2011年 第一弾(^_^;ゞエヘッ

 
 本日、初出社。いよいよ2011年もスタート致しました。
しつこいようでが、やはり三日間しか休めなかった事もあって、イマイチ「年が変わった」ってリアリティが無く「The 新年」みたいな感慨の無い年始めになってしまいました(^_^;)

やはり休む時はきちんと休まないと…心が、頭が、きちんと状況を理解しないようです…。
※あくまでも私観ですが…。

改めまして…明けましておめでとうございます。新年だから!って事は何も無いのですが(苦笑)、今年も変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い致します。

        ビトリーヌ
                @南青山 元旦のショーウィンドー



  その昔…久保田早紀さんという歌手の方が『異邦人』という歌で大ヒットした事がありました。若い方はご存じないと思いますが、それはもう大ヒットでした。タイトルから分かるかも知れませんが、オリエンタルな曲調の中に、あまり感情の起伏の無い唱法で淡々と唄うのも魅力的でしたが、なんと言っても、久保田早紀さん容姿の美しさが、その人気に拍車を掛けた事は否めません。

 かく言う僕も、当時(1979年)14歳だったのですが…その時にアルバムを買ったのですね(^_^;ゞエヘッ
その理由は『異邦人』を聴く為でも、久保田早紀さんのジャケット写真が欲しかったからでもありません。今となってはどなただったのか、また何の番組だったのかは忘れてしまったのですが、FMラジオで『異邦人』が含まれるアルバムの解説をしていて、その中で出てきた『ファド』って言葉の説明が実に魅力的で。
アルバムを買って是非その『ファド』の様な曲と言われる作品を聴いてみたくなったのです。

 詳しくはウィキペディアに譲るとして…「ファド」(←クリックしてね)ってポルトガルの歌謡曲らしいのです(今ではその細かい説明も忘れてしまったのですが(苦笑))。フランスのシャンソン、日本の演歌みたいな感じとでも言いましょうか。

 邦楽好きの僕ですが、残念ながら「演歌」を聴く習慣が無くて…イマイチ良さが分からないのですが、このファドの物悲しい調べには堪らない魅力を感じるのです。

発見
            @南青山  路上 光 マテリアル






 もちろん興味はファドなんですが、いつの頃からかそれが転じて『ポルトガル』ってどんな所だろう…って。


 で最近、クレジットカードの会員誌で、ポルトガル(リスボン)の街が特集されていたのです。それがまあなんと『フォトジェニック』な町でして。経年劣化している建物のヤレ感とか、長い歴史を感じさせる文化の香りが漂っていて、とても美しいのです。

 ポルトガルと日本は、歴史上とても深い関わりがあった国だから、もしかしたら両親が九州出身である僕のDNAの中には『ポルトガル文化』の影響を受けたりした…みたいな事が、少なからずあるのかも知れません(苦笑)

なにしろある時期、九州はポルトガルやオランダとの貿易が最も盛んな所でしたから。


 素敵なポルトガルの写真を見つけたのですが、4travel.jpという価格コムが主催している「トラベル・フォトのユーザーサイト」の写真達だったので…今、使用許可をお願いしている最中です。
 2008年の旅行記へのお願いなので…メールがちゃんと読んで貰えるのか、分かりませんので、皆さま是非『ポルトガル リスボン 画像』で検索してみて下さい。

素敵な町並みを見る事が出来ます(o^-^)ゞハイ 


今年も海外にはちょっと行けそうもありませんが、東京に来た旅人目線で、東京の街を写真にしたいと思います。


Comment

鍵コメさんへ
こんにちわ鍵コメさん(^v^)ニコ
お忙しい中、コメント有り難うございます。

そうですか、『異邦人』にそんな思い出がありますか。
確かに何かに向かって一丸となった記憶って言うのは、
そう簡単に忘れるようなものではないですよね。

尚且つそれが『曲』とリンクしている記憶だと、
曲を聴くとスイッチが入った様にその時の情景を思い出せる…
というのは良く分かります。

成功も失敗も、いつかは『記憶』になって行きます。
記憶になったモノを再現するには、音や匂いというのは 
とても良い要因ですよね。

鍵コメさんの大切な思い出が『異邦人』にあるとは(^v^)ニコ 
良かったです。

今年も宜しくお願い致します。
こころさんへ
改めまして明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
※これも連投のリコメントになってしまいました(((o^∀^)oアハハ

(^∇^)アハハハハ! 僕の場合は撮影をする事自体が、完全にストレスの解消に
なっているので、あまり頑張っている感はないのです。結果としてそれがブログに
なっているのですが、6年間も同じ事とで楽しんでいるのって…我ながら呆れると共に
『写真』って本当に奥が深いなぁ~と思います。
だから頑張って「写真撮っています! キッパリ!!」みたいな事は無いのです。

僕らは素人なんで楽しむ事が大前提だと思いますからハイ(^-^)/
そこが素人の特権であり、良い所なのですから!

重ねてのコメント有り難うございました。
そうですか、異邦人は懐メロですか…(^∇^)アハハハハ!当たり前ですね。
30年も前の歌なんですから…自分でも改めて時の流れに驚いています。


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/01/08 18:22
連投失礼します。

私も今年は頑張って写真撮りたいです。
東京も写し続けたいなー。ナチョパパさんのように素敵に・・めとは
ほど遠く、お笑いばかりですが。
ナチョパパさんを見習って頑張りますね。

異邦人、すてきな歌ですよね~~。
今では「懐メロ」というジャンルになっているラシイです(笑)
しょうさんへ
明けましておめでとうございます。
こちらこそ今年も宜しくお願い致します。

有り難うございます…実はこれあまりにも写真在庫が無くて、
街に出てなんとかこの日のブログ分を撮ろうとしたのですが、
如何せん元旦だったので、人もモノもなく…寂しい街だったのです。

もう仕方ないので…落ちている潰れたペットボトルを撮りました。
朝の当たり方がとても綺麗でした(^u^)ウン


師匠…とんでもない。
そもそもオリンパス歴はしょうさんの方がずっと長いじゃないですか! 
こちらこそ参考にさせて頂いております。

コメント有り難うございました。

明けましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願いします。

二枚目の写真、カッコイイですね!やはりナチョパパさんはわしの写真の師匠です!と、今年も勝手に呼ばせていただこう!!
pasionariaさんへ
あーやっぱりそうですか。
イスラムの文化的影響を受けているのですね。
建物のモザイクとか、タイルの柄がヨーロッパのそれとは
またちょっと違うのです。
文化様式にあまり明るく無いので、断定的には言えませんが、
写真を見る範囲だと中東のイメージがあるのです。

スペインの南も何ですね。
実は大陸違いのチリとかブエノスアイレスなんかも、
その「文化的匂い」を感じたりします。
そうなるとブエノスアイレスなどはアルゼンチンタンゴの国ですから、
やはり物悲しい調べの国なんですよね。

僕が好きな世界は正にこの世界なのだと最近思うようになりました。
pasionariaさんには是非「Ketama」と言うグループの
「K'cha cha cha」と言う曲を聞いて欲しいです。
まあグッとくるモノがありますよ-(^ー'*)ウン♪

石川さゆり…そうですか。もしかしたら僕もある年齢になったら、
心の奥底にあるその「趣味性」が開花して演歌の人になったり
するのでしょうか(^∇^)アハハハハ!

コメント有り難うございました。
naokoさんへ
(^∇^)アハハハハ! 確かに僕たちの場合は「三行革命」は
ちょっと難しいかも知れませんね。
最近では殆どTwitterもしていない僕は、単純に140字で
語れる事を余り語らなくても良いなぁって事が多くて(苦笑)

きっと仕事の性格上「即時性」を享受し切れない事があるのです。
質問されていたり、僕からの問いに答えを頂いていても、
タイムラインで流れてしまっていて…そのいずれにも反応出来ない
事が多くて。気が付いたら疎遠になってしまいました。

僕も基本はnaokoさんと一緒です。
どっちにしても自分が納得して出来る範囲でブログ活動して行こうと
思っています-(^ー'*)ウン♪

三点革命…ガハハ それ良いですね(*^-^)ニコ
コメント重ねて有り難うございました。

うおさんへ
明けましておめでとうございます。
本年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い致します。

おぉ~ヴィム・ベンダース!! 「ベルリン天使の詩」の
ベンダースですね。耽美的で実に美しい映像美の監督さんですね。
この「ベルリン…」の衣装協力が縁でデザイナー山本耀司さんの
ドキュメンタリームービーが作られたのです。
「都市とモードのビデオノート」と言われるもので、
当時学生だった僕には憧れのデザイナーのデザインワークスを
垣間見る事が出来る素敵な作品でした。
※一般の方には全く面白くない映画でしたが(^_^;)


その中でベンダースもヨウジも「インスピレーションの源」として
あげている写真集があって、それがドイツ人写真家の
「アウギュスト(オーギュスト)・サンダー」の”20世紀の人々”です。

憧れていた僕は…当時無理をしてこの写真集を買ってしまいました(^_^;)
今でも手元にあります。
そうですか…リスボン物語ですか? ちょっと探してみます。
貴重な情報有り難うございました。

コメント有り難うございました。

ナチョパパさん、こんにちは。
ファド、というのは、聴いたことがないのですが、スペインの南の方とか、ちょっとイスラム文化が入っているところには、日本の演歌に似たメロディーがありますね。
ずいぶん前ですが、スペインからモロッコに渡った所にあるホテルで食事をしていたら、インストゥルメンタルでしたが、石川さゆりの「能登半島」という曲がかかっていて、びっくりしました。
演歌はあまり聴きませんが、あの音階は、ちょっと胸に響くものがありますね、万国共通かも・・・。
今年も美しく切り取られた街の風景、楽しみにしています~。
  • 2011/01/07 10:52
  • pasionaria
  • URL
  • Edit
三行革命、できたらホントに革命だ!(笑)
ナチョパパさ~ん、私はやっぱりこの革命に参加しても実行は無理かな。
どんどん短くなる傾向ではないですか、ツイッターが流行っているものそこだと思う。
手軽さ、短さの魅力。
そうなると逆らいたくなるのが私です!
じっくり話せるブログとコメント、およびリコメントは大切な場所、
そんなブログがあってもいいよ。それが魅力で、そこからたとえ人が離れていったとしても、
それが私の今の、選んだスタイル。

確かにもう少し簡潔に、という反省は私にもあるのですが、
これでいいと居直っている部分もあるんですよ。
せめて論点を三つに絞る、三点革命で行こうかなぁ~なんてね(^-^)アハハ。
おめでとうございます。今年も宜しくお願いします。ポルトガル、ファドと続いたら、ついリスボン物語のヴィム・ベンダースを思い出してしまいます。この映画監督が2013年ワーグナー生誕200年のバイロイトリング演出に決まったと昨日発表がありました。
  • 2011/01/07 08:02
  • うお
  • URL
tarutaruさんへ Re: 第1弾おめでとうございます
(((o^∀^)oアハハ…確かにそうですね。
★★★★☆★★★★☆マークだけで
二行も使っちゃいますからね(^_^;ゞエヘッ

以前、Canadaphotoさんと…
『リコメントに時間がかかり過ぎる。出来ればワンフレーズで返せれば』
と話していたことがあるのですね(もう二年以上前ですが)。

でも…いずれも玉砕してしっかりリコメントするような感じに
なってしまっていますが。

有名ブロガーさんでコメント欄を開けている方で、
コンスタントに50近いコメントを貰う方は
多くの場合『ワンフレーズコメント』なんですよね。

うーーーーん

僕もちょっと考えようかなぁ~と思い始めています(^_^;ゞエヘッ
naokoさん…どうですか? tarutaruさん方式、考えてみませんか?と
tarutaruさんのリコメントで訴えたりしています(((o^∀^)oアハハ

コメント有り難うございました。
第1弾おめでとうございます
三行コメ、ナチョパパさんは無理です。だって★☆だけで2行だもの。昔は正月というと餅つきやったし蕎麦打ちも必ずやりました。今はみんな大人になってしまったので付き合って
くれません。ポルトガルは無料の壁紙サイトに画像あります。
  • 2011/01/06 22:26
  • tarutaru
  • URL
  • Edit
Canadaphotoさんへ
明けましておめでとうございますm(_ _)mペコリ

イヤ~全然出遅れていませんよ。
というか…僕自身の更新がかなり遅くなってしまいました(苦笑)

えっと『異邦人』…その番組は分からないのですが、
本来はCMソング(三洋電機のテレビのコマーシャル)だったので、
もしかしたらその番組は、このCMが流れてから始まったのかも知れませんね。

Canadaphotoさんのロンドン写真を拝見していると、
ロンドンもとても素敵です。
でもやはり僕には遠い街に感じます(((o^∀^)oアハハ 
美しい街がいずれも遠い…というのは実に悩ましいですぅ。

ハイ…なかなか海外に行けませんが、東京を気軽にスナップして行きます。
時には旅人目線で、時にはナチョパパ目線(娘を記録する)で行こうと(^u^)ウン

今年も変わらぬご愛顧、宜しくお願い致します(^v^)ニコ 
コメント有り難うございました。

naokoさんへ
いやいや、いつもお忙しい中、コメントを頂戴していて…
心から感謝しています(*^-^)ニコ 今年も宜しくお願いします。


さて…「東京旅人目線」の件ですが、ある切っ掛けがあって思った事でした。
皆さん郷土愛があるのに、自分の街への評価がとても厳しいのです。

京都は違うのかも知れませんが、大阪でも金沢でも倉敷でも、
その街の出身の人に聞くと謙遜とは別に
「うーん、どこが綺麗って事も無いんだよね」的な…冷めた評価なんです。


一昨年…出張で倉敷に行く事になった時に、倉敷出身の同僚に
「時間があまり無いのだけど、お薦めポイントは?」と聞くと…
「うーん…」と悩んだ挙句「そんなに無いよ」と。

ところが行ってみると…実に美しい良い町なんです。

もちろん美観地区は言うまでもないですが、それ以外の場所も実に魅力的なのです。
かつて紡績で栄えた町には、巨万の富を得た地元の名士が、威信をかけて作った
重厚な石造りの建物などがいまでも現役で町の中に溶け込んでいるのです。
観光に特化している美観地区よりも、どうかすると魅力的で美しい所が点在しているのです。


もちろん今のトレンドの「ガラスで覆われたビル」を基準に考えたら、
「何も無い…」と言うのも分からないでも無い。
でも薄っぺらい美意識より遥かに魅力的な物が沢山ある町が倉敷でした。

彼女にしてみれば、幼い時から見慣れた光景ですから…なんて事は無いのだと。
逆の立場で言うと、僕も生まれ育った街をちゃんと見ているのか?って思ったのですね。
もしかしたら、「旅人の目線で僕の住む街を見たら、もっと魅力的に見えるのではないか?」
と。

以来、僕は町を「旅人目線」で見てやろう!と。そして切り取ってやろうと。
今日に至っています-(^ー'*)ウン♪


最近ではほとんどお酒の飲めない私ですが、それでもポートワインって
言うのは分かります。甘い赤ワインですよね? 『赤玉ポートワイン』…って
国産のワインもありましたが、アレってポルトガルワインって事なんでしょうね。


異邦人
ポートワイン
旅人
写真
単語を並べただけでも魅力的に見えますよね。

(^∇^)アハハハハ!…お互い三行革命にはならないですね(^_^;)
コメント有り難うございました。
kabo-panさんへ
今年一番、お早いお越し有り難うございます。
6年越しにも拘らず…余り進化の無いブログではありますが、
本年もどうか宜しくお願い致しますm(._.)m


さてリスボン(ポルトガル)ですが…そうなんですとても素敵な町なんです。
僕の場合は「ファド」と言う音楽から着目したのですが、リスボンの町の
「廃頽的イメージ」も含めて美しいなぁと思いました。

確かに車で大陸を移動出来たら…どんなに良いでしょう。
かつてヨーロッパにいた時は、国がつながっている感があって、
kabo-panさんの望む旅が簡単に出来るのですけどね-(^ー'*)ウン♪
でもkabo-panさんご夫婦の車の旅も、素敵です(^u^)ウン
いつかもっと大人になったら僕もやってみたいです。尤もその時に家内が
付き合ってくれるんかどうかは…別ですが(((o^∀^)oアハハ

コメント有り難うございました。

明けましておめでとうございます

今年は随分、出遅れてのスタートです。
本年も変わらぬお付き合いを宜しくお願いします。
『異邦人』確か朝の番組の世界を旅するキャラバンのコーナーで流れていたような記憶が・・
あの頃はまだ海外が今ほど身近ではなくて
あの番組を見て想いを馳せていました!
ポルトガルは未だ遠い国のイメージがありますが
絵になる国ですね!

ナチョパパさんの写す東京写真
どんどんアップして楽しませてくださいね。
今年も期待しています!
第一弾、待っておりました~(^_-)
本当は一番乗りしたかったところですが…アハハ、大人げない。。
ナチョパパさん、今年もよろしくお願いしますm(__)m

あ~ 反応したい箇所がたくさんありました。
三行じゃムリーぃ!(笑)

☆ちょっと驚いたのはここです。
>東京に来た旅人目線で、東京の街を写真にしたいと思います。
ここに住んでいる、生活している人としての目線ではなかったことに驚きました。
そ~か、旅人目線が小さな発見、何気ない発見に繋がっているのかもしれませんね。
キラキラな目線、見落とさない、いつも新鮮な目線…
こうしてナチョパパさんは素敵な東京の一コマを刻まれているのね、
と納得しながら読んだ次第です。
あ~楽しみだわ、写真。ことしもすごく楽しみです(#^.^#)

☆そうそう!思いきり同意しているのはここです。
>久保田早紀さんという歌手の方が『異邦人』という歌で大ヒットした事がありました。
 若い方はご存じないと…

若い人じゃないので(笑)大人になっていた私は、この歌にはどっぷり浸かりました。
今でも好きな歌、歌いたい歌に必ず入れます♪
メロディも好きだけど歌詞が、なんか心の奥底に響きますぅ、
情景が鮮やかに広がる、石だたみ、旅人、時間旅行…
さまよう心と重なる。
ナチョパパさんは「ファド」が琴線に触れていたのですね。

☆そして、ちょっと惹かれるポルトガル。
私がワインを初めて飲んだのはポルトガルのワインでした。
あ~美味しいと思ったお酒の始まりは、実はポルトガルだった(#^.^#)あはは。
いつかポルトガルのリスボン、ナチョパパさんが訪れることができますように…
ナチョパパさんの撮られるリスボンが見たいと思う私でした。

ハイ、長くなりました…
これでも三点に絞りました(^-^)ニコ。
おめでとうございます ^^ 今年もよろしくお願いします <(_ _)>

リスボンの画像、検索しました。素敵な街ですねぇ。
色が統一されているところが一番かな。市電もめっちゃ可愛い。
行ってみたいなぁ。車で海外に行くことができたらね(笑)

今年も素敵な東京のお写真、楽しみにしています ^^

  • 2011/01/06 00:34
  • kabo-pan
  • URL
Comment Form
公開設定