Comment

naokoさんへ
お忙しい中、お越し下さいまして、有り難うございます。

そうそう…実はこの建物、オリンピックの時に丹下さんが
設計したものの中の一つなんで、デザイン的にはなんだか
代々木の体育館にそっくりなんです。
実際には形も全然違うのですが、使っている素材や、
持っているニュアンスはまるで双子です。

確かに47年が経つのですよね。きっと色々な人の色々な思い出が
詰まっているのだと思います。
今東京は、初期の鉄筋コンクリートで作られた1960年代の建造物を
取り壊して再開発している最中です。
麻布や三田でもいわゆる富裕層向けのマンションなのですが、
再開発されるというニュースが入ってきました。
あと3、4年でまた大きく街が様変わりすると思います。
慶応大学の周りももかなぁ…。

単純に思いでだけじゃ生きていけないので、仕方がないのですが、
それでもなんだかちょっと寂しく感じます。
もちろん僕らは次の世代もきちんと越えて行けると思います(^u^)ウン

コメント有り難うございました。

raouさんへ
本当にそうですよね。子供達の未来の希望は、
決して過去形にはなっていないと信じたいです。

しかし彼らの希望を叶える土台は、我ら大人が固めないといけないですね。
今まで人は(日本という社会は)あまりにも短期的な快楽を享受しようとし過ぎた
のでは無いか…と思ってしまいます。

これからはもっと長いスパンの「幸せ」とか「安全」とか「平和」を考える時期に
来ている気がします。

コメント有難うございました。

えいねんさんへ
こんばんわ えいねんさん

僕は東京オリンピックの時には、まだ生まれていないので、
この建物がどの様な評価を受けたのか?分かりませんが、
それでも今みると「きっと当時考えられる最高の未来的なフォルム」
だったのだと思いました。

確かに格好良いと思います。
先日1960年代初期の東京の写真を見たのですが、とてもじゃないけど
豊かな国…とは言えない状態だったのですよね。
あの時代にこの建物が出来上ったのは、やはり驚愕だったと思います。

コメント有り難うございました。



kazahanaさんへ
お早いお越し有難うございます。

パンサー戦車? すいません…全くその辺が疎いもので。
きっとその昔流行ったプラモデルで作る様な、ドイツの戦車だったりする
のだと思います。
元来が不器用なので、プラモデルをちゃんと作る事が出来ない…性格だったので。
情けない話ですぅ。

これは千駄ヶ谷駅前にある国立体育館です。
記憶に間違いがなければ、都庁を作った丹下さんの作品だと思います。
オリンピックの時に作られた…と思います。

コメント有難うございました。




これは代々木体育館? 
じっと細かいところを見たことがないのですが…
一目このお写真を見たときから(笑)なぜかここは代々木体育館です。
神宮前って言うのかな。。それもよくわかっていない(^_^;)
私のイメージの思いこみが激しすぎるのかもしれません。

そして、思いこみが続きます(#^.^#)ワハハ。
いつか見た夢。
ここは(そうだとしたら)東京オリンピック開催の夢と共に完成したんです…
私、アイススケートしたこともありました…
娘はチアの大会があったっけ…
と、懐かしいここ。
ってオリンピックは昭和39年、ってあれから47年?
ん~ このような時がやって来るなんて思ってもみなかった(^_^;)漠然と明るい明日しか知らなかったの。。

一枚の写真が過去へと誘ってくれました…
明日を信じたい、です。
たしかにそうなんですが、子どもたちにはできるだけ多くの夢や希望を持てる世界に変わっていって欲しいですね。

やっと復活しました
カッコイイですね。
パンサー戦車の後部排気口のようです
Comment Form
公開設定