image plan

                      manazasi
                           @北品川 祭りにて…


後から港北のIKEAに行った。所用があって東京に戻らないといけない状態でのIKEAだったので、のんびりインテリアを愉しむ時間は無かった。でも相変わらずIKEAは何かワクワクする店だな…と思いながら店内を歩いた。

 Naviで帰路を検索すると、「混雑回避ルート検索予想」から第三京浜では無く東名高を使ったルートが示された。今まで何度かNaviの指示を無視して自分の経験で道を選んで、大混雑に巻き込まれたことから、最近はNaviに従って経路を選ぶようにしている。

 うーん…参ったな。
指示には従ったものの…いざ東名に入ると、こちらも電光掲示板には川崎から池尻まで渋滞の表示が。Naviはそのままの渋滞に突入するルートを選んでいたが、ボクは懲りずに逆らって…高速を降り一般道を走った。



 その道はかつてボクの実家があった街を通る道で、今は実家も無いが周辺道路は裏道も含めて、正に”勝手知ったる他人の…”ではあった。その裏道の更に裏道を通り、なんとか時間までに新宿に戻ることが出来た。

しかし…

なんだか…

今日は行きも帰りも、悲しい光景を沢山見てしまうことに…。


 まずは往路では用賀にあったデニーズが無くなり、その跡地に重機が入って更地にしている最中だった。
そして帰路では…山の中だった明治大学、専修大学の生田キャンパス辺りに、巨大マンション群が出来ていたり、狛江の駅を多摩川方面に行った所にあったデニーズも、サンマルクに変わっていた。
 更には世田谷通りにあった喜多見のロイホも無くなって、その後ろにあったカゴメの物流センターも無くなってビックリするほど広大な更地になって…いた。

 成城の街中も変わっていたが…環八を越えて八幡山界隈の道も全く違う…見たことも無い道が出来ていた。あったはずの民家が綺麗に無くなって道になっているのだ。
 所々カーブする角度が、かつての道のアールのニュアンスを残していて…「あっここは覚えている」と見た事もない風景の中を走るカーブを記憶の中の地図で何度も照らし合わせた。



 街から何かかが消える時、同時に記憶も消えるわけでは無い。その空間、いやその「時空の中」には目の前の光景に幻のレイヤーが被さっているような…不思議な感じになる。もちろん思い出が簡単に消えたりすることは無いけど、変わってしまった新しい光景が、頭の中に成立してしまうと、思い出も一緒にアップデートされてしまいそうで…ちょっと怖くもあるのだ。

 忘れたくない思い出が沢山ある事は幸せなことだけど、「忘れてしまうかも知れない」…という怖さもまた大きくなってしまうのが、ちょっと辛い。


 ハンドルを握りながら、そんなことを考えた梅雨の晴れ間の土曜日だった。


裏切り者の唄

                      混沌・カオス
                       @南青山 本当にグッチャグチャ…
                      ※写真中のポスターとタイトルは無関係です…




この時期に3兆円超もの予算を掛けて新幹線を整備することが決まった。3.11の被災地の復興に手が着いていない所ばかりなのに…どういうつもりなのだろう。
 各地方は大喜びされているけど…今の日本の財政を鑑みて本当に新幹線が欲しいのだろうか? 

それで良いのだろうか? よく考えての話だろうか? 公共事業を減らしてコンクリートから人へがスローガンだったのでは無いのか? これからドンドン人口が減って行くのに、それで良いのか? 本当に…。

考えてしまう夜だった。



夏には冬の…想像をしてみた。

                      ものくろそにー
                    @大崎 今日も斜めに…ものくろななめにそにー



本が春から夏に変わるなら、南半球は逆に秋から冬になろうとしている…って事で、今頃シドニーとかメルボルンは、街路樹が色づいてさぞかし綺麗な風景になっているのだろうなぁ~と、ちょっと羨ましく思う。

夏生まれのボクがここに来て一気に「冬好き」になっているのは、やはり何とも気持ちの悪い「汗」が鬱陶しいのだと言うことに気付いた。

もちろん高校生は高校生の「部活の後の汗まみれな状態」の臭さはあるけど、オジサン特有の運動をしていない「だらしのない汗」…は、軽い犯罪なんじゃ無いか?って思うから(苦笑)

挫折したまま…ついに再開することの無かったスポーツジムへ、落ち着いたら通おうか…と思い始めているのだ。

そもそもルックスがパッとしないのは仕方の無いことだけど、体の皮膚というか、肉というか、脂というか…たぷたぷしたヤツが重力に一切逆らうことを止めた今、自分で手当をしないと際限なく「ダメな人間」になっていくような気がして…。

体重が増えていないのに…どうもたぷたぷ感が拭えないのは…どうもね。


さ、このBLOGをお読みの皆さん。一緒にジム…行きません?




涼しい…

                      rakuen
                      @大崎 SONY本社下 TSUTAYAにて…




46年も生きているのに…“例年…”と言われる気候のことをあまり覚えていない。物心が付いたのが6才だとしても…40回の梅雨を経験しているはずのに、「いつも(例年)梅雨ってこんなに涼しいっけ?」と…実に曖昧でその記憶力の無さにガックリくる。



 加齢による効果もあって(苦笑)、最近早起き作戦(作戦ってほどのことも無いのだけど)が、それなりに続いている。早ければ22:00台、遅くても23:30くらいまでにはベッドに入るようにして、起床を05:00~05:30頃にしているのだ。

 早起きして何をしていると言うことも無いのだけど。ともかく朝早く起きて、母の遺影に線香に上げ、猫の額ほどの(…も無い)狭いベランダの植物達に水を上げ…ベランダ越しに街を見て、ゆっくり深呼吸をする。ヒンヤリとした空気が胸一杯に入ってきて実に気持ちが良い。そんな一日の始まりなのだ。

 と書きながら…「まるでお爺さんだな…」と一人で笑ってしまったのだけど。




明日という日…

                  曇りの中の晴天の雲
                         @大崎 曇りの中の晴天の雲



来る限り政治的な発言は控えようと思って二ヶ月が経つのだけど、やはり今日の時点で明日の審議から採決に関して書かないわけにはいかないか。

 税と社会保障と言う大きな課題に取り組んで、一切のマニフェストを守る事無く突き進む民主党。そこで「消費税率の引き上げ」が明日国会で採択される。
 これは税の問題だけでは無く、大飯原発の再稼働を決めた野田という既得権益に懐柔され続けた政権への試金石でもあって…同時に党内での「野田」の信任が通るのか?通らないのか?って事と同義語でもある。


 原子力有事の際に、一切の解決策を持たない人類が、果たして原子力を操る資格があるのか?ボクにはよく分からない。
でもだったらやはりそのエネルギーを最も消費する所で発電すべきなんじゃ無いか?と。使うだけ使って「危険だから首都には置けない」って言うレベルの安全技術なら、そりゃ地方の人だって嫌だろう。

それを無理矢理押しつける…様な事になるのだから、やはりまだ原子力は無理な技術なんだと…代案も無いのに思うのだ。


代案が何も無いから…これ以上のことは言えないけども。

星の数ほど…

                      構内
                       @品川? 忘れてしまった…(^_^;)アセ




生時代の友人とmessageのやり取りがあって、懐かしく思いながら過去をふり返るチャンスがあった。

そして鮮明に覚えていることと、全く記憶に無い事が極端で…その記憶の取捨選択の基準がどこなのかが分からないのだ。まあそれが面白いのだけど。
 全く記憶に無い事を友人が鮮明に覚えているかと思えば、その逆のケースもあったりで…人間の記憶というのはとても不思議だな、と。


沢木耕太郎の「深夜特急」と、ヘミングウェイの「移動祝祭日」には大きな共通点がある。いずれも著者が海外で過ごした「生活」や「旅行」の時間を、かなりの年月を経てから小説にしているのだ。しかもそれを恐ろしく鮮明に「即時性」を感じるほどに活き活きと綴っている点だ。


ボクのように曖昧な記憶しか残っていない人間には、10年も20年も前の出来事をあれほどリアルに躍動感を持たせた表現など出来ないなぁと…思ってしまうわけで。
思い出なら星の数ほどあっても、それをきちんと星座として形作れないのが、実にもどかしいのだけどね。


星の数ほどある過去の断片を繋ぎ合わせることが出来たら…って思った夜でした。

初夏のような季節の中…

                  オープンカフェの季節ですね…
                               @広尾



 日の東京は初夏のようだった。ボクの住む街は区長選挙で…その投票に行った足で、久々に娘と探検隊になった(^.^) もちろん相変わらず「どこに行く」とも知れずに路線バスに乗り込み、行き当たりばったりの「探検」なのだが、今回は北品川でお祭りを車窓からみて、即下車。思い切り堪能し…その足で大崎まで歩き、山手線を一周して(あっこれはもちろん電車で)…自宅に戻る、約4時間の探検隊になった。

 いつものように歩きながら交わされる戯れ言に大笑いして、その場にへたり込む娘が電車に乗り込むと、珍しく「眠い」と肩にもたれ掛かったまま爆睡。渋谷で下車すると…「スッキリした」と自宅まで歩くことに。

 ところがその後発熱(^_^;)アセ 現在(23:57)…39.2℃。困った。先ほどまで濡れタオルで足を冷やして(ボクと娘はこれが一番効く)しばらく話をしていたら…また眠りに入りそうだったので、ブログに加筆する事にした。なんだか盛りだくさんの週末だった。

 皆さんのこの週末はいかがだったでしょう? 明日からの一週間…また頑張って参りましょう。


 追伸:折角頂いているコメントに、まだ完全にはリコメント出来ていません。もう少々お待ち下さい。