2016東京FINAL-DAY





”TOKYO 2016 FINAL-DAY"
南青山
東京2016…2016年12月31日
                                  X-Pro2 XF23㎜F2RWR
                                         FUJIFILM




今年も大晦日…2016最後の日がやって参りました。

今年を表す漢字は『金』、流行語大賞は『神っている』らしいのですが、どちらも全くピンと来なくて…少なくとも『神っている』なんて使った記憶はないし、周りで使っている人もいなかった。仮に僕が忘れているだけで使っていたとしてもに…クスッと笑うような反応があったり記憶もない。
※広島ファンの方ごめんなさい。

なぜか悲しい別れ、騒乱、戦争、災害、事件、事故、政治に関する不快な思いが強く残ってしまった一年だった。


皆さんに取って2016年はどんな年だったのでしょうか?
どこかに感じる不穏な時代の到来が“単なる思い過ごし”であって欲しい…と思いながら新年を迎えます。


今年一年間、本当に有り難うございました。
どうぞ来年も宜しくお願い致します。




続きはこちら...

「G.マイケル氏逝去」





”まもなく店じまいの時刻”
表参道
今日はもう店じまい…2016年12月26日
                                          X70
                                        FUJIFILM


   ※写真をクリックして店の中の造作を見て下さい…なんとも良い雰囲気なんです。



続きはこちら...

「ハッとするモノの多くは自然のものだったりする…』




“良い色なんだよ…ほんと”
ブルーベリーの天然色素
色素…2016年12月19日
                                          X70 
                                        FUJIFILM



夜も更けました。

お休みなさいませ。




『完全無欠のロックンローラー:二つのこと編』





”進化し続けるトーキョーの断片”
日本橋室町
室町…2016年12月11日 
                                          X70
                                        FUJIFILM




の昔、〝未来の経営者候補〟が見つかると経営陣は部署間をクロスして異動させてゼネラルなスキルがつくようなキャリアを積ませたりした。

営業部から企画部へ、企画部から総務部へ、総務部から地方の営業所の所長などを経て、子会社の社長などを歴任させたあと、最後は本社に呼び戻し取締役に。

なんて感じ。

ところがいつの間にかそういうゼネラルなキャリアよりも、専門性というかスペシャリストがそのまま部門長になって出世し、取締役に収まるケースが多くなってきた。


広く浅く業務を知っているより、深く特出したスキルを待っている方が、会社にとって有益な人材になると判断されるようになったのだ。

つまり「知っている」ことよりも「わかっている」ことが求められるようになったということだ。

それはなにも会社に限られた話ではなく、社会がそういう価値観の中で物事を判断するようになったということでもある。


ただこの話がこれで終われば問題はない。
自分の将来や後輩へのアドバイスでも『脇目を振らず専門性を高めよ!』『二兎追う者は一兎も得ず』的な事を言っていればだから。
でもそうはいかなくなった。



続きはこちら...

『さ、土曜だ!とちゃんと…行った』





〝凄い迫力…改装中の駅。一体いつの時代に作られたのか?〟
神田(銀座線)
神田という駅…2016年12月10日
                                        X70
                                      FUJIFILM





昨日、取引先の送別会&忘年会に参加させて頂いた。毎回同じことを書くけど、真に優秀な組織というのは、その組織に中にいる若い人の表情が明るい。それは活き活きしている若い人を率いている層に真の実力があると言うことだ。

酒の席が好きじゃなかったが、この会社の面々に出会って趣旨替えをした。
本当に仕事の話なら、なにもアルコールの力を借りなくても良い。90%以上は酒は関係ないと言える。
でも残りの10%は、酒がなければ気付かないこともあるのだと。


続きはこちら...

『こっそり自画像』




”隠れていますが…”
他所の会社のショーウィンドウ
自画像…2016年12月8日
                                           X70 
                                        FUJIFILM







『完全無欠のロックンローラー:ではない編』






〝ちゃんと茶を入れる為に茶葉を買う〟
横浜中華街
お茶…2016年12月7日
                               X-Pro2 XF35㎜F1.4R
                                     FUJIFILM




少し時間が経ってしまったが、このBLOGを書いていた時…ベッドサイドのTVでは歌手のASUKAが覚醒剤使用で再逮捕されたと報じている。
本人は否定しているし、起訴もまだされていないことから〝疑いがある〟状態だが、仮に事実だとすれば悲しいことだ。

ファンではないが、あれだけの人気を博した人が多くの人を失望させ、〝二度とこのようなことがないように…〟と声高らかに反省と再起を誓ったのはなかったか。
残念でならない。
逮捕が正当なモノなら、執行猶予中の犯罪で刑はかなり重いものになるだろう。




続きはこちら...

『ビックリするほど…』




〝こんにちは サンタさん 今年も宜しく…〟
表参道
サンタさんへ挨拶…2016年12月4日
                                         X70
                                       FUJIFILM





イマイチ…寒くない冬。
それでも…眠い…ビックリするほど。

人間も冬眠が必要な人種ってのがあるとかないとか。


穴蔵に戻ろう 頬いっぱいにドングリをほおばって。
そしてそのまま眠りの入ろう…春が来るまで。




『ふらり』




”どこにでもあるここだけの場所”
横浜
路地…2016年12月1日 
                      X-pro2 XF35㎜F1.4R
                            FUJIFILM




小学生の時に通った塾は吉祥寺にあった。東大出の二人の兄弟が開塾した…“進学塾”の走りのような所だった。
当時の受験生は週三回地元の塾に通い、週末は四谷大塚でテストを受ける…スタイルがスタンダードだったが、そのスタイルを提案したのがこの塾からだったように思う。
※この塾は後に“イマでしょ”で有名な予備校に買収されて消滅してしまう。


塾のメソッドが当時としては画期的で、ほんの数年の間に吉祥寺を中心に幾つもの教室をオープンさせるほど大盛況だった。しかしどこか「小さな町の学習塾」を思わせるよう家庭的な面も残っていて、なぜか僕は院長から「ラーメンでも食っていくか?」と職員室で一緒に食事をしたりもした。

有名中学校の受験を考えている生徒からすれば、僕のように遊びに来ている連中は許せかっただろうけど、塾に来れば塾の友達が出来るわけで、それが楽しくて堪らなかった。


自宅から吉祥寺まで子供の足では20分を超えた。
ある日のこと、ゴミ捨て場に片方のタイヤがパンクした大きなリアカーが捨ててあった。ボロボロのリアカーだったが、それを直して友人数名と電信柱ごとにジャンケンしながら負けたモノが皆を乗せてリヤカーを引く…そんな事をしていた。



続きはこちら...