鮮やかに陽を浴びて…

                  街 彩 
                     @渋谷 街の彩を切り取る





 今日は記事の続きがまだなので…お写真だけでーーーす。自画自賛ですが…この色、実に美しいですよね。それぞれ見ている環境で違うと思うのですが、実に美しいピンクでした。街中である特定の色を自ら定めて探すのも、ちょっと楽しいです…(^_-)ウン



Comment

★親友さんへ
お疲れ様! いやいや親友さんに比べたら全然なんですけど
ここに来て「イレギュラーな仕事」でアタフタしています。
親友さんはいつも忙しいから、心配しているのだけど…
きちんと朝起きて自己管理している…と言うのは素晴らしいです。
ちゃんと見習わないといけません。

この時期の朝はちょっと寒いだろうな。
ボクはもう目覚ましが無かったら何時まででも寝ていられるので(苦笑) 
「朝の散歩」と聞いただけで…尊敬の眼差しです。
ただ…朝の散歩、事故も多いから気を付けて下さいね。
いきなり心臓がギュゥーーーーーなんて事もあると聞きますから、
お酒を飲んだ翌日の『無理なウォーキング』はお控え下さいね。


今年はそんなに出張が無い…と思っていたら、年末にちょっと
重なっています。これから年末に掛けて、怒濤のように仕事が
立て込んでいますが…何とか時間を合わせましょう(⌒~⌒)ニコ

コメント有り難うございました。
Re: カッコイイ!!!
こんにちわ tarutaruさん 

こちらこそご無沙汰しております。

と言っても…ボクはしっかりtarutaruさん「古都」写真を
拝見しているのですけどね(^_^)ゞ 
本当はtarutaruさんブログに書くべきコメントかも知れませんが、
最近ちゃんと向かい合ってコメントを書く時間が無くて…
ご訪問頂いた方からコメントを付けていたので、
どうしてもご無沙汰になってしまいました。
本当に申し訳ないです。

「古都」の写真に関しては、改めてtarutaruさんblogに
お伺い致します…ので、後ほど。



さて…これは本当に偶然の産物でした。この日、午後から外出して
渋谷のハンズに行き、その帰りに渋谷東急本店に向かう途中で見つけました。
ここに光が当たる時間も限定的でしょうし
(ビル街なので当たらないところも一杯ある)、正にラッキーだったと思います。

ボクのカメラはE-3なんで4/3なんですね。
(多分)tarutaruさんのメインカメラの1/4しかセンサーサイズが無い。
おまけに1000万画素しかないので、どうしてもトリミングのが難しいのですね。

だからファインダー越しに構図だけはしっかり決めないと…あとからとても悔やみます。

まあWebで公開する程度なら、何の問題も無いのですが…
心情的に『目一杯使ってあげないと一定のクオリティが維持しにくい』って
思っちゃうのです。

これもノートリミング、(ほとんど)撮って出し状態です。
だから褒めて頂けると心から嬉しいです。

本当はもっと大きなセンサーサイズがあれば、トリミングも楽なんでしょうけどね(^_^;)アセ

長くなりました。コメント有り難うございました。
ナチョパパさん
忙しそうですね。

私は毎朝愛犬と散歩に出かけるので、日々の変化が良くわかります。
寒さは
厳しくなっていますが、まだまだこれからです。
ご自愛下さいね!(^-^)
  • 2011/12/07 22:20
  • 親友
  • URL
カッコイイ!!!
こににちは、パパさん

すっかりご無沙汰しています
痛快なショットですね
ピンクとサドルの黒、メタリックな質感のスポークと影
瞬時に切りとる感性のなせる技、やはりプロの目ですね
★kirageegeさんへ
(^o^)アハハ…予想的中って事なんですね。
いつも皆さんに素敵なコメントを頂戴して感謝しています(⌒~⌒)ニコ

こんにちはkirageegeさん 昨日は新潟だったのですね? 
本当に一年中出張が多いkirageegeさん…ホテルでの生活もしっかり
人生の一部ですね。
モバイル機で8年って…凄くないですか? 
どうしても移動の多いモバイル機は壊れることが多いと言いますから、
Panasonicのレッツノートはやはり頑丈に作られているのですね。


写真の色なんですが…(^_^)ゞ…エヘヘ 完全に自画自賛なんです(苦笑)…
サムネイルで見た時に『おっ!』って目立つ色だったので。
kirageegeさんの写真のような美しい彩りはなかなか難しいのですが、
この季節は東京でも街中で色を感じる時期です。
銀杏なども実に美しいです。

でもこの写真は完全な人工物の色で…普段だったら『人工的な物』だけに
目が奪われるってほどではないのですが、ここに初冬の太陽が当たって
実に美しいシーンに見えました。
実際に綺麗なモニターでご覧になったら、どんな印象になられるのか…
ちょっと怖くもありますが(^_^;)アセ


そうなんですよね。なんだか色々な所で吹き出してくる諸問題
(不祥事・失言問題も含む)は、全て…同じ根っこなんですよね。

kirageegeさんの仰る通り、確かに世界は大きく変わっていくのだと思います。
ボクはやはり自分のことよりも、今11歳の娘が35歳(ボクが親になった年齢)の時に
ボクがそうであったのと同じように、笑顔で家族が築ける社会環境であって
欲しいなぁと思います。

少なくとも…ボクの味わった幸せを彼女なりの価値観で味わって欲しいと
思っているのです。
ボク等大人は今そういう世界にする責任があると思っているのです。

あー長くなってしまいました。お忙しい中コメント有り難うございました。
新潟から無事にお戻りになる事を祈っています。
★naokoさんへ 
お早いお越し有り難うございます。
しかもこんなに丁寧なリコメント有り難うございます。

 ですよね…。これ渋谷の東京ハンズで買い物をした後に
東急本店の方に抜けたのですが、街角の何気ないビルの前に
自転車が止めてありまして。そこに傾き掛けた陽が綺麗に
当たっていたのですね。
壁の色がそこだけピンクで(苦笑)
「あーたまたまなんだろうけど、実に美しいなぁ~」
と思いながら写真を撮りました。
このシーンに出くわしたら、きっとnaokoさんも同じように青を意識したと
思いますよ(^_-)ウン


 久々に写真を撮ることがメインで街に出たのですが、
重いE-3をお供にしました(⌒~⌒)ニコ 
最近ファインダーをのぞき込んで撮影をすると言うことが無くなっていたので、
とてもリズミカルに写真を撮ることが出来ました。
今は液晶画面を見ながら撮影することが主流ですが、
やはりファインダーを覗くって事の楽しさもある事を改めて感じました。

 今後は電子ファインダーも今後は”有り”になってきていますが…
それがどこまで気持ち良さを味わえるのか?…もう少し時間が経ってから
判断したいと思います(^-^)/




 詳しくは…ブログにも書いているので、リコメントで更に書かなくても
良いんですが…(苦笑)、本当にnaokoさんが仰っている通りだと思います。
こんな経済状況なのに何か真剣味が足りないというか、危機感がなさ過ぎるというか。
弛緩しちゃっている…日本という気がします。

 ボクの住まいは商業地にあるので、どうしても華やかなシーンが目に付くのですが…
夜は結構賑やか空気感があるものの…昼間に歩くと色々な所に『空きテナント』が
あるんです。
昼と夜のギャップを見ると…ちょっと怖いほどです。

 ボクはネガティブに考えている訳では無くて…もっとドンドン消費をして
自ら盛り上げないと行けないと思うのですが、国の成長戦略があまりに不完全過ぎて
未来像がよく見えないのです。人は見えない物に恐怖心を持ちます。

 もし政治家の仕事は何か?と聞かれたら…きっとこのボクの持つ『恐怖心』を
取り去る為に『未来と提示すること』なんじゃ無いか?って思うのです。
所得倍増論でも日本改造論でも良いのですが…(本当は見えなくても)来るべき社会を
指し示すことなんじゃ無いか?って思うのです。

 昔の政治家が全部良いとは言わないし…歴史になっているような人の汚職問題もありますし、
そういう意味では今の政治家の方がずっとクリーンなのかも知れません。
でも政治家の役割が「見えない未来を指し示し、人々の恐怖感を取り去ることで希望を抱かせる』
と言うことなら、先人の方が優れていたことになりますね。

あー話がずれてしまいました。この話も近々終わりますので(苦笑)…
お付き合い頂ければ幸いです。

コメント有り難うございました。




 



あっ、最初のコメントは、多分naokoさんだな・・・と思ってクリックしたら
案の定、naokoさんでした (^^)
nachopapaさん、お晩です。
今、新潟県は燕三条のホテルでブログを拝見しているところです。
nachopapaさんはもうご存知だと思いますが、モバイルはpanaのCF2-W2です。
もう、丸8年使っていることになります。
液晶は当時からあまりいいほうではなかったので、今となってはもっとよくない(^^;
そんなもので見ているのでちょっと勘弁してほしいのですが、それでも
背景のピンク、なかなかいい感じに見えていますので、実際は相当いいのでしょうね。

最近はピンクとまったく縁のなくなっているキラジージでした m(_ _)m

↓で根っこで繋がっているってありますが、古い僕から見ると、ん10年前からそう思っています。
そこを変えない限り、本当の日本の再生はないとも思っています。
これから先10年、いややっぱまだまだ紆余曲折あるだろうから20年以内に
日本も世界も相当変わると個人的には思っています。
もちろん、一時的に悪い面は出るでしょうが、方向はいい方向に。
そう思ってちょっと、いやかなり楽観的にでも前を向いて少しずつ歩んでいきたいです。
  • 2011/12/06 00:09
  • キラジージ
  • URL
  • Edit
夜になりました~(笑)こんばんは。
まぁなんて美しい色に出会えたのでしょう、今夜も素敵なお写真です。
ナチョパパさんの写真を拝見するとき、
私なら同じものを目の前にした時どう切り取るのだろう?という見方もしていることに気づいたりします。
ピンクと車輪の影の美しさ、ここは外せませんね(#^.^#)
青を少し効かせたところ、私にはできなかったなと思いました。


さて~2日のブログに戻って何とかここにたどりついたのですが(^_^;)…
やっぱり夜も夜で頭が働かないことが分かった!((笑))&(~_~;)


>そうは思わないかい?
そう、そうだ!(笑)
あ、これは作ったモノを大切にしなかった罰が…
のくだり。

あの地震は大きく揺れたことで「足元は大丈夫か」を私たちに問うているような気がするのです。
生きている根っこがぐらつかない生き方ができているか?を…
大切なモノを大切にできているか?を…
それは個人的レベルでもまた大きな国と言う単位に対しても投げかけているのだと思えるのです。
地が裂け、天が割れるね、うまいことおっしゃっていますね。

そう、わからなくなるのは、このような経済状態で余り危機感なく平然と生きている我が国です。
借金まみれ、赤字の積み重ね…どうしてこれで国として存続できるのでしょうね。
とっくに会社なら破たん、消えています。
そう考える時、なんだかこの国はどこに立っているのか、まるで幻かのように思えたりします。

地盤がぐらぐら、というより
まるで脚がないかのような?…
幻みたい。


>ズレているように見える事柄や、一見全く関係ないと思っている事が、
実は根幹で繋がっているのだと思うのだ。

そう思います。
それは網の目のようなものかも、
何かを織っていくようなものかも、
積み木を積み上げていくようなものかも、
木が枝を伸ばすようなものかも、
私も事柄、事象は繋がりを持っていると思います。
だからこそ、このまま後世につながっていく恐怖を思わずにはいられなくなります。

あ、イカン!ナチョパパさんのセリフを拝借(笑) ますます頭がまとまらなくなってきました。

今夜はこの辺で(^^ゞ…
Comment Form
公開設定