮りたいと。

どうかするとそのパリの雑踏を写した写真の中に、小さくあの日の僕が歩いている姿が写っている…なんて想像して楽しむような感覚なのだ。


渡仏に関して言うと、家内は「ええっー私は良いわぁ。一人で行ってくれば?」という感じなので、この年末に娘と二人で行こうかと計画している。そんな募る思いからすると…ガラスゴミ収集のノイズでさえも、街騒音のノイズではなく、サウンドとして感じていたりするのだな。


そう思うと、何もパリの音だけの話じゃない。普段生活の中でノイズだと思っている音が将来サウンドになる音だった…なんてことは十分ありうる。今は気付いてないけれど。
たとえば朝、娘がバタバタと学校に行く音も無くなってしまったら…いつか懐かしいサウンドになったりしたりするのかも知れないなぁと。



<<<終>>>

Comment

★kirageegeさんへ:
そうなんですよね。
ボクはずっと東京なので「実家」と「居住地」の違いというその辺のリアリティがないのです。
やはり生まれた町と言うのは特別だと思います。

少しケースが違うかも知れませんが、海外から22歳でキリスト教の布教のために来日して、
今年65さんになられたアメリカの人が、日本で暮らしている方が長いのに、未だに外人さんとして
扱われる…(プチ不満)…とおっしゃっていて。

そうやって考えると、日本人の出生地に対する思いは特別に深いのかも…と、思ったりします。
人それぞれにプライオリティが高いか低いかは別にして。


でもふと思ったのですが、程度にもよりますが…車の排気音が少しないと寂しいというか「
怖い」感じがしちゃうのです。
ご存じの通り軽井沢にも家がありますが、そこは夜にやはり虫の音ぐらいで…車の音って聞こえない
のです。
ボクはその状態がちょっと不安な気持ちになります(^0^;)


☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆

> 幼少の頃あるいはもっと小さい頃に聴いた音はやはりサウンドのような気がしますね。
> nachopapaさん、お晩です。
> 都会に住んでいる期間の方が田舎にいた時より圧倒的に多くなっているのに
> いまだに田舎っぺを抜け出せないでいるキラジージです(^^;
> そんな田舎で、できの悪い受験生だった頃、春の田んぼのカエルの合唱や
> 早朝の小鳥たちの囀りはうるさく聞こえたことが何度かありました(^^;
> それでも、豆腐やアイスキャンデーの笛や鐘、行商の魚屋さんの拡声器など
> 今はもうなくなってしまったサウンドがとても懐かしく思い出されます。
>
> 住めば都のはずなのに、この周辺から聞こえてくるサウンドって何?
> ノイズはと言われれば、車の騒音って即答できるんですが、サウンドは??
> これって歳をとったせいの郷愁なのかもしれませんね・・・
  • 2013/07/31 21:01
  • ★kirageegeさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
幼少の頃あるいはもっと小さい頃に聴いた音はやはりサウンドのような気がしますね。
nachopapaさん、お晩です。
都会に住んでいる期間の方が田舎にいた時より圧倒的に多くなっているのに
いまだに田舎っぺを抜け出せないでいるキラジージです(^^;
そんな田舎で、できの悪い受験生だった頃、春の田んぼのカエルの合唱や
早朝の小鳥たちの囀りはうるさく聞こえたことが何度かありました(^^;
それでも、豆腐やアイスキャンデーの笛や鐘、行商の魚屋さんの拡声器など
今はもうなくなってしまったサウンドがとても懐かしく思い出されます。

住めば都のはずなのに、この周辺から聞こえてくるサウンドって何?
ノイズはと言われれば、車の騒音って即答できるんですが、サウンドは??
これって歳をとったせいの郷愁なのかもしれませんね・・・
  • 2013/07/31 01:01
  • キラジージ
  • URL
  • Edit
★鍵コメさんへ:
ウフフ…なんか鍵コメさんはいつも面白いブログを見つけてきますよね(^_-)ウン
でもそれだけ沢山の趣味や嗜好の人がイッパイいるって事ですよね。
考えてみるとボクは最近自転車も含めて「運動的な事」を全くしていないので
ちょっといけないよなぁと…自己反省もしています。
「nachopapa精製計画」
で持つくらいないと行けないかも知れません…(^_^)ゞエヘヘへ

☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★

> 自転車ツーリング再生計画…【鍵コメのため省略】…
  • 2013/07/26 07:25
  • ★鍵コメさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/07/25 22:33
★kazahanaさんへ:
確かにそうですね。
ボクが街の写真を撮るのも、きっとこの街が好きだからなのでしょうね。
生まれてからずっといる街ですから…沢山の思い出がこの町には漂っているのです
(あ、五年間日本に居なかったのですけどね)

何かとそっと捕まえるように写真に出来たら…といつも思いながらシャッターを
押している気がします。

コメント有り難うございました。
※その後、体調はいかがですか?

☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★

> 撮影する街が好きであることが何よりだと思います
> 高石友也さんの歌のように
> 「この街が好きさ 君がいるから
> この街が好きさ 君の微笑みあるから」
> そうありたいものです
  • 2013/07/25 05:50
  • ★kazahanaさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
撮影する街が好きであることが何よりだと思います
高石友也さんの歌のように
「この街が好きさ 君がいるから
この街が好きさ 君の微笑みあるから」
そうありたいものです
Comment Form
公開設定