炎天下の演奏家

          炎天下ではとても辛そうだった。
@中野区野方 演奏家の方、大きな楽器の炎天下での移動は本当に大変そうでした。



 右端に停めてある自転車との比較で見ると分かるのですが、この楽器…怖いほどの大きさでした。この男性も決して小さい方ではなくて…たぶん180センチ近いかと。それでこの大きさですから。
普通のタクシーでは運ぶ事がまず出来ないのでしょう。この後バス停に並んでました。大変です…大きな楽器の演奏者は。




Comment

naokoさんへ
お早いお越し有難うございます。
ここ数日はちょっと気温が低くて…過ごし易い日々です。
でも、全国の自然の猛威を見ていると…とても「この状態が良い」とは言えません。


さてnaokoさんのトロッコ電車とは正反対の『真夏の環状七号線沿い』の
サンクスの前での一枚です(苦笑) 
立っているだけでもクラクラしそうな炎天下の中で、駅の方からバス停に向かって
何かを担いでいる男性が歩いて来まして…。

うん?!

と見ているとなんと大きな楽器
(コントラバスというのですね…(^▽^;)アセスイマセン良く分からなくて『楽器』とだけ書いています)
を背負うようにして歩いていました。

ただでさえ炎天下にフラフラ状態だろうに。
『本人は至って平気な顔で…』と書きたいのですが、実際には本人も本当に辛そうでした。
しばらく歩くと楽器を下し汗を拭いて、また歩き出す…そんな感じでした。
ボクはと言えばあまりの暑さ(アスファルトから上がって来る熱気だけでも倒れそうになる)に、
サンクスでソフトクリーム(プレミアムバニラと言うのがとんでも無く美味しいのです)を
買って食べていました。

46歳中年…コンビニでアイスクリームを買い食いするのでありました(^_^;ゞエヘッ



因みにnaokoさんは何か楽器が出来ますか?

コメント有り難うございました。

コントラバス?
あ~私には持てません(笑)
私が引きずられてしまう(・・?、、
長さもですが、重さもありますよね。
ホント、この楽器を操るにはまずは体力がないとだめですね…
おまけに炎天下。。お疲れ様です。
Comment Form
公開設定