ベタですが…

         白い雲
           @神田界隈 ト・カ・イ・ノ・ナ・ツ・ゾ・ラ




 今回も東京に来るはずだった台風は上陸しないまま通過する事になりそうだ。全国では死者が出るような事態になっているので軽はずみな事は言えないが、ここ2週間ばかり雨が無かったので…『強めの雨が欲しい』という農家の方がいた。もちろん『災害になる様な事』を言っている訳ではないので…誤解の無きよう。

 なかなか・・・まとまった記事が書けないメンタリティー。一体何なんだろう。でもどこかで誰かと繋がっていたいと思うのか、パソコンには普通に向かうし、時間があればSNSやTwitterでつぶやく事もある(最近ちょっと出来ていないけど)。う―なんとも説明のつかない心持です。

 皆さんは、もしかしたらこれって震災の影響?って思う様なメンタルの変化ありますか?




Comment

raouさんへ
ご丁寧なコメント有り難うございます。

以前もそうでしたが、今回もなるほどなるほどと、頷きながら拝読しました。

確かに人間関係でも沢山の関係性の中で生きている感を感じましたよね。

でも悲しい関わり…食物連鎖と言う事が持つ関わりも、実感として感じてしまいました。
人はもちろんの事、大自然中であらゆるモノと関わりを持ちながら複雑に絡み合い、
我々は生きているのだと、改めて認識せざるを得なかったです。
それがまき散らされた放射性物質で知ったのは悲しい事ではありますけど。

ご存知の通り震災後、シングルでいた人が結婚をしようと言う意識になったり、
結婚と言う形に捕らわれたく無い人は、同性異性問わずシェアして暮らし始めたりする人が
多くなったと、報道番組でも取り上げられていました。

raouさんが仰るように「つながり」(もしかしたら絆でも良いのかも知れません)みたいなものを
再確認したのかも知れません。


raouさんが東京に持つイメージというのが、どういうモノなのでしょうか?(^v^)ニコ
もしかしたらステレオタイプの「東京砂漠」…なんて言葉を思い浮かべるのかも知れませんね。

生まれ育ったボクは本来の東京の姿ではないと僕は思っているのですね。
尤も…色々な出身地から人が集まって来て、作られた「新しい街」の方が、
「隣にどんな人が住んでいるのか分からない」的な感じで。
新興住宅地…という所にはそういう傾向があるかも知れませんけど。

例えば、東京を江戸として読み替えると、実は下町とか長屋とか、人情の溢れる町の素地って
あるのだと思っているのです。決して乾き切った「砂漠」的な感じじゃないと思っています。


それが今回の震災で一層「捨てたもんじゃない」と思った事が沢山ありました。
一つは形式的に過ぎなかったマンション内の挨拶なども、どこか笑顔と言うか、
一言二言名前も知らない人とエレベータの中で会話をしたり、コンビニの店員さんと
話をする時間が有ったり。
同じ恐怖を共有した者同士が互いに気遣う様な心持になったと思いました。

もちろん、地震なんかない方が良い。
津波なんて本当は夢の中の出来事で、東北の海岸線に行けば、去年と変わる事のない
長閑で平和な時間が流れていてくれればと思います。
しかしそこには厳しい現実と残酷なほどに破壊され尽くした世界が広がっている訳です。
その中でもし“救い”があるとしたら、それはやはり人と人の絆だけなのかも知れません。

ボクのデザイン学校時代の友人が何度も何度も、被災地にボランティアに行っているのを知った時には
心が震えるようなリスペクトと、その友人の人間性に深く深く感銘を受けました。

あーとりとめも無く長くなってしまいました。諦めない事が未来につながると信じて…。
コメント有り難うございました。


うーん、この夏空がいいですね~
大阪は今日はすっきりしない天気でした。
山間部では雨も降りましたし・・・
さて、震災以降ですが、今まで以上に生かされていると言うこと、
そして、ある意味人間は奇跡のような環境の中で生かされて生きてそして、いろいろな意味で互いに影響し、されながら自然の中で生きているということを強く感じましたね。
また、そのことをあまり強く感じていなかった多くの人が、いろいろなことについて考えるようになったと思います。869年の震災がひとつのきっかけとなって始まった京都の祇園祭。綿々と続く中でいつかしらその本当の神事の意味を忘れてしまうほど遠い昔の出来事なのに、この震災で改めてその出来事を思い出すこととなる。
人の人生は115才定命とされていますが、自然のスケールは人の人生では計り知れないスケールだと言うことも教えられた事なのではないでしょうか?
想定を越えることの、想定が如何にその制作者や管理者本意な物なのか。
難しい難題を突きつけられたようにも思います。
政治的なことはあまり書きたくないですが、元々与党であったJM党が原子力問題やエネルギー問題などなど、自分がまいた種の不始末を他人になすりつけて論争している姿を見ているとなんだか情けなく感じますね。
私たちが推し進めてきた政策です。これだけの甚大な被害が出て申し訳ありませんと誤る姿は見たことがないように思います。人の責任や揚げ足ばかり取る姿は醜い物ですね。
そんなことも今回の震災では見せられたように思います。
あとは、支援の方法の変化なのかもしれません。
情報伝達でメールやツイッターが力を発揮したのは言う馬でもありませんが、それに伴って支援方法も多岐にわたるようになったように思います。現金での支援意外に各種ポイントや売り上げの一部の支援など、本当に神戸や中越では思いも寄らない方法が増えたことですか?

どうも、今の思考のベクトルがこのことを無視してできない環境に多くの人があるように思います。
だから・・・私もblogが更新できないのです~  本当に何かいろいろなことが気に掛かる今日この頃です
だらだら書いてしまいました。ごめんなさい。
ご無沙汰の鍵コメさんへ
拝読致しました。
大変な時にご丁寧なメール有り難うございます。
やはり心配になります。でも大丈夫ですよ。
ボクが大丈夫と言う時は大丈夫なんです…(o^-^)ゞイヒヒ 

絶対に無事に終わりますよ。
じゃないと鍵コメさんの機材一式、盗みに行っちゃいますから…
それが嫌ならちゃんとまた一緒に街写真撮りましょう(^u^)ウン 
その日を楽しみにしています。絶対に上手く行きますよ。絶対に。

コメント有り難うございました。
親友さんへ
お早いお越し有り難うございます。

イヤイヤ、先ずは一番最後の一文に関してはそのまま親友さんにお返しします(^o^)
こちらこそ有り難うございます。

何だかあっという間に時間が経ってしまって、なかなか自分人生を振り返ると言う事が
無かったのですか、やはり46歳にもなると、過去を振り返る事が多くなった気がします。

それは決してネガティブな気持ちではないし、ましてや感傷に浸っていると言うのでもありません。
むしろ楽しんでいると言うか…うーんこの辺の気持ちをきちんと説明出来ると良いのですが。

どう考えても先と過去を天秤に掛けたら、過去の方が量としては多い訳です。
だとしたらやはり自分の人生の多くの時間がどうであったのかを考えるのは…必要な事
なんじゃないか?って最近思います。


ご存じ様に順風満帆という訳ではありませんでしたが(苦笑)、悪くない人生だったな~と
単純に思っています。
その過去の量が増えているのは幸せなんだと思います。
その多くの時間に親友さんもいらっしゃるのですから…-(^ー'*)ウン♪ 感謝しています。


えっと…「我欲…発言」に関しては実は色々な問題が一緒くたになって語られていますよね。
最後の方はもう、どのソースが正しかったのかも…分からなくなっています。

反論する訳でありませんが、ボクは基本的に「あの場合はダメでしょう派」なんです。

実は文脈をちゃんと読み取ると、間違った事は言っていないとボクも思っているのです。
でも彼は政治家で、しかもあの時の日本全体を包んでいた空気の中で発するには、
あまりにも不用意過ぎる言葉だったと思っています。


特に彼は政治家で『言論』で人々を方向付けしてくのが仕事な訳です。
だから『伝える技術』が無いとダメなんだとボクは思っています。
「正しい事を正しく伝える…それがワンセットなんだと。

だから、正しい事でもそれが正しく伝わらない可能性があったり、正しく伝わらなかった時点で、
一般人じゃない彼の場合は失格です。

これが学者だったり、一般人ならなんの問題もありません。でも政治家はダメです。
我欲の後に天罰と言う言葉が続いたのも良くありません。何故なら
『可能性として短絡的につなげられてしまう事があること』を充分に理解した上で言葉を選ぶのが政治家だからです。

これ国内の話だけじゃなく海外とのやり取りでも一緒だと思います。

しかもこの人いまだに原子力についての意見が、今まで語られていた『少し前の学説の域』から
全く先に進んでいませんものね。オリンピックで元気になると言うのも…ボクはちょっと素直には
飲め無い状況です。これについては反論も引き受けます(苦笑)

あー長くなってしまいました。

コメント有り難うございました。近々会える日を楽しみにしています。
仕事忙しいとは思いますが、あまり無理をしないようにしてくださいね。きちんと定休日には
休むようにして下さいm(_ _)mペコリ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/07/21 19:02
ベタとおっしゃってますが、情景が伝わりますよ。v-218

震災から変わった事。。。「我欲が招いた・・・」発言がありましたが、私は肯けるのです。
私も他人のことを考える様になったと思います。

それと、繋がりかな。。。
ネットやメディアは素早いレスが得られますが、信憑性は・・・経験した通りでした。

「上辺」ではなく「厚み」の大切さを感じられた出来事でした。

 

君と出会って本当に良かったよ!
  • 2011/07/21 01:11
  • 親友
  • URL
Comment Form
公開設定