変わるという選択…


休日の朝早くに目覚めたら、まずは天気を確認する。そして「今日はどこまで行けるだろか」と考える。
その後の行動は早い。見慣れた街を脱出する為に、普段は乗ることのない路線のバスに飛び乗ったり、名前しか知らない駅で突然降りたりする。生まれてからずっと住んでいる街だから、大概の所は分かるけど…エアポケットの様に「そう言えばこのビルの裏のエリアは知らない」などという場所がある。そんな所に潜り込むと、ちょっと嬉しい。


         ふと目頭を強く押さえたくなった
         @My Desk  慣れない老眼だが絵を描く時には必須だ…




 5月なのに梅雨になったり、台風が来たり…間もなく6月だと言うのに、寒くてブルゾンやパーカーが必要になったり、夜にはエアコンで暖房を入れたりしている。環境破壊かどうかは分からないけど、自然のサイクルが以前とは違うサイクルで動いているのは確実だろうと。

 日本では地震があってヨーロッパでは噴火があって。でも長いスパンで深刻な被害(←クリック)を与えているのは、人間が作った原子力発電所である事を思うと、心底怖くなる。僕らは一体これからの日本をどうデザインして行くのか。真剣に考える時期に来ていると思う。




迫力

  • Day:2011.05.27 14:50
  • Cat:
  なにか凄い迫力…
            @戸山(東新宿…多分)  ”なんだか凄かった…”



フレームの中は外…

  • Day:2011.05.25 14:50
  • Cat:

           過ぎる人
               @渋谷 風景をギュッとフレームに閉じ込める


 はあ…時間が無くて書きたい事が書けない。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ  6月2日のプレゼンテーションまで申し訳ないのですが…写真だけのブログが続きます。申し訳ありませんが、お付き合い下さいますようお願い申し上げます。

続きはこちら...

薄暮TIME

           くれぇ~なずぅむまにどぉ~ひがぁーりとかげぇのぉなかぁ
             @四ツ谷 美しい夕暮れに向かって…行く時間

WORK WALK

           プロフェッショナルな動き
                    @紀尾井町
カフェはギャルソンも椅子も地図も全てが主役なのだ。だから・・・ハードルは高いぞ。形だけでも雰囲気だけでも 良いカフェにはならない。その空間を作る全てがカフェであろうとする事が必要なのだと。

駅ヲ キリトル

  • Day:2011.05.15 19:20
  • Cat:
  駅の風景
       @千駄ヶ谷(千駄ヶ谷)  ホームの表情って本当にそれぞれで面白い


 


普段あまり使わない駅のホーム立つと、ちょっとワクワクする。旅の始まる予感と言うか、未知の場所に行く時に感じる軽い高揚感と言うか、心の表面が波立つ感じだ。それが例えば知らない駅のシーンであっても、そこに住む人の生活を感じたりすると、写真にしたくなる。それが上手く写真に出来ているかは別だけど。



過ぎし日々の思ひ

  撮っていたモノを撮る
               @神宮前  時間が積み重なったモノたち




 今日の東京は快晴で、Tシャツに一枚シャツを羽織るだけで充分な一日でした。ちょっと歩くと汗ばむような陽気の中で娘とまたもや探検隊(苦笑) 娘の検眼で病院に行った後だったので、あまり時間的な余裕は無かったのですが…それでも気付いたら両国にある江戸博物館に辿り着いていました。

 そこから錦糸町まで歩いて…東京メトロに乗って表参道まで乗り換えなしで帰れました。 ちょっと良い運動になりました。皆さんの週末はどのような週末でしたか? ちょっとだけ教えて下さい。ではでは…。






続きはこちら...

Milky Way

          美しく浮かび上がっていた…
          @東京駅  地下の天界 voie lactee 実はボールペンの先っぽ?

因果応報…?



  ここから…

                @多摩川河川敷  こうなって…









                        










  …ここへ

                 @多摩川河川敷    こうなる…

海に行こう 後記


 前回の「海に行こう」に書かれている土曜日と言うのは、4月9日で原発事故から一ヶ月が経とうか、と言う時期でした。原発放射能汚染パニックと言う意味では、初めの混乱は収まりつつあって、TVではAC以外のCMが復活し始めていた頃です。

 一方、水道水への放射能汚染が問題視されて、街中のミネラルウォーターが無くなった時期でもあります。

  実際に街に出ると、やはりどこか人気の少なさを感じる光景で、馬鹿げた事に都知事が花見自粛令みたいな事をした為なのか、多くの人が萎縮したような状況になっているような気がしました。ただ人出の問題だけじゃなくて、商業施設(店舗や看板など)の節電で照明の消された店舗が目立っていた事も、影響しているのかも知れませんが。

 「自粛」に関しての影響は、小学生の娘にもありました。春休みの殆どを室内で過ごした彼女のストレスは、新学期が始まっても続いて、基本的には学校以外の外出は控えると言うものでした。 そうなると、土日まで家に縛り付けて置くことになり…相当なストレスになるだろうと娘を外に連れ出した…と言う一面もありました。SNSやツイッターで「神経質になり過ぎるのも経済の悪化を招く」と言いながら、自分は家から出ないでウダウダしているのも、ちょっと無責任な気がしたし。


 今回の地震でも、早い段階で学校から子供達のPTSDの関する注意通達があリました※注1。娘の様子を見ていて特段指摘されるような問題は感じられずホッとしていたこともあります。

 ただ実際に海に連れて行ったら、心の深い所に隠れ込んだ”海にまつわる怖い映像やそれに起因するストレス”が出るのでは無いか?と言う心配もありました。

 まあ結果としては親の心配を他所に、思い切り寛いでいて…頼もしいのか、鈍感なのか…親としては気になる所です。

  ここまでで半分…
             @in the room   ここからが大変…でして…






 そうした中で嬉しかった事が一つ。

 実は海を見ながらコンビニのおにぎりやサンドイッチを食べたと書きました。もう海がすぐそこ…と言う所にあるコンビニで買ったのですが、店に入ると全体的に薄暗くて、完全に節電モード。店頭の在庫も少なそうで、取扱商品もグッと絞られていました。

 僕らはそれぞれに好きなモノを選んで…飲みモノを買おうとした時、貼り紙が目に…、
「ミネラルウォーターはお一人様2Lまででお願い致します」と。

 放射能汚染が言われている東京ではもう既に何日もミネラルウォーターが店頭から消えていたのですが、汚染が未確認の神奈川県でも店頭から消えているのか…と改めてビックリしました。

 いつも外出時に500mlの小さなミネラルウォーターを買っているので、それを手にすると娘が一言。

『パパ、お水は止めよう』と。


どうしてと聞くと…、
『今お水が放射能で足らないでしょ。ここで私達が買っちゃうと、この街に住んでいる人達の分がその分買え無くなるってことでしょ。私達はお茶でも何でもいい訳だから。』
と言うので、
「でもお茶が有れば良いんじゃない?」って言ったんです。すると…
『赤ちゃんとかはミルクを作る時にお水じゃないとダメじゃない』
ボクは
『でも赤ちゃんにミネラルが入っているお水はダメだよ』と。
すると娘は
『日本(原産)のお水はミネラル分が少ないから大丈夫って言ってたよ非常時にはミルクに使っても良いって。だから残しておこうよ。それに今は非常食でもしもお店が無かったら…の時用なんだし』。

 何か正しい情報なのか、調べてちゃんと教えないといけないけど…(その場では調べられなかったし)、彼女が言うようにボクは久々に見たミネラルウォーターのペットボトルに飛びついたけど(苦笑)、娘が誰かも分からない「赤ちゃんの為に…」と言ったのは、(本当に粉ミルクを溶かす用に使えるか使えないかは別にして)ちょっと嬉しかった。

  で、まあ…
              @in the room で、結局こうなってしまう訳ですぅ~


  


 結局ボクは黒ウーロン茶を買って娘は爽健美茶を買って…曇り空の下、強い風に砕けて白くなっている波を見ながらランチをとったのです。

 今日でこの湘南の海ランチから一ヶ月が経ちます。その間に福島原発がどの様な状況になっているのかと言うと、劇的な改善などはなく、危険な状態を破綻させないように、多くの人がギリギリの所で食い縛ってくれています。

 そして今、総理の宣言により活断層の真上に建つ『浜岡原発の稼働を停止させる』事に対する賛否が問われています。経済効率を取るのかそれとも…。危険性を知る前ならともかく、知ってからも経済効率を求めるのか…一人ひとりが決断する時が来たのだと思います。
 一度、事故がおきればそれは一原発発電所内での事故に終わる事無く、イコールで空や海、そして広範囲の生きとし生ける者に大きなダメージを与えることを忘れずにいようと。そしてこの日見た海が失われる事があってはいけないと強く思ったのでした。


 海に行こう…お付き合い下さいまして、有り難うございました。 そしてこの後記まで読んで下さって…感謝に堪えません。



※注1:3月11日の地震津波の三日後には「今後懸念される児童の心理的なストレス障害に対する対応が一斉送信されました。毎回この手の学校の対応が早くて、その後にNHKなどで注意すべき点などと報道になる感じで。いつも良く勉強されている学校の対応だなァ思います。児童をお持ちの方、皆様の周りは如何だったでしょうか? 


Rainyday

  数えてみてみて

       @二子玉川 繰り返されるパターンを見ると、ちょっとゾクッとする

主張

  デザインはされいるのだけど…

       @二子玉川 河川敷   どんな主張も自分勝手だと伝わらない…

海に行こう  (後編)


七里ヶ浜(しちりがはま)の海沿いにファーストキッチンが在る。
その周りは広い駐車場なのだけどファーストキッチンの物では無くて、 江ノ電(江ノ島電鉄)の線路を挟んで建っている「鎌倉プリンスホテル」の所有なのです。

夏は悪い冗談の様に混んでいて、よほどのラッキーでも無ければ利用するのが難しい。

でも今の時期は利用者も少なくて、特に今日のように雨が降るとほんの数台が停まるだけで贅沢な空間を占有できて、そこからは右手に江ノ島を望みながら湘南の海を視界一杯に見渡す事ができるのです。

是非グーグルマップで鎌倉プリンスホテルを見つけて、ストリートビューでこの光景をご覧下さい。

話を元に戻さなきゃ

          風の強い日だった
             @湘南   海を感じて…





 ぼくと娘は既に後ろのシートを折り畳んで、フラットなスペースを作り、常備している厚手の中綿入りシートを敷き詰めた上に座ると、先ほどコンビニで買ったおにぎりやサンドイッチを広げた。

ハッチバックになっている車の後ろのドアを開けると、そこには大きく海が広がる。開け放たれたハッチそのものが屋根の役割を果たし、少しの雨も侵入しない。それでも時折、風向きによってパラパラとバンパーに雨が当たった。強めの風が車の中をぐるっと回りながら出て行くのは気持ちが良い事でした。


海沿いの店で海を見ながらランチを取るはずが、なんとも不思議なピクニックのような形になってしまって。でも娘は嬉しそうで…
「なんだかいいね これ 楽しいね」と。
「それにこのおにぎり とっても美味しいね」と。

本当は単にお腹が空いていて"美味しく感じる"って事なんだけど、この大海原がオカズになっているって事でもあるのだけど、まあそれは言わないでおこうと。それでもあまりに真顔で言うからちょっとおかしかった。まあ楽しくて美味しいなら…それはそれで良いし。


海を前におにぎりを頬張り、五年生になってからの新しいクラスメイトとの事、担任の先生の事など、止め処なく話をしました。
きっと近々やって来る"父親離れ"では一番ウザったがって教えてくれなさそうな話題になったのは、おかしい。

風の音を聞きながら、波の音を聞きながら、話をしている内に雨は上がり、食事の後、しばらくは互いに本を読んで過ごしました。


30分ぐらいして、僕らは駐車場を後にしました。


※今回は単なるドライブだったけど、いわゆる「ナチョ探検隊」は行き当たりばったりなので、たまたま降りたバス停の乗り継ぎが悪く、何十分間も次のバスを待つ事がある。そんな時の為に必ず一冊だけ本を常備するのが習慣になっている。
『そんな時なんだから親子で会話をしたら良いじゃ無いか!』って。
いやそれは充分足りてますから。ずっと話しながら歩いているし…苦笑。

見渡して
             @湘南  海の表情を目で追いながら…
             ↑ この写真クリックして大きくして横スライドすると…なかなかですよ(^v^)ニコ





 七里ヶ浜を出ると西に向かった。鵠沼海岸(くげぬまかいがん)方面から一気に北上して国道一号に入り、第三京浜で都心へ向かった。途中、SAでソフトクリームを食べたりして帰宅したのだけど、原発の事故による放射能汚染を懸念してか、それとも地震に対する用心からなのか、土曜日とは思えないほどスムーズな道程だった。




 ある土曜日の朝、突然仕事がキャンセルされてスケジュールがぽっかりと空いてしまった事から始まった『海を見なが食事をしよう』というこの計画。そうだ、ボクがまだ充分若かった時に通っていたカレーの店にいってみようと。そう考えるとちょっとワクワクした。まだ娘が生まれる前に行っていた店に、結婚した人と行く事は想像できても、まさか娘と行くようになるとは思ってもいなかったから。

 その計画の全てが上手く行った訳ではないけれど、静かで優しい時間だった事は間違いない。そして実は随分と安上がりな一日だったのだけど、時間の流れはゆったりとしてリッチな一時でした。


 用賀から再び首都高に乗る頃、コドライバーの娘は大きく顎を上げて気持ち良さそうに寝入っていました。段々と暮れ始めた東京に戻り、六本木ヒルズのビルが正面に見えた時その光景を見ながら、本当に何も無い一日だったけど、この一日をブログにしたら悪くない記事が書けるのではないかと思ったのです。

                             って感じ…

 そうなれていれば良いのだけど。









powered by 地図Z

※地図の周りの黒枠の右下に黄色い字で「この地図の詳細」という文字がありますよね? そこにカーソルを合わせると…細かい駐車場の場所などがマーキングされています。金田さん是非ご覧下さい(;^_^Aエヘヘ


地図が見られない時は、上の絵のような各ブラウザーの「再読み込み」のボタンを押してみて下さい。表示されると思います(^v^)ニコ