同じ根幹4

                 光柱
               @新宿西口地下 光柱 このフロアは昭和と明日が共存している





 一体何人ぐらいの人が気に掛けていてくれたのか分からないけど(苦笑)…12月4日の『同じ根幹…』というタイトルの記事が書きかけなんです。自分も含めて当然…「えっ?何の話だっけ?人が多いのと思うので、
その1…こちら
その2…こちら
その3…こちら
  ↑
これをクリックして頂いて前回の『同じ根幹…』をお読み頂いてから、本日の記事を読んで頂けると有り難いです。


もちろん…強制では無いのですが、今日の記事だけ読んでも、トンチンカンな読感になってしまうので、お手間をお掛け致しますが、お読み頂けると嬉しいです。



 

 この話を書き始めた2011年11月末から、12月初旬に起こったヨーロッパの信用不信は、全く解決出ていない。この年越しにあっても明るい兆しは見えず、むしろ混迷を深めている。

このままではユーロ圏の影響を受けて「世界恐慌まで懸念される」という論調も目立つ。1月14日の時点でフランスを含むユーロの9カ国の国債の格下げが決まった。

 事の発端が『いつ』『どこの国で』と決めることが難しいほど、複雑に絡み合ったヨーロッパ経済共同体の不況の嵐は、脆弱な経済基盤しか無い国から悲鳴を上げ始め、今ではEUの中でドイツ、フランスに継いでの大国…イタリアまで怪しい状態になっている。

実は何年前から徐々に崩壊が始まっていたのかも知れないが、そもそもがマーストリヒト基準に達していなかった可能性があるギリシャなどは…もう自力では立ち上がる国力を持たないだろう。


 ともかくギリシア破綻は単なる一国の崩壊の始まりじゃなくて…結果的にイタリアに飛び火してしまった事になる。

 もちろんこのままでは、健全な財政と思われていたフランスや、ドイツもユーロを支える為に度重なる大きな出費に辛い状況になっている。
このままで行けば「共通通貨の撤廃」なんて事だって可能性としては0ではないだろう。


 ドイツ(フランス)はユーロ通貨の安定の為に、巨額の資金を出しているが…際限なく「資金を要求される」様な現状況が続くなら、ドイツ国民もそれを永遠に許す訳にはいかないだろう。


 ただ…じゃドイツがユーロから脱退出来るのか?と聞かれると…大きな障害がある。
ご存じの通りドイツは輸出産業で成り立っている。つまり日本と同じだ。ユーロ圏の維持と言う「金食い虫」を飼っていたドイツが、それを手放したら…大きな出資をしないで済む。

つまり身軽になったドイツの新マルクは…最も強い通貨になる。ヨーロッパ圏で一人勝ちの通貨


新マルク=最も強い通貨=最も高い通貨=輸出産業で成り立つ国の地獄…って事になる。

それを承知の上でユーロから脱退するかどうかは…もうドイツ国民の選択しかない。

はたしてそれは他山の石なのだろうか? 



いやそうではないだろう。同じように…僕たち日本人も今も選択を迫られている…と思うのだ。

と言うところで…話はまた次回に続くのだ。


本当に長いな…この話。またcomment入らないだろうなぁ…(^o^)アハハ


Comment

★しょうさんへ
しょうさん
あー良かった…コメントが入りました\(^o^)/

正直、期間は空くは、内容は思い切り門外漢だは…とコメントが入らない条件を
揃えたような形になってしまって(^_^;)アセ 
「きっと入らないな…comment」と腹を括っていたのですが、実際に入らないと、
実に寂しい訳ですσ(^_^;) 

心から感謝します(^.^)


そうそう…「総資産でチャラ」と聞くと、皆 「ふーん、なら良いか」って
何故かなっちゃうのです。


けど、総資産でチャラになるって事はどういうことなのか?を考えたことがあるのかなぁと。
それってデフォルトになったら国民との約束
(国債を買ってくれたら利子つけて返すよ!国債は安心よ! なにしろ国が保証しているのですから。契約満期になったらいつでもお返ししますよ
は守れません…って事なんです。

ただ、他国への借金は無いから…国際社会に対してデフォルトは起こさないですよ…ってことですよね?

あのぉ…

例え、海外債務が無くて、他の国にダイレクトな影響を与えないとしても、
自国民に対してデフォルトを起こした国の格付けって(国際的な借款や通貨の安定)…
やっぱり地に墜ちる訳です。
当然今のようなアドバンテージのある状態での "国際的な商い "なんて…有り得ないのです。


だから「日本は大丈夫」ってやっぱり詭弁なんです。
「日本の原子力発電は構造が違うから臨界なんて起こさない。日本は違うんです。」
と力説していたのと同じ匂いがして。




消費税に関して、全くしょうさんと一緒です。
正直ボク等は、バブルの恩恵も殆ど受けていないし…散々使った人達が老人になって年金貰って、
それを支えつつ…次世代が困らないように、ボク等が負担して借金を減らすという、二重苦なんです。
それはまあ良いかなぁとしても、だったら、取るなら「最大の効果」を期待する訳です。

当たり前です。
今の政界の中枢にいる人達が作った借金を代わりに払って上げるのだから、
こっちょの話もちゃんと聞け!って話です。
その中の一つは…イギリス並みとは言わないけど、代議士(国会議員)の待遇をきちんと考えて、
あまたに溢れる天下り先である特別法人の整理など、ちゃんとやってからの話になりますよね。

そしてしょうさんのいう…時期の問題はとても大きいです。
これはよく言われますが、未だかつて(世界で)ただの一つも増税で財政が健全化した国
ってないのです。
東日本の状況を見て本当に今なのか?って事を熟考して欲しいです。


あー長くなりました。パート3で書きたかったことを、殆ど書いてしまいましたが(苦笑) 
いつになるか分かりませんが…是非またコメント下さいませ<m(__)m>

本当に有り難うございました。
おぉ!久々にキマしたね(笑)。

国の背負う借金が今年中に1,000兆円を超えるのは確実で、そのほとんどが日本人の保有している資産でプラマイゼロになるから安心!などと言ってるのは、やはり詭弁と言わざるを得ないでしょうね。そもそも日本人が借金に対してピンと来ていないのは官僚や政治家がそれを露わにしていないからだと思います。「私は国債は買ってないから」というヒトでも、当たり前のように銀行にお金を預けている限り資産が0になる可能性は非常に高いんですよね。。。切羽詰まれば自分で選択を!と思うかもしれませんが、それを巧妙に隠しているという、、、あるいは見て見ぬふりしてるのかな。

「その時」はそう遠くないように思えるのですが。。。話ズレますけど消費税アップ、どう思います?わし、基本的には賛成なんですが、今のこの時期(震災後でまだ復興ままならぬ時期)にやるのはどうかと。本来はこういう時のための国債だと思うんですがね~...。
Comment Form
公開設定