過去へ…(2/6)

  • Day:2013.04.18 19:00
  • Cat:write


          ちょっと可愛い
                           @倉敷





 ずは今住んでいる所から最も遠い、国立(くにたち)という東京の郊外にある町に向かった。住んだ時間は最も短かったが、中学校、高校時代という最も多感な時期を過ごした地でもあった。

 ある日、父が突然「子育ての環境は自然が多い方が良いのだ」と宣言して移り住むことになった国立。たぶん他にも事情があったのかも知れない。取引先のお偉いさんが住んでいた小さな家を売却すると聞いて飛びついたらしい。
 「知り合いから家を買う」というのが、得なのか損なのかは分からない。相場に色を付けて購入したものなのか、逆に相場より安価に購入したのかも…分からない。売主も父も亡くなってしまって、詳しい事情は確かめようがないから。

 でも、その小さな中古の建売の家は、九州から進学を期に上京した一人の貧しかった青年が、色々な人に助けられながら、文字通り”裸一貫”で一番初めに手にした「自分の家」だったことは間違いないのだけど。


 中央高速を国立・府中インターで降りた所から、いきなり戸惑った。

と言うのも、高速を降りたエリア一帯が開発されて、当時は存在さえもなかった道路が通り…風景が一変してしまっていたのだ。料金所を過ぎれば大きな弧を描き国道20号にぶつかると思っている頭の中の光景と、実際に目前に表れが景色があまりにも違い過ぎるのだ。

  とりあえず目前に広がる見たこともない分岐で、一瞬左右どちらに進んで良いのか分からず、行き先を指示する看板を素早く捜し、行くべき方向を瞬時に見分け…ウィンカーを点滅させる。この一連の動きにさえあたふたとしてしまった。
そしてやっと記憶の中にある交差点まで到達し、かつての実家を目指した。


<<<続く>>>

Comment

★しょうさんへ
> ナチョパパさんは国立にお住まいでしたか。
>
> 私は社会人になって2年目から隣町?の日野に住んでいたことがありました。やはり引っ越してしばらくしてから(用事があって)行ってみたのですが、その変わり様ったらなかったですね。
>
> 郊外は移ろいが早いですよね。。




★★★★★☆★★★★★☆★★★★★★★★★★☆★★★★★☆
しょうさん こんにちは
そうなんです。国立に住んでいました。
シコちゃんと出会ったのは正にその時代で、中野在住の彼は”畑”を見て
「すげぇ!」と驚いていました。
尤も僕自身が遡ること2年前…凄え!って思っていましたから(苦笑)
気持ちがよく分かりました(^∇^)アハハハハ!

日野ですか?
なるほどなるほど。実際はあまり詳しくないですが、それこそシコちゃんと
出会った学校が微妙な位置にありまして。
全く知らない訳ではないですが、殆ど土地勘がありません。
ただしょうさんの仰る通り、郊外の移ろいは急激で、しかも大規模なんで、
きっと当時歩いた道がなくなっていたりするかも知れません。
道を基準に考えると、やはりどこがどこになるのかが分かり難くなるように思います。

お時間のある時に、また是非日野に行ってみて下さい。
住んでいた頃のしょうさんが希望に満ち溢れた目をして歩いているかも知れませんよ(微笑)


  • 2013/04/27 16:58
  • ★しょうさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
ナチョパパさんは国立にお住まいでしたか。

私は社会人になって2年目から隣町?の日野に住んでいたことがありました。やはり引っ越してしばらくしてから(用事があって)行ってみたのですが、その変わり様ったらなかったですね。

郊外は移ろいが早いですよね。。
★wanwanmaruさんへ:
> 国立や府中が郊外と言えるのかわかりませんが、首都圏の郊外都市は
> 発展著しいと思います。
>
> 僕も30年程前に府中に住んでいたことがあるのですが、当時と今では
> 全然違うんだろうな・・と。
>
> 機会があれば自分が住んでいた場所にもう一回行ってみたいです。





☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★
おやおや…wanwanmaruさん 府中に住んでいたことがあるのですか?
府中と言えば、基本的には隣町ですから、当然何か用事があると
自転車で移動していました。

当然、府中も相当の変化をしているのだと思います。
wanwanmaruさんも是非「過去旅」してみて下さい。
きっと何か自分の知らない世界、いや忘れしまっている過去の世界が
見つかるかも知れませんよ(^_-)ウン

どうですか? この夏…やってみませんか? (⌒〜⌒)ニコ


  • 2013/04/19 23:14
  • ★wanwanmaruさんへ;ナチョパパ
  • URL
  • Edit
★naokoさんへ:
> 国立って国分寺と立川の間なのですよね〜^^
> タクシーの運転手さんに教わったこと、懐かしい〜
>
> お写真は倉敷です^^v やった、ありがとうございます。
> あ〜大人買いしちゃいましょうか。
> シンプルで使いやすそうな器が並んでいますね。
>
> 思い出の家、それはお父様の記念すべき家でもあったのですね。
> そうそう、昔は家を建てることに今より夢や価値がありました。
> 父もそうです、田舎から裸一貫で上京、丁稚奉公(今は死語かなぁ)の末
> 20代にして手に入れた最初の家は「マッチ箱のようだった」と母の弁です。
>
> nachopapaさんが記憶の中にある交差点まで到達〜^^v なんだかドキドキしてきました。


☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★

そうそう…そのタクシーの運転手さんの仰っている事は本当です。
何とも安直な感じのネーミングですが(苦笑)、事実なんですよね。
こんばんは naokoさん

結果として倉敷で写真を撮る事が出来たのは、ほんの数時間だったので
殆ど撮りたいモノをフォロー出来ていないのですが、もしnaokoさんの
心に少しでも留まったのでしたら、naokoさんはやはり倉敷に行って
写真を撮って欲しいなぁと心から思います。

naokoさんなら絶対素敵な写真を一杯撮れると思うのです。是非行って
下さいませ(^.^) naokoさんの倉敷写真…楽しみになってきました。

そして多分…お皿や日用雑貨を沢山買ってしまうと思いますぅ~。


あー完全にnaokoさんのお父様とお母様の「ファースト・マイハウス」
も、沢山の思い出が一杯詰まっているのだと思いますよ。
勿論、僕たちが大人になったらその思いも分かるのですが、でも…
本当の意味で「裸一貫から」というのは僕たちは知らないで済んだのは
僕は郊外の中古の建て売りから、naokoさんの「素敵なマッチ箱」の
お陰…と言う事になります。

この後も話は進みます…どうかお付き合い下さい。



  • 2013/04/19 22:25
  • ★naokoさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
★kazahanaさんへ:
> 思い出の断片を訪ねることになっても ROOTSは続くのですね
>
> 思い出そのものを訪ねることは叶わないまでも
> 断片を確認することが思い出に馳せる心なのでしょう
>
> 時の移ろいの中で思いを馳せると何が見えるのでしょうか
>
> 心かな 



★★★★★☆★★★★★☆★★★★★★★★★★☆★★★★★☆

こんばんはkazahanaさん
鋭い所を突いてきましたね。まさにこの旅の最後に見えるものは
何なのか? とても重要なポイントだと思います。

記憶の断片を集める事で、そこに付随する沢山の思い出を再確認
するような感じになります。

特にこの数年は日本という国も3.11を経験したりで大きな変化が
ありましたが、僕個人の人生も一つのエポックな数年でした。
自分を取り巻く環境も大きく変わったことを思うと…過去を丹念に
紡ぐと何かが見えてくるのでは無いか?って思います。

過去旅…これから時々ふり返ってみたいと思います。


  • 2013/04/19 21:55
  • ★kazahanaさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
国立や府中が郊外と言えるのかわかりませんが、首都圏の郊外都市は
発展著しいと思います。

僕も30年程前に府中に住んでいたことがあるのですが、当時と今では
全然違うんだろうな・・と。

機会があれば自分が住んでいた場所にもう一回行ってみたいです。
  • 2013/04/18 23:13
  • wanwanmaru
  • URL
国立って国分寺と立川の間なのですよね〜^^
タクシーの運転手さんに教わったこと、懐かしい〜

お写真は倉敷です^^v やった、ありがとうございます。
あ〜大人買いしちゃいましょうか。
シンプルで使いやすそうな器が並んでいますね。

思い出の家、それはお父様の記念すべき家でもあったのですね。
そうそう、昔は家を建てることに今より夢や価値がありました。
父もそうです、田舎から裸一貫で上京、丁稚奉公(今は死語かなぁ)の末
20代にして手に入れた最初の家は「マッチ箱のようだった」と母の弁です。

nachopapaさんが記憶の中にある交差点まで到達〜^^v なんだかドキドキしてきました。
  • 2013/04/18 22:00
  • naoko
  • URL
  • Edit
思い出の断片を訪ねることになっても ROOTSは続くのですね

思い出そのものを訪ねることは叶わないまでも
断片を確認することが思い出に馳せる心なのでしょう

時の移ろいの中で思いを馳せると何が見えるのでしょうか

心かな 
Comment Form
公開設定