デフォルトが知りたい

                  光り物
                    @渋谷 キンゾク ノ シツカン




中にはドン引きする人がいると思いますが…いつもデフォルトが知りたいと思うのです。全てのものに設定されている…デフォルト。

ちょっと分かり辛いですよね?


説明します。



 例えばカップスープがあると、その箱とか袋の後ろに「作り方」の説明がありますよね。どんなタイプの商品なのかで若干違うのですが、普通は「沸騰したお湯180gを入れて、10秒間かき混ぜて、蓋をして二分お待ち下さい」とか、「かやくをカップに入れて沸騰したお湯を…」とか条件が色々ある訳です。


で…ここで問題になるのがお湯の量です。


モノによって「内側の線まで入れて下さい」と書いてある場合は良いのです。単純に線まで入れれば良いのですから。でも…「◎◎cc」と書いてあるようなものは、正確に指定された量を入れたい…と強く思うのです。当然軽量メジャーで入れることになるのですが…ここで迷いが生まれます。


この180ccの湯量は、お湯になった状態での180ccなのか? それとも180ccの水を沸かしての180ccなのか?と。だって180ccの水を沸騰するまで沸かすと、結構な量が蒸発するじゃないですか! そうすると始めに少し多めの水を沸かしてから180ccをキッチリ計って入れる…と良いのか?と。でも沸騰したお湯を180ccきっかり計るって難しいですよね。


まあそれもスープぐらいなら良いでしょう。それがラーメンとかになると…かなりストレスが溜まります。


カップ麺ではない袋状のインスタントラーメンってありますよね? アレなどは「450ccの水で3分間茹で、一旦火を止めてからスープの素を入れて下さい」というような表記がある訳です。そうすると…この”450cc”はお湯の状態の450ccなのか、水を温めて450ccの沸騰したお湯で450ccなのか?って事がの凄く気になる訳です。



だから計量カップを使ったり、スケールを使ったり…するのだけど、家内はそれを見て閉口している訳です…神経質過ぎじゃない?って(苦笑)



 で、コーヒーなんかもそうなんです。一体一杯当たりのコーヒーに使う豆の量はどの位がデフォルトなんだろう?と。そして…そのデフォルトの豆の量に対して、どの位のお湯がデフォルトなんだろうと…猛烈に気になる訳です。その根底には…一体このコーヒーを作った人は、またはこのインスタントラーメンとを作った人は、またはこのスープを作った人は、どの味を理想と想定してこの商品を作ったのかをまず知りたい訳です。


アレンジするなら、それを知った上で「(僕には)しょっぱい」とか、「僕には濃過ぎる」とか判断したい訳です。


皆さん…デフォルト…気になりません?



追伸:最近決まった僕のデフォルト…コーヒーメーカーのドリップコーヒーは水180ccに9gのコーヒー豆がデフォルトと認定しました。※豆の種類も色々あるので…今の我が家だけしか適応しないルールなんだけど(^_^;)アセ 豆はスターバックスの「ベローナ」挽き方は…ペーパードリップ用です。



Comment

★しょうさんへ
リコメントが遅くなってしまって…スミマセン。

ひゃ~そんなものがあったのですね。
以前ブログの記事で書いたのか? リコメントで書いたのか、
定かでは無いのですが…
「絶対に”使った量”が分かるメーターをつけたら便利だ!」
って書いた事があるのです。もう5年以上前の話です。

でもこうして商品化されているという事は、
やはりそういうニーズが有るって事なんですよね。
同じ事を考えている人がいたなんて、ちょっと嬉しくなります。

ただ…メーカーのホームページを見ると、とんでもない値段なんで、
びっくりしまた。残念ながらウチでは却下されてしまいます(^∇^)アハハハハ!
だったウチがもしポットを買おうと思ったら、予算はその1/3ぐらいです。
ポットに2万5円近くも出すことは出来ませんって(^o^)アハハ

コメント有り難うございました。
こんばんは!!

うちのポット(壊れたオフィスのものでなく、笑)には入れたお湯の量がわかるようになってますよ。⭕イガーのとくこさん(?)ですが。。。
  • 2012/01/12 21:44
  • しょう
  • URL
★tomatoさんへ
こんばんはtomatoさん
御地と比べてはいけませんが…それでも東京も相当寒い日が続いています。
今日(1月12日)はこの一番の寒さでした。

さて…いやもう返す言葉もありません。
確かにその酸素ボンベの「人間の許容量」の話で言われると…
猛烈な小者感が漂いますな…僕 ^^;

一体いつからそんな細かい事にこだわる様になったのか…
全く分から無いのですが(^∇^)アハハハハ!
あまりにも細部にこだわって全体が見れていない…なんて側面もあるから
タチが悪いのです。

まあ全てがキッチリしているならまだ良いのですが、
なんだかどうでも良い事に神経質で、本来もっとちゃんとしなきゃいけない事に
ルースだったりする訳です。

2012年にはその悪癖が治ればいいのですが…どうなります事やらσ(^_^;)

コメントに有り難うございました。
酸素を作る得意先企業にお邪魔したときのことです。
社長がこんな話をしてくれました。
「うちでは、工業用と医療用の酸素を作っています。
 工業用は機械が相手なので基準に極めて正確でないと売物になりません。
 ところが人間相手の医療用は基準の範囲が工業用のものより緩めです。
 これは人体の許容範囲が機械のそれよりもずっと広いからなんですね。
 人間って素晴らしいな強いな、っていつも思っています・・・・」

曖昧な所が人間の良さ、というお話でした。
私になんてピッタリなお話なんだろうと、
それ以来その社長とは意気投合し今日に至っています。
ちゃん、ちゃん(笑)・・・・
  • 2012/01/10 23:34
  • tomato
  • URL
  • Edit
★kirageegeさんへ

(^∇^)アハハハハ!…もう返す言葉もありません。
本当にそうで(苦笑)、嗜好品ですから、最終的には目分量で
全く問題ないのです。

でも知りたい…って思うのです、デフォルトを(笑)

自分でもどんな心理が働いて、こんな状態になっているのか?
全く分からないのですがσ(^_^;)
だから「多分…」と言う仮定の話になるのですが、「作り手の意志」
みたいなものを、ちゃんと理解したいと思うのだと…(^_^;)アセ 

それを理解した上で、「美味い」とか「不味い」とか言わないと
いけないなぁ~とか考えている様なんですが、分かりますか?(^_^;)アセ


誤解のないように書きますが、naokoさんへのリコメントにも
書いたように,
料理を材料から作る時は…目分量で良いのです。
家庭の味って事もありますし…それぞれ違っても何の問題もないのですが。

ところが…既製品というかインスタント食品は、やはりメーカーが追い求めた
味があると思うのです。
多少幅はあってもメーカーの用意している「正解」の味があるので、
それを知りたいのです。

最終的にその味を変えるのは全く問題がないのです。
でも…始めにその設定が知りたいってだけなんです。

自分でも拘り過ぎって言うのは分かっているので(苦笑)、
どうか大目に見て下さい<m(__)m>(苦笑)


コメント有り難うございました。
★kazahanaさんへ

あー確かに。プロの場合はいつ行っても同じ味…と言うのは
大切な事ですよね。
もっと言えば、何年経っても同じ味かも知れませんし、
場合に因っては、何代にも渡って同じ味…かも知れません。

実は味とはちょっと違うのですが、僕の仕事でもある服飾の世界でも
「同じ味」ならぬ「同じ色」と言うのが、最近大きな問題になっています。

と言うのも、Kazehanaさんがおっしゃっている「味を見ながら仕込むべきだ」
と言うのは正解だと思います。と言うのも、僕らが普段使うプリント生地も、
レサイプという「調合」に関するインクの割合はグラム単位で資料としてあるのです。
※レサイプ=レシピみたいなものですね。

ところがここ数十年に渡る繰り返される不況の度にリストラを行い、
高給でもある年配の職人さんを尽く解雇して来たことから、データとしての
レサイプは残っていても…同じ色が出せなくなっていると言う現状があります。


データとしてはきちんとインクの量も、入れる順番も指示書にあるレサイプ通りでも、
実際に生地を染めたりプリントしたりするには、その日の微妙な気温とか湿度、
また染める生地の状況などから、手加減サジ加減あって「色」を再現していたのです。

それが職人さんが居なくなった事で…もう微妙な色調整が出来なくなっている現状があります。

Kazehanaさんの言う「味見して味を決めろ」と同じ様に「見て色を決めろ」が
出来ないのですね。

リコメントが長くなりました。コメント有り難うございました。

★naokoさんへ 

お早いお越し有り難うございます。

(^∇^)アハハハハ! ですよねぇ(汗)。
いや僕も料理はある意味 適当なんです。
この場合の料理って言うのは、ちゃんと材料を買ってきて
作るものの事です。

神経質になってしまうのは…インスタント食品とか、
一応誰かが設定した「基準味」があるものに対してなんです。

↑ でkirageegeさんが例に挙げているみそ汁などは、
本来家庭毎に基準が違うものでしょうから、勘で一向に構わない訳です。

でも中華三昧は違うだろうと。

ちゃんと計らないと、作った人の数だけ違う味の中華三昧が出来上がっちゃう
と考えると、もう居ても立っても居られなくなります^^;
メーカーが想定した味はどんな味なのだろう?と。

もし精神科医が見たら、、何らかの精神的疾患を僕に見つけるかも
知れません(^∇^)アハハハハ!


そうそう。お菓子に関してはシビアに計測して作らないと、
膨らますべきものが膨らまなかったりしますから。
どうしても神経質になりますよね。
僕、完全にB型なのですが…行動はA型と言われます(苦笑)
その割にはだらしないのは、根底はB型ってことなんですが( ̄(工) ̄)ウッシシ

いつからそんな事になってしまったのか…自分でも良く分からないのですが^^;
naokoさんと僕を足して2で割ると丁度良いのかも知れません(苦笑)

コメント、有り難うございました。
嗜好品の類でそれだけ神経質になってどれだけ良いことがあるのかなぁ~(^^;
nachopapaさん、お晩です。
仕事以外では相当いい加減なkirageegeです。仕事もかな(^^;
振り返ってみると、おコメを炊くときに計量カップを使うんですが、それも
大体の目分量ですし、味付けの塩コショウなどはまったくいい加減です。
味噌汁の出汁も味噌も、まぁ~こんなもんだろう~ってな感じですね。
味噌は自家製というか実家の味噌を使っていますけれども。
量の若干の差異ってものによって大きいのでしょうけど、
結果は自分の舌がどう判断したかだと思っているので
たとえば味噌汁が少し薄かったら塩分過多でないからいいか(^^;
なんて感じであえて増量しないで済ませちゃっています(^^)/
  • 2012/01/10 01:10
  • キラジージ
  • URL
  • Edit
仕事として コーヒーを十五年ほど淹れてきた私ですが その手法は次のようなものです 水の量 豆の量 水温 焙煎 様々な要因を極力均質にする努力をする訳です そもそもそういうことが何故大切になるかと言いますと 一人の職人がずっと働いているわけではないからです チェーン展開しているようなお店ですと多くの従業員がいます 仮に個人店で一人だけでコーヒーを淹れる場合も同じことです いついかなる時も同じコーヒーを提供するという観点で仕事をしているのです でもこれも様々な問題があります 均質にしようとしてもある程度しかできないのです 焙煎然り 挽き方然り サイフォンだと攪拌方法然り 抽出時間然り でもそれが故 できる限り均質にできる部分は極力そうしようとするのです 全国に配布されたマニュアルもそういう目的で書かれたものでした でも沢山経験を積むと いろんなことがわかるようになり感じることができるようになってくるものです 湯を吸収した豆の膨らみ方 撹拌した場合の抽出具合などなど ですから抽出時間を計って淹れるのではなく状態を感じ取って淹れるようになるのです そのためには何度もテースティングを繰り返し覚えていくのです 最初は均質な要素を守ってと言いながら 結局は適当じゃないかって思われると思います でも相手が生き物なので余計にその適当が必要になってくるのです いい加減ではない適当 よい加減である正に適して当たっているということ なんだか遊びと仕事の境目を追っかけるような 追い求めると遊びが仕事になり 仕事が遊びになるようなことなのかもしれません 前のテーマに戻ってしまいますが 与野党や官僚がやっていることはテキトーなのでしょうね きっと 先輩がアップルフィリングを仕込んでいる時に砂糖の量を正確に計るように指示しました 私はりんごの糖度や量を計って 砂糖を調節するのなら理解できるが 味を見ながら仕込むべきだと反論しました とても嫌がられました(^^♪ 奥の深い とても深い 珈琲の世界 嵌ると抜け出せませんよ~ ♪


  • 2012/01/09 22:38
  • kazahana297
  • URL
  • Edit
ゴメンナサイ、私もナチョパパさんの奥様タイプです(^^ゞ
○○cc,だいたいこんなもんね…
大さじ2杯、こんなもんでしょ…
と言う感じ。
説明の数字はだいたいの目安です。
ちなみにラーメンとかですけど、今初めてナチョパパさんのご指摘で気づきました、、水なのかお湯なのか。。
お湯って特に沸騰したものって計れないじゃないですか、
だから素直に水の量と理解していいのでは?どうなのかな??

そんな私も一つだけきちんと計るものがあります、
正確に言うと、ありました!と過去形なのですが(~_~;)…
お菓子作りです。
これは失敗が怖くてきちんと計っていました。
もう子供たちも大きくなってしまったし一度にたくさん作れるので、
それにきちんと計ることも性に合っていないため(たぶん、ここが大きな要因)
やらなくなってしまいました。
あ、あとひとつはお米の量はカップで計りますね(#^.^#)ウン。

そして、コーヒーと言えば…
もっといい加減(・。・;豆も(経験からの)目分量なら、自分でグラインダーでその都度挽きますが、
適当にがががーーっと(音の感じに頼る)
手動ドリップ(笑)なのでお湯の量も注ぎながらいい加減、
それで、あ~今日のコーヒーは特別美味しい、うまく淹れられた時の喜びったら、
この上ありませんよ~(^^ゞ

娘にもそれでA型?って言われますけど、、
ナチョパパさんにも呆れられそうな気がしてきました…
どうか今後ともよろしくお付き合いくださいませm(__)mペコリ。
Comment Form
公開設定