下手をすると…

              運動靴屋さん
             @恵比寿 この靴を履くとボルト並みに早くなる…らしい




 湯船の中でお湯にまったりつかりながら…眠ってしまうかも知れない。今日も疲れた。



 夕方まで平和な時間(通常の業務)だったのですが、5時過ぎから…バタバタしちゃいまして。最近お疲れ&風邪のぼくには一杯一杯の状況になっておりますぅ。薬が切れると鼻から水のような鼻水がタラァ~と流れるし…。もうダメじゃ…のナチョパパでございました。
 皆様は素敵な秋の夜を堪能して下さいませ!! 外は気持ちの良い風が吹いているトーキョーナイトでございます。




発送完了!

             経年…
                       @恵比寿 殉職…



 これ恵比寿駅の有料自転車置き場のコーナーガードなんですが…見事に役割を果たしております。






 近々あるコレクション(ファッションショー)のチケット発送業務が今日終わった…。

「えーそんなの名簿があるからダダダァー!と印刷して送っちゃえば良いんじゃない!」と言われるかも知れませんが…これが全く違うのですぅ。 
 一つは法人関係者への発送業務になるので、先方の所属はもちろんのこと役職の確認をしないといけない訳です。以前だったら日常的に「担当の変更」や「役職の変更」が小まめにアップデートしていたのですが、名簿関連の管理が大変厳しくなって…ちょっと状況が変わりました。
 簡単に名簿にアクセス出来なくなり、期間内に担当に申し出て名簿に変更を申し出ないといけない訳です。だから「チケットを二、三枚チョチョッと用意して下さいよ」と言われても…なかなか出来なかったり、時間が掛かってしまうことがあるのです。

 また二つ目は…演劇やコンサートなどとは違って、必ずしも「見たい」という人の所だけにチケットが行っている訳では無いと言うことです。だからチケットを持っている人が必ず会場に来るとは限らない。つまり主催者側としては100席分のお客様をお招きしたい場合、何枚のチケットを用意すれば良いのか?…どのくらいの回収率があるのか?を予測しながら配布しなければならないのです。

 もちろんそれはショーを行う会場のキャパシティによって「どの範囲までどなたをお招きするのか?」と言う事とも大きく関わっているのでシビアな話になります。「前回はチケットが来たのに今回は来ない」と言う場合の…整合性がないと行けませんし…胃が痛くなるような作業になります。


 今回はチケットを受け取った方が全員同封している所定の「出欠席の届け出」をFAXして頂くことになっているので…事前にどのくらいのお客様がいらして頂けるのか分かるだけでも、当日の仕事がずいぶんとスムーズになるのではないか?と思っております。



 さあもう少しだ…頑張ろう!!!




色々な事が見えてきた…

                 まさか…
               @日本橋室町 いや…美味いじゃないですよね(^0^;)





 ここ数週間「忙しいのですぅ」と書いていましたが、やっとピーク時のスケジュールがハッキリ分かりまして…。来月17日~26日の10日間弱の期間なんですが、丸で綱渡り的な状態だと言うことで…ちょっと心が折れそうなんです(苦笑)

 今、一番恐れているのは、11月の上旬に友人と「宴」を持つのですが、そこで風邪をひいたりしたら…みんなに迷惑が掛かるので、なんとか喉風邪、鼻風邪だけは勘弁して欲しい…と思うのでありました。




今日は早めに…

           オリーブの木が美しく
                @恵比寿 恵比寿の赤い店とオリーブの木



 今日は本当に疲れてしまって、今からシャワーを浴びたら早めにベッドに入ります。皆さんのblogにお伺いが出来ていませんが…お許し下さい。シャワーを浴びて目が覚めたら少しは皆さんの所を周れるかなぁ…。

お休みなさいm(__)m




非常に嫌な感じ…

           ゆったりと過ごす時間…
               @広尾 これから数週間がオープンカフェの旬だなぁ



 昨夜は全く自覚が無かったのですが…今日になって風邪を引いたよですぅ。

うーん…困った。今、公私共に最も風邪を引きたくない時なのに…(-_-)トホホ 確かに言われてみると、朝からずっと鼻をかんでいる…ぼく。いつものことなんですが、言われるまで「鼻をかんでいる」と…自分では気付かなくて。今回も家内に「風邪引いたの?」って聞かれて「なんで?」って聞いたら…「朝からずっと鼻かんでるよね…」って。あーどうして自分の体の変化に気付かないのだろう。

今日は朝から会議だったこともあって「だるいなぁ」とは思いながらも、疲れているからかな…程度にしか思っていなかったので、栄養剤(アリナミンA錠みたいなもの)を飲んだり、微頭痛にロキソニンSを飲んだりして…誤魔化していたのですが。夜になって鼻がダラダラと。


参ったなぁ。


 急激に秋の気配に包まれています…。皆さんどうか体調管理をしっかりして下さいね。くれぐれも僕のようにならないように(^0^;)




peak

                   ランプ
                     @渋谷 小さなディティールが重要





  シルバーウィークと名付けられたこの一週間…皆さんはいかがお過ごしだったのでしょうか? 僕は相変わらずでバタバタなんですが(苦笑)、それでも昨日は娘の運動会に行けましたし…まあ服飾に携わっている身で、この時期にそれぐらい自由に出来たら…「良し」としないといけないのかも知れません。


 で突然ですが、質問。

皆さんの仕事に「ピーク」の時期ってありますか?  また差し支えない程度で…その内容を教えて下さい。
年単位(僕の場合は3月と10月のコレクションと同じくのカタログ撮影のロケ)?
週単位(曜日でも…職業的に火曜日が定休日なので…月曜は忙しいですとか)?
時間単位(飲食業なので昼と夜6:30~9:00までがピークとか)?

職種によって色々なサイクル、リズムで仕事をなさっている思います。もし専業主婦(夫)の方でしたら、ご自宅での生活での忙しい時間帯を教えて下さい。



秋の快晴の空の下で…

  仲良く並んで…
                @恵比寿 仲良く並んで…ずっと仲良く




 今日は娘の運動会でした。しっかり午前中に行ってきました。一生懸命な子供達や、大声で応援する姿…を見るのは良いものです。パパの参加はありませんでしたが(苦笑)…久しぶりの太陽の日差しにお疲れのぼくでした。




秋晴れの日に…

  もっと高くもっと早く
                 @恵比寿  この美しい時間が続きますように





 
 今日の東京は青い空に時折雲が流れて…涼しい風の吹く気持ちの良い秋の一日でした。台風一過の後…しっかり秋になったのかも知れません。

 ご存じだと思いますが、英語で「秋分の日」は”autumnal equinox”と言います。equinoxは「分点」ですから…まあそのままですね。で、autumnalは「秋の…」って事になりますが、辞書を引くと「初老期の…」って意味もあるのですね。ちょっと笑いました。




プライオリティ

  2004年のメタルな質感
       @駒沢通り(恵比寿界隈) 2004年製のデジカメで昨日撮った一枚…なかなかだな! 



   ぼくが仕事を始めたばかりの頃、ある人に「仕事が出来るようになるには、たった一つだけの仕事をクオリティアップの為に寝る間もないほど追求して忙しくするよりも、出来る限り方向の違う仕事を、同時に三つぐらい抱えて回す方が…成長がグッと早くなるモノだよ」と言われたことがある。

 あまり好きな人では無かった事もあって、当時はそれを「けっ!」と思ったのだけど、今は素直に頷ける。実際に「私寝ていないのです」って声高に言う人よりも、無理矢理でも三つも四つも仕事を与えられて仕事を回している人の方が、時間が経つと明らかに「出来る人」になっていることが多いから。

 たぶん…忙しいから無駄なことは出来ない→きちんと計画を立て→期限を考えながら対応している…と言う流れの中で自然と”プライオリティ”という意識が出来上がっているのだと思う。

 回す為に的確に段取って、的確に指示を出して、的確に仕上げていく事が求められるから。どれか一つでも滞ってしまうと…幾つもの仕事を回すことなど出来なくなるから。

 昔から「急ぎの仕事は忙しい人に頼め」…と言うのは、そういう事なのだと。忙しい人は時間が無い分、無駄なことはぜずテキパキと仕事をこなしていく訳だ。

 えっ? それでクオリティが保たれるのか?って?

 いや…それは大丈夫。





 クオリティが安定しないプロに仕事は沢山来ないから!…はい。






伝えると言うこと…

           輝雲
          @渋谷 カガヤク クモガ アカルク ミライヲ テラシ マスヨウニ




 必要に迫られて、考えている事を相手に伝えないといけない時、必要な方法論を持たないと大変苦労をする。

 例えば、ぼくの仕事は頭の中にある「こういうもの」を「デザイン画」と言うツールを使って、相手に伝える所から始まり、本当に伝わったかどうかを「仮の生地」を使って模型を作って、確認し合う。そこに差異があれば、互いの持つ技術を出し合って…一致させるべく作業がなされる。

 それは、時間が許す限り関わる全ての人が、力を全て出し作り上げていくのだ。プロなんで(笑)


 頭の中にあるモノを…誰かに伝えなきゃいけないモノが「服飾系」…ならば良いけど、それ以外だと…非常に困る。


 先日、30年ぶりに友人とアンプラグドで、何か一曲やろうと言う話になった。copyでは無くて、あくまでもカバーという形でアレンジ主体の一曲を…と。

 で、「どんな風にやる?」って聞かれたのだけど…これが上手く答えられないのだ。何故ならぼくの頭の中にあるのは、夢と全く同じで、「こんな風に演奏したい」というのが、一本の映画やビデオのようなイメージとしてあるだけで…、それを「言葉にして伝える」のだけど、それがすごく難しい。

 例えばギターを弾く人はコードで解り合ったりするのだけど、楽器の「が」の字も分からないぼくはニュアンスで伝えるしか無い。

 「あのぁ そこの部分は…もっと”だるい”って感じで…、何というか…例えばすごーーーく疲れた週の終わりに、お酒なんか飲んじゃって、ソファにもたれかかってポロォ~ンって爪弾く。そして”ああー明日からまた仕事だ”って思いながら鳴らす感じで…弾くポロォ~んなのよ」
とか、

 「そこはなんちゅーか…ドンッって入って来るのじゃ無くて、えっと…あれ?いつの間にか、君も加わっていたんだい?みたいな感じで。最後は全員が揃っていて…ドンドン厚く(伴奏が)なってくると言うか…。ふふふんううんん…ふふふんんん…ふどっど、ふふん!…みたいな」
とかね…もう周りは苦笑いしか無い訳です。

 でもそこは古くからの友人。「しょーがねーなー」とか「ナチョパパが言っていることは、こう言うことなんじゃねーの?」って感じで、察してくれる訳です。伝える方法論を持たないというのは本当に辛いことなのです。


 精進して覚えろ!って事なんですが…。




 そうそう…あと、歌詞も覚えろ!って事なんですが…(-_-)トホホ









過ぎ去りし日々…

   いつの日か…
                   @恵比寿 黄昏の町を… 



 いつの日か大人になった彼が、父親の引く自転車の後ろの席で、美しく輝く夕陽の中にいたことを、覚えていてくれたら良いなぁと思った。そしてきっと覚えているだろうなぁとも思った。こんなに美しいシーンだったのだから。


シーン

  • Day:2011.09.19 15:15
  • Cat:
   街角外国
                   @渋谷 見つけた異国の街角





 最近は時間が無くて書かなくなったけど、ぼくは克明に自分の夢を記憶している。そこには匂いも味も痛みも感触もあって、それを克明に記憶しているのだ。時には朝目覚めると、極度な疲労感でグッタリとしてしまうこともある。

 記憶のされ方は「記録」に近くて、ちょうどビデオを見た状態似ているが、五感がリアルというのは…違いでもあり、とても辛い。大トロを食べて美味しいと言うならいいが、銀行強盗に撃たれた時は、焼けるような腹部の痛みに気を失いそうになるほどだった。
 ドラマなどで「これは夢?」などと言い頬をつねって、現実と夢の世界を識別しようとするシーンに、違和感を感じるのは、あまりにリアルなぼくの夢では普通に痛みを感じるだろうからだ。

 と分かったようなことを書いているけど、このリアルさが「特異なこと」なんだと分かったのは…つい最近…ブログを始めてからで、それまでは夢というのは、そういうものだと思っていた。だってぼくの見る夢は子供の時からずっとそうなのだから。
 また「良く覚えていますね」とコメントされると「あーそうなんだ、多くの人は夢を忘れてしまうのか」…と分かったことで、自分の夢の特異性に気付いたと言うことになる。

 夢はちょうど一本の映画(ビデオ)を見終わった時のように記憶している。だから夢の話をする時はビデオのあらすじを紹介をしているのと同じで、全部を語れないけど聴かれれば「どこまで詳しく話せば良いのか」悩むほどだ。あるシーンの話をする時に、その時聞こえていた音まで話をする必要があるのか…までオプションとして選べるほどだ。つまりそれだけ細かくリアルに覚えているって事なんだけど。





時間の流れを…

  現役
                  @大曲駅前 現役の店舗 




 紅葉する山々を見て「美しい」と思うようになったのは いつ頃からだろうか。子供の時はともかく 少なくとも高校生の時でさえ「紅葉して変わっていく街の景色」を見ながら 美しいと思った記憶が無いし、むしろ過ぎゆく夏を惜しんでいた記憶がある。

 齢を重ねると共に 色づく銀杏並木に心惹かれたり どこか遠い山里から届く モザイクに彩られた山々の風景写真に 心奪われたりする様になるから不思議だ。一体 何が切っ掛けでそうなるのだろうか。

 その感情は自然に対してだけでは無い。独特の感情で…若い時には何も感じなかった 古民家や名も無い古寺に心惹かれたりする。近代的で最新の美しさに彩られたホテルより 古くから愛される古い老舗旅館に心が動くのだ。これも歳を重ねてからの想いだ。もしかしたら自分がだんだんと老いていく姿を、投影するからなのかも知れない。

 歳を重ねたものを認めることは (自分の)加齢を認める事と同義語なのかと。紅葉して美しく変わりゆく木々の葉も 散る前の姿を美しく感じるようにプログラミングされているのかも知れない。変わりゆくことの美しさもある…と気付かせてくれている…と考えるのはどうだろう…よく分からないけど。




 

間近にあるマテリアル

  • Day:2011.09.17 16:16
  • Cat:
          街の表情
                 @渋谷 積み重なった…その果てに




 今日 いつも忙しい友人が 休みを取ってゴルフに行っている。予報では「雨」が懸念されたのに 夏空のような気持ちの良い秋(?)空になったのは…普段忙しい彼に 神様がくれたささやかな ご褒美だったのかなぁ…と思ったりして。 
この三連休 素敵な時間を皆さんが過ごせますように…。




秋は来るよね?

           光の祭典
                  @大曲花火大会(秋田) 光を浴びて


 最近つくづく思うのは…手持ちでここまで写る手ぶれ防止機能って…凄いなぁと思う。
それにしても…暑いなぁ。秋は…来るのですよね?










しばらく写真のみ…

   美しく輝く…
                     @大曲花火大会(秋田)


 写真撮りたいなぁ 本が読みたいな パリに行きたいなぁ 散歩したいなぁ 温泉は入りたいなぁ ぐっすり眠りたいなぁ と…考えると 大した事がしたい訳では無い事に 気付くのだなぁ。




どこか遠くへ…

           飛翔せよ
                    @羽田エアポート 旅立つ時



 日常の生活の中で空を見上げること…ありますか? 僕はオフィス環境が悪くて 窓はあるものの隣のビルが間近に迫っていて 大きく空を見ることが出来ません。お昼やちょっとした外出時に見上げる事があるのですが…。


 今日のお昼過ぎ 遠くに一筋の飛行機雲がくっきりと残っているのが見えたのですが それを見た瞬間
「あーどこかに行きたいな」
と思わず口から出てしまいました。そして頭の中で妄想を…。 どこか遠い所で何も考えずに日がな一日 本でも読みながらゆっくり過ごす…なんて最高だろうなぁと。

ちょっと疲れているのかなぁ…。


リコメントがまた出来ませんでした…ごめんなさい。もう殆どプライベートにPCに向かっている時間が無くて(今日は外出も無かったので)…キーボードがたたけませんでした。明日はきちんとリコメントしたいと思います。少々…お待ち下さい。




オマエもか…

   って感じ…で、
               @デスクトップ こんな感じなんですぅ




 いや~今日も暑かった東京ですぅ。確認はしていませんが…多分、30℃越えだったと思います。



 最近、リコメントしようとしたり、更新しようとしたりすると「緊急メンテナンス中」って表示が出て…全く対応が出来なくなります。返事が遅い!って怒っていらっしゃる方もいると思いますが…実はこんな感じなんです。
※ちょっと見づらいと思いますが、緊急メンテナンス中というメッセージが出ています。


 いつもは「緊急メンテナンス中」という文字と「しばらくしてから再度アクセスして下さい」みたいなメッセージが出るだけだったのですが…今日はこんな感じで。
 それに「午前21時」って…変な感じなんですが、よく考えるとあっているような…あっていないような…変な日本語ですよね…(苦笑) 

 

 管理人の僕だけじゃ無く、ブログまで不調じゃ仕方ない…と思って頂けると、助かりますぅ。

 大変申し訳ないのですが…こんな感じなんで、今日はこれにてm(__)m




予期…

   tesuto
                @象潟(秋田) 悠久の時を求めて…



  昨日のブログで書いた通りの展開で仕事が進んで、ずるずる、ダラダラ、ぐでんぐでんのナチョパパでござます。予期していましたけどぉ…辛いッス。




 あのぉ…経産大臣がまた辞任しました。ニュースを見ながら…下らねぇヤツが大臣になっていたんだなぁ(「放射能をつけるぞ」ってあまりに下らないでしょ…小学生じゃ無いんだから)と思ったのですが、引責に伴って野党が国会で「(総理の)任命者責任を問う」とか言い出していて。

 あーもー本当にいい加減にして貰えないかなぁと思うのです。

 与党だけでは無く、野党も国民の考えている事なんか、全く分かっていないんだな…と。震災があって、放射能が各地に大きな影響を与えていて、スーパー超円高で日本経済がガタガタで、どこから手をつけて良いのか悩むような大変な事になっているのに、誰がそんな「任命者責任を問うてくれ」なんて願っていると思っているのだろうかと。


 それにどういう使われ方をしたのか微妙なんですが…「死の町」って表現も「そのぐらい酷かった」って意味では、間違っていないと思うのですけどね。いや普通に生活出来る場所を指して言うなら、それは新たな風評被害に繋がると思うので、どうかと思うのです。

 でも…強制的に待避させられているエリアで「何人たりとも許可無く入る事が許されない場所」を指して「死の町」って表現は…正しいのだと思うのだけど。どうなんでしょうか? この辺は前後の文章を知って文脈をきちんと理解した上で判断しないといけない…と思いますけど。


皆さんは、どう思われますか?



なぜか土日の二日間は…

   夜街
               @渋谷 宮益坂下  夜の街の誘光



 どの曜日よりも早く過ぎる…。



 今週もきっと「えっーーーーー!」って思うような仕事が振られるのだろうなぁ。こんな時代ですから 仕事が無い…なんて状態よりはずっと良いのですが 人がどんどん減って でも仕事は減っていないと言うことは 一人あたりの仕事量はどうしても増える訳で。 


 明日からの一週間も頑張って参りますm(__)m 皆様も無理をしない範囲で頑張りましょう 


午前1:30のご帰宅…

   真夜中の交差点
       @表参道ー原宿 真夜中の人気の無い交差点には怖いほどの美しい。




 今日は何だか全く時間を上手く使えなくて…更新がこんなに遅くなってしまった。約束していたリコメントも出来ないままですが、お許し下さい。今から顔を洗ってしっかり寝ますm(__)m コメントを下さった皆様、お約束が果たせずごめんなさい。



そして…

   ゴージャスな空間
               @麻布十番 閉じ込められたゴージャスな空間




 今週も終わった…一応。いや…土日があるけどさ。でも何だか一応…ウィークエンドって一段落感あるじゃないですかw でも…もしかしたらそれは土日が休みの就業形態の人だけかも知れませんね。

 すいません…ちょっと昨夜が遅かったので(なんだかんだで3:30a.m.)、今日はもう寝ようと思います…と言っても、もうこんな時間ですけどね(^_^;)アセ



※aki-oliveさん ご免なさい…折角久しぶりにコメント頂いたのに、リコメントが出来なくて。必ず明日致しますので、それまでお待ち下さいm(__)m







TOKYO passward  Junction

        ma.chi.bi.to
                  @表参道 誰かを待ち続ける美しい人




  日本語でも英語でもどちらでも良いのですが…日常的に「パスワード」とか「暗証番号」の入力が求められますよね。自分のパソコンへのログインから始まって、ブログやWebメールのログイン、携帯サイトのマイページにアクセス、Wi-Fiの接続ログイン、ブックマークしたお気に入りサイトへのログイン等々。
 あまりに多いので、「現代社会は一体幾つの暗証番号を覚えれば許してくれるのか?」って思うほどです。※もし僕にそれが出来ると現代社会が思っているなら…完全に読み間違いです…「現代社会って誰?」ってことですが(笑)

 しかも最近は不正使用をされないように「誕生日や電話番号下4桁など、分かりやすい暗証番号はお止め下さい」とか「暗証番号やパスワードは必要なサイトごとに変えて下さい」とか言われますから、パスワードの共通化なども出来なくなりましたし。
 えっ? そんなの無視しちゃえば?って?? って人もいるかも知れませんが、そうも行かない面もあるのです。

 と言うのもこのパスワードや暗証番号、不正使用が原因で所有者に損害が出た場合…規約に基づいて「補償」を受ける事が出来る頃が大変多いのです。その条件に暗証番号に関する注意点(つまり番号をきちんと管理している=共通化とかしていない、誕生日などの分かりやすい暗証番号にしていないなど)があって、それをクリアしていないといけない訳で。
 まあそれが原因で全く補償されないか?と言われたら、そんな事はない…と思いますが、ともかく満額の補償が行われなかったり、「損害の認定」にえらく時間が掛かったり…と言う事があるようです。

 まあ一つか二つならともかく、沢山あるパスワードや暗証番号を管理すると言うのは…大変な事です。最近は正しい管理として”定期的に番号やパスワードを変える”というものありますが、正直…アータ 物忘れの多い中年の僕に、それは無理ってものです。





あなたはユーザーIDやパスワードを忘れて、入れなくなってしまったサイト…ありませんか?



一休み一休み…

        Dance!!
                @麻布十番 Dance !! Run !! Walk !!



 今日も一日が終わりました。ゆっくり寝ようと思います。皆様も良い夜をお迎え下さい。









眠い…。

   街を切り取る
                   @麻布十番 いつもの街角




  Macを導入してから殆ど従来のパソコンを使うことなく、MacBookAirで対応している。細かい事を言い出すと”使う言葉”が違ったりするので、「超簡単」って訳でもなくて…ちょうど携帯電話を買い換えた時のように、戸惑いと使い方の違いでイライラする事もあるけど、概ね案配が良いなぁと思い始めている。

 どちらが優れているとか、劣っているとか、いう判断は…ちょっと出来ないかなぁ。慣れもあるし…。きっとMacとWin両方使っている人も多いと思うけど、いまは「突き詰めて言うと”好みの問題”なのかも」…と言えるかなぁ。なにしろその両者(社)は(たぶん)思想的なものが全然違うので…簡単な比較は出来ない感じなので。

 僕の場合はあくまでもサブ機として使っているのでAirで十分ですが、きっと本格導入を考えたら…いつかは完全移行しても良いのかも知れない。尤も…ブルーレイが扱えるようになったらの話だけど。MacはまだDVDのみの対応なので。※導入したとしても iMacなので…iMacがBlu-rayになったら導入かなぁ。





オヤジ力

          豊かな財産
               @獅子ヶ鼻湿原(秋田) 豊かであると言う事…




 今から十数年前に『老人力』(赤瀬川原平:著 筑摩書房:刊)という本が流行った。その年の流行語大賞にもなったほど、社会的なキーワードになった言葉だ。実はこの『老人力』と言う言葉自体は、著者自身の造語ではなく還暦を迎えた著者に、友人が投げかけた言葉だと言うのは面白い。

 あまりにも言葉が流行った事で、氾濫し乱用されて…本来、著者が定義する『老人力』とは違った使われ方もした。流行るモノってすべからくそう言うものかも知れないけど。


 そう言う意味では…ここで話す『オヤジ力』と言うのも、全く『老人力』とは全く違う話なので、そこは心して読んで欲しい(苦笑)



 いや初めに気が付いたのは…やはり視力の衰えかなぁ。老眼が始まって、「近くは見えないのに『虫眼鏡でモノを見る』って了見が分からない…」って思っていたのに、今は気持ちが凄く分かる(笑) もちろんまだ虫眼鏡が必要な歳ではないけど、それでもどうかすると老眼がドンドン進んでいるのを自覚する訳で、遠い事ではないなぁと。
「あーいつかは虫眼鏡がいるようになるのかなぁ」と思えるようになっている。

 禿げずになんとかいるけど、髪の毛は『ナチョパパさんどうしたの?』って聞かれるぐらい白髪になって、気が付くと後4年もしたら50歳で真っ白ってことなんて事もあると思うと、ちょっと怖いものが。そもそも”おじさん化”する事に抵抗は無いのだけど、やっぱりオシボリでガシガシ顔が拭きたくなったり、自分の枕から自分のオヤジの匂いがしたりしたら…それはしっかり加齢臭ってヤツな訳で。

 顔もシミがあるしね…w そんなのドリフターズの”お爺さん役お婆さん役”の加藤茶の顔にあるモノだと思っていたのに…(苦笑)ともかく最近富みに…老化が著しく進んだなぁと思うのです。これからきっと膝が痛くなったり、動悸がしたり、血圧が高くなったり…様々な『おじさん条件』が積み重なって、まごうなき『オヤジ力』に溢れる男になっていくのだろうなぁ。


 なんか顔も脂っぽいしねo(´д`)oトホホ 歳を取るのは良いけど、小綺麗なおじさんではいたいと思うのです。この冬はちゃんと服を買おうかなぁと思う秋なのでありました。



台風一過を祈って…

   緑の中を…
           獅子ヶ鼻湿原   元の地球はこういうものだったのだろうか


 
 思いの外、大きな爪痕を残しながら台風は中国地方を北上続けている。いつも経験する台風の経路とはちょっと違って…見た事無い経路でビックリしている。岡山県出身の同僚もいるし、取引先もあるので、とても他人事とは思えない。もちろんいつも通りの経路を通って東北地方に大きな爪痕を残す…と言う選択肢も回避したいし。何とも悩ましい経路だ。

 数日間、続いていた”風邪+片頭痛”の強力極悪コンビは、ここに来て勢力を弱めて来て…今日はやっと午後から髪の毛を切りに行くまで回復しました。このブログの冒頭部分はその美容室で書いているのだけど、何日も家に引きこもるようにして(もちろん仕事は別)家にいると、心も滅入ってくるけど、外の空気を吸うと言うのは実にリフレッシュするものだなぁと思いました。

 どうかみなさんは風邪などひきませんように。


 先日、アイドルグループのTOKIOのメンバー山口達也さんが無免許運転で書類送検されると言うニュースを見た。まあルールですから、ある程度は仕方が無いとは思うのだけど、一体このルールは何の為なのかが全く分からない。少なくともG7に顔を並べるような先進国で、普通免許証の有効期間が5年間なんて国は無い。
 仮に身分証明書を兼ねているから…って理由であっても、まるで警察のOBの天下り先を確保する為の制度としか思えないでしょ。

 日常的に車を運転している人が、たまたま免許を更新し忘れた。本来はどんな意味があるのか分からない5年置きの更新をだ。それでいきなり無免許運転で書類送検とは。いささか行き過ぎの感は無いか? しかもあんなに謝罪しないと(3分間も頭を下げ続けた)いけない罪なのだろうかと。

 もし、運転免許証が『運転する技能を有する事を証明証』であるならば、半年間更新が無かったから何なんだ…と。

 むしろ何の意味も無い5年置きという更新制度の改正、運転免許センターと言う組織の再検証(免許証を発行する人達を潤すだけの制度になっていないか?)など、運転免許証にまつわる様々な根本的な制度の見直しが必要なのではないか?と思うのですけどね。

 こんなつまらない事で無免許扱い…国際的に見たら本当におかしな制度なのに。更新料と言う名で国民から強制的に吸い上げているだけの悪法だと思うのだけどね。




 



ダメな人 2(完)

          暮れる
                @象潟の海(秋田) 全てが茜色になる…






 小学生の時、下校時の校門付近で怪しげな物を販売している大人も沢山いた。その多くは高くても500円(ぐらいだったと思うけど)程度の物を子供相手に売っていたのだ。まあ当時の物価や子供達の所持金から考えれば、決して安いとは言い切れないのかも知れない。子供が一ヶ月のお小遣いを全額投入するのに等しい額だから。


 どんな物が売られていたかと言うと…多岐に渡っていて、真面目な物なら「宇宙ゴマ」(ジャイロ効果を利用したコマ…分かるかな?)などもあった。

 また「家に帰ってお家の人に渡してねぇ」とか言いながら、百科事典の申込書みたいな物を配っている人もいた(これは十数万円するような物を月々のお届け毎に分割してお支払いする…みたいなシステムだった気がする。当時は訪問販売で月賦で百科事典を売っていた時代だったから)。
 
大きなタライの中で、グリコのおまけサイズの船を浮かべて、”魔法のエンジン”と言う小豆大の角砂糖みたいな物を取り付けると、ポッポっと動き出す200円程度のおもちゃ。

 更には明らかに嘘くさい「謎の生物、シーモンキー(これは最終的には漫画の中の通販ページで売るようになった。宣伝の絵では水中に生息している猿の絵が描いてあったけど、実際にはミジンコみたいな物が育つ…らしい。育成に成功した人を知らないから、本当はどうなるのかは分からない。)」とか。

 先っぽに結びつけられた天蚕糸の糸によって、まるで生きているように指の間を動かして…操る事が出来る「モーラー」と呼ばれる物まで、実に様々な物が売られていたのだ。


 よく考えれば、校門を出てすぐの所で売っているのだから、学校側も止めれば良いのだけど…なんだか当時は黙認と言うか、全く「関せず」って感じで野放しだった。今なら間違いなく校門の前で商いをさせる事は許さないないだろうし、仮にしたらきっと…保護者からの面倒な問い合わせがガンガンに来るようになるだなろうなぁと思うのだ。

 
「多らかな時代だったなぁ」とも思うのだけど、やはり基本は子供を騙す(程度問題があるので犯罪行為とまではいない程度)行為が根底にある訳で。言ってみれば子供を食い物にしている大人達がいた訳です。



 最近まですっかり忘れていたのだけど、子供の時に最寄駅で見た軍歌をカセットで流しながら、兵隊の格好した男が一日中俯いて地べたに座り、募金箱を置いて物乞いをしているシーン。戦争で片足を失ったと言う姿が、子供心にとてもショッキングで怖くて…。

 つまり「戦争で負傷したので生活が出来ません…お恵みを!」って構図なのだけど、僕は昭和40年生まれですから、生まれた時にはもう東京オリンピックも終わっているし、首都高速道路だって出来ている。仮面ライダーもウルトラマンもある時代で、負傷兵って何?の世代。

 当然理解できないので母親に聞く訳です…あれは何だ?と。もちろん本当に負傷兵である事は少なく…完全に時代遅れの詐欺行為に近い人だと言う事を教えてくれたのです。全部偽物とは言いませんが…やはりその多くは詐欺紛いだったのでしょう。

※これには後日談があって、昔吉祥寺の西友の前にお寺の入り口があって、そこが「自転車置き場」のようになっていたのです。その前でやはりこの負傷兵がいたんです。夜の9時頃…その負傷兵の店じまい(と言っても敷いている布を畳んだり、のぼりを解体したりするだけ)に遭遇して。無くなったはずの右足がぴょこっと出て来て、商店街のアーケードが終わる所に待っていたマイクロバスに乗って帰って行ったんです。まごうなき…詐欺でした。


 いや何が言いたいかと言うと、その負傷兵の物乞いも、こっそりやっている訳ではないのです。吉祥寺や荻窪など(東京のJR中央線の駅)大きな駅でのシーンなんですね。どう考えても誰もが分かるインチキなんです。コンセンサスとして「偽物」って分かっているのに、隠れてコソコソやっている訳ではない訳です。

 それは学校の前でインチキな物を売っている人の話も、どっちも全然ダメな行為なんだけど、社会はそれを上手く飲み込んでいたと言うか、許容していたと思うのです。きっと今でもそう言うインチキ心がある大人や、軽微な詐欺まがいの事をしている人って(別の形)であるのだとも思うのですが、あまり大ピラではあり得ないですよね。

 そう言うダメな大人達がいない方が良い…って言うのは分かり易い意見なんだけど、今ふと思うのは、そう言う「ダメな大人達を許容している世の中の」方が良かったのではないか…って思ったりするのです。



 僕の周りでも波平さんの「折り詰め持って千鳥足」のような世界を持っている人はいないし、校門の前の怪しげな販売員もいなくなってしまったし、堂々と負傷兵と名乗りインチキまがいの物乞いをする人もいなくなってしまった。
 もちろん戦争体験者が年々少なくなっている事も確かなので、インチキねたとしては賞味期限が過ぎてしまったのもあるのだけど。



 家に帰ってシーモンキーを言われた通りの水に入れると、乾燥ミジンコみたいな物がドワァーと水面に広がるだけで、説明書にあるような「二時間後にはシーモンキーが泳ぎ回ります」と言う事も無く…その瞬間、自分の今月のお小遣いが無くなった事に気づかされる、そんな経験も今となっては良い思い出なんだけど。


 誰かが傷付くような詐欺行為は以ての外だけど、ダメな人をどこまで許容出来るのかが、その社会の懐の深さだと思うのだけどね…。






うーん…

          テイスト
                  @大曲駅前 とても良い味のあるサイン



 大変申し訳ないです。昨日に引き続き…体調がきちんと戻っていません。ナチョパパブログに詳しい方はご存知の通り、台風も来ている上に家族揃って風邪を引いています。コメントも頂いているのに…きちんとリコメント出来なくてご免なさい。明日以降ちゃんとコメントします。全くダメな片頭痛中年ですぅ。


 皆様良い週末をお過ごし下さい。

ちょっと悪寒がする…

          旅達の時
               @羽田空港 チェックインカウンターの前の喧噪が好き




 済みません。今日はちょっとお疲れ気味なのでリコメントもつけずに早めに寝ます。申し訳ありません。季節の変わり目故、皆様も健康には十分ご留意下さいませ。


 ナチョパパ