FC2ブログ

『すいません…必死に書いております…お待ち下さい』




〝綺麗になったね…東京駅 んでそれは…都市として魅力的?〟
 東京駅 丸の内口
駅…2019年11月28日
                                               GRⅢ  RICOH


ちょっとばかり立て込んでいて…ブログの文章が書けていません。なるべく早く書きますので…もう少々お待ち下さい。


∬∬∬予約投稿∬∬∬

『1984年』が現実に…



『魔の16番ホーム」
 新宿駅
イエロー…2019年11月18日
                 P20pro HAUWEI



逃亡していた犯罪者が見つかるというのは喜ばしい。
だが、それがセキュリティー・カメラだけで犯人を突き止めたとしたら…。
それほど広範囲に監視されている社会になっているという事実は…怖いように思うのが。









『見えない喫茶店の話…〝宙窓〟』その④



〝空色へ染まる〟
 都内某所
     ガラスビル…2019年11月17日
                  GRⅢ   RICOH




今回は東京メトロ東西線九段下駅から5分ほど歩いたところにある喫茶店『宙窓』にまつわるお話。

いかん…最後まで話を続けれるのか、自信がなくなりつつある。
なんとか今回もお付き合いください。




「前回はどこまで話しましたか?」
毎回やさしい笑顔でそう聞いてくださったFさんはもういない。
もっともその実感はまったくないのだけど。

「前回はどこまで話しましたか?」
三十歳以上歳の離れたボクにも敬語で語りかけてくる声は穏やかで優しかった。

ボクは…
「第二次世界大戦の後、和紙問屋から進駐軍の使用している段ボールをみて〝これからはダインボールが物流の中心になると業態変更をした所までです」
『じゃあその続きからですね…」

と、こんな感じの会話から始まるのだった。


聞いた話はここに載せるために整理して、事前に書きたいことをお嬢さんのYさんにメールして確認していただいている。



※写真と内容には全く関係がございません。


続きはこちら...

『見えない喫茶店の話…〝宙窓〟』その③



〝解体ってあっという間に進むのね…〟
 都内某所 
工事中…2019年11月13日
                                                      GRⅢ RICOH



今回は東京メトロ東西線九段下駅から5分ほど歩いたところにある喫茶店『宙窓』にまつわるお話。

今夜もしばらくお付き合いください。


ある夜、都心のど真ん中で突然起こった陥没事故。都市の景観の中にポッカリと空いた大きな穴がミスマッチで映画のワンシーンを見ているようでもあった。

家屋の半分が宙に浮いている…その光景は衝撃映像として連日ニュースに取り上げられ、しばらく世間を賑わせることになったのは仕方のないことだ。

後日、常連達はこの時の話になると『「宙窓」が宙に浮いている…なんて笑えないジョークだったよな』と笑いながら言い合ったりもした。

そして常連達が驚かされたのは、建物の半分も空中に投げ出された状態だったにもかかわらず、噂通り堅牢に作られた家屋は崩れたり歪んだりすることなく、駆体の破損はおろか、窓ひとつドアひとつ軋むことがなかったということだった。

※写真と内容は関係ありません。


続きはこちら...

『見えない喫茶店の話…〝宙窓〟』その②



〝蔦っていい味でるよね…〟
 某所
     趣…2019年11月10日
              X-E1 X35mmF1.4 FUJIFILM 




今回は東京メトロ東西線九段下駅から5分ほど歩いたところにある喫茶店『宙窓』にまつわるお話

もうしばらくお付き合いください。



そもそもこの話をしてくれたのは宙窓の初代のオーナー兼店長Fさんだった。今となってはなぜそんな話になったのか全く思い出せないのだが…ともかくFさんが大病をしてこの店を始めたのは26歳の時で、「じゃあ僕と宙窓は同い歳だ」と言うと、『それはなんか縁があるな』と言いながら楽しそうに話をしてくれた笑顔が今でも忘れられない。

そして
『もうすぐ私自身が80歳なんて自分がいちばん信じられないよ』と言っていたのに、昨年誕生日を目前に亡くなってしまった。
常連も僕も驚きと共に悲しみに暮れた。

幸にして「宙窓」は長女のYさんとその夫でもあるMさんによって数年前から代替わりをしていたので、営業はそのまま続いたが、カウンターのいちばん奥の席…Fさんがいつも座っていた席にFさんがもう居ないことだけはどうしても慣れなかった。

今年の10月に喪が明けて…Yさんに宙窓の話をブログに書きたいというと、写真趣味の僕のブログなのに写真NGでもいいか?と聞かれ、また店名以外は住所や建物が分からないようにすることを条件に許可を貰って…ここに記すことのにした。

話を続けよう…


※写真と内容は関係ありません。


続きはこちら...

『見えない喫茶店の話…〝宙窓〟』その①



〝心地のよい空間を作るためにオーナーができること…〟
 都内某所
心地の良いという言葉が…2019年11月9日
                                                     GRⅢ RICOH





東京メトロ 東西線九段下駅から5分ほど歩いたところに知る人ぞ知る喫茶店がある。


「宙窓」と書いて〝SO・RA・MA・DO 〟と読むその店は、普通の店とは違って知らない人は見ることすらできない。

というのも…会員制ではないのだが、名前以外場所も住所も公にしないことが暗黙のルールだからだ。
ネット上にも出てこなし、出たとしてもすぐに削除されて…SNSで晒されることもない。
有名なのに無名の店というか…文字通り「知る人ぞ知る」ということだ。

いま書きながら思ったのだが「暗黙のルール」と言ったが…店からお願いされたこともないし、誰かから説明を受けた記憶もない…ただここに来る客はみんなそう思っている。

しかし昔から見えなかったわけではない。あることをきっかけに2000年の冬以降…見ることはできなくなってしまったのだ。

少し時間を遡って説明しようと思う。




続きはこちら...

『木造建築』



〝木の香りと軋む音が優しかった…〟
 江戸東京たてもの園
     軋む音…2019年11月7日
              Nikon Z7   Z24-70mmf/4s



つい『お前』って呼びそうになって気をつける。


『いかん…似たような写真が続いてしまってるな』



〝多分…かつて今の自宅前の道を走っていた路線だ!〟
 江戸東京たてもの園
かつての…2019年11月6日
               Nikon Z7  Z24–70mmf/4s



洋服を売ることをなりわいとしている私から言わせれば、12月から始まるセールでコートを売らなければいけないとしたら… 11月はもっと寒くないと困る。だってコートが欲しい時がセール時なんて❗️

コートをいつ売ればいいのよ…プロパーで(泣)




『静かな空間』



〝二階の寝室で高橋是清は布団の上に座してその瞬間を受け止めたという…〟
 高橋是清邸  江戸東京たてもの園 (※一部修正加筆致しました2019年11月4日23:25)
暗殺の間…2019年11月4日
               Nikon Z7 Z24-70mmf/4s



気温が下がったことで、先週の木曜日にひいた風邪が翌日には回復したのに…昨日半ズボンのまま外出してしまい、どうもぶり返してしまったようだ。

外出の際、携帯でYahoo!の天気予報を確認した時は最高気温が20度だったのに…実際は16度というなんとも晩秋らしい気温の一日で…。
街を半ズボンで歩いているのも、小学生か更にTシャツでも平気な外国人ぐらいで…(;´д`)トホホ

そりゃ風邪もひくってもんだ。

お前が言うな…て話になるかもしれませんが、皆さんも風邪には充分お気をつけください。