見る


 脳科学者の茂木健一氏が提唱する「アハ体験」と言うのをご存じだろうか? 一枚の静止画(写真)が提示され、それが15秒~20秒で少しずつ変化していく。最後には見始めた時と大きく違う絵になっているのだが、その変化に気がつくか?というクイズみたいなものだ。

 例えば芝コートでテニスをするカップルの写真がある。
「今から少しずつ写真が変化します。どこが変わったでしょうか?」と言うような問題なのだ。答えは芝のコートが土に変化している・・・と言うようなものだ。文字で見ると、もしくは答えを知って見ると「なぜ分からないのか?」って思うけど、実際に変化していく写真を見ていると、これがなかなか分からないのだ。


人は見たいモノしか見えない…「脳は見たいモノしか感知できない」という事らしいのだけど。


 我が家で「あー似ちゃったね・・・」と親子揃って苦笑いするのは、僕と娘の「忘れ物」の多さ。もう家内も呆れ顔で、様々な対策を練るけどそれを悉く【コトゴト・く】掻い潜って…「忘れ物」をしてしまう。
 先日もパパが持って行くモノ、ナチョが持って行くモノを忘れないように、玄関の靴の上に置いてくれていたのに、靴を履く時に脇に置いて・・・二人揃って忘れて行ってしまった。玄関に行って並んだようにある忘れ物を見て…、怒りよりも笑いが出てしまったと言っていた。

親子揃って猛省しているのは言うまでもない。


家内から言わせると「目に入らない訳無い」となるのだけど、二人とも玄関を出る時には、完全に見落としているのだ。

つまり…
折角用意してくれた玄関の荷物も、見たい物として認知出来ていないのだということか...。
まあ単に「忘れん坊」ということの言い訳と、DNAというものの底力を感じてしまうのだ。

  ちょっと良い感じ…
       @麻布十番  こ・こ・ろ・の・で・ん・き・は・け・さ・な・い・で・





 常連の方はご存知の様に老眼の検眼に行って「緑内障予備軍」と言われてから半年以上。処方に基づいて点眼薬(目薬)を使って「眼圧を下げる」ようになって一ヶ月半ぐらい? 毎晩の目薬を時々忘れたりして(いや普段はルーティンの中に組み込んだ「点眼」という行為なんですが、地震の時などは全然生活のリズムが変わってしまったので、自覚症状の無い病気って事もあって目薬なんて...忘れちゃいますよ(苦笑))はいるものの、基本は健康な訳です。

 ところが最近は45歳にして花粉症の症状が出まして(泣) 認めたくは無いものの目のかゆみと「花粉症目薬」が心地良かったりすると…自覚しない訳には行かないのでありました。花粉が飛んでいるかどうかは見えないけど、しっかり目が感知して…しっかり痒くなる、優秀なセンサーなんですよね。
※尤も花粉症用の目薬が「気持良い」のは点眼後20~30分間で、その後は結局痒みとゴロゴロ感はあるのですけどね。

  ちょっと嫌な感じ…
        @麻布十番  と・う・ぜ・ん・で・す・よ・ね・そ・こ・の・あ・な・た・



 目に見え無いから怖いと言うのは、認識出来ないから怖いと言う事だ。
認識出来ないから怖いと言う事は、状態を判断できないから怖いと言う事だ。
判断が出来ないと言う事は、対応が取れないから怖いと言う事だ。
何もそれは放射性物質だけじゃなくて、情報だって同じなのだと思う。

人は闇雲にパニックになるのでは無い。どうして良いのか分からないからパニックになるのであって、置かれている状況、すべき事が分かると言う事が、パニックを避けるには何よりも大切なのだ。

最悪なのは、隠し事がバレが時だ。
意図するにせよ、意図しないにせよ、相手に「隠し事をした」と思われると…もっと怖い。
右の手のひらに100円を握り締めて「何も持っていない」と言う。でもちょっとした瞬間に1円でもポケットから出てきたら、金額の大小ではなく信用はガタ落ちだ。
その時にはもう本当にそれ以上無くても言葉だけではなかなか信用してもらえない。

何も無くても「まだ持っているかも知れない」と左手を開けさせ、上着のポケットを探り、パンツのポケットも探り、「ジャンプしろ」と言い…音を確認して。

たった一つの「隠し事」が全身探されたりするようになる。
信用できなくなると言う事はこういう事なのだ。

         やっぱ良い感じ…
        @麻布十番  い・ま・は・け・し・て・み・ら・い・に・ひ・か・り・を・



後になってマトリョーシカの様に情報が出てくるのは、疑って手を突っ込んだポケットから100円玉が出て来るようなものだ。それが1円でも10000円でも隠し事には変わらない。もちろん”最悪”と”非常に最悪”ぐらいの差はあるのだけど。

相手が(何を)持っているモノを隠す。隠す=見えない。見えない=分からない=怖い。

だから「隠す」から始まる行為は、全て「怖い」に繋がってしまうのだなぁ。


聴く


 22日の今日も朝からシトシト降って・・・寒い一日でした。
早くも春分が過ぎてしまい・・・本来なら各地から「桜の開花」のニュースが聞こえてきても良い頃ですが・・・今年は冬が長いと言う気がします。
 被災地は日照りが続くと、舗装が剥げむき出しになった路面から、土埃が舞い上げてしまい大変だ…とレポートされていました。
 また逆に雨が降れば良いのか?と言うと、低気温で雪になることになれば、避難所の生活に支障が出て、高齢者などは低体温症になってしまったりする場合もあって、簡単に「晴れれば良い」とか「雨が降れば良い」とか言うものでもないようです。

  街の風景 人の風景
                    @六本木ヒルズ  街の魅力は人の魅力でもある




 テレビもですが、ラジオにも地域性がありますよね。長距離ドライブをしてて、今まで聴いていたラジオが聴こえ辛くなって…やがては聞こえなくなる。改めてチューニングをすると、普段は聴く事の出来ないラジオ局から電波が入ってきたりする。きっとドライブをする方はよくあることではないでしょうか。

 実は、今回の地震を受けてradiko.jp(インターネットの環境があればレガシーなラジオを聴くことが出来るソフト)が、通常のエリア制を解放して、関東だけでなく関西で加盟するラジオ局まで選択出来るようになっているのです。
※普段はコマーシャルの有用性を認めて、あくまでもエリアを外して放送は出来ない法的な規制があります・・・今はIPアドレスを基準に制約を受けているのです。

 今聴けるのは・・・例えば1008khzのABC放送、 1179khzのMBSラジオ、1314khzラジオ大阪など。
もちろん内容も関西言葉が出てきて面白いのですが・・・ふと耳に付くのは「ジングル」。これがたいそう新鮮で良いなぁと。「ジングル」って分かりますよね? オリジナルの2~5秒ぐらいの(もっと長いヴァージョンもある)曲に、周波数やラジオ局名(コールサインの時もあるかも)を告げるもので、番組とCMの繋ぎで入ったりするあれです。

 この普段聴かないラジオ局のジングル…懐かしい感覚があって、あれ…この懐かしい感じなんだろう…と記憶を遡って行って分かりました。以前にも書いたと思いますが…約二十年前、東京に新FM局のJ-WAVE【ジェイーウェイブ】が出来た時に味わった感覚なんです。
 規制緩和の波があって、実質NHKと東京FMしかなかったエリアに、新しいFM局が誕生したのです。当時は海外のラジオを聴いているような、モダンなイメージがしたのを覚えていて。 今は普通になってしまったけど、その昔は「more music less talk」をキャッチフレーズにタイムテーブルもきっちり決まっていなくて、「大体何時頃に終わる(始まる)」なんて感じの、ゆるーい感覚もカッコウ良く思えたのでした。

  分断する
                     @六本木ヒルズ  見上げると分割された空があった




 何しろ当時はCMもJ-WAVE用に各メーカーが30~60秒サイズで作っていた・・・ちょっと贅沢なラジオ局だったのですから、その特殊性がお分かり頂けるかと。記憶に間違いがなければ・・・確か演歌も流さなかったし、邦楽もほとんど流れなかった気が・・・。本当に徹底したイメージ作りで出来上がったラジオ局だったのです。

 今ボクは東京FMのジングルが一番好き。周波数を言って東京FMって連呼するタイプで。日曜日にやっているラジオ開局40周年記念特別企画の『シーソーメール』と言うラジオドラマに入る時に必ず流れるのですが。透明感があって良いなァと。
まあ…ラジオドラマ好きって言うのもあるのだけどね。


あなろぐでじたるがじぇっと


 今日はまだマシなのだけど…寒い。あと数週間で桜が咲く季節のはずなんだけど・・・その気配もない。いや太陽の日差しだけはちょこっと春の匂いを感じるのだけどね。今のこのご時世にガンガンにエアコンを入れるのも非常識な感じだし、「常夏ウエア」の家着のぼくも、長袖長ズボン、靴下にパーカーと・・・こうなる前に「エコってなんか嘘くさい」と嘯きながらもいたのに、期せずして「超エコ」な状態になっております。

 今リアルな状況とか、世の中に起こっていることを自分なりに租借して書こうとすると、あまりポジティブな形にならない気がして・・・。だから今回はバカか?ってほど違う話をします。

と言っても、今回のことがあってから気付いた事なんですけどね・・・。

  カフェ ブレイク
                    @丸の内 いつものカフェで…いつものブレイク…




 「節電しなきゃ」って思った場合、どこから手を付けるのかって人それぞれに違うと思うのです。生活風習や世帯の規模(人数的なものも含む)で全く違うだろうから。 我が家の場合はオール電化ではないので、コマメに周りを見渡して検討をしないといけません。
で、個人レベルで大消費って言うと、やはりエアコンかな・・・。その次はテレビかなぁ・・・とチェックを始めた訳です。

テレビは今電源オフにするの怖いな・・・ラジオを付けるか、うん? これはAC電源か? 電池か?とか・・・まあ様々な所に目が行く。そうやって色々考えて行くと、どうしてもパソコンは避けて通れないなぁと。まあ、たかだかノートパソコン一台の電気を切ったからって「なんだ??」って気もしますけど、熱は持っているし、ファンは回っているしで、「電気食ってます感」有り有りなんすよ・・・(汗)

 で、普段コミュニケートしている人達の動向を確認して、幾つかリコメントしたら・・・電源を落としてiphoneで対応することに。それなりに成り立つし、僕の場合はiphoneでもBTのキーボードを使っているので、思いの外苦労ってない事もあるのですけどね。

  街
                         @六本木ヒルズ   この街に生きる…




iphoneをお使いの方はご存じだと思いますが、Appのメモ帳のデフォルトをgmailにしておくと、メモ帳に書いた事はPCのgmailを開くとNotesと言うフォルダーに勝手に同期されてるのですよ。だから電車の中でメモを記事を書いて、家に戻ってパソコンを開くと、その続きが簡単にかけるって事になります。

ところがこのメモ帳の機能って不安定な事が多くて、結構な文量を書いた後にいざ保存しようと思ったら・・・突然消えていて、ネットで同期されているはずのNotesにもデータが残っていない(つまり消えちゃうって事なんですが)ことが良くあるのです。
それも怖いので・・・久々に引き出しの中からメモマシーンのpomeraを出してきまして。みなさんご存じですか? pomera。(←クリックしてね)。

単にキーボード付きのメモガジェットなんですが、一昨年はブームになるほどヒットしたキングジム社製のデジタルツールです。使い心地は良いのですが、普段はiphoneに任せっぱなしだった原稿の下書きも、電池で動く、必要以外に電気を食わない・・・ことから復活させたガジェットであります。

余りに久々だったので使い方を忘れてしまっていて、メーカーのHPで見たらソフトもバージョンアップされていた事が分かって(^_^;ゞエヘッ それをまずアップデイトして更にマイクロSDカードをフォーマットしたりして、今に至っています。

  モード
                            @六本木ヒルズ  モードの匂い




 久しぶりにポメラを使ってみると・・・アナログタッチで結構面白いガジェット(デジタルツール)だなぁ~。僕の使っているシリーズはDM10というもっとも初期型のタイプなんですが、最近はDM20と言うデラックス版、DM5という女性にもどうぞというスタイリッシュな廉価版。カーデザイナーの由良さんバージョン、そしてガンダムコラボバージョンなど、様々なタイプがあることが分かりました。

通信は出来ないし、画面はモノクロだし、文章を書くことしか出来ないツールなんですが、もしみなさんが「ブログで文章を書くことが多い」と言う人にはお勧め致しますよ。使っている姿は一体何のガジェットなんだろう?って思うのですけどね。







追伸:多くの人の死を悼む

辛い日々

時間が経つに従って嬉しい情報と悲しい情報と、涙する悲しい話と涙する嬉しい情報が入って来る。誰もが必死にこの難局に向かい合っているし、誰もが多くの命が助かる事を祈っている。今は祈ることしか出来ないけれど。

ここに来てとある自治体の首長が『津波は天罰』と言う発言をしたと聞く。今はコレを取り上げて責任追及をしている場合ではないだろう。しかし落ち着いた時には…事の真意を確かめないと、彼を許せるかどうか…分からない。

尤も仮に真意がどこにあろうとも、公的な立場にある人があまりにも適切じゃない時期にデリカシーの無い言葉を発する事を、ボクは許さないけど。

東北関東大震災

 段々と詳細が明らかになって来ている今回の大地震。岩手県宮古に単身赴任していた友人の無事も分かった。しかし明日また現地に入るらしい。世界各国から沢山の支援、援助、救助がある。沢山の命が一瞬にして奪われてしまった。それがどんな理由であれ、今は責任の所在をハッキリさせるより、まずはまだ必ずいる『生存者』を少しでも見つけ救いだして欲しい。
 とかく厳しい目で見られがちがな自衛隊が、本当に身を呈して人々救済に全身全霊を注いでいる。多くの感謝を込めた有難う。

 自分のできることからやろうと思っている。スーパーマン的な事は出来ないけど、小さな事を一つずつ積み上げて、被災者の元に届けば…と思う。

 亡くなってしまった人の冥福を心から祈る。

コメントを下さった皆様へ

ご心配頂いた皆様 またコメントを下さった皆様、本当に有り難うございました。

日本各地で甚大な被害が出ているので、手放しで喜べませんが、ボクの家族、日常的に連絡を取り合っている友人。取引先の方々、いずれも安全が確認できています。ご心配頂き有り難うございました。まだ安否が不明の方もいらっしゃるかと思います。どうか何事もありませんように…。

号外:東北・関東で大地震発生

今日午後2:45過ぎ、震源を宮城県沖に震源を持つ大地震M8.89.0(後に訂正)が起こった。宮城県、岩手県を中心に大津波が発生。甚大な被害を受けた模様。都内は帰宅難民化した人で主要道路が溢れた。関東以北では大きな被害が出ている模様。少しでも被害が小さい事を今は願うしかない…。

悪口? いえいえ戒めと教訓です…by 黒ナチョパパ (上)


 空調管理が完璧な部屋で大きなガラス越しに窓の外を見たら、初夏?と思うような陽射しが燦燦と降り注いだ今日のトーキョー。一歩外に出ると「ハイ。冬ですけど...何か?」と涼しい顔した冬将軍が振り向きざまに言いそうな...真冬のトーキョーでも有りました。
※まあ初夏の陽射しが有っても、街路樹その他は丸裸なので…本当の初夏のような景色では無いのだけど。


 ここのところネットの話ばかりでなんなんですが...気が付いた事を一つ。

時間が上手く作れない事や、会話調のコメントを書く事がネックなって、複数のチャンネルを維持する事が出来ないボク。Blogだけがフィールドだった時は良かったのだけど、Blogがあって、Twitterがあって、mixiがあって、Facebookがあっての今は、やはり良く考えないといけないと思うに至った。

それぞれのチャンネルで出来た人間関係を、キチンと…つまり『不義理をしない様にお付き合いを保ちながら…』とか、『コミュニケーションのクオリティを下げない様に…』などと思うと、どうしてもお付き合い出来る人数は限られてしまう。そして冷静に今の生活を考えると、無策に広げていたチャンネルを維持するのが困難になり、ついに先日mixiを閉じてしまった。事実上、放置状態だった事もあるし、FBがあれば”事足りる”とも思えたからという事だったのだけど。

  切り取り 
              @六本木ヒルズ  水平線が良く分からないこの風景




 そんなボクでも時々ネットサーフィンして、で、新しいBlogに出会う事がある。
前にも書いた通り”リンクがしたくなるブログ”は「写真が美しい事」もしくは「文章が美しい事」で、(上目線ですいません)リンクの許諾を得てからリンクを張らせ(貼らせて)て頂いている。

 だから6年も続けているのに、思いの他リンクが少ない。お付き合いでリンクを貼る…と言う事が無いから。その代りボクのブログのリング先は粒揃い! どれもリンクしたくなるような所ばかり。残念ながら休眠している所や、残念ながら管理者が他界された所もあるので、更新がもう無い…と分かっている所もある。
ボクはリンク先のURLが消えてしまうまで、出来る限り残しておきたいと思っているのだ。

 ともかく闇雲に広げないリンクだけど、そんな中でも時々新しいBlog名が加わったりもする。もしお時間があったら…是非チェックして見て欲しい。きっと素敵な出会いになるだろうから…。



ここからが…黒ナチョパパなのだけど…それはまた次回(;^_^Aエヘヘ


 

 

言われて気付いた…事



 年度末だったりすると、皆さん同じように忙しい…ので、ボクだけの話ではないのですが、ボク個人の能力に問題のある為、ちょっと忙しい。昨年末に行った恒例の忘年会でも『ナチョパパさん ブログ記事…「多分違う事、多分同じ事」って終わっていないよね…まだ?」と言われるほど、書かなきゃいけない事があるのですが…(^_^;ゞエヘッ 今ちょっと余裕が無いので、もう少しこんなダラダラブログが続きます。

 友よ いつも読んでくれてありがとう 大変申し訳ないが…もう少し待って下されm(_ _)mペコリ

 特に繋がりは…ない
         @日本橋  いやなんの関連性もないのだけど…色が綺麗かなと(苦笑)



 とてもデリケートな問題を含んでいる『領土問題』で、またデリカシーの無い…思慮の足らない行動に出た議員がいる。本当に政権末期…って事なんだなぁ…きっと。この問題は個人の問題じゃ済ませられないと思う。一体どんな思想信条の人だか分からないが、こう言う事を簡単に『個人の問題』として片付ける訳には…いかんだろう。


 


ちょっと嬉しい…、凄ーく嬉しい…。

 
 同じ失敗を繰り返して大変申しございません...少しずつ手直しをしている最中の我がブログ。昨日更新したブログの写真も、ワイド画面以外で観ると全部が見えていません。

ハァ…

 何度も申し訳ないのですが、写真をクリックして頂いて、見てて頂ければ幸いですぅ。ボクの写真には『バランス』しか取り得が無いので...『あーこういう事が言いたかったのね』と思って頂けれ有難いです。是非クリックして下さいませ。

えっ?

何も変わらないって?

あーそれは言っちゃダメ!


 この後、また少しだけテンプレートの数字を弄ったので(一気に数字を変えてしまうと元のバランスになってしまうので)、今日も少し改善されると思います。完成形にはまだ時間が掛るかも知れませんが…『これで大丈夫!』って思う日が来たら『もう大丈夫宣言!!』を致しますぅ。その日までどうか毎日一回はナチョパパの写真のクリックして下さいませm(_ _)mペコリ

 蹴っ飛ばせ!
                  @六本木ヒルズ   蹴っ飛ばせ!




 ちょっと嬉しい事があったので、その話を。

 少し前に15年ぶりに留学時代の友達(韓国人)とSNSを通じて再会する事が出来て、NETのパワーを改めて知った…と書いた事があった。
今までどちらかというと必要以上に「NETを虚構の世界」として位置付けていて、用心深く付き合っていた(一定の距離感を持って生活の中に取り入れているという意味ですが)。

 オフ会もしないし、何かの理由で住所その他の情報を与えないといけない時などは、基本『対相手とイーブン情報』でやり取りをしていた。※イーブン情報=名前が分かれば、こちらも名前をお伝えし、メールが分かればこちらもアドレスをお伝えする…という様なものだ。

実名主義を標榜しているSNSを使う事で、国の違う友人と再会して初めて、本当の意味でNETは世界に繋がっている事を実感したのだ。

 もちろん…今までだって海外の友人、知人、同僚と、普通にメールでやり取りをしていたから、世界と繋がっている恩恵は受けていたのだけど、それはあくまでも具体的なアドレスを知っている事が前提になっていて、まさか自分の履歴やプロフィールから、疎遠になってしまっていた友人と出会える世界があるとは思ってもみなかったのだ。

 言ってみれば今までのメールでのやり取りはツールが変わっただけで、電話とあまり変わらない。
でも今はこちらが開示する情報の程度によって、脳内のシナプスがドンドン繋がって行くような感じで、コミュニケートの幅か広がっていく…不思議な感覚(なんとなくドライビング感覚に似ている)を味わっているのだ。

 そん中、また音信不通だった友人と連絡が取れるようになった。
多分、僕の人生の中の一部を構成している大切なメンバーの一人だったから、ドキドキするような思いでコメントのやり取りが続いている。40歳を過ぎた男同士が何やってんだ…って感じなんだけど(苦笑)。

 ツイッターでもmixiでも『何かが大きく変わった感』は無かったけど、もしかしたら今 楽しんでいるSNSは『NETによる恩恵を受けてると肌で感じる』事が出来て、一番楽しんでいるの気がするのだ。


君に…

 
 朝、外を見るとちょっとビックリするような降雪が…。残念ながらと言うべきか、幸いにしてというべきか悩むのだけど、積雪にはなっていなくて…。ただピーク時の10:00a.m.前後は『降雪の勢い』に美しさを感じるほどだった(微笑)

 あっそうそう…日曜日にアップした『号外5:テスト更新』の写真が、ディスプレイの縦横比によって右端のシルエットになった人の顔が全く見えていない事が判明…(ショック泣) 
 大変お手数ですが、写真をご覧頂いて右端のシルエットになった人の『横顔(横顔のこめかみぐらいまでがシルエットで見える)』が見えていない方…お手数ですが写真をクリックして頂けると、ちゃんとした構図でご覧頂けます。宜しくお願い致します。

 それぞれの…
             @六本木ヒルズ  みなが幸せでありますように…



 
 昨日ネット上の写真を整理している時に感じた事を書いて、ふと気付いた…『皆さん、例外なく自分の写真には厳しい』のだと(((o^∀^)oアハハ 

 やはりデジタルカメラの普及で写真人口が増えたからと言って…プロになれるレベルの人が簡単に増える訳でもなく、多くの人は冷静に自分の写真を見ると、なかなか合格点を挙げる事が出来ないのかも知れない。そしてプロになるような人は、やはり我ら素人とは出だしから違うのかも知れない。

 いや実は…ぼくは「撮る人の書く文章」が好きで、様々なタイプのカメラマンが書くエッセイや小説を読む事が多いのですね。だけど、彼らの多くが若かりし頃の自分を振り返っても、「自己否定」をしている場面を書いている事があまりない。
 だから、もしかしたらプロになるような人は、かなり早い段階でクオリティの高い写真を撮っているのかも知れない…と思ったのだ。少なくとも『稚拙な段階であっても自分の未来を託せる様なクオリティ』が…撮れているのかも知れないと。

 あーもちろん、ボクの場合は「素人特権」を手放したくないので、神様が『才能を上げよう』と言っても、今のままで良いですと応えるなぁ。好き勝手に楽しく無責任に写真に向き合うのが楽しいのだから。

 写真は誰かに、そうボクの思う誰かにそっと届けば良い…そう思ったりするのだなぁ。


まとめて見ると…

 
えっと…写真を趣味にして7年ぐらい経つのかなぁ。写真を趣味にしたかなり早い段階からブログを利用した事は覚えているのだけど。多分…写真自体はその一年ぐらい前から始めていた…と思うから、『写真歴7年』という事になる。

 撮られた写真は、当初から「月毎」にまとめて、CD-R、そしてDVD-Rなどのメディアと、HDDに保存している。だから過去を振り返ろうと思えば、月毎にまとめて見ることが出来るのです。


 とあるSNS上のフォトアルバムに、一度ブログにアップした写真を移行している。それはオリジナルのデータではなくて、あくまでもリサイズされた「ブログで使った写真」の『格納庫』みたいな使い方をしているのだけど。

 オリジナルの写真が月毎の仕分けになっているのに対して、このネット上のアルバムは『撮影場所』で分けられていて、「南青山」とか「渋谷」とか…地名のフォルダで分類しているのです。

つかの間
                @日本橋  考えるという事…




 たまたま今日、そのSNSのフォトアルバムの写真を整理してて、「南青山」にカテゴライズされている写真のサムネイルで見たら…有る事に気が付いてしまって…。

 自分では写真を自由に撮ってきたつもりだったのだけど、まとめて見ると『同じような距離感』『同じようなフレーミング』で、「いつも同じような落とし所でシャッターを切っていた」に過ぎないなぁ~と。

 それが分かっただけでも、有意義な『格納庫』になったのですが(苦笑)、これからは『ちょっと違う目』を持てるようにしたいなぁと。「ここが綺麗」って思える幅を少し増やせたらな…と思った3月のとある日曜日でした。

号外5:テスト更新

 
どうやらこのへんで落ち着きそうだ…(^_^;ゞエヘッ ここで1:1を見てみよう。皆さん…ご迷惑お掛け致しましたm(_ _)mペコリ

多分今が一番良い
     @六本木ヒルズ  ボクは、落ち着いた最近のヒルズの方が昔よりずっと良い


 スイマセン、これで終わります。更新する度に毎回お越し下さる皆様…紛らわしくてごめんなさい。

号外4:テスト更新


 そろそろ…バランスを見つけたい…疲れた。

なんか…怖い
              @渋谷  なんかちょっと怖い感じ…しない?



号外3:テスト更新


ウーンなかなか理想的なバランスにならないな。

木の温もり
                @南青山  ドーナツ屋さんの風景

号外2:テスト更新

なかなか数値を決められなくて…(^_^;ゞエヘッ 再度テストします。質の低いフォトギャラリーだと思って頂ければ…(;^_^Aエヘヘ

淡く 芯のある シルエット
               @渋谷4丁目   工事中だけのキャンバス


 

号外1:テスト更新


 突然スイマセン…デジタル音痴の私がテンプレートのサイズをいじりまして。その確認の為に写真を一枚アップします。更新はまた改めていたしますm(_ _)mペコリ

デザインが良いなぁ~
               @北青山 今見てもちょっと惹かれる


 
 

良い天気なんだけどなぁ~


 良いのかな?この時期に…と思いながら、娘の様子見をしながらしっかり自宅にいました。ただ、この時期に仕事を止める【ト・める】ことは事実上出来ないので、家内は会社に行きました。なかなか家族が揃う事が無い時期なのです。

 今日の東京は気温は低いものの、太陽は燦々とが降り注いぎ気持ちの良い日でした。本来だったら仕事なんで…”仮に休めたら”って条件が付きますけど、確実に『探検日和』だったかなぁと。まあ今の状況じゃどっちにしても『家で安静に』って事になってしまうので、「探検日和」も何もあったものじゃないのですが。
今は…どんなに天気が良くても、近くのスーパーまで昼食を買いに行くのが関の山なんですけどね。

メカニカル
                 @渋谷4丁目  金属感が良い



 ここ数日ワイドショーネタになる様な事件、事故が多く感じる。その被害者が幼い命だったりすると、尚一層心が痛む。もちろん命に若いも老いも尊さには変わりはないのだけど。
 天災であっても、人の手によるものでも、病気であっても、生きようとする命が突然奪われるというのは…本当に辛い事だ。


 今日は一日、娘の体温が37℃超えることなく終わった。どうやらこれで一段落かなぁ。と言っても、体力的にも探検隊はまだちょっと無理かな。明日の天気はどうだろう。まあ仕事が一段落するまで探検隊は無理なんだけどね。


遊んでいたら…


 冗談みたいな話ですが、昨夜39℃まで上がった娘の熱が…朝起きたらまた平熱になってまして。本人は「学校に行きたい」と言っていましたが、これでまた学校に行って調子に乗ってハシャいで…また夕方に熱が上がって…じゃ困るので今日は休ませました。

 まあ熱は下がるし、食事も普通にするし(量もね(苦笑))で、インフルエンザじゃない事だけは確かなので…大騒ぎする事もないのですが…やはり熱が上がり始めると、一気に39℃になるし、咳が止まらなかったりですから、親としては放ったらかしにする訳にも行かない訳です。

 お昼には家に戻って家内が用意した食事に、買って来たサラダを合わせて食べさせて、直ぐに会社に戻ってと…実に面倒な事になっておりました。

 幸いにして今日は熱が上がる事もなく過ぎました。なんとかこれで落ち着くかなぁと思うのですけどね。
ご心配頂いた皆様ありがとうございました。

分割された視界
             @表参道  文様をそっと指でなぞる




 Canadaphotoさんも帰国されて、コメントを頂戴していますし…本来は今日ちゃんとリコメントをするべきだったのですが、ツイッターやFBで遊んでいたら…何も手がつかない寝る時間帯になってしまいました。ごめんなさい。明日以降…頑張りますm(_ _)mペコリ




 


 アタタ…昨日『回避しました』と言った娘の『風邪』ですが、お医者様の予言通り…再び『発熱』。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ  朝には熱が下がっていたけど咳が残っていたので『体育を休め』と言ったら、ブー垂れるほど復活していたのに…夕方に会社に電話が。

 『また熱が出た』と。

 取り敢えず寝ておくように言って、終業後帰宅すると…なんと38.8℃。昨日の医師の『もし再度熱が上がったらもう一度インフルエンザ検査を受けて下さい。B型の可能性がありますから』といった言葉が頭をグルグル。

/(-_-)\アチャ~

       コントラスト
               @渋谷   色と光と素材と秩序と…





 これで明日引かなかったら、また付き合わないと…と思っていたら、ここに来てボクが怠い。なんだか移った予感が(゚ロ゚;)エェッ!?  

 神様…今は休みたくありません。どうか移っていませんように。回避できたと思った娘のインフル、そしてファミリー内『感染サーカス』…出来ていなかったのかも知れません┏(_ _;)┓ガックリ
  


追伸:スイマセン…コメント頂いていますが、本日は早めにベッドに入ります。申し訳ありません。

回 避  


  昨日お知らせした娘の発熱ですが…今朝になっても熱は下がらず、結局朝から小児科へ。正直「えっ?まだ小児科なの?」って気もするのですが、15歳までは区分上『小児科』のようです(苦笑)

 その場でインフルエンザ検査が行われ(細い目ん棒を鼻の奥に入れてウィルスの有無を確認する)待つ事10分。結果…A型もB型も陰性。まずはインフルエンザで連日休む事だけは回避出来…ホッとしました。
 ただA型に関しては直ぐに答えが出るのですが、B型に関しては微妙で…今後熱が上がる様なら、B型の可能性もあるという事で、その時には再度インフルエンザ検査を受ける様にと。

きれいなテーブルと…
                 @南青山  彼女を待つ間…



 確か一昨年”パンデミック”が叫ばれた時、インフルエンザの検査の結果は3日間掛る…って感じでしたよね? それが昨年の初めにはもう簡易検査キットが町の医院・クリニック系レベルまで浸透していて、鼻孔奥に綿棒を入れて、3時間も待つと結果が出るようになっていました。シーズン最後には10~15分間後には結果が分かるようになって。
 今年も10分間は待ちましたが、この位なら何でもありません。あっと言う間に…医療関係は進化しますよね(^v^)ニコ

 ご心配頂きました皆様、本当に有り難うございましたm(_ _)mペコリ

油 断 ?


 "油断してはいけない"とkabo-panさんに忠告を受けていたのに…やはり春一番なんて言葉を聞いてしまうと、心のどこかで"暖かなイメージ"が生まれてしまって(苦笑)。穏やかな日差しの中を気持ち良く歩く…みたい想像をしてしまいます。さらに「陽射し」だけに限って言うと、気温に関係なく『春』していて…視覚的にも騙されちゃうのです。

 季節の変わり目は、去り行く季節や迫り来る季節に心動かされたりする…そう感じませんか? 新しい季節に希望を感じるのか、それともペシミスティックな感情を持つのかは、人それぞれだと思うのですけど。

er
                  @北青山  色の強さ



 帰宅して「ただいまの挨拶」と共に娘をハグすると…妙に熱い。断続的に咳をしているのも気になり…熱を計ると、38.5℃!!ここしばらくクライアントに顔を出していなくて、明日は久しぶりにサンプルチェックに行く!って時に限って…。うーんなんとか家内とスケジュール調整をしなくては…。どうかインフルエンザではありませんように。
『風邪を引かない子』と思っていたのに…油断しました(^_^;ゞエヘッ