御無沙汰でしたm(__)m

 くの間ご無沙汰してしまいました。皆様 いかがお過ごしですか? 突然ブログを休止してしまってスミマセン。

本日、母の初七日が無事過ぎましたので、ボチボチとブログ活動を再開しようと思います。
本来は写真ブログですから、何かしら写真をUPするのですが…今日だけは皆さんにお付き合い頂いて、文字だけで亡き母を偲んでみようと思います。




 ことの始まりは2年9ヶ月前に発症した直腸癌でした。今は昔とは違い「癌」と言っても『死』とは直結していないことが多いのです。もちろん…発症した部位や癌のそのものの性質にも拠りますが。それでも多くの場合は『死』に直結していません。だからもし同じ病名の方がいらしたら、どうか諦めないで下さいね(^_-)ウン


 残念ながら母の『癌』はタチが悪かった。タチの悪い直腸癌は血液を通して肝臓へ転移しました。そして最後には肺に飛ぶ事が多いと言われています。誤解の無いように書きますが、それでも『死』には直結しません。もし転移している方がいらしても、心配は無用ですよ。

 直腸から肝臓へ、肝臓から膵臓付近のリンパ節に転移。先月は胆管が(癌の影響を受けて)狭窄して…ステントを入れて胆道を拡張して、胆汁が流れるようにしました。


 あとは栄養をきちんと摂り、落ちた体力さえ戻れば、ペプチド・ワクチンによる治療を開始する事になっていました。
なってはいましたが、間に合いませんでした。

このワクチン治療はまだ未認可なので保険の適応はしません。スコア(つまり…効果が出ているという事)の良い治療なんですけど…効果が30%台ではダメなんでしょうね。高額な医療ですが、スコアが良い以上…やはりやってみたかったと言うのが本心なんですが、老いた母には時間がありませんでした。


 この一年間、ひたすらブログを続けたのも…実は願掛けでした(苦笑) いやそんな重い事じゃないですよ。始めは軽い気持ちでした。だけど初めに『願掛け』って思っちゃうと命が懸かっているようで…止められなくなっちゃうのです(苦笑)

 しかも先述した通り『転移』や『手術』を繰り返し2年9ヶ月で4回の手術を受けました。それぞれに希望と絶望を繰り返した日々だったので、『(ブログ連続更新が)挫折して調子が悪くなったらどうしよう』みたいな…(笑)


 昨年末、これ以上効果の期待出来る認可治療薬が無い事から、今後の治療方針が話し合われ 主治医からの薦めで築地の『国立がんセンター』にセカンドオピニオンを求めることになりました。
そして年明け早々に同センターを訪れました。

結果としては主治医の判断に間違いは無く、これからは如何に残された時間を有意義に過ごすのか?と言う話で終始しました。
明るい兆しのない中、同センターを後にしました。
 今でもその情景を鮮明に思い出せるのですが、夕刻の築地は早朝の喧噪とは打って変わって…別世界なんです。

思いの外静かで、時折思い出したように大型トラックが通り過ぎる感じ。とにかく物寂しい感じなんです。

場外市場で唯一開いていた『練り物』で有名な「佃權(つくごん)」でお土産を買って、母を家に送り届けることにしました。

 そこが母らしいのですが、『もう打つ手が無い』と告知された直後にも関わらず、センターで見た赤ちゃんを連れた若夫婦(多分20才代)を『私みたいなお婆さんは仕方ないけど、あの若さで本当に可哀想…』といって悲しそうな顔をしていました。

 その日以来…このBLOG以外にも、『日刊◎ニュース』(◎の中にはボクの名前が入ります)という日刊メールが始まりました(笑) ※母はブログのことも全く知らないので…『日刊◎ニュース』が唯一の母に対するアクションって事になります。

でも、これ意外と難しいのですよ。なんと言うか…余程のことが無い限り50才間近の息子と、75才を超えた母親に『毎日書くこと』なんて無いんです(^o^)アハハ  しかも一進一退を繰り返しているとは言え…基本は『元気じゃない』訳ですし、『調子はどう?』って聞いても『段々辛くなってきた』って事を書かせる訳にも行きませんから。当たり障りの無い…内容になってくる訳です。

 同じ東京いながら『今日のお天気』とか『現政権の愚かさ』とか…そんなことを『《日刊◎ニュース》』として送るしかない訳です(苦笑)

 母が逝く数日前まで…《日刊◎ニュース》は続きました。なぜ最後は止めてしまったかって? 最後はもう携帯電話を持つことさえも出来なくなって来ていて…。それでも死の二日前には少しでも軽い携帯を!と、機種変更をしてなんとかこのままの状況が続けば…と思ったのですが、それも叶いませんでした。

 5月20日(日曜日) 午前4:13…永眠致しました。

 最後はなんだかとても穏やかで、ビックリするほど笑顔のまま…家族(孫も含む)に見守られながら息を引き取りました。もう既に「あと2~3日だろう…」と医師からの告知もあったので前日は妹、この日は僕が一緒に泊まり込んでいました。心の中では『よりによってオレが付き添っている時に逝かないでくれよなぁ』と思っていたのですが…みんなを呼び出すのが、僕の役割になってしまったという感じです。


 葬儀は近親者のみで行われました。沢山のお坊さんに読経されて…これでもか!ってほどの白い花だけで祭壇が作られました。

 なんと四十九日は7月7日…僕の誕生日! 本当にビックリの連続です。


あー長くなりました。と言う訳で本日から徐々に復帰です…皆様どうぞ宜しくお願い致します。

色々ゆっくり考える日…

                   これは一体?
                        @新川 (これも旧山一証券本社傍)




 もなく大きな仕事がの締め切りになので、まあ色々と考えながら一日を過ごしました。振り返ってみると僕の仕事は作業の部分(これは長い時間職業として携わってきたことで作業になっただけで、「何も考えていない」と言うネガティブな意味ではないです)と、手は止まってひたすら思考している時に明確に分かれている時があるのですね。もちろん同時進行で思考しながら手も動いていると言うこともあるのですが。

 今日はひたすら思考の日でした。

まあ…それが正しい思考だったかは、しばらく時間が経たないと分からないことなんですが…。





地震があったね…とさえ言わなくなった気がする。

                      向こう側の世界…
                     @新川 (昔、山一証券本社ビルがあった辺り)





 った一枚の硝子の向こうに別の世界があるように見えたりする。今日少し大きめの地震があった時にパノラマの景色が見渡せる高層階にいて、硝子の向こうに広がる世界を観ながら、自分が揺れているのか、世界が揺れているのか、ちょっと曖昧になる瞬間があった。

 たった一枚の硝子の向こうにある、全く別の世界…そんなものが広がっているのだなぁ。




結婚記念日でした。

                  たてたてよこよこななめもあり
                          @渋谷駅 銀座線高架下



 15年前の今日、結婚をしました。朝からバタバタしていて、特にお祝いらしいことも何も出来なかったのですが…少し落ち着いたら小さなお祝いをしようと思います。 

 相変わらず、なんだか時間をしっかり作れていないのですが…6月までお待ち下さいね。





今日は夏日…でしたね

                  凄いなぁ
             @うーん、どこだったか珍しく思い出せない…確か…この辺り←ここクリックしてね。




 かった今日の東京。皆さんのお住まいの地域はいかがでしたか? 朝の予報では最高気温は27℃だったのですが…実際にはどこまで上がったのでしょう。 今日一日、外出が多かったのですが、風は適度に冷たくて気持ちが良かったのです。

 新緑が段々と美しくなってきましたね。葉に陽が当たりキラキラと光が舞うように反射しているのを見ると『生命』の美しさと強さを感じます。




なんでも明日は27℃らしい…

                       なんかレトロってだけで無く…
                               @渋谷駅
                良く見ると単にレトロってだけじゃ無くて、共産圏の国の何処かの国のようだ…





分かり? お分かりですねよね…(^o^)アハハ 写真右上…こぶしの花が写っていますよね、(^o^)アハハ 在庫…切れていまーす。しばらく過去写真がアップされます。

まあ写真を楽しみにしている人が何人いるか?って事なんですけどぉ~。




毎日同じ事を書きますが…

                      喫茶店
                    @三軒茶屋  惹かれる喫茶店…でも入り辛いよなぁ~



日はちょっと疲れました…(^_^;)アセ まあ働き盛りですし、『今日も疲れませんでした』って言うのも変なんで(苦笑)、まあ一般的なサラリーマンとしては頑張りましたって事なんですけど。


 ここの所あまりに片頭痛が続くので、午後の時間に会社を抜け出して(あっちゃんと許可を貰ってですよ(^_^;)アセ)受診してきました。

で…通常は飲み薬を処方して貰うだけなんですが、今回はイミグランという薬を「注射で投与」して貰いました。これが効く効く。
 で、で、更に調べてみると、このイミグランって『自己注射』出来るのです。インスリンなどと同じ様に自分で打てる訳です。

 あ、なんだか怖い事想像しないで下さいね。医師が打ってくれるような形状の注射じゃ無くて、ペンシル型で先端を太ももに押し当てて、ペンのお尻の部分あるボタンをパチンッ通すと、瞬間に短い針が出て投薬がされるのです。

 良く糖尿病の人が指先に針を刺して、血を採取して簡易検査をしますよね? アレとあまり変わりません。

 今回は医師に注射をして頂いたのですが、次回の受診の際には相談して『イミグランの自己注射』について詳しく聞いてみようと思うのでありました。





午後からまた…

                   メロンパンファクトリー
                             @下高井戸



分…明日は天気が崩れるなぁ…って思う。だって…片頭痛がまた始まっているから。尤もそんなに酷いモノじゃ無いから、崩れ方は緩やかかも知れないけど。
あー本当に片頭痛は面倒臭い。





本当に電力料金上がるのね…

                   瞬風
                   @日本橋駅 ちょっとレトロな感じの銀座線の駅々なのに…




る車両はアルミ化されて…味とか風情とかが無くなっている気がする。折角レトロな駅なのに…アルミ車両との相性が悪くて。なんでも軽量化(材質としても未塗装である事からもかなり軽量になるらしい)によって省エネ狙いって事らしい。で、各路線でも車両がドンドンアルミ化されているのですが残念で。時代の要請だから仕方ないのだけどね。

税金も投入されて、尚且つ料金も上がって…。まさか東電の社長、まだ黒塗りセンチュリー運転手付きで通勤していないよな? 




風が冷たくて気持ちの良い一日…

                       と・ま・れ
                             @麻布十番
                  (雨の中、驚くほどクッキリとしたグラフィックだった)





 日と比べると少し気温が低かった今日の東京。あくまでも僕の感覚的なものなので、もしかしたら実際の気温そのものはそうでも無かった知れませんが、風が冷たくて気持ちの良い日でした。

 今日もひたすらに13SS(2013年春夏)に使用する素材を集めてました。構想を練りながら「これはどうだろう」「あれはどうか?」と素材を集めて行くのです。

 後数週間できちんとアイディアを固めないと行けないのですから…。頑張ろうっと…。


 さて明朝、娘をクラブ活動(走行会)の集合場所へ送ります。また早起きだな……(-_-)トホホ





やっと落ち着いた…片頭痛ですぅ

                  アメニウタレテ
                          @高樹町『アメニウタレテ…』



 れにしても大気が不安定だなぁ。きっと多くの片頭痛持ちが悩んでいると思う。はぁ…。一刻も早く片頭痛の治療薬が開発されないか…と思うのでありました。




今夜も撃沈…

                       止まれ…だよね、本当に。
                       @高樹町(完全に止まって下さい…時には)




 山のお見舞いのコメント頂いておりますが…スミマセン、撃沈致します。この不安定な気圧は堪りません…(-_-)トホホ  今日も早くにベッドに入りますが…何卒ご理解のほどm(__)m



片頭痛の一日…

                       主張
                         @高樹町(ここにも貼るか…)




 日も朝から片頭痛が……(-_-)トホホ 負けないぞ! って事で明日は、変更死んだんです 健康診断です。まあ今から頑張るモノでも無いので…淡々と受けてきます。




今月はちょっと…

                  ナチョ共演
                              @南青山 
              (あっ、変な写真じゃないですよ…娘ですぅ。表示の上に立って貰いました)





る年波には勝てず…GWやお盆、そして年末年始などの長い休み明けは、どうしても疲れ易くていけません。

 今月は大切な仕事の大きなピークがありまして、ブログの対応が鈍くなります。コメント欄は明けますが…リコメントがきちんと出来ない可能性があります。また皆様の所にお伺いしても、なかなかコメントが出来ないかと思います。6月に入ったら復活致しますので、どうかそれまで不義理をお許し下さいませ。

 ブログはしばらく…写真だけになりますが、是非お越し下さいませ。



ナチョパパ




Last day

                       街
                   @表参道(お昼過ぎまでは…気持ちが良かったのだけどな)



GW最後の日、皆様いかがお過ごしだったでしょうか? 旅行など有意義に過ごし、通常生活に向かって今日は”しっかり休養!”なんて羨ましい人もいるかも知れませんね。『いやいや、職業柄GWなんてないですよ』という方もいらっしゃるでしょう。

 そう言うボクも『これ!』って事も無いまま…2012年のGWは終わりました。それでも『書類の整理』が出来ただけでも”良し”としないと行けませんよね。実質1年近く自分の机の上が”人様にはお見せ出来ない”状態になっていましたから。まだ充分じゃ無い(今日は久々に『ナチョ探検隊』に出掛けて何も出来なかったので)ので、明日から何日か掛けて完全に片付けを完了させようと思っています。

 ここしばらくcommentが入らずに寂しい思いから(苦笑)一転、沢山コメントを頂きながら…リコメントが出来ません。明日以降になりますが、もう少々お待ち下さい。


 さ、気合いを入れてお盆休みまで頑張っちゃいましょう!!!




そう、今日は立夏です。夏がやってきました。

                  奥までどうぞ…
                         @麻布十番(パン屋さんの横)




い天気でしたねぇ~…今日の東京。皆様のお住まいの地域はいかがでしたか? 暦的には立夏ですから…正に暦恐るべし!って思いますよね。だって数百年前に『この辺りから夏!』って予言したようなモノでしょ(笑)  今年も当たりましたよ、ご先祖様!って感じでしょうか。

 そんな天気の良い日に、室内でひたすら片付けをしていたのでした…はぁ…明日には終わらせようっと!



今日はゆっくり…

                       降ったり止んだり…
                            @高樹町(雨の歩道で)





型連休(GWって映画の産業界がPRの為に作ったこと言葉なんですよね。だから…NHKでは大型連休って言うのです)も後半になって…特に何って事も無いのですが、午後からちょこっとだけ外出しました。尤も…天候は全く安定せず、雨が降ったかと思うと、突然まぶしいほどの太陽が出て…初夏のような空模様になったりで。

明日はいよいよ「泥棒でも入ったのか?」って状態になっている自分の部屋を掃除します。長期の休み毎に自分の部屋を掃除しているような気が…(^_^;)アセ 普段ドンだけサボっているんだ…って感じですけど…。



緑の雫

                       雨のGW
                             @南青山(自宅)




あ案の定と言えば、案の定なんですが…午後からしっかり片頭痛ですぅ(苦笑) ここまで来ると…もうあきらめが先に立っていますから、嘆くことも無く淡々と受け入れているのですが…それでも心のどこかに鎮痛剤では無く、治療薬が出来てくれないかなぁ~と思っている心もあるのです。

雨の日だったって美しいのですから、その浴びに体調を崩していたら…その美しさを堪能出来ないじゃないですか。

いつかに期待して…。




いやいや切らないよ…なんだか分からなくなるでしょ

                       いやいやそこは切らないよ…
                           @三の橋(東京都港区)




 えば進学や就職、留学や転職など自分を取り巻く環境が、大きく変る時には出逢いがある。昨日まで全く知らなかった者同士が、環境の変化を切っ掛けに出逢い…互いに探り探り遠慮しながら相手を推し量り…解り合えるにはどの位の時間が必要で、親しくなるのは何が決め手になるのだろう。

 環境の変化が無くても最近ならBLOGやSNSの普及で、出会いはカジュアル化して、よりフラットになった。そしてそれまでなら知るはずもない地域に住む人や、出逢うはずも無い職業の人や、なかなか話が出来ないような社会的な地位を持つ人や著名な人とも、特に意識すること無くフラットでカジュアルなコミュケーションが出来るようになった。


 リアルな世界でもネットを通じた世界でも同じなのだが、沢山の出会いの中で、ある特定の人に対してオープンマインドになり、付き合いが続いていく人と、そうで無い人が出来る。特に意識した訳では無いのに…確実に選び選ばれて関係が成り立っていく。

 相手はともかくその線引きがどこかで成されているのか、よく分からない。今更惚れた腫れたと言う事は無いが、それでも異性なら例えばプロフの写真が好みだとか、可愛いから…と言う事もあるかも知れない(笑) でも同性の場合はどうなのだろうか? しかもネットで知り合った人と会ったりすることの無いボクは、男性でも女性でも、その基準がよく分からず曖昧なのだ。

 一体、出会い、解り合い、親しくなるそれぞれにはどんなハードルを(無意識に)設けているのだろう…と思った一日だった。




 今日、古くからの友人からとても暖かい心遣いが届いた。そして改めて出会った時の事や、今では思い出になっていたりする出来事を振り返った。もう30年以上の付き合いの友人だから、その蓄積は大きい。
 
 そして思う。最近の「出会い」も、いつかは振り返るのに充分な価値のあるものになるのだろうかと。そうなれば良いなぁと思う。沢山の思いが詰まった時間と関係が築けると良い…そんな事を思った夜だった。

                                                  :「解り合う時間」




街の主役…

                  存在感…
                           @日本橋(駅構内)





人のプロフィールを見ると2008年に渋谷のギャラリー「Le Deco」で個展をしたことになっているので、彼を知ったのはその前年の2007年か前々年の2006年ということになる。

 細かい経緯は忘れてしまったけど、確かHPだかblogで見た「RICOHのコンパクトデジタルカメラGRD」で撮られたという写真に衝撃を受けて、コメント欄に感想を書いたのだと記憶している。

 そもそもボクがカメラを趣味にし始めたばかりの頃、「安達ロベルト」というフォトグラファーが既に有名だったのか?そうで無いのか?は…全く分からない。尤も当時「知っているフォトグラファーを挙げろ」と言われても、キャパと篠山紀信とアラーキーぐらい(笑) アンリ・カルティエ・ブレッソンもドアノーも木村伊兵衛も、森山大道も、ハービー山口も知らなかったから。ただUPされた写真に心が共振したような気がして…『素敵な写真ですね』というコメントを書いたのだと思う。

 当時、既にRICOHのカタログやHPで、安達ロベルトの写真が使われていたのだから、ボクが知らないだけで著名だったのだとは思うのだけど。



 2008年、渋谷駅から徒歩5分。明治通り沿いにあるギャラリー”Le DECO”で個展をやると聞き、なんだかんだと言い訳をして会社を抜け出して会場に行った。そこでプリントアウトされた作品を見た。普段モニター越しの透過光でしか見たことの無かった写真がプリントされて額装されていると、いつもとはまた違った魅力的な作品となっていて感動的だった。

 当日の夜か、翌日だったか…個展に伺ったことと感想をコメント欄に残した。そして『一体(カメラは)どんな設定なんですか?』と。すると『声をかけてくれれば良かったのに。美味しいコーヒーぐらい出したのに…』とコメントが返ってきて、何の躊躇いも無く自分が設定しているパラメータまでしっかり答えてくれたのだ。

 ボクがギャラリーに入った時、ちょうど雑誌(もしかしたらテレビとかラジオかも知れない)のインタビューを受けていて、忙しそうだったので…と書くと「またどこかでやりますから…その時には是非声をかけて下さい』と書いてあった。



 よく『カメラはなんですか?』って聞くと『カメラじゃなく、純粋に写真を見て下さい。1万円のカメラでも100万円のカメラでも、写真の価値が変わる訳じゃないですから』というニュアンスの答えをする人がいるけど、その人は大きな誤解をしている。

 ボクが知りたいのは正にカメラで写真の価値を判断しているのじゃ無くて、100万円でも、1万円でも、100円でも全然構わなくて、「あなたの撮ったこの素晴らしい写真は、一体どんなカメラから生み出されるのですか?」って聞いているだけなのです。

 そんなことがあった後だったので、一切の躊躇いなく細かいパラメータまでオープンにした「安達ロベルト」というフォトフラファーの考え方がとても印象に残ったのだ。




 あれから4年、今では講師となってワークショップを開くほど(行った事がないから分からないけど、多分「先生」と呼ばれている)著名なフォトグラファーになり、RICOHが出しているカメラのムック本などがあれば、必ず作例が載っているほど…著名なフォトグラファー(写真家)になられている。

 もちろん昔の話だからボクとのコメント欄でのやり取りも、名前も全く覚えていないだろうし、そんな会話があったことさえも忘れてしまっているだろうけど。今でも密かに安達ロベルトのサイトは目を通すようにしている。どこかでコメントを残したいとも思うけど、あまりに偉くなってしまうと…それは実に声が掛けづらい。以来コメントしたりはしないのだけどね。



 以来ボクも『どうやっているのですか?』と聞かれると、出来る限り手の内を明かして、説明するように心掛けている。と言っても安達ロベルトのように先生でもプロでも無いし、正しいのかどうかも分からないけど。ただ拙写真に少しでも興味持ってくれる人がいたら、感謝を込めて全てを明かすように…心掛けているのだ。
                                              
                                         :「安達ロベルトという写真家」


※許可無く書いているので…クレームが入ったら直ぐに削除するblogですぅ。