多分同じ事、多分違う事 13 ~逃げちゃった~





アルバムから見つけ出した女の子に会うチャンスが巡って来た。親友飯塚の人望…のおかげで、事はすんなり運ぶ様に思えた…。

が…、

ここで、


思春期の男子にはあるまじき大失態がぼくを襲う…のだ。

        雲を追いかけて…
                         @アリビラ 雲のカナタへ




「いやいやウチの学校も相当なモノですよ!」
と言われる方も多いと思うが、もし「うち学校は厳しかった自慢合戦」があったら、日本でもかなり上位にランキングされるのでは…と思えるほど、厳しかった我が高校。
系統としては某大学のアメフト部の篠◎監督などの系統の怖さがある学校で、日常的な教員への挨拶が「押忍!」と言う冗談みたいな学校なのだ。

男子生徒は全員そうだったのか? それとも体育会系のクラブに入っている者だけの挨拶だったのか…今となっては覚えていない。
ブログに時折コメントをくれる親友くんにも聞いてみようと思うのだが、当時は『畏怖の念』しか持たなかったが、今と考えると…笑ってしまうほど、無茶苦茶な学校だった。今なら圧倒的なパワハラとして大問題になったと思うが、当時はそれが普通だった。
時々学外から人が来ると、ちょっと異様な目で見られる事が日常だった。


そんな中、校則で禁止されているパーマをかけて発覚(この発覚までの経緯を書くと話がまたズレテ行くので…そこは割愛して(苦笑))
処罰として翌日には三厘だか五厘だったか…丸坊主に。

。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ

今でこそ、巧く行けばEXILEよろしく「坊主頭のお洒落感」でなんとかなるのかも知れないが、当時の昭和のマッチカット全盛期の高校生には…かなり厳しい処罰だったと言える。

その厳しい状況の中で、アルバムのシンデレラに会う事になったのだ。

再び
。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ


        雲の質感
                           @沖縄 街道沿いからの雲






私鉄沿線の駅前のショッピングビルで彼女に会う事になったのが偶然だったのか、それとも友人がお膳立てしてくれていたのかは…全く覚えていない。
でもあまりにもグッドタイミングだったから、きっとセッティングしてくれたのだと思う。
「あれ? ◎◎じゃない?」って感じで親友が遠くに歩いている二人の女の子を指差した。それはぼくが『この子可愛いなぁ~』と言ったその女の子だった。
今だったら『いや校則を破っちゃいまして…罰でこんな頭なんですぅ』って普通に逢えるのですが、思春期のぼくにはそれが出来なくて…ダッシュでその場から逃げちゃったのだ(苦笑)
『悪いが、飯塚、頼む、巧く説明しておいてくれ…』
みたいな感じで。

で、上手く話を繋いでくれたお蔭で「手紙をくれる」って事だったのだ。

ここも曖昧なのだけど、ぼくが手紙を先に書いたのか? それとも飯塚が言ってくれたのか?がイマイチ分からないのだけど、部屋の片付けて見つかった「記念すべき一枚目」の手紙は、彼女の自己紹介と一枚の写真が入っていた。

そう。
今から30年前の存在した一人の15歳の女子高生の写真が、45歳になったオジサンの目の前に現れたのだ。イメージとしては荷物の中から突然と姿を現した…と言う感じだ。

セーラー服を着た15歳の女の子(誤解のない様に書いておきますが、全く危ない趣味はないですよ。仕事でそのデザインもしているから、ぼくにとっては日常的なモノです…セーラー服って)、が、カメラに向って笑い掛けているとても素敵な写真だった。

お疲れちゃん 
                        @美ら海 見張ってます!



 


また、続きます(^_^;ゞエヘッ

Comment

金田さんへ Re: 今晩は!
とんでもないです…ブログは自由にゆっくり行きましょう 
こんにちわ金田さん

(((o^∀^)oアハハ…でしょ? これはあまりにもバッドタイミングでした。
金田さんの思い出と一緒で当時の男子にとっては『坊主』は大問題でした。
精神的ダメージが確かに大きいのです。

ウーン当時、写真付きの手紙が届いた事が嬉しかったか?って言われると、
さすがに覚えていないのです(苦笑) 
でもなんで写真付きの手紙をくれたのか?って言うと、当時は今ほど個人情報の取り扱いが
どうの…って時代じゃなかった事(だって写真を加工するなんて事、普通の人はしませんでしたから。
また『公開されると言う事もない=手段がない』時代でもあったのですけどね)
と、
正に親友君の人徳でした。

だって…『一瞬でも…』って言うのは無いのです。
あまりにも遠く離れた所で発見してダッシュで逃げましたから(((o^∀^)oアハハ

御心配頂き有り難うございます。
一昨日よりは昨日、昨日よりは今日と少しずつ痛みが消えています。
まあ何かと言うとすぐにギックリになっていた時期もあったのですが、
ここしばらくなかったので油断していました。
コメント有り難うございました。新しい旅シリーズ楽しみにしています。

今晩は!
またプチおひさになってしまって、ごめんなさい。
私には珍しく先週は休日も返上で仕事三昧でした!
遅くなりましたが・・
わぁ、それは悲しいほどバッドタイミングですね(><;)

これで、また過去を思い出しました。
高校の頃、つきあっていたBFが
共通の男友達を連れて神妙な面持ちで
「別れよう!」って言いにきたことがあったんです。
その理由が(何度目かの)煙草がばれて
それこそ罰で(停学&)坊主頭になったからって(笑)
それぐらい、その頃の男の子にとって坊主頭は
精神的ダメージが強いですよね。
(小言は言ったと思いますが、もちろん、坊主頭では別れませんでしたよ~笑)

でも、写真付きでお手紙が届いたのは嬉しかったんじゃないですか?
相手も脈アリだったんじゃないかしら?
でなかったら、一瞬でも相手と会っているので
気に入らなかったら
写真をあげて文通するなんてないと思うもの(=^▽^=)v

ぎっくり腰だったのですね。
治ってきているようで、よかったです!
でも、完全に治るまでご無理なさらないでくださいね。
お大事に・・
鍵コメさん
鍵コメさん どうも(^v^)ニコ  
いやいや…なんだかバタバタしっぱなしの一日でした。
そうなんですよ。坊主って今なら全然ありなんです。
きっとぼくも今高校生だったりしたら…かなり高い確立で坊主になって、
カット(模様)を入れていたと思います。

でも当時は『一体どんなつもりなんだ?』って思われるか、
「あっ野球部なんですね」って思われるか…どっちかだったと思います。

セーラー服に反応したと言うよりも、女子高校生がまっすぐな視線で
写っている写真が、なんだかとても眩しかったです(^∀^)ゞ ウン

コメント有り難うございました。
  • 2010/10/22 17:00
  • 鍵コメさん★ナチョパパ
  • URL
  • Edit
こころさんへ
やはりそう言うものなのでしょうかね…
会いたくない時に限って会ってしまう…みたな(^_^;ゞエヘッ

(^∇^)アハハハハ!今回の話は、実際には会った事のない状態での
出来事だったので、向こうも突然走って逃げちゃったので
ビックリしたようです(^_^;ゞエヘッ

(^∇^)アハハハハ! どうなんでしょう。
どう考えても可愛いって感じなかったと思いますよ。
そもそも体育会系の学生ってあまり『可愛い』って感じじゃないですから。

まあ平成の時代になった今では石川遼君みたいな子もいますが、
ボクの時代は基本『ジャガイモ』
です(^∇^)アハハハハ!

そうそう。本当に「バック トゥ ザ…」状態ですよね。
突然袋の中からセーラー服の女の子が現れたので、
思わず息が止ってしまいました。
心さんの青春時代の話も今度お願い致します(^v^)ニコ  

コメント有り難うございました。

  • 2010/10/22 16:52
  • こころさんへ★ナチョパパ
  • URL
  • Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2010/10/22 06:40
こんばんは。

青春時代ではないけど、私、今でも
「あちゃ~~~」という姿の時にかぎってややフォーマルめいた相手に出会います。
「☆☆☆☆」
と呼び止められて、ん?と目を向けるとそこには麗しき方が。
かたや私はぼろぼろ雑巾のような恰好・・・ときたもんだ。
青少年でなくてもダッシュで逃げたくなります。

あらら、高速・・・じゃなかった、校則違反で罰があったんですね。
坊主頭とは・・・。
かわいいナチョパパさんだったでしょうね。

バックトゥザなんとか・・・って感じの印象だったかな。
セーラー服姿の彼女の印象がばばんと目に飛び込んできたときの気持ちを想像していました。
キラジージさんへ
本当になんだか懐かしい時代の話になっています(^v^)ニコ  
こんばんわキラジージさん

ウフフ…面と向かって話すことが出来ない人は、
文通しませんよぉ~(冷やかすナチョパパ(苦笑))

そうですか、、、坊主頭が流行ったのですね? 
やはりスポーツをやっていた人、特に野球なんかだと
どうしても短髪にせざるを得ませんから。
ただキラジージさんの地元の場合は強制じゃない…
(つまり本当に流行で)ってところが面白いですね(^∀^)ゞ ウン


高校時代の文通…もう全く手元にないのですか? 
それともご実家に行かれたら ちゃんと残っているって事でしょうか? 
もしご実家に有るようでしたら、是非一度…探してみて下さい。

意外と自分の記憶が「作られたもの」で事実はこうだったのか!!!と
思うようなことが発見できますよ(^∀^)ゞ ウン

キバナコスモス…実に美しい写真です。
キラジージさんの写真、ここ一ヶ月…ちょっと変わりましたね。
凄く色彩を感じる奥行きを感じる好きな写真です。
ライカのデジタル版を使ったような感じです。
「雅」の色設定じゃないのかも知れません。
アンダー目に触れているのが心地良いのかも知れません。

コメント有り難うございました。
  • 2010/10/21 10:46
  • キラジージさんへ★ナチョパパ
  • URL
  • Edit
隠れてしまうその気持ち 何だかよくわかるなぁ~(^^;
nachopapaさん、お晩です。
ぼくなんか、中高時代、女の子と面と向かって話すことさえ
できないそんな青少年でしたから・・・(^^;

でも、坊主頭は中学2年の時にちょっとした流行でしちゃいました(^^)
強制でないところがとても面白いのですけどね。
長髪にしたり坊主にしたり繰り返していた人が先生に
怒られていたことを昨日のように思い出します。

今は手元に何にも残っていないのですが、こんな僕にも
高校時代文通していたことがありました・・・・・
ってことをいろいろと思い出させてもらいました(^^)
  • 2010/10/21 00:59
  • キラジージ
  • URL
  • Edit
しょうさんへ
えっ? 親友君 大学時代坊主頭にしていましたか?
いや ぼくはあまり彼が大学に行っている時を知らないのです。
お互いに全く違う世界にいましたから。

連絡はとっても実際に『会う』って事はあまりなかったのです。
彼は確か…ラグビー部に在籍していましたよね? 
もしかしたらしょうさんもですか?

本当に親友君には学生時代からお世話になりっぱなしなんです。
と言うか…彼の両親にお世話になりっぱなしって感じでしょうか? 
普通にお小遣い貰っていましたし(苦笑)、ご飯を食べさせて貰っていました。
感謝感謝なのです。


しょうさんだって昔の友人達とゴルフして、
良い写真を一杯載せているじゃないですか!(^v^)ニコ 
そうやってこの歳になっても一緒に遊ぶって良いですよね。
心が癒されますから。
お互いに友達には恵まれたのだと思います(o^-^)ゞハイ

コメント有り難うございました。

海さんへ Re: 丸坊主かぁぁぁ
でしょう…ダッシュしちゃうでしょ? 
今だったら何でもない事なんだと思うのですが、
当時は坊主って言うのは全く許されない雰囲気があったのです。

もちろんそのおかげで手に入れた写真って事ですから…大切な一枚
って事なんですけどね(^u^)ウン


あー良かったですね。
カメラが手元に在るのと無いのじゃ、何をするにも目的が変わってしまいますものね。
もちろんカメラが趣味じゃない人なら問題ないですが、海さんにとっては長い期間
カメラがなかった事になりますものね。

先日もプロのカメラマンさんと仕事をしたばかりなんですが、
その方も新しい100ミリマクロ、良いレンズだって言っていましたよ(^u^)ウン 
ぼくがもしキャノン派ならやはり欲しかったと思います。

でもX3と合わせて使うと…160ミリ相当になりますから、その辺は意識した方が
良いかも知れませんね(^u^)ウン

そうそうプロじゃないぼくらは、カメラを楽しんでナンボです。
しっかり楽しみましょう(^u^)ウン

コメント有り難うございました。

マルボーズですか?!そういえば大学時代、彼もよくやってたなぁ(爆)。

飯塚君、気が利きますね!わしにはこんな友人になかったなぁ(笑)。
naokoさんへ Re: あららぁ~
そうなんですよ。自分で言うのもなんですが、
なんであんな髪型ぐらいでオタオタしたのか?って
今なら思うのですが(苦笑)

それでもnaokoさんの仰る通り、それで手紙のやり取りが始まった事を思うと、
それもちょっとした運命だと言って良いのかも知れませんし、
「髪を切って来い!」と言った教員にも感謝しないといけないかも
知れませんね(((o^∀^)oアハハ


(o^-^)ゞハイ…しっかり髪が伸びた時点で逢いました(^v^)ニコ 
今考えてもなんだかニコニコしてしまいます。

今彼女が何をしているのか?本当に知らないのです。
結婚した事までは知っているのですが…確か板前さんと結婚したと
聞いたのですが。
きっと可愛いお嫁さんになって、素敵なお母さんになっていると思います。
笑顔の可愛い女の子でした。


(^u^)ウン…アリビラ 久々にアップしましたが、
良いホテルですね。コストパフォーマンスがとても良いホテルだと思います。
もちろんいつかはnaokoさん御用達の喜瀬別邸を目指します!(((o^∀^)oアハハ

※そうそう、確かに昔の学校って場合によっては先生に髪を切られる…って
 事ありましたよね。
 今なら人権問題だとか、下手すると傷害事件になりそうな事例です。
 髪の毛も身体の一部って判断をされると、本人の意思が伴わないで切ったりしたら…
 本当に傷害事件になりますね。時代は変わりました。
 でも本当は…そんなに大事じゃないのですけどね。

コメント有り難うございました。

丸坊主かぁぁぁ
高校生で丸坊主ですか~~~。
それは、思わずダッシュしたくなっちゃいますねw

けど、それも思い出の1枚ですね。


ところで
カメラなのですが
今日帰ってきました~~~!
わーい。
結局ボディも、、水が出てきて
代替を進めていただき、X4ではなくX3に。
レンズが思った以上に修理代がかかってしましましたが
破損ではなかったのでまだよかったです。
でも、ようやくカメラに触れるので
めっちゃ嬉しいです!!!
秋を撮れてなかったので、これからどんどん
撮りたいな~って。
カメラと離れると、自分がどれだけ好きだったのか
再確認できた期間だったと思います。

今日EF100mm F2.8Lマクロ IS USMレンズを
勧められ、すごく欲しくなってしまいました。。。
値段が値段なので、、買えなかったぁ・・
でも、頑張って手に入れるぞ~!

あぁ~カメラって楽しい!
あららぁ~
せっかく会えたのに?…
ナチョパパさんたら^m^ウフフ、可愛かったですね、
あ、ごめんなさい、
坊主頭のナチョパパさんに話かけていますm(__)m

そっかぁ、でも逃げちゃったお陰でお手紙のやりとりとなったわけだから、
まぁ、これはこれでよかったのかしら。
気になるのは…ナチョパパ少年は髪が伸びた頃、
彼女に会えたのでしょうか??^m^

セーラー服のシンデレラさん、
今どうしているでしょうね…
そんな写真が出てきたら、びっくり、ドキドキですね。

あぁ、やっぱりアリビラ、いいなぁ~(*^^)v
青い空、白い雲が強烈!
濃い沖縄の太陽を感じる写真でした。

追伸
中学時代(区立)、男子は坊主頭でした。
罰はみんなの前で五厘カットにされること、
先生プロじゃないし、、痛そうでしたぁ。
思い出しちゃった、あの坊主君たち、
今、どうしているかなぁ…
raouさんへ
お忙しい中、お早いお越し有り難うございます。

本当にそうです。心からビックリしました。
もちろん手紙を片付けている訳ですから、「最も古いものはどれだ」
というような気持ちはあったのですが、切っ掛けを作った「1stレター」が
出てくるとは
思っていませんでした。

そしてそれを開いたら中から写真が。
そうです。
ぼくが一番初めに貰った写真が全く色褪せずに入っていたのですからビックリです。
懐かしいというよりも「ストン」と当時に戻ったような妙な気持ちになりました。


確かに人格形成期の人生の一番大切な時期を「寮」で過ごされて、
その時に培われた意識とか、習慣って言うのは、きっと一生抜けないと思います(^∀^)ゞ ウン 
それを親子でなさっているのは なんだかとても素敵な事だと思います。

トッティさん(何だかもう「くん」付けでは申し訳ないような気がします(^_^;ゞエヘッ)も、
きっとこれからの人生の基盤になるような体験をなさっていると思います。
またそう言う機会をきちんと与えたraouさんは偉いと思います。

コメント有り難うございました。
それはビックリしますね。でも、気持ちはその時にタイムスリップしていませんでしたか?
私なども寮生活で起床音楽として流された歌が流れてくると、その時の事を思い出しますからねー

今、息子のトッティの寮生活もそれなりに厳しいようです。それがきっと後々いろいろな意味でいい肥やしになるとも思います。
  • 2010/10/20 12:49
  • Raou
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定