豚肉は好きだ…でも豚みたいな人は…

                   45歳を過ぎて豚肉が好きになった
                              @八丁堀



 野田首相の言う「オールジャパンで事にあたる」という「オールジャパン」の言い方が気持ち悪い。この人…多分、いじめられっ子だったと思うのだけど、妙な正義感を持った感じが実に気持ち悪い。

※追伸:いや写真の「豚」と「野田首相」は何の関係もありません。




始まりを待つ間…

                       神聖な時間、喧噪の前に…
                               @仕事場



 やっと今週が終わりました…なんだか忙しい週でした。そうそう…年度末でもあるのですよね。皆さんの中には4月から新しい環境になる方もいらっしゃるのでしょうね。

 皆さんから沢山のcommentを頂戴しているのですが…ごめんなさい。明日後日のお返事になります。お許し下さい。
 わざわざコメント下さった鍵コメさん、いつもコメント下さるY&Aさん、お久しぶりのマリコさん…もう少々お待ち下さいませm(__)m



ま・ち・び・と

                       待ち人
                              @麻布十番




夕方からずっと気温がグッと下がったのか…風が吹くと春になりきれない寒さになりました。今週はまあ色々な事がギュウギュウに詰め込まれている一週間で…ちょっと疲れてしまいました。あと一日で今週も終わります。明日一日頑張ろうっと。

 みなさま…お休みなさいm(__)m




春待ちの特等席…

                       もう少し、もう少し…
                              @麻布十番




今日のお昼は少し暖かかったのですが、夕方から雲が多くなり(場所によっては雨が降ったようです)…気温もググッと下がりました。なかなか春の足音が近づいて来てくれません。

naokoさんそして、Y&Aさんのお二方に折角コメントを頂戴しているのですが…今日は眠くて眠くて。申し訳ありませんが…リコメントを明日以降にさせて下さいませm(__)m

皆様、素敵な夜をお過ごし下さい。


沢山の色、沢山のディティール

  • Day:2012.03.27 22:10
  • Cat:
                        雑多な感じ…
                            @麻布十番



 普段は気付かないのだが、こうやって普段生活をしている場所を写真にしてみると…思いの外、様々な色が使われて、様々なディティールに溢れていることに気付かされる。とてもアジアチックだし、とても日本ぽい街の光景なのかも知れない。



天使の仕草…

                       天使
                             @麻布十番



夢の話…その1はこちら
夢の話…その2はこちら

夢の話…その3:

 「まず迷子になる事は無い」と言いながら、この夢でボクは自分がどこにいるのか全く分かっていない。繰り返しになるけど、パスポートもお金(感覚的には数千円程度しかない感じ)も持っていない状態で、気持ちだけは「帰国しなきゃ」と思っている。つまりこのシチュエーションは、数ヶ月前に見た夢と全く同じだ。


話を夢に戻そう。



 その顔をよく知らない友人と知らない都市の高速道路を走っている所から始まる。

 それは東京なら首都高速、大阪の阪神高速、パリならペリフェリックと言う感じの高速道路。もちろんなぜ走っているのか、どこに行こうとしているのかも全く分からず、起伏に富んだその高速道路を、地下に潜ったり地上に現れたりしながら、目まぐるしく疾走しているのだ。

 高速道路とは言え、かなりの速度で走っている事は流れる景色で分かった。時折現れる案内板(いわゆる高速道路に設置してある「緑地に白い文字」のタイプ)が上手く読み取れないほどだ。何度も文字を読もうとするのだけど、動体視力に問題があるような…見え方で実にもどかしく、それは夢特有だったりした。更にアルファベットらしき文字の並びも、なんと発音したら良いのか、どこの言語だかも全く分からないのだ。

「どこでも良いから早くこの高速を出ないといけない。このままじゃ埒があかない」と高速道路を飛び出したの。


 高速道路から降りると、そこにも見覚えは無かった。こうも「見たことが無い尽くし」だと諦めもつく。目の前に大きなロータリーがあって、沢山の車がグルグルと回りながら思い思いの進路に出て行く(分かる人はporte de St-cloudを想像して貰えると良いかも。高速道路から出て…大きなロータリー式の広場がある)。 

 ボクは流れに任せてロータリーを一周して、そこから四方八方に伸びる「通り」に付けられた名前の標識から、その一本がかつてボクが住んでいた町に行ける言うことに気付いた。とにかくまずそこに行って「今自分がどこにいるのかをしっかり認知して、(パスポートが無い状態を)上手く切り抜けなきゃ…」とその町に向かってハンドルを切ったのだ。


 ここからが如何にも夢なのだが…次のシーンでは車に乗っていない。
リアルな世界では実際に在りもしない駅前にいて、そこがパリ近郊だと言う事だけは分かっている。(※ご存じのように実際のパリ市内のメトロ駅の多くは地下だったり、一部地上にあっても高架線になっていたりで…日本のように駅前通り商店街的なモノがあったりすること


はまず無い。つまり「駅前だから拓けている(商店街が沢山ある)ことはないのだ。一部例外的にSNCFと言われる郊外へ行く電車のターミナル駅などはまた別だけど。)

 そして見たことも無いくせに「この駅…かつて使ったことがあるなぁ」と思い、「この角を曲がると馴染みのカフェがある」と小走りに駅前を駆け抜け、角を曲がると…思い描いていたカフェがあるのだ…。

そしてある事に気付くのだ。


って事で…更にこの話の続きは次回なのだ。




皆さんが付いてきているのか…不安になってきました(焦)




見てますよ…

                      看板を見る、看板が見る
                             @恵比寿



 今日は少しだけ暖かかったのだろうか? 今日一日移動は車、殆どを室内で過ごしたので…実感はないのだけど、窓からの景色や日差しは、とても強くて…美しい影を街の至る所に作っていました。

 最近、まあ色々バタバタなんだけど…それでも時間は変わらず淡々と流れて、寒いながらも春はきっとそこまで来ているのだろうなぁと。心待ちにしていたりします。




日本遺産…(笑)

                 ノスタルジック
                             @恵比寿



一日、一日を確実にゆっくりと進んで行こう! まだまだ寒いけど、陽は確実に長くなっていますよね。年度末…色々と忙しい人も多いと思いますが、希望の多い新年度であることを祈って…。






神の見る前で…

                      神の視線
                             @恵比寿




 ダメだ…今日も記事が書けませんでしたm(__)m 皆様、どうか良い週末をお過ごし下さい。誰かを想う優しい時間が過ごせますように。そして微笑の多き週末であります様に…。

 ナチョパパ


隙間から空を見上げて…

                 六ヒル
                           @六本木ヒルズ



いつものようですが、今日も公私ともにバタバタしてしまって…なかなか落ち着かないボクです(^_^;)アセ 寄る年波には勝てず…ちょっとばかり疲れたので、今日は写真だけで寝ます。皆様、素敵な夜をお迎え下さい。お休みなさい。


通りの向こうのを…強い影

                 通りの向こう…
                             @西麻布




春一番は…いづこへ:
 笑っちゃうほど寒かった…今日の東京。なんでも「春分の日」までに春一番が吹かなかったのは12年ぶりという事らしい。それでも東京の開花予想は3月30日辺りと言う事ですから、あと10日もすると…桜の季節って事なんですね。待たされた分、一層楽しみです。


かつて見た光景…

                      六本木にて…
                            @西麻布


今日は春分の日…:

 お彼岸日和というのか、お墓参り日和というのか…気温は低いながらも青空の一日でした。少しばかり体調が優れないので…今日は早めに寝ます。皆さんの春分の日が素敵な一日であったことを、心からお祈りしております。

未来への架け橋…

                  届け!
                             @日本橋




桜っていつ頃咲くのだっけ?…:

 毎年この辺の記憶が曖昧なんですけど(苦笑)、桜っていつ頃咲くんでしたっけ? 巷では卒業式(卒園式)…の最盛期なんですが…この時期って桜が付きものって気がしていたのですが、なんか殆ど咲いていないですよね。やはりこの寒さが原因なんでしょうね。

 今日も寒かった。明日はどうだろう? 皆さんの春分の日が素敵な祝日でありますように。



神様の影 ~Shadow of God~

                      恵比寿駅前
                             @恵比寿




「春の嵐の翌日は…」:
 昨日の嵐ほどじゃないけど、今日も雨が時折落ちてくる不安定な天気でした。幸いにして片頭痛にはならず…ホッとしているのだけど、これも明日どうなるのか微妙なんですけどね。あーこの時期の片頭痛は嫌だなぁ。

 皆さんの週末は良い週末でしたか? 来週は春分の日もありますし、少しは春の気配を感じられると良いのですが…。




 



青空を見上げて…

                     空を見上げて…
                             @恵比寿




 春の嵐…:

 天気予報が見事に当たり、昨日の抜けるような青空から一転「春の嵐」となった今日の東京でした。

 この時期、東京の服飾業界はTFW(東京ファッションウィーク)という業界上げてのイベント週間なんです。どのように参加するかは、その会社毎に違うのですが…いわゆる「ファッションショー」を披露する会社もありますし、「展示会」と言って、新作のサンプルを並べて、バイヤーと言われる人やジャーナリストに見て貰ったり、発注して貰ったりする会社もあります。
※もちろんその両方をする会社もあります…我が社がそうです。

 当然…バタバタしててしっかりブログの記事に向き合う時間も無くて。大変申し訳ないのですが…今月一杯こんな感じのブログになりますが、どうか大目に見て下さい。

 ボクのバタバタ加減が分かっている皆様(苦笑)…詳細をここに書かれてしまうと、ちょっと困るので…色々ご迷惑をお掛けしていますが、仕事の話はちょっとスルーして下さいませm(__)mペコリ 

 まあこれも生業ですから、一生懸命に頑張りますが、心は一日も早く桜の季節にならないか…と心待ちにしているのでありました。



えっ 牛 ?

                     都会の中で…
                             @恵比寿


 天気良いのに寒い東京。なんでも明日は嵐になるらしい。気温は高いので雪にはならないらしいけど。今日も早くにベッドに入ろうと思います。皆様 良い週末をお過ごし下さい。


紺碧の空に白いシーツが風に踊っていた…

                      快晴の空に白いシーツが風に揺れていた
                             @恵比寿




処方箋を取りに、写真を撮りに?…:
 昨夜は「写真の在庫が無くなった」と報告したが、今日は片頭痛の薬の在庫が無くなって…急いで代官山のベテル診療所まで行ってきました。写真の在庫は無くてもなんとかなりますが、片頭痛は下手をすると三日間ぐらい棒に振ることになるので…この時期にそれは出来ないので…会社を抜け出して行ってきた訳です(あっもちろんちゃんと届出書を出してですよ(苦笑))。

 恵比寿には麻布十番からは「渋谷行き」の都バスに乗り、「渋谷橋」バス停と言う所で降りると…直ぐ。病院の名前に「代官山」と付いているのですが、場所的には恵比寿と代官山の途中なので(代官山と恵比寿は隣り合わせの町)、このルートなんですが、バスを待つ数分間の風の強さとその冷たさで…身体は芯から冷えてしまいました。
 
 ここ数日の東京は笑ってしまうほど風が冷たくて、視覚で感じる気温と実際の気温に差が有り過ぎるように思います。こういう状況は最も風邪をひき易い(服装の間違えから)時でもありますから、”ちょっと厚着かな?”って思えるくらいのコーディネイトでも良いかも知れません。


全く撮影に行けなくて…

                  だって何も無いのだもの…
                             @身近な所で…



気温はともかく…:

 今日は一日中…殆どオフィスから出なかったので、気温がどうだったのか?分からないのですが、窓からの日差しは明度があって春らしい一日でした。それに17:00を過ぎても空にはまだ残照があって、やはり冬とのそれとは違います。今年の春分の日は20日です。間もなく太陽のある時間が段々と長くなっていきます。ヨーロッパのように21:00を過ぎても明るい…なんて事は無いけど。

 冬好きのボクだけど、夏の太陽ある宵の口、そんな夜の時間帯が好きだったりします。






まちかどまちかど

                      街角街角
                             @麻布十番





アタフタ過ぎる一日…:

 コレクション前は色々なアクシデントが付きものだし、毎回毎回一生懸命対処して「次こそはより良いものを」と思っているのだけど、何の問題も無く済む(コレクションが迎えられる)って事も余りなくて…。経験が活かされていないなぁ~と反省仕切り。

 仕事のことなので詳細はここでは書けないのだけど、少しでもお客様が満足して頂けるものを探して奔走するのでありました。

 疲れた時は寝るに限る…と言うことで、今日は寝ます(^.^) お休みなさいませ。



ショウワ ノ デマエ

                      ショウワ ノ デマエ
                             @麻布十番





まさかこんなに長くなると…:(同じ根幹5)

 「天災は忘れた頃にやってくる」状態になっているこの「同じ根幹…シリーズ」(苦笑) また今日もひたすら真面目に書きますが…当然前回から時間が経っていますから、「えっ?どんな内容だったっけ?」という方がいらして当然だと思います。過去を振り返らないとなんだか分からなくなったあなた! 


その1…こちら
その2…こちら
その3…こちら
その4…こちら
 ↑
まずこちらをさっくりとお読み頂いてから、その後で今回の記事をお読み頂ければ宜しいかと。
 更に…前回殆どcommentが入らなかった経緯があって、それはそれで心に寒風が吹き荒れるので…(笑)、今回はコメント欄を初めから閉じることにしました(^_^)ゞ では改めて…お楽しみ下さい。
(※その節はしょうさん唯一のコメント有り難うございました)



 そもそも何でこんな事を書き始めたか?と言えば、国会が開催されて…本国会開催期間に様々な法案が提出され可決、否決、廃案化されていく訳です。
 きっとまだ何も決まっていない…と思っている人、結構いると思いますが、これがさにあらず。こっそり野田某と谷垣某が会っていたなんて話は…実はもうどーでも良いじゃないかってほど、 結構な増税(もしくはそれに準ずる形で)が既に始まるよと。別に隠されている訳じゃないけど、なんだか上手いこと「静かに」進行した為に、言ってみれば知らない内に…(と言ったら過ぎるかも知れないが)…実に解り辛いところで、結果として増税と同じ様な事が、もう既に始まっていると。それがあまりにも広範囲に渡っているので、多分…今年の4月ぐらいから、給与明細にその兆候が現れ始めると思う。
「っん? なんか給料減っていないか?」みたいな。


 もちろん支給額は変わらないと思うけど、振込額(いわゆる手取り)が「えっ?」って思うほど減る人が…続出すると思う。しかもそれは兆候であって、そこから数年に渡って続く大増税になるのだから(いわゆる税と社会保障の一本化という御旗の元に)、将来に対して大きな不安を抱くと思う。住宅ローンは? 教育費は? と。


 ボク個人のスタンスは幾度となく…「やる事さえやってくれるのなら増税やむなし派」と宣言しているのだけど、「仕方ないよね…財政赤字が膨大なんだから」って言うようなものじゃない。とんでもないアウトラインが描かれている。

 しかもそこに政官の削減案は…実質全く加味されていない。つまりギリシャの財政破綻の原因になった言われている「政官のコスト削減が出来なかった」状態と似たような構図が綺麗に出来上がっているのだ。まあ労働者の1/4が公務員というような状況ですから、日本と違う…と言うかも知れませんが、日本の国家予算で政官のコスト割合を考えると…ちょっと見過ごせない数字です。
 因みに独立行政法人的な事は全体像がカモフラージュされちゃって…全く見えていないので、国家予算が殆どノーチェックで使われているのだ。天下り・渡りを繰り返して…人生の最後で数億円のお金を手にするシステムがもう出来上がっている官僚は…税金の確保を最優先しますから。


 散々バブルを享受してきた世代が、好き勝手に箱物作っちゃって、破綻した途端…子供達の世代に負の遺産は残せないとか何とか言っちゃって…自分達は引退(定年退職)。バブルを享受出来なかったボク等が支払いの中心になるのだから。そこはアータ 言わせて貰いますよと。


 ドジョウだかなんだかい知らないけど、おまえ達の世代が散々遊んだ付けを、一度も享受出来なかったボク等が尻ぬぐいをしてあげるのだから、もっと感謝しろよ!と。そして何も新しい方向性(使い古されて嫌な言葉だけど)「成長戦略」も無しに、ただ取り易い所から『増税でカバーしようとする』事には、それは君許さないのだよと。


 ただでさえ数年に渡っての不況で、目減りしている給料に、追い討ちをかけるように増税なのだから、影響が小さくない。まあ国際的な目線もかなり厳しくなっていますしね…『いい加減その財政赤字をなんとせんとイカンですよ!』と言な圧力を、先のAPECでも受けているのが見て取れる。
 諸外国がそう言うのも当たり前で、常識で判断するとGDPに対して229%の負債額って考えられない訳です。繰り返しになるけど何しろ1000兆円超えですから。


今後、増税含みで問題になるのは『年金』など社会福祉費の質の維持と捻出方法に関する問題が一番だろうなと。


と言う所で今回も次回なのだ…(^_^;)アセ 長げぇ~。

彼女が通り過ぎる間…

                      瞬間
                            @麻布十番



一年を経て…:
 あの悪夢のような東日本大震災から一年が経ちました。テレビではこの一週間「震災を振り返る」的な番組が多く組まれています。そして今日までの日々を色々な形で検証しています。

 ボク自身はこの震災で自分自身の色々な面を知りました。その大半は反省することでした。今でも自戒の念を込めて小さな復興のお手伝いをしているのですが…ボクの友人などは献身的に被災地に入りボランティア活動をしているのを見ると、ボクがした事はあまりにも小さな事だったと反省するばかりなのです。

 今、ボクに出来る事は少しでも長い時間、出来る範囲の復興支援をし続けることだ…と思っています。


 亡くなられた多くの方のご冥福を祈りして、傷ついた多くの方、未だ困難な状況にある全ての人に、一日も早く平穏な日々が来ることを願って止みません。



雑多な街

                 街の一部
                            @麻布十番



 今日はちょっとお疲れ気味でして…。また明日お目にかかりましょう。お休みなさい

輝春影憧

                     美しく…輝く影
                           @麻布十番




本当に大切な事…:
 一時期「春」を思わせるような日があったのが嘘のように一日中雨が降っていた。雨と冷たい風と低い雲は…より春を待つ心を強くしてしまう。

 
 今日クライアントとの打ち合わせで日本橋に行った。いつも銀座線で三越前まで行くのだが…その中でちょっと考えてしまった。

 東京ではほぼ一年中「就活」をしている学生を見ることが出来る。もちろん時期によってその増減あるけど、独特なスタイルなので「あー就職活動なんだな」と一目で分かる。昨今の経済状況を見れば、どの子にも心から頑張って欲しいし、「入口」とは言え、自分の将来の自分でつかみ取って欲しいと思うのだ。

 今日一人の就活中の女の子を見かけた。ご多分に漏れず、独特のスーツと低めのパンプス、黒いコートに、縦型薄トート(企業案内などの書類などを入れる)を持っていた。溜池山王駅(タメイケサンノウ)で一緒に乗車した形になった。
 冒頭に一年中見ることが出来る…と書いたけど、この時期は最も少ないので尚更目に付いたこともある。

 長椅子の一番端で向かい合うように座ったのだが、座ると同時に彼女はバッグからポーチを出しメイクを始めた。幾らオジサンのボクでも、今時そのくらいでは目くじらを立てる事もないし驚きもしない(苦笑) だって彼女がメイクをするようになった頃、周りの大人達が普通にそう言うことをしていただろうから。「電車の中でメイクをすること」は、今の若い子にとって普通のことなのだと思う。一切の羞恥心を感じないだろう。彼女(達)にとって電車はお化粧をして良い場所なのだ。

 
 問題はここからだった。ひと駅間ボクは読み掛けの本を開いていた。次の駅に着きふと顔を上げると…ボクに背を向けて(つまり彼女の正面に)歳を取った女性がリュックを背負って立っていたのだ。やがてドアが閉まり、老人はつり革に掴まって電車が動き出した。ボクは本を閉じて…席を譲った。

 老人はお礼を言って席に座わる為にこちらに身体を向けたのだが…とてもビックリした。

 ボクは就活中の彼女が、寝てしまっているのか、ボクがそうであったように本か何かを読んで気付かなかったのかと思ったのだが…なんとまだメイクをしていて、ビューラーでまつげを挟んでいたのだ。

 何度も言うけど、メイクに驚いたのでもなければ、ビューラーに驚いた訳でもない。目の前に明らかに老人がいて(オーバーじゃなく腰が軽く曲がっている)も、平気でメイクし続けている事に愕然としたのだ。もちろんそこはシルバーシートでもないし、優先席でもない。でも…なんと言うか、とても虚しかった。

 何しろ彼女は今、面接を受けて(その帰りかも知れないけど)、自分をしっかりと見つめて、人に評価されるという試練に向かい合っている真っ最中で、それはイコールで自分自身をきちんと見つめる時期にでもある。その為にナチュラルなメイクをして、シンプルなスーツを着て、低めのパンプスを履いて…マニュアルに従って就活をしている訳で。毎回「人間性を問われている」ような時間を過ごしているのだ。

 ボクが面接官なら…こんな無神経な子は採らない。面接官が乗っていることもまずないだろうけど、就活生は覚えていた方が良い。君たちの行動は色々な人が見ている。そしてどんなにマニュアル通りの格好をしていても、人の本質って思わぬ所で露見するのものだと言う事を。

 「見られてるからやる…じゃ困る」という人もいるだろう。確かに正論だ。でも「見られているかも知れない」という所にさえ気が回らない子、気遣いや心遣いが出来ない子が、仕事が出来るとは…ボクには思えないのだ。
 世の中はとても不公平で、二人の「同じ程度仕事が出来る子」なら、例え多少劣っていても気配りの出来る子を間違いなく選ぶ。

 中には「同じように仕事が出来るような子…なんて比較はあり得ない」という人もいるだろう。それは認めよう。だったら…こう言おう。君が優秀なら尚更詰まらないことで減点されるような行動は慎んだ方が良いよと。世の中は常に「つまらない」と思われることで人事が動いたりするものだから。


囚われの身

                 怪しげなヤツめ!
                             @麻布十番







夢の話…その1はこちら
夢の話…その2:
 前回…(正確じゃ無いけど昨年10月頃)見た夢を細かく書くと長くなるので筋だけ…。ともかくパスポートも大したお金も無い状態でTGV(新幹線みたいなもの)に乗っている。「イカン、このままだと帰国出来ない」って思い、なんとか解決の糸口を探そうとする。そして「あそこのカフェまで辿り着けば、何路線ものバスが通っているからなんとかなる」と、自分がどこに居るのかも分からない状態から抜け出そうとするのだ。つまり夢の中で馴染みのカフェに行き、そこに辿り着く為に一生懸命に公共の乗り物を乗り継ぐ…ってシーンなのだ。
 もちろんそんな店はリアルな世界ではどこにも無い。夢の中で勝手に作り上げた「架空の馴染みの店」だったし、この後も様々な困難を乗り越えて、やっと落葉だらけの店に辿り着き店主に状況を聞いてもらい、カウンターで立ち飲みしている馴染みの客に状況を説明する(全くの初対面なんだけど何故か、昔からの知り合いって感じ)…って所で夢が覚めたのだ。



ここからは今日のボクの夢。

 そこがパリという事はなぜか分かっていて、だけど正確に位置は全く分からない。周りを見渡しても全く見覚えが無い街角で、何故そこにいるのかも全く分からない…でもそれを特に変だとも思っていない所が、如何にも夢なんだけど。

 ボクの横には友人がいて、彼も「参ったな」と思っている。でもこの”友人”というのが実に曖昧で…その人のことをあまり知らないのだ。いや「知らない」というのはちょっと違う。それなりには知っているし、相手もボクのことを分かっているのだけど…顔を殆どを知らないのだ。

 「顔を知る」…という言葉に「殆ど」という言葉が付くのも変な話なんだけど、それはFacebookやtwitterで仲良くなった関係のような感じ。冗談も言い合うし、幾度となく意志の疎通があって、何となく家庭環境なんかも分かっているけど会うのは初めてという。多分、年齢は同じくらいか少し下。だけど、ボクは敬語で話をしている…。

 ここまでの文章で皆さんは上手く想像出来ているだろうか?


 先を急ごう。


 パリに3年以上住んでいて、日常的にメトロや車での生活をしている人は、「全く知らない」「全く分からない場所」はあまり無いと思う。例えば「点」として、今いる場所が分からない場合でも、10分も歩き続ければ…かつてタクシーで通ったことがあるとか、一度はメトロで降りたことがある場所に出くわすのではないだろうか。想像しているよりずっと狭い街だから。

 それに市内に関して言えば…パリ市をぐるりと取り囲んでいる環状高速道路(ペリフェリック)の内なら、どこかに、「SNCFの駅」「エッフェル塔」「モンパルナスタワー」「モンマルトルの丘(サクレクール寺院)」「ラ・デファンス」「ノートルダム寺院」のいずれかが…どこかに見えるから、迷子になる事はまずない。


と言うことで…続きは次回

ほんのひと時の春…

                 ほんの一時の春
                           @麻布十番




いやいや、それだったらさあ…:

  iPhoneとかiPad…の商標が使えないなら、もう諦めて中国国内では「ぷりぷりプリン」とか「ニーハオパンダ」って名前で売り出せば良いのに。格好悪いネーミングのガジェットを持ちたくないかも知れないけど、「あなたの国では世界的な基準で登録されている名称が使えないので…仕方なくこう言う商品名にしました。恨むなら…制度を恨んで下さい。」って…ね。

 まあ逆に世界のマニアの中ではiPhoneではなく「ぷりぷりプリン」と書かれたSIMフリーの製品が高額で取引されるかも知れないけど。


出来るだけ情けない名前が良い。「ドドスコドン」でも「ラーメン一丁」でもなんでも良い。もちろん中国の方が聞いて気恥ずかしくなるようなネーミングじゃ無いと意味が無いけど。

 INTERNATIONALな会議の場で、ドドスコドンと書かれたiPhoneを耳に当てる姿が世界に流される。なんか…とてもおかしい。


春の気配を感じて…

                 春の光を集める広場
                            @麻布十番





今日は全く時間が無くて…ブログの記事が書けませんでした。どうかお許しを…。皆さんのお住まいの地域では春の足音 聞こえてますか? 東京は今日…ほんの少しだけ聞こえた気がします。本当に少しだけですが。




意味のある形状…

                     良いデザインとは正しいデザインでもある…
                             @麻布十番





 夢の話…その1:

  以前、このBLOGでは「夢の話」が一つのカテゴリーとしてあった。最近は殆ど話をUPしていないので、カテゴリーが残っているだけになってしまったけど。バタバタしている事もあるが、毎日更新にしてから、夢の話を書く程の時間が上手く取れないのだ。サラリーマンだか仕方が無いかなぁ…。


 ブログで書かなくても「スーパーリアルで荒唐無稽な夢」は相変わらずで、ちょっとした映画だったらボクの夢の方が面白いのではないかと(苦笑) 尤もボク自身はリアル過ぎて…痛かったり、苦しかったり、朝起きるとぐったりしている事もあるので「(夢を見る事が)楽しくて楽しくて」と言う訳では無いのだけど。

 実生活では経験してない事(マシンガンでお腹を撃たれるみたいな…)も、夢の中では起こる。独特の痛みもあって…それも想像の産物だとしたら…自分の事ながら驚いてしまう。





 先週の土曜日、朝から娘のピアノの発表会とプライベートな急用が重なって、夕方にはドッと疲れてしまった。その上、微頭痛もあって…家に帰ると早くから横になった。

 翌日曜の朝、相変わらずの頭痛(片頭痛とは違う)があったので計ってみると微熱があり、ベッドの中で本を読んだりウトウトしながら過ごして、時折一瞬だけストンと深い眠りに落ちた。

その時の夢だ。



 周期的に「外国でパスポートもお金も無い状態」で帰国する為に”飛行機に乗らないといけない”…という状況になりアタフタする…というストーリーの夢を見る。

 
 パスポートが無いと気付くのは、飛行機の中だったり、大陸横断鉄道の列車の中だったり、地下鉄の中だったり、高速道路を走る車の中だったりと…「乗物の中」であることも大きな特徴なのだ。そしてパスポートは無くしたと言うよりも、初めから持っていないと言う状況なのである事も一緒なのだ。

 やがてパスポートを提示しないといけないシチュエーションが迫ってきて「何とかしないと大変な事になる」とパニックになっている…設定なんだけどね。




で…続く。

続きはこちら



地震の爪痕…

                      タイルの中の筐体にもヒビが…
                              @神田


 今日はBLOGネタが書き終わらなかった…トホホ 書き終わったら一気にUpしますぅ。今日はこれまで!!



看板の下の四角いフレームから街を見る

                    本当はもっと寄りたかったのだが…
                             @神田




 娘のピアノ発表会…:

 今日は娘のピアノの発表会だった。毎年恒例なのだが、たまたま昨年はピアノの先生の出産があって…前倒しの1月下旬の開催だった。本来3月初旬~中旬に執り行うので、今年は元に戻ったという感じだ。
※昨年はそんな訳で偶然3.11を避けることが出来たのだが…もし3.11以降だったら出来なかったのだろう。今年は桃の節句(お雛様)での開催と言うおまけ付き。


 娘が生まれた頃は、ピアノの鍵盤を叩くのは柔らかい骨に負担が掛かるから…と言うことで、一般的には3歳からピアノを始めるのが普通だった。たまたま発育状態が良かった娘は2、歳からピアノを始める事になって…今年は10年目になる。なんだかんだと言いながら、(家では)真面目に練習はしているし(上手いかどうかはまた別)楽しんでもいるようなので良しとしている。

 同じ頃に始めた子達とも、この時期に会う事になるのだが(それぞれ皆違う小学校に行ったので、こういう時にしか会えない)、あまりの成長ぶりに驚かされることになる。もちろん…他人から見たら我が娘も成長しているのだろうけど。

 ピアノの発表会もだが、まあこんな時期なんでバタバタで…今日は殊の外疲れてしまった。帰宅後、娘とコリドールをして負けて(悲しい)、ふて寝したいのだが…まだ風呂に入っていないので、ミレニアムの続きでも読みながら風呂に入って早めに寝ようと思っているのだ。
 

 皆さんの週末が素敵な週末でありますように。



在庫切れで…没写真に光が…

                  ぶれてて気持ち悪い…
                              @渋谷




写真も無くて…:

 今日は正午辺りから雨が降って…。当然のように片頭痛が出てシオシオ。せめてまともな写真があれば、心も晴れるのだが…綺麗に在庫切れ。仕方なく没写真の中から選ぶけど…ピントがちゃんと来ていなくてイラッとする。まあ没写真になっているからにはそれなりに理由がある訳で…等倍のピクセルで見るとゾッとする一枚でした。

 来てくれた皆の衆…ゴメンよ。


 明日以降…また頑張ります。今日はしっかり寝ます。