安らかに…



                  冬支度しないと…
                      @骨董通り 本当に寒い日でした。





校時代の親友の御尊父が亡くなられ、その通夜が今夜執り行われた。その昔、お小遣いを貰ったり、一緒にお酒の席をご一緒したり、友人がいなくても(彼の)家族と夕飯を食べたり…一方ならぬお世話になったのだ。豪快で優しい笑顔の人だった。


今年は母が亡くなり、父が亡くなり、そして親友の御尊父様まで召されてしまったことになる。そう言う時期なのだと言われればそれまでなのだけど…実に切ない。


多くの人に慕われて1000人以上の近い参列者が並ぶ中、祭壇台の遺影はにこやかに笑っていた。とても良い写真だった。闘病中に一度きちんと挨拶しておくべきだったと…とても大きな後悔をしている。焼香しながら沢山の謝意と、どうかどうか安らかにお眠り下さい…と心から祈った。
明日は告別式だが参列出来ないので、時間が来たら黙祷をしようと思う。



一足先に逝ってしまったボクの両親が、いま彼の御尊父の案内役を買って出ているような気がしている。