過去へ…(5/6)



          いたずら天使
                       @仕事「いたずら天使」






藤さんのパン屋を越えて一つ目の交差点を左折すると、当時住んでいた家の裏に出る。
ボクの家があった場所は、家が立ち並ぶ前は畑だったのか、大きなお屋敷だったのか分からないが、古い木造の平屋の小さな家が建ち並ぶエリアの横に、砂利敷きの月極め駐車場を挟んで、ポッカリと八軒だけ建て売りの家が忽然と現れたように建っていた。


正確には、区画を二つに分け、一つのブロックに4つの小さな家をコの字型に並べて建てた形になっている。 家の裏は八軒分の面積相当の畑があった(プロの農家用では無く地主が土地を遊ばせている感じ)。

国立と言う場所は戦後の復興期に「文化的な街づくり」をスローガンに都心のベッドタウンとして開発され、その核となるのは沢山の公団団地だった。広大なエリアに第一から第三までの団地群が形成されていた。それは中学校の生活分布を表にすればよく分かった。商店の自営業者や農家の人を除いたら、生徒多分70%近い人が団地から通っていたと言っても良いほどだった。



 間もなくその家が見えて来るはずの所で、僕はとても強い違和感を感じた。
それが初めはその違和感の原因が何だか分からなかったのが、ボクが住んでいた頃は空き地だった家の裏に、家が建っているのを見て答えが分かったような気がした。

この町の全てのスケールが小さく、サイズ感がおかしくなるほど狭く感じるのだと。




<<<続く>>>



Comment

★miさんへ
> *こんにちは~。
> このいたずら天使ちゃん、何か好きです~。また、見に来ました~。
>
> お話の続き、待っています!




☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★
miさん
有り難うございます(⌒〜⌒)ニコ 実はこれ既に終話していて…
http://nachopapa.blog108.fc2.com/blog-entry-2679.html
是非、最後までお付き合い頂けると有り難いです。

  • 2013/04/28 17:39
  • ★miさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
*こんにちは~。
このいたずら天使ちゃん、何か好きです~。また、見に来ました~。

お話の続き、待っています!
★kazahanaさんへ
> こんばんわ
> バイオリンを弾く天使が どこか時計細工の人形のように思えます
> 指のせいでしょうか 
>
> お話は続くのですね 楽しみです




☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★
あゝ確かにそんな風に見えてきました(^.^) こんにちは kazahanaさん

ここは所謂「結婚式場」で、住宅地の中に突然現れるカテドラルや
洋館なんです。行った時はビックリしました。
調度品も徹底的に拘って作っているので(本物という訳ではありませんが、
丁度ディズニーランドやUSJを想像して頂けると良いかと)、建物の中に
いると日本の住宅地の中である事を失念してしまうほどです。

ボクの住む街にもこの手のブライダルプロデュース系の会社が所有する
建物があるのですが、流行っているのですね。
これは埼玉県まで足を伸ばしてのロケになりました。

きっと神戸にもこの手の会社は沢山あると思います。撮影の邪魔にならない様に、
こそこそと写真を撮っていました(苦笑)



  • 2013/04/24 23:37
  • ★kazahanaさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
こんばんわ
バイオリンを弾く天使が どこか時計細工の人形のように思えます
指のせいでしょうか 

お話は続くのですね 楽しみです

Comment Form
公開設定