友好関係…

  • Day:2013.03.09 23:09
  • Cat:
                時の流れと共に…
                            @麻布十番
測史上最も早い夏日だったらしい今日、いかがお過ごしでしたか?
素敵な週末を送っている事をお祈りします…(^_-)ウン


さて話が変わって…、
かつて「3.11の時に手を差し伸べてくれた台湾に感謝をしたいと言う友人と台湾に行ったんです」と言って、台湾の街並みの写真を見せてくれた事があった。

その子の素直な性格がそのまま写真になったみたいな…優しい目線の実に良い写真だった。

その頃、僕も同じ理由(被災した日本にいち早く援助の手を差し伸べてくれた感謝で)台湾に行きたいと思っていたので、その写真達を見ながら台湾に思いを馳せていた。

アジアに限らず様々な所に旅行する彼女のお土産写真は、いつも楽しみにだったけど、昨年末に退職してしまって(とても残念)のだが、旅行好きなその彼女が「台湾は本当に良いですよぉ」と言っていたのが耳に残っている。


そんな中、昨日のWBC(ワールドベースボールクラシック)を観てますます台湾という国に好感を持った。試合は日本がかろうじて勝ったが、選抜チームとしての実力は拮抗していて…殆ど大きな差は無くなってきている。それでも台湾の代表監督は「少しは(日本に)追い付けたかな…と思う」というような発言していて…どこまでも謙虚。

日本は中国と国交を結ぶのと引き替えに、台湾との国交を断絶してしまった(仕方ないのかも知れないが…)。とは言え、やはり民間レベルでは今まで通り、いや今まで以上に台湾と友好関係を作っていけたらなぁ…と切に思うのだ。

Comment

★ローラアシュレイの鍵コメさんへ
★★★★★★☆★★★★★★☆★★★★★★★★★★★☆★★★★★★☆
あゝ確かに気付かれてしまうとなかなか難しい時がありますよね。
この時は…本当に偶然入ってきたに近いのですが、それでもアングルに
入ってしまえばクレーム対象にはなりますよね。


さて続きについて書くと、折角の鍵コメの意味が無くなるので(苦笑)
また改めますね(⌒〜⌒)ニコ

  • 2013/03/10 21:00
  • ★ローラアシュレイの鍵コメさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/03/10 20:37
★naokoさんへ:
> この記事を読んでいたら…
> ふと蘇りました^^
> ナチョパパさん、おはようございます。
>
> 20年以上も前になるのでしょうか、
> 両親や妹家族や、もちろんウチもで11人の小団体(笑)で台湾を旅行したことがありました。
> 今のように新幹線のようなものがない時代、急行電車?でゴトゴト…
> 高雄へも足を伸ばしました。
> 美味しいものをこれでもかってくらい食べ歩いたり…
> みなさん、台湾の方は優しかったし…
> 不思議と異国の感じがしなかったのです、日本の古都を旅しているような
> どこか懐かしさもあったりして、
> す〜っとこころに肌にかな?馴染むという感じでした。。
> ところがところが全然写真がないの^^;
> 両親も元気だった、子供たちも小学生だった、
> 私も若かった(笑)
> その写真がほとんどない、あ〜ちょっと残念、と思いながら読みました。
>
> 初夏を思わせる陽気でしたね。
> 髪をちょっとカットしました^^v
> 10年来のおつき合いでカットしてもらっているのですが、、
> 世間は狭い、、あ、イケナイ長くなるぅ^^;
> この続きはまた〜(爆)





★★★★★★☆★★★★★★☆★★★★★★★★★★★☆★★★★★★☆
★★★★★★☆★★★★★★☆★★★★★
naokoさんへ
 あーなんと素敵な思い出でしょう。お父様を始めお母様も幸せな時間を
過ごされたのがが目に浮かびます。
もちろん旅行をしている高揚感もあるかも知れませんが、本当は旅行
そのものよりも、そうやって娘達と新しく増えた大家族で時間を過ごすことの
幸せ感が、自分が今の歳になると良く分かります。

 僕にその旅行の話をしてくれた女性(元同僚)もnaokoさんと同じ様に
異国と言うよりも「昔の日本という感じでした」って言っていました。

 もしかしたら民族が移動してきた歴史のDNAがリアルに残っているのかも
知れません。
また日本が総督府を置いた時代、統治した時の生活が脈々と残ってきた
こともあるでしょうね。
本家である日本からは既に消えてしまった風景が、無くならずに受け継がれて
来た…と言う事もある気がします。


 写真が残っていないのですね? それは残念です。
当時は今のフォトグラファーnaoko(さん)の片鱗はなかったのでしょうか?
今のnaokoさんがタイムスリップしたら沢山の宝物が生まれたのでしょうけどね。 

 逆に僕は在仏当時、特に深い思いもなく撮っていた家族写真や、友人との
写真が沢山出てきて…ちょっとビックリしました。それらは時間をかけて
デジタル化しました(^_-)ウン

 もしかしたらnaokoさんの妹さんが(写真を)持っている可能性はありますよ。
お聞きになってはいかがでしょうか? (^_-)ウン



 おやおや…気になるところで話が終わってしまって…(^o^)アハハ
思わせぶりなnaokoさんw 何処かでお聞かせ下さいね…(⌒〜⌒)ニコ



  • 2013/03/10 19:57
  • ★naokoさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
★kazahanaさんへ:
> 国家的レベルで考えるのか 国民的レベルで考えるのか いずれにせよ
> 台湾と中国 日本に対して理解と感謝という意味合いでは絶対的に台湾に部があると思います 
>
> このお姉さんが 急にこちらぬ向かって走ってきたらどうしますか (+o+)




★★★★★★☆★★★★★★☆★★★★★
★★★★★★☆★★★★★★☆★★★★★

kazahanaさんへ
 そうですね。全く違うように思います。それに…持っている
FOUNDATIONと言いますか、基本的な考え方が大きく違うように思います。
一概に「モンゴロイド」で括ってしまうのは横暴ですが、それでも民族として
大きく変わらないのに、国民性がここまで違うのは…やはり教育の差なんで
しょうね。

 (^o^)アハハ…そうですね。この女性が突然向かってきたら…怖いですね。
でもちゃんと事情説明して、ご納得頂けない場合はその場で写真を削除する
かも知れませんね。
 尤も…何も悪い写真を撮っているわけではないのですけどね。

  • 2013/03/10 19:27
  • ★kazahanaさんへ:ナチョパパ
  • URL
  • Edit
この記事を読んでいたら…
ふと蘇りました^^
ナチョパパさん、おはようございます。

20年以上も前になるのでしょうか、
両親や妹家族や、もちろんウチもで11人の小団体(笑)で台湾を旅行したことがありました。
今のように新幹線のようなものがない時代、急行電車?でゴトゴト…
高雄へも足を伸ばしました。
美味しいものをこれでもかってくらい食べ歩いたり…
みなさん、台湾の方は優しかったし…
不思議と異国の感じがしなかったのです、日本の古都を旅しているような
どこか懐かしさもあったりして、
す〜っとこころに肌にかな?馴染むという感じでした。。
ところがところが全然写真がないの^^;
両親も元気だった、子供たちも小学生だった、
私も若かった(笑)
その写真がほとんどない、あ〜ちょっと残念、と思いながら読みました。

初夏を思わせる陽気でしたね。
髪をちょっとカットしました^^v
10年来のおつき合いでカットしてもらっているのですが、、
世間は狭い、、あ、イケナイ長くなるぅ^^;
この続きはまた〜(爆)
  • 2013/03/10 09:03
  • naoko
  • URL
  • Edit
国家的レベルで考えるのか 国民的レベルで考えるのか いずれにせよ
台湾と中国 日本に対して理解と感謝という意味合いでは絶対的に台湾に部があると思います 

このお姉さんが 急にこちらぬ向かって走ってきたらどうしますか (+o+)



  • 2013/03/09 23:18
  • kazahana297 風花 かざはな 
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定