なしだろう…それは

konntonn2
                  @日本橋室町  スゲェ~



 いやさ、色々な考え方があるから「俺が絶対だ!」なんて微塵も思っていないのですけど…なんだか情けなくなってしまって。

今日…ワールドカップで世界一になった女子サッカー日本代表(とスタッフ)が凱旋帰国しました。ホテルでの記者会見があって…ビックリしたと。「まるで男子の代表みたい!」と境遇の違いに驚いたそうです。ここまでは良いのです。ここでイラッと。

協会の人に「世界一になった女子チームに対して、これから協会の対応は…」との記者団への質問に、協会のお偉いさんが「それはあちらに…」とか言って、冗談めかしてマイクを譲り合っていたのですね。これ「これからの女子サッカーに対する予算の増額は有りますか?」って質問だったのですね。

まあ国の事業(予算)ですから、その場で答える事が出来ないものかも知れませんが…やはりここは「最大限努力します」とか言えないのかなぁと。まあその立場にないとしたなら、お前達は記者会見に出んで良い!

ご存じのように、今の日本は良いも悪いも世界から注目されている状態で、国の対応も必然的に見られているのです。世界中が注目しているスポーツの祭典ですから、多くの国の論調もネットで見る事が出来ましたが、『震災と原発』の問題をどうしても重ねてきます。グランドで選手達が皆で持った横断幕も、世界中の支援に対してのお礼でしたしね。

それが世界一になっても…この情けない国はきちんと迎え入れる事も出来ない。そして所属機構のお偉いさんも自分の意見で何も言えない、決断も出来ない人の集まり状態。なんだか今の国の状態の縮図って気がしました。



それがこれだもの…ね。アフォらしい。

行きは良いですよ…どこかの政党のどこかの「一番嫌い」の人が予算をカットしちゃいましたから。でも世界一になった国の代表をエコノミークラスで帰すって言うのは、一体どういう事なのだろうかと。「なしだろう・・・それは」と。
席の数でファーストが無理なら、一時金でも良いから協会は至急に用意して、せめてビジネスクラスの席を用意すべきだったとボクは思います。

アメリカの記者の人が言っていましたが、アメリカでは男子チームと女子チーム、国の代表になった時点で極端な予算配分の差を付ける事は法律上出来ないと。まあ全部が全部アメリカが正しいとは思いませんが、戦争肯定している訳ではないですが、国を代表して戦った者が帰って来た時、そしてそれが勝者であった時は国は最大限の敬意を込めて「凱旋門」を作る様に、万感の思いを込めて迎い入れるのが世界の常識なんですけどね。


どこぞのバカな首相が、なんと決勝戦を『surpriseで見に行って選手を励ましたい』というバカ計画があって、さすがに震災後何も進んでいないから…と、周りの人に止められた事があったと。アフォ…オマエが専用機飛ばす予算を選手に渡せ!あふぉ。


と今日は…吠えてみた。


※スイマセン…今日もちょっと早めに寝ますぅ。コメントを下さっている方々、もう少々お待ち下さい。

Comment

tomatoさんへ
連日のお越し下さって有り難うございますm(_ _)mペコリ

>為政者の行動がアホであればアホで…彼女達の偉業がさらに輝きを増して…

もう本当にtomatoさんの仰る通りです。
大概の事には『まあここまで』って限度がありますが、現首相に関しては底なしにダメさが目立って。
国民としては不安を通り越して憤りを感じます。


ユーモアのセンス…そうその通りなんです。ユーモアって『冗談』の事だと思っているのか、ウィットに富んだ
見識が無い、素養が無い…って事ですよね。
本当はtomatoさんが仰っているように、如何にその場に発するのに適切で皆が頷ける言葉を選んで、
きちんと述べる事が出来るのか?って事なんだと思うのです。そういう意味では最悪な対応でした。

実はこの『あきらめない』というフレーズを菅が発した事に関して、
毎日新聞の解説委員も同じ事を言っていました。

「彼は『個人とチーム』の違いをきちんと理解していない」と。
きちんと文脈を読み解く能力が無いというのは、この言葉選びと言い、国の政策の舵取りと言い、
悲しいほどセンスの無い人なのだと思います。

(^u^)ウン…爪の垢、勿体ないです。(((o^∀^)oアハハ tomatoさんとnaokoさんに攻撃された首相でした。

コメント有り難うございました。



naokoさんへ
お早いお越し有難うございます(^v^)ニコ

本当に…もう情けない話ですよね。
このニュースってとても分かり易いのですが、意見が真っ二つに分かれると思ったので、
賛同者がいて良かったです。

ニューズウィークだったか、タイムだったか…失念してしまったのですが、そのコメントに
『どんな国でも国の代表として戦った者が勝者となったら、最大級の敬意を持ってもてなす』と。
『それは貧しい国でさえも最大限の功労の意を示すモノなのだ』と。

確かに貧しい国でもオリンピックでメダルを獲ったら、家が用意されたり、生活レベルが変わる様な
報奨金が出る事があるそうです。先進国では国のスポーツ政策に関わる役職に任命されたり…
単なる名誉だけ…なんて言う事は、国民が許さないと言っていました。

実情は分かりませんが、本当に日本は情けないなァと思いました。
菅が一言、「私がなんとかして出す!」って言うだけでも違うのに。
自分が行けないか?って打診した時点で『あふぉだな』と思いましたが、そういう気づかいも出来ない
バカはどうしたモノか…。
どうしても予算が付けられない(そんな事は無いのですが)と言うなら、官房機密費から出しても
良いと思うのです。領収書を貰わないで良い…自由になる金なんですから。
そういう事が出来ない器の小ささが…もうダメダメの”◎◎の穴の小さな(失礼!)男”です。


澤さんのコメント…グッときますね。
実はアメリカのミッドフィルダーの選手(ごめんなさい名前を失念しました)同じような事を言っていました。
『サッカーで勝った事は素晴らしいが、本当に日本(チーム)が素晴らしいのは、サッカーを通して
 多くの(被災地の)人の希望になった事である』と。
また米国チームのキーパーの女性が
『私達が負けるとしたらそれは日本であるはずだと思っていた』
と言う様な事を言っていました。今の状況で勝った日本に最大の賛辞だとボクは思いました。

バカはもう…放っておきましょう、と言いたいのですが…被害が大き過ぎちゃって困りました。

コメント有り難うございました。

冷静に考えてみますと、
為政者の行動がアホであればアホであるほど
彼女達の偉業がさらに輝きを増しているような気がします・・・・
 
立場上言えないことは確かにあるのでしょうが
根本にはやっぱりユーモアのセンスがないんですね。
生き方に余裕がないということもあるんでしょうか・・・・
 
まあ、現在の政権にできることは前向きな予算を削って
弱い物の味方ぶることぐらいでしょうから、
今回の勝利に対してできることは、
その勝ち馬に乗って勢いをつけようとするぐらいが関の山でしょう。
なんせ、一国の主は「私も皆さんにあやかって諦めない」なんてのたまわっていて
個人プレーとチームプレーを混同しているようですから
つける薬もありませんな。情けない。
naokoさん、仰るとおり、爪の垢で十分というより、もったいないかもしれませんね・・・・
  • 2011/07/20 21:11
  • tomato
  • URL
  • Edit
おぉ!吠えてるナチョパパさん。
台風の風も唸ってきました(^_^;)

私も吠えちゃおうかなぁ(#^.^#)アハ。
なしです!それは!…
どこぞのおバカさんたちに聞かせたい、これ↓

澤選手のコメント

「我々のしていることは、ただサッカーをするだけではないことを意識してきた。我々が勝つことにより、何かを失った人、誰かを​失った人、怪我をした人、 傷ついた人、彼らの気持ちが一瞬でも楽になってくれたら、私達は​真に特別な事を成し遂げた事になる。こんな辛い時期だからこそ、​みんなに少しでも元気や喜びを与える事が出来たら、それこそが我々の成功となる。日本は困難に立ち向かい、多くの人々の生活は困窮している。我々は、それ自体を変えることは出来ないものの、日本は今復興を頑張っているのだから、そんな日本の代表として、復興を決して諦めない気持ちをプレイで見せたかった。​今日、我々にとってはまさに夢のようで有り、我々の国が我々と一緒に喜んでくれるとしたら幸いです」

長くなってスミマセン、抜粋しました…
おバカにつける薬はないものでしょうか(`´)
この大きな志に基づいた諦めない行動力、謙虚な姿勢…本当に素晴らしい。カッコイイ。
爪の垢を煎じましょうか。。
  • 2011/07/20 12:04
  • naoko
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定