明日も仕事だな…。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ




 今日は朝から青空で、ホッと一息のトーキョーでした。
皆様のお住まいの町はいかがだったでしょうか? 街路樹や公園の樹木を見ると、
嫌になる雨もやはり必要なのだなァ~と改めて思いました。

なにしろ昨日の雨(のせいだと思うのだけど)を受けて、更に初夏の日差しを浴びて、
実に生き生きとした表情をしていましたから。

 本当は南の島々のように、日中は痛いほどの日射しがあって、夕方にはスコールがあり
気温も湿度もトータルで管理されている…なんて良いのですけどね。


 え?日本には四季があるから良いんじゃないか!って?


 はい。
ぼくもそう思います(^_^;ゞエヘッ。


だったらそれぞれの季節を愛でるって言うのが、一番良いのでしょうけど、爽やかな町の景色を
見ていると、ついそう思っちゃったのです(;^_^Aエヘヘ






 今日も朝からちゃんと仕事をしたのですが、なかなか進まずに、明日も会社に行きます。
本当に優秀な人は『時間内に仕事を終わらせる』のですが、そこはナチョパパ。
なかなか出来ない…。要は低能力なんですね(;^_^Aエヘヘ


 ちゃんと皆さんの所にお伺い出来ていないかも知れませんが、どうかお許し下さい。
6月2日のプレゼンまでは、ものすごく優しい目で見て下さいね(;^_^Aエヘヘ


明日も仕事をします。



            kage
               @四ツ谷駅  強い雨の後 強い日差しがあり 強い影が現れて





 


 さてここからはちょっと暗示的な一言。

 まあそんなに期待していた訳じゃないのです。
なにしろある意味戦後初めての事ですから。何度か失敗と挑戦を繰り返して、自分のモノに
していくのだと思うのです。それは今でもそう思うのです。

過度な期待はしないでいようと。


 でもね…そこは譲ったらダメよ。
そこに関しては「言った以上は『ごめんね』じゃ済まないよ」
って所を、尽く裏切ってしまっていますから。

なんか耳応えの良いことばかり言って、最後になって
「ごめんよぉ~」は駄目だよと。



こんな状況なら…やっぱり言っちゃダメ。チャレンジしますとか、出来ないならなぜ出来ないか?
を明らかにしないとね。
その辺をきちんと説明できるようにしないと、「んじゃあれは何だったんだ?」って言われる
だけですよ。

 出来ないことは言うな! 
とは言わない。うん…まあそういう事もあるだろうから。

でも最後の最後になるまで、「秘策がある」的な子供じみたやり方で言い訳するのは見苦しい。

だって…君が目指していたものも分からないし、今後君の「考えている」に期待出来なく
なっちゃうでしょう。

 期待できなくなるような状態を、一番作っちゃいけない立場が君のお仕事ですからね。

ほら、君が信用して欲しいってお願いしていた人も、結構大変な状況になっているのだけど、
彼は結果議会を敵に回しても、最も重要なpolicy(言葉どおりの意味ね)は通したからね。

 結局君は…何がしたかったんだろうね。
そして何が出来るのだろうね。
出来なかった事は分かったからさ。出来る事を今度は教えてね。じゃあね…ぼくはもう寝るから。


 今度君に逢う時は、君が出来る事をちゃんと考えて置いてね。出来る事がないならやっぱり
言わない方が良いよ。じゃないと君…退場させられちゃうよ。じゃあ…




猫の目の如く…




午前中は「これでもか!」と言うほどの日差しがあったトーキョーなのですが、
お昼休みが終わって、ふと窓の外を見ると強い雨が…!



もっとも30分少々で上がったのですが…。
もしかしたら本当に春らしい春も無いままに、梅雨に入ってしまったのでは無いか?と…。





昨年末辺から季節に関して「今までの経験」が全く当てになら無い感じがありませんか?


職業柄、『気候』『天候』は、とても重要なので困った事なんです。

QUICKレスポンス(&デリバリー)が売りのブランドでは無いので、直近の企画が左右される
と言う事は無いのですが、それでも「5月の服装」を思い浮かべながら企画をする時期になったら
…今年の天候を参考にしても良いモノなのか?と悩みますよ。


それが異常気象なら、一年限りなので良いのですか、こんな状態が恒常化してくる事だって
有り得る訳で。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ

いわゆる「気候変動」気味の最近は判断に迷いが出ます。


 地上に出たら…晴れていた
         @新宿三丁目  大雨の中、地下鉄に乗って…目的地に着いたら晴れていた…唖然







 本当は本日ひたすら絵を書いてい無いといけなかったのですが、必要な画材がなくなってしまって…
慌てて買いに行きました。とにかくパッと買ってパッと帰って来たのですが、行きも帰りも
地下鉄から地上に出て来ると、天気が180度違う…豪雨から晴天へ。晴天から豪雨へと、移り変わる
超不安定な一日でした。

 今日、洗濯物や布団を干したりした人は、さぞかし大変だっただろうなァ~と思いました。


 今日もグッタリなので…なるべく早くベッドに入ります。
皆様に於かれましては、素敵な夜をお過ごし下さい m(_ _)mペコリ







※業務連絡
 1)スイマセン…誤字脱字がありましたら、こっそり教えて下さい。
 2)親友さん…リコメントメールが遅くなってしまってスイマセン。明日リコメントします(^_^;ゞエヘッ 


MO ・ U ・ SO ・ U



今日の話は、そういう意味では完全に「妄想」と言われる種類の話です。

「妄想」にお付き合い頂ける方のみで構いませんので・・・(^_^;ゞエヘッ
「今日はちょっとそういう気分じゃない・・・」って方は、また明日お越し下さいませ。
宜しくお願い致します。




大きな書店に入り、さしてお目当ての本がある訳でもなく、ぼんやりと店内を歩きながら、
時折気になるタイトルの本を手にとってパラパラとめくり、初めの数行でストン!と
心に落ちなければ、また違う本を探して歩く。
そんな風に本を探して歩く事が多いのです。


もちろん本当に全く何も当てがない訳じゃなくて、
「あーミステリー調の物が読みたいな」とか
「ほんわかした物が読みたいな」ぐらいの線引きはあったりするのですが。


何冊かそんな事でやり過ごしながら、「こんな感じの本ないかなぁ」と目星を付け始めます。
「カモメ食堂のような感じの本あるかなぁ」とか
「藤原伊織みたいな本が無いかなぁ」とか。


上手く巡り合える時もあれば、その日はついに巡り合えない時もあって。

そんな時、妄想が始まる訳です...例えば「こんな感じの始まり方で…」と。


トーキョータワー LOVE
                   @芝  トーキョータワー リアル トゥデー





空想は「実際には無い町」を設定する所から始まる。
そして設定された「想像上の町」に息遣いというか・・・ドンドン彩をつけて行くのね。


例えば、

「あー商店街が欲しいな」とか、

「商店街の名前は"サンキュー通り商店街"が良いな…理由は商店街が390メートルだから」とか、

「商店街の最後に"我楽多堂"って店があると良いな」とか。

「でも出来たら、我楽多堂は商店街の本当に最後では無くて、最後の店が豆腐屋で、 一旦ここで
 細い街道で寸断されて、390メートルの商店街には入り切れていない…って設定が良いな」とか。

「実はサンキュー商店街で4期12年間に渡って、商店街会長を務めていたお煎餅屋の長老が98歳で
 亡くなった事から、俄然"我楽多堂"の主人、謎のお婆ちゃんが脚光を浴びる事になる」
みたいになって。

「何故なら亡くなった会長の遺品から"我楽多堂"と書かれた和紙と油紙に包まれた不思議なモノが
 見つかった事から始まる物語なんてどうだろうか?」
…と話が膨らんでいくのです。



まあ最終的には落ちまで考えるのだど、そこは素人。
上手く落とせる時と落とせない時があるわけで...(苦笑) まあそれが面白いかは別なんだけどさ。


そんな妄想をしながら、「あー面白い本が読みたい」と思いながら、電車に揺られているので
ありました。




物語を「妄想する」って事、ありますか?




リズム




 今日は不思議な仕事の仕方でした。
朝からずっと絵を描いていたのですが、一枚書いて、コピーを取って、そのコピーに墨入れして
仕上げて…息抜きしたいなァ~と思う時に、メールが入って、返信して、また絵を描いて、
コピーを取って、そのコピーに墨入れして仕上げて…息抜きしたいなぁ~と思うと、メールが
入って。

 お蔭で単調な仕事にリズムが出来て、ドンドン仕事が進みました。

今日ぼくにメールをくれた方! どうもありがとう!


 考えてみると、これから一週間がぼくの仕事の山場で…朝から晩まで絵を描き続ける事になります。
そりゃもうひたすら描いて、描いて描くのです。描いている時は無心なので…ンガァ~と集中して
いるのですが、終わった後の虚脱感ってそりゃもう凄い事になっていまして(^_^;ゞエヘッ
家に帰るとガクッと来ちゃって、集中して記事が書けなくなっています。

絵は描けるのに、字は書けないってか!って非難もありそうですが…(^_^;ゞエヘッ 
そこはサラリーマン 仕事がメインなのでお許し下さい。


           その空の先に…
     @新宿  この尖塔の電球を取り換える係だけにはなりたくないと思うのでした。




さて今日はこれから本を読みながらゆっくりと過ごそうと思います。

えっ? 明日ですか? 明日も絵を描きます。なかなか皆様の所に訪問が出来なくて…御免なさい。
6月2日のプレゼンテーションまで、こんな感じが続きますが…一日一回はナチョパパ・ブログを
覗いてい下さいね。


で、出来たら隣の同僚、学生時代の友達、酒屋のオジサン、いつも世話になっている定食屋のご夫婦、
ご近所の奥さん、子供学校関係の保護者の皆様、取引先の方に
『いやぁ~時代はナチョパパほのぼのフォト日記ですな』
と、一人でも多くの方を勧誘 お誘い下さいますよう(;^_^Aエヘヘ





雨の日には…





 昨日とはうって変わって一日中雨の降るトーキョーでした。
皆様のお住まいはいかがでしょうか? 沖縄は既に梅雨に入っていますし、本州も近々梅雨入り
するのかも知れません。いつもこの時期なると、「あれ?例年通って言うといつごろだろうか』
と自分の記憶力悪さに唖然とするのですけどね…。

 


 ここの所の天候が不安定(良くなったり悪くなったり)だったので、一日置きに片頭痛と正常な
状態が交互にやってきて…ちょっと辛かったのですが、今日は一日中雨で…これはこれで安定している
事になって(苦笑)、片頭痛も午後の数時間で終わりました…ホッ。

 こればかりは持病なので仕方がないのですが、時々『頭痛になった事がない』と言う人の話を
聞くと、本当に羨ましくなります。

 そんな片頭痛の日はベッドの中でウダウダしているしかないのですが、その時の程度によって
『本なら読める』とか、『iphone程度なら良いけど、パソコンの画面はダメだなぁ』
※画面の光の強さの問題だと思うのですが…暗くしても大画面だと辛いのです。


 昨日は発光しているもの『テレビ』の『携帯』も、『パソコン』、「iphone」もダメで
音楽もちょっと辛かったのだけど、本だけは普通に読めて…昨日紹介した『閃光』を
ひたすら読んでいました。
 最近ちょっと本読んでいる時間を上手く作れなかったので、憑かれた様に読んでいたそうです。
(家内談)

         雨の落ちる場所
               @渋谷 この場所に立つと東京の底にいる気持ちになる。
               ※だからたまには写真をクリックしてみて下さいよぉ



 雨の街をゆっくりと買い物をしながら歩くと、晴れている時には気が付かなかった事に
目が行ったりする。
『あーここはちょっと窪んでいるんだな』と水溜りを見て思ったり、
歩道の一カ所だけ路面が乾いていて、ん?と見上げると、大きな樹木が塀の向こう側から空に
伸びていて、青々とした若葉の付いた立派な傘の役割になっていたりしている。

 もちろん晴れている日の方が圧倒的に気持ちが良いのだけど、そんな雨が降る事で分かる事を
『雨のプレゼント』ぐらいに思えば、少しは雨の鬱陶しさも軽減されるのではないかなぁ…と。



 また明日から忙しい一週間が始まります。気温差の激しいこの時期ですが、
皆様風邪など召しませんように…



ナチョパパ





朝からずっと…





朝からずっと本を読んでいました。
食事以外は殆ど本を読んでいました。ミステリー物で『閃光』を言う本です。
あの三億円強奪事件をモチーフに、書かれた本ですが…事件は現代に起こります。
史実と虚構が織り交ざっていて…圧倒的な筆力で進んで行きます。

文学作品ではないですが、あの三億円事件の真相と言うのは、こう言う事だったのでは…
と思うような面白さがあります。

頭をあまり使いたくない時に、宜しかったらどうぞ(^v^)ニコ

          なんのための柵?
              @新宿  なんのための柵? グラグラしているのです…うーん?
                 ※たまにはクリックして大きくしてみてみよう!





 あっアマゾンでも売っています…(o^-^)ゞハイ


閃光 (角川文庫)閃光 (角川文庫)
(2006/05/25)
永瀬 隼介

商品詳細を見る

所用で…

  


こんばんわ皆さん

今日はこの春一番の暑さ…真夏日を記録した東京です。

二日続けてちゃんとした更新が来ませんでした…ごめんなさい。
明日はちゃんと更新します。

せっかくの休日なんですが、相変わらずバタバタとして毎日で(貧乏暇なしって言うのは
こういう状態を言うのだと思います)、集中してブログの記事が書けていません。
明日は頑張って記事を書こうと思います。

それでは皆様お休みなさい。

            初めはアヒルかと思った
                    @門前仲町  アヒルかと思ったら犬だった…



 久々に12:00a.m.過ぎての帰宅…明日は寝坊か?(^_^;ゞエヘッ
歯磨いて寝ます。



久々の撃沈(写真追加)


こんばんは皆さん

すいません…久々に片頭痛になってまして(>_<)
どうにもこうにも起きているのが辛いので、
大変申し訳有りませんが、本日は早目に
ベッドに入ろうと思います。

皆様がどうか素敵な夜をお過ごしになる事を
心よりお祈りしています。

強さ
              @新宿   強さを感じる孤高の人

周って急げ! 急がば回れ?


 今日は久しぶりに雨が降った東京です。
ここの所、青空が続いて乾燥し過ぎた状態だったので、お湿りとしてちょうど良かったと思います。
尤も、何か行事があった方は…御免なさい。



 昨日、所用で新宿の大きな文房具屋に行きました。
6月初旬にあるプレゼンテーションに使うファイルを買いに行ったのです。

今、同時進行している案件があるので、できる限り早くに社に戻りたかったのですが、
やってしまいました。





今回のプレゼンは半年に一回のルーティンな仕事ですが、その時に必要になるのが、
コピー用紙を30枚以上挟めるプレゼン用のファイルなのです。

Amazonでも、アスクルでも、カウネットでも良いのですが、通販で手に入るのは20枚を挟むのが
限界で、それ以上の資料を挟むと パチンッって音をたてて外れてしまうのです。

単なるクリアファイルではハンドリングが悪くて…。
プレゼン時にはサッと外して机の上に並べる必要があるし、終わったらすぐに回収して、
またファイルに綴じないといけないので、袋式のファイルではダメなんです。

色々な国産メーカーの物を取り寄せて試したのですが、適した物が無く…やっと見つけたのが
アメリカのメーカーで中国生産のファイルでした。





話を戻して…



目的のファイルはすぐに見つかり、まとめて買うと、急いで駅に戻りました。


      川の在りかを知る
                    @門前仲町 自分の位置を確認するランドマーク





 例えば一般の婦人服をデザインするという事。
例えば看護士さんのナースウエアをデザインするという事。
例えば幼稚園児の制服をデザインするという事。
例えばオフィスのOLさんの制服をデザインするという事。
例えばある特定の団体の為の制服をデザインする事。

一件同じ行為に見えるかも知れませんが、実は全然違うのです。
使っているペンも違えば、絵のタッチも違います。それから頭の中で進んでいるデザインへの
プロセスも全然違う。

だから仕事が立て込んでくると、一日中『一般婦人服』をデザインしている事は出来なくて、
ナースが終われば、園児服に着手して、園児服が終わればOLの制服をデザインして...みたいな
スケジュールになる訳です。


ところが...この切り替えが、ページを捲るように簡単にはいかない。

スカートをデザインしていて、続いてコートをデザインして…というのとは違って、
全く違うカテゴリーのデザインをするというのは、思考の切り替えするのに苦労するのです。


時間的に余裕のある時は、一日中ナースならナースに掛かりっきりで行くので、
疲れたら時々息抜きしてリフレッシュすれば何とかなります。

でもカテゴリーが違うと...切り替えに時間が掛かってしまうのですね。

それぞれのカテゴリー毎にクライアントが違うので、
『立て込んでましたので、クオリティーがイマイチです』
という言い訳も出来ない。
だって...OLの制服をデザイン依頼して下さるクライアントにとっては、
一緒にやっているナースウエアの仕事なんてどうでも良いのですから。


クオリティーだけは専念してデザインした時と同じレベルが大前提ですから。





 ファイルを手に入れて、急ぎ足で駅に向かいました。最寄り駅は東京都営の地下鉄『新宿三丁目』。
出来る限り早く会社に戻って仕事を続けたかったからです。
(※東京には「東京メトロ(旧営団地下鉄)」と東京都交通局が運営している「都営地下鉄」が
  あって互いに連絡し合っている)


          何って事もないのですが、擬人化してしまうモチーフの一つ。ダクトや管。
                    @門前仲町 マクレーンならこの中をよじ登るな





 都営新宿線の「新宿三丁目駅」は、乱走している路線網の影響から、かなり深い所に
あるのですね。 しかも最近辺り(地上)の商業施設の再開発で、従来あった地下鉄出入り口が
微妙に変わったり、構内の通路が改造されていたりして、馴染みの無い構内になっているのです。


正確には地下何階に相当するのか分かりませんけど、とにかく深い所に向かって、
幾重にも折り返しながら階段を降りて、馴染みの無い通路を右に左に折れながらズンズン進んで、
改札を抜け無事ホームに辿り付いて、やっと電車に乗りました。


隣の「新宿駅」で大江戸線に乗り替えるのですが、乗った時は意識していなかったのですが、
新宿駅に着くと、左側のドアが開くと思ったら、右側のドアが開いて…。
 何度も折り返して電車に乗り込んだので、進行方向を間違えたか?と思ったのだけど、
まあちゃんと新宿駅に着いたなら問題は無い訳で、さらに深い所にある大江戸線に乗って
麻布十番へ向かったのです。



 電車に乗っている時は、ブログの“記事書きTime”ですから、iPhoneで音楽を聞きながら、
ひたすら記事を書き続けました。
何しろ地下鉄ですからね…外を見ても、あるのは壁だけで現在地を知らせる目印になるものって
殆ど無くて、今どの辺か? 駅に着くまで分からない。


そろそろかな?…と車両が入って周りを見渡すと…ウム? ここ見た事無いなと、ヘッドフォンを
外して車内放送を聞くと…


「堀越学園へはこちらから…中野坂上、中野坂上」




再び






ウム?



そんな駅、途中にあったか?





慌てて降りました。

 そう、一つ前の駅でグルグル回って地下まで降りて、方向感覚がおかしくなっていた状態のまま、
狂った感覚を元に戻せず大江戸線のホームで入線してきた電車に乗り込んで、逆の進行方向の電車に
乗り込んだ…訳です。

 しかもヘッドフォンで音楽を聴いていて、車内放送も聞こえない状態で、
集中して記事を書いていた為に、かなりの距離を移動してから『間違い』に気付いたって事なんです。



転げ出るように電車を降りて、同ホーム反対側に到着していた電車に乗り込み、
麻布十番へ向かったのです。



早く帰り買ったのに...ヾ(;´Д‘●)ノ…トホホ



 結局、帰社時間は予定よりも一時間近く遅れて。当然仕事もその分溜まって…。
そう言う時に限って本来は担当外の仕事が回ってきたりして、更に絵を描く仕事が増えて…
って悪循環なのでありました。





そしていつかは…





 暖かいというよりも、むしろ『暑い』と言った方が良い今日の東京でした。
皆様のお住まいの地域はいかがだったでしょうか?

真夏とは違って、風はひんやりして心地良いので快適そのもの。ポロシャツで会社に来たので、
そのままどこか海にでも行きたくなりました。

もちろんそんな事は出来ないですけどね(残念)




最近、ブログ「美術の森tarutaru5953の声」の管理者でもあるtarutaruさんとの呟き合いで
カメラの話になりまして。
tarutaruさん写真を拝見していて、一体何のカメラを使っていらっしゃるか?と思っていたので
お聞きしたのです。

で、ニコンを使っていらして、最近銘玉ナノクリの12-24のレンズを購入されたと言う事で、
「やっぱりレンズだよね」って言葉に深く頷いたぼくなのでした。


ブロガーさんの中には写真が素敵なので、機材をお聞きすると
「純粋に写真を見て下さい。何で撮っても私の写真には変わりないですから…」
って、やんわりとカメラ機種を教えて貰えない事もあったので、ホッとしたのでした。


面倒臭い…って言うのならちょっと分かるのですが、それ以外の理由で「機種は言いたく無い」
って言うのが、あまりよく分からないので、なんでかな?…っていつも思っちゃうのですけどね。


         やはり昭和の建物は良いなァ~
                  @門前仲町 昭和の建物はとても人間味を感じる





同じくブログ「canada's travel photo 」の管理者canadaphotoさんが、携帯を買い換えるとしても、
自分に何が合っているのか分からない…って事をおっしゃっていて、それに深く同意する訳です。


Goodsとかツールって万人に向けて作っているけど(まあ実際にはセグメントを絞り込んで
ターゲット設定をしているのだけど)、実際に万人に都合が良いのか?って言われると、
やはりそうは行かなくて、使う人がそれぞれ工夫したり、ツールを選ぶ時に
「使うであろうシチュエーション」をきちんと想定出来るか?って事が大切なんですよね。


そうじゃ無いと、ぼくには快適な物が、他の誰かには全く使い物にならなかったり、評判が良いので
勢いで買ったは良いけど、いざ使ってみたら…どうもイマイチ勝手が悪くて、結果として使わなく
なってしまった、という物が沢山ある訳です。


特にぼくはその「使わなくなってしまった物」が沢山あって(^◇^;)
家内なんかは呆れているのですが、ディスク・データマンに、始まってザウルスは言うがもがな、
今使っているiPhone大のソニーのPDAなど、個人情報満載の使えなくなった物が、引き出しの中に
ゴチャッとあったりして….。その引き出しを開ける度に心がズキっと傷んだりします(苦笑)


まあ、高い授業料だと思えば良いのですが、それも子供がいなかった時の話で、今は吟味に吟味を
重ねて…なんだ結局買わなかったのか、って状態になってやっとお財布が開く…っ感じでしょうか。

         何かたちあがれニッポンを彷彿とさせる…
                @門前仲町  時間ガ経ツト人ハ過去ヲ作ッテデモ欲スルノカ?





tarutaruさんがD700が欲しい…と仰っていて、あーぼくも欲しいなあ~って。
で、ぼくの使い方を考えると(考えるのはタダだし(苦笑))、明らかにぼくはマスの小さな物が
撮影のスタイルに合っているのかな…と思うのです。


極端に言うとポケッタブルな物が一番良いのだろうなぁ~と。


でもポケッタブルと画質って、ある程度バーターであると思うのですね。
「webサイズなら携帯電話でも充分ですよ」
って言うのも、理屈では分かっているのです。


でもぼくの場合は、あくまでも「趣味」ですから、楽しめないといけない訳で。
要件さえ満たせば何でも良い…って事にはならない訳です。

撮影の行為そのものが楽しい、もしくは満足出来る事が重要な訳です。
完全なる自己満足の世界とでも申しましょうか。

きっとぼくもD700やD3S、5D2を買って愉しむのが、一番正しい姿なんです…きっと。




でも




やはり



そこに



ポケッタブルとか、やりたい事の具体的な想像をしたら…やはり普段持ち歩くのも大変だろうなぁ…と。
するときっとまた開けられない引き出しが増えてしまうだろうと…と思うと(苦笑)。


趣味として成立して、決して引き出しの肥やしになら無いで、高画質もキープ出来て…と条件を
満たして行くと、行き着く先は…



ライカだろうと(笑)

「お前がライカかよ!」

って思った人が、画面の向こうに沢山いると思いますが、
そこはまあ「『趣味の世界』なんで良いじゃろう!」とゴチてみたりして…(;^_^Aエヘヘ



実際にはライカはポケットタブルでも何でもないし、何にも増してお値段がやはり。。。(*’-’*)エヘヘ
だからそれはもう先の先の話なんですけどね。
それまでに幾つか寄り道をしながら、いつかはライカを肩から掛けて、辺りをキョロキョロしながら
歩いていたい…と思うのです。



町を歩けば…




変な言い方になるけど、町を歩く時どこを見ていますか?
いやもちろん「前を見ています」って言う事が、基本なんですけど(苦笑)

考えてみるとぼくはかなり怪しい動きをしていて、二階辺りを見上げたり、家と家の隙間を
覗いたりしながら歩いています(^◇^;)

その様子は「空き巣狙い」みたいに見えるか、ものすごく早い段階のデベロッパーの「現地調査」
みたいに見えるかも知れません。

このblogの常連さんはお分かりだと思いますが、写真のネタを探しながら歩いている訳です。


基本的に外出時はカメラを持って歩いているのですが、そんなに毎日100%気になるモノが
撮れる訳でもないですし、何枚も撮ったのだけど、一枚も使えない…なんて事が良くあります。

 それでもひたすら町をキョロキョロしながら歩いているのです。

      永年...お世話になりました。
                 @門前仲町  何か凄いな…と思った積み込み具合だった




 あくまでも趣味の範疇での話だけど、ヨーロッパの古い街並みをモノクロームの写真にしたい…と。

 まぁ、だったら住んでいた時に死ぬほど時間あったじゃ無いか!って事なんですけど、
当時は「記念」とか、「記録」的な意味合いでしか写真を撮っていなかったのです。
言わずもがな…写真は趣味でもなんでもなかったし。

 今となればなんと勿体無い事を!と思うのですけど、当時のぼくの心には何も響かなかった
のだと思います。


 でも考えて見ると、海外から日本に来た観光客も、至る所で写真を撮っているのですから、
当然日本にも被写体が一杯あるはずで…。

 だったとしたら、海外の人の目で街を見る事が出来たら…何か新しい写真が撮れるような
気がしているのです。
 
 例えば大阪に行くといつも街の綺麗さに感心するのですが、それを大阪の人に言うと
「うーーーん」って良く分かっていないような時があって。
例えば御堂筋線の淀屋橋の駅構内(特にホームにある)の照明って凄くデザイン的にも面白いし、
美しいのです。残念ながら東京メトロの中には見当たらないデザインなんです。

 で、それを力説するのだけど…なかなか分かって貰えなかったりします。

でもきっとそれは同じように大阪の人が、東京に来た時も同じなのかと。
ぼくが気づいていない「美」をちゃんと見つけていて、『ナチョパパさん、ここは良いですね』
って場所があるのかも知れないと。

 在住者にとってはあまりにも身近にあって、見慣れて見落としている持ってあるのじゃないか?
って…思うのです。

         ノスタルジックですぅ         
             @新橋 ノスタルジックカフェのメニュー これも味があるでしょ




 で…最近は、街を歩きながら『あーここに初めて来たとしたら何処を切り取るだろう』と思いながら
歩いているのです。もっと平たく言うと、パリに行ったらパリっぽいモノを撮りたいと思うように、
東京に初めて来たとしたら…最も東京ぽいモノはどこかなぁ…って思いながら歩いているのです。

 もちろんそれはとても主観的で、誰でもに頷いて貰える『東京らしさ』ではないかも知れないけどね。



町を歩く 町を歩けば… 新しい何かを見つける事が出来るかも知れないと、キョロキョロ視線を
動かしながら歩いているのです。







落ち着く場所で…








 朝から太陽がさんさんと降り注ぐ中、涼しい風が吹いて気持ちの良い休日が始まりました。
午前中はちょっと忙しく所用があって過ごした後、午後からは家族で買い物に広尾の明治屋へ。
家内が夕飯の買い物をしている間に、ぼくはナチョと明治屋の二階でやっていたピアノの演奏会を
ベンチに座ってゆるるりと聴いていました。

 こう言う時って、大体クラシックが演奏されている事が多いと思うのですが、正午過ぎ…
まだ一時になっていない時刻に、ジャズの演奏だったのです。
なんだかまったりした良い感じで午前中にバタバタとしていたのを、ちょっと癒してくれるような
優しい時間になりました。


 なかなか街中で楽器の演奏をしている所って無いですよね。
もう少し街中に音楽がある都市になっても良いと思うのですが…なかなかそうはなりませんね。
一時期『東京都公認大道芸』みたい制度がありましたが、もっと自然に公共の場にそういった
パフォーマンスがあっても良い…と思うのですけどね。


 ヨーヨー
                 @広尾 白人の女の子の持った水風船が綺麗だった。



 吹き抜けの天窓から、光が差し込むちょっとしたスペースでジャズを聞いた後、
ナチョとそのまま道を渡った所にある本屋さんへ。

 そのビル、以前は伊東屋の文房具屋も入っていて、ちょっとした楽しいの場所だったのですが、
リニューアルを何度か繰り返している内に、本屋は縮小して、伊東屋だった所は、ラッピング屋に
変わって(経営は伊東屋)、今はテーブルや椅子が並んで単なるお休み処になってしまった。
ちょっと寂しい。

 それでも本屋さんに行くと、印刷物特有の匂いがあって心落ち着くのです。
本屋は誰でも落ち着くのか?って聞かれたら…ちょっと違うのかも知れませんけど、
本好きの人は特有の匂いに心落ち着くのではないでしょうか?

 

 心落ち着く場所って言うのは、多分固有の場所である事もあるかも知れませんね。

特定の公園って事もあるでしょうし、特定のエリアって事もあるでしょう。
もっと狭いエリアで自宅とか、実家とか、自室なんて事もあるでしょう。

 もちろんぼくも自宅にホッとしたり、自然の多い所で癒されたぁ~なんて言っているくせに
東京に戻って六本木ヒルズのビル群を見ると、心落ち着く不思議な感覚になります。
ほんの数時間前まで
『あー自然って良いなぁ~。帰りたくないなぁ~。』
なんて言っていたくせに(苦笑)

 そんなエリアを沢山持っている人は、とても幸せな事だ思うのです。


      こちらも長年お世話になっています。
            @宝町  S&Bの看板を見た時になにか懐かしい様な不思議な気分になった。





 最近、なかなか自分の時間をちゃんと取れなくて、夜になると瞼が落ちて来るような毎日
なのですが、この時期が過ぎたら、ゆっくりしたいと写真でも撮りたいなァ~と思っています。
それまでは皆さんのブログを拝見しながら、疑似旅行などをしていようと思います(o^-^)ゞハイ

 また明日から、忙しい一週間が始まります。皆さんの一週間が素敵でありますように…。


ナチョパパ






 

心に響く

 油断をすると一昨日、昨日と同じ内容になってしまいそうなので(苦笑)、さすがに今日は違う話を
しなければ…(^_^;ゞエヘッ






記憶が定かでは無いのだけど、多分、1987~1990年頃に制作された映画で
「都市とモードとビデオノート」と言うタイトルだったと思うのだけど、
映画「ベルリン天使の歌」の監督ヴィム・ベンダースが、ファッションデザイナーの山本耀司の
ドキュメンタリー映画を撮ったことがある。

所々にパリやトウキョーで行われたショーのシーンも挿入されているが、基本は服そのものよりも
デザイナー山本耀司自身にスポットが当てられた作品だ。

そのヴィムが撮る映像は、大袈裟に脚本されたものでは無く、日常の山本耀司を淡々と追い掛けて、
時折質問をしてそれに山本耀司がカメラ目線で英語や日本語で答えると言う様なものだ。

尤もカメラ目線といっても、シャイな山本は視線を泳がせる様にして、真摯に答える姿なのだけど。


友人からVideoをプレゼントされて擦り切れるほど観て、それを別の友人に貸したまま、
まだ返却して貰っていないので…今、手元には無いから、部分的にはちょっと間違っているかも
知れないけど。


 お冷
        @渋谷東急ハンズ   午前中にハンズに来るとお昼にここに寄る 7Fボルツ




 当時ぼくは、まるで宗教で教祖を崇めるが如くに、山本耀司に傾倒していて、その呪縛から逃れる
のに15年以上の時間がかかるほどだった。
その時は気付かなかったけど、デザイナーを目指す者が、ある特定のデザイナーに傾倒するのは
実に危険で、リスペクトされています…なんてレベルでは無く、生き方とか、考え方はもちろんの事、
着想の仕方から、判断の基準の多くが
「ヨージだったらどう考えるだろうか?」とか
「ヨージはきっとこうするだろうな(こうはしないな…も同じ事)」とか、
実力の無い「にわか山本」になってしまうのだ。


事実ぼくがそうだったから。
その辺の心理状態はよく分かる。


 きっと「美」って基準が無くて、人によって「美」と「醜」が入れ替わったり、「在ったり」
「無かったり」するものだから…どこかに共感したり、物差しになったりするモノがあると、
弱い心がそこに寄り掛かってしまうものなのかも知れない。


何の話をしているのか分からなくなってしまった(^◇^;)


 準備OK
                     @渋谷東急ハンズ   さぁ準備良し!






 村上龍の著書に「走れ!タカハシ」と言う作品がある。

 記憶が定かでは無いのだけど、確か少年が大人になる切ない一瞬と、当時 既に人気選手だった
けどもプレイヤーの盛りを過ぎた、広島東洋カープの高橋慶彦を重ね合わせて書かれた作品だった
気もするし、単に少年がスター選手に憧れながら、自分を奮い立たせる様な話だったか…、
その辺が曖昧になっているのだけど。



 書店で本を選ぶ時、どこかで見た書評などを参考にするよりも、タイトルや帯の文言が妙に心に
引っ掛かって購入に至る事が多い。

 もちろん知名度のある本や、作家である事もあるが、そうとばかりは限らなくて、たまたま選んだ本が
後々話題作になる…等と言う事があると、ちょっと嬉しい。


 そんな購入動機で最初に買った本が「さらば国分寺書店のオババ」椎名誠著だったのは、
如何にもって感じがする。
※尤もこの本が「本を読む行為そのもの」を趣味にしてくれたのだから、感謝しないといけない
 (苦笑)…彼此30年以上前の話だ。


 sho u wa  no  zann zou
                       @深川界隈   青い空と昭和の建物




 タイトルを心の中で呟いた感覚が、気持が良かったのか、話の内容は曖昧になっているのに
『走れ! タカハシ』というタイトルだけは妙に心に残っていて、日々この拙ブログ更新タイトルを
考える段になると『走れ! タカハシ』的なニュアンスの言葉が浮かんで来るのだ。


 実は今回この記事を書くに当たって、『走れ! タカハシ』と言うタイトルだけが頭の中に在って、
著者は誰だったか?…全く覚えていなかった。答えは村上龍なのだけど、村上龍を覚えていないと
言うのは、すごい事だな…と、自分の記憶力の無さにビックリしたのだけどね(~_~;)




 そうやって自分の心の琴線みたいなものに触れる「ある一定の語感」を伴ったフレーズなり、
言葉の並びが確実にある。

つまりそれがぼくの言葉に関する「美意識」なんだろうなぁと思う訳です。

「さらば国分寺書店のオババ」
「哀愁の町に霧が降るのだ」
「悶え苦しむ活字中毒者達の味噌蔵」
「走れ!タカハシ」
「永遠の1/2」
「田村はまだか」
「深夜特急」
「5分後の世界」
「午前三時のルースター」
「ブエノスアイレス午前零時」
「アイロンと朝の詩人」※1
※1aki-oliveさんのblogから拝借
「それからはスープの事ばかり考えて暮らした」
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・

あー駄目だ…書こうと思ったら、本のタイトルだけでも書けたらと思ったのだけど、
あまりに多過ぎて書けませんでした(^_^;ゞエヘッ
これを言い出すと、楽曲のタイトルや歌詞のワンフレーズまで…星の数ほどあるのですけどね。


皆さんも心に残っているワンフレーズとか、独特の世界観に惹かれるタイトルがあったりしませんか?




※今日の写真の並び  変? 一日だけコメント欄 開けます(^v^)ニコ

長い一週間だった…





 ここ数日、東京の天気は青空の中に表情豊かな雲があって爽やかな風の吹く一日でした。
風は冷たいくらいで、窓から見ていると初夏のような日差しなのだけど、実際に外に出ると
半袖では寒いくらいでした。


あれ⁈ 昨日と全く同じ事書いている!
これは相当来てるな(-。-;


 この一週間は何故かとても長く感じて...ちょっと疲れています。
まあぼくより忙しい人が世の中には沢山いるので、単純にぼくの器が小さい…って事なんですけど。




 街の影
              @宝町   あーナチョと自転車どこかに行きたいなぁ~




 ここのところ、毎回 同じ事を書いていますが、今日も早めにベッドに入ります。
なかなか皆さんの所に伺えなくてごめんなさい。落ち着いたらしっかりコメント致しますので、
その日まで気長にお待ちください。



 さっ歯を磨いて寝よっと!


天気が良くて涼しい一日 背筋がゾクゾク寒い日…





 今日の東京は朝から天気が良くて、様々な表情をした雲が浮かんでいる空模様に
『冷たい』と思うような風が吹いて…気持ちの良い一日でした。

 
 そんな中、昨日に続いて本日も来SSに向かっての素材収集に(素材)メーカーを周りました。
同じ外回り(普通の営業職の人とはニュアンスの違う“外回り”だけど…)でも、やはり雨の日と
今日のようなさわやかな日では、モチベーションというか、気持ちの入り方が変わるのは
仕方ないですよね。


 
 
 一時期…いわゆる『リーマンショック』の後、麻布十番界隈は開発中のビル建設や、
空きテナントの後に入る新しいショップや、飲食店のリニューアルが止まったりで…虫食いの町
状態になっていました。

 ひどい所になると、古い建物を取り壊して、一旦整地して重機が入って…
「あっいよいよ工事が始まるか?」
って状態で、建設許可証の看板から施主の欄が白欄になって...二週間後に『未定』という文字が
書き込まれて、重機が置きっぱなしで二年も放置されている状態なのです。

 ところがこの半年ぐらいで、色々な所で店舗のリニューアルが始まって、新しい店舗が
あっという間に出来上がっていて。

 あの重機が放置された空地にも、工事が再開されそうな感じで『未定』の所に何処かの法人名が
入って...(まだ再開までは行っていないのですが、雑草が生えていた土地は綺麗に刈られていた)。
空きテナントの多くに、ドンドン新しいお店が入り始めました(かりんとう屋さんが出来たり、
新しいスイーツの店が出来たりしています)。

 街に活気が戻ってきた気がします。


   昭和の空間
                  @新橋   新橋駅の周りは昭和の匂い濃度が高い…
                 ※クリックして大きくして見るとなかなか良い感じよ…





 あまり政治の話をするのは好まれないようですが...どうも気になってしまって。

次の選挙を睨んで、著名人に立候補要請が各党から出ているようで、連日その報道が出されます。
100年に一度かどうかは分かりませんが、幾ら「底力がある」とは言え、もう何かあったらIMFでも
助ける事が出来るか分からないほどの財政状況で、国の将来を憂う…大切な時期に、著名人を選んで
いるじゃないと思うのですけどね。


 しかも要請された側も、国の状況がこんな時期に『現役を続けながら国会議員をやります』
なんて事を嬉々として言っているバカも 人もいるし…。

 いやバブル景気の時ならまだ良いんです。国体を維持する両輪の政治と経済…政治が二流でも、
経済は一流クラスなんですから。

 でも今は、対米関係も国内財政もメタメタな状況下で、片手間で出来るほど
国会議員は楽な仕事
なのだという事なのだろうか?と思ってしまうのです。


 だってどんなに一生懸命やっても、実質『片手間』にならざるを得ないでしょう…現実問題として。
にもかかわらず、それを『得意顔』で『嬉々として喋っている人』を見て、ぼくは怒りよりも背筋が
ゾクッとするような恐怖を感じてしまったのですよ。



 無条件にファンの方はごめんなさいね。

でもやはり今はそんな時間的余裕がないと思うので、今回は出来る限りの英知を集めて本当に
優秀な人に立法の府で活躍して欲しいと思うのでありました。






曇りのち雨、雨のち曇り、曇りのち晴れ、晴れのち冷夜




今日の東京は朝は曇り空と小降りと言って良いような雨がシトシトと。
でも午後からは段々天気が回復し、1時過ぎには太陽が燦々と照っていました。
皆様のお住まいの地域はいかがでしたか?



そんな中一日の大半を外出先で過ごしたナチョパパ。
ちょっとばかり商談続きで、疲れてしまいました。

尤も、信頼できるくらいクライアントとの仕事だったので、「苦」ではありませんでしたが…。


  拝借
      @八丁堀  あまりに鞄が重かったので、自転車のかごを拝借m(_ _)mペコリ




 本当は今日、更新しているリンクブログを周るつもりだったのですが、やはりちょっと
疲れたみたいで…もう目がトロンとしています。大変失礼ながら、今日はもう寝ます。
明日以降ちゃんとお伺い致しますので、もう少々お待ち下さいませ。

 明日も外出がありますが、明日こそはブログタイムをしっかり取ろうと思っています(o^-^)ゞハイ


ではお休みなさい。

刑事になったり、医者になったり、



 ホオォ~リィ~!!







いきなり失礼しました。昨日の映画『ダイハード(2)』の中で主人公のマクレーン刑事が
妻の名を叫ぶシーンが頭に残っていまして。
あっ 因みに吹き替え版の方です。


その「ダイハード」ですが、なぜか家内が毎回見るので、つられて観ているのですが、
『毎回』という話で言うと、「警察24時」みたいな番組になると、今度はぼくがチャンネルを
フィックスさせちゃうのです。


何故かぼくは『警察24時』系の番組が好きで、交通警邏や交通課(白バイ隊・暴走族取締り)
…特に鑑識が、現場に残る事故の痕跡(破損した車の部品・遺留品)などを丹念に収集・分類し、
車両の資料と照らし合わせて、犯人をジリジリ追い詰めて行く過程に、心が妙に反応するのです。
※なぜか…妙に琴線に触れるのです。


そして観てる内に毎回思うのですよ…










んがぁーーーーー刑事になりてぇーーーー!!って。




     これ・・・が本当の写真
                 @幕張  あのぉ 昨日の写真のオリジナルはこれです。






 同じ様に、ドクター物にも弱いぼく。ドクター物って言うのは所謂(いわゆる)警察24時みたいに
『ゴットハンド』と言われる名医達のドキュメンタリー番組を見たり、作り物(ドラマとかね)の
ER(救命救急やドクターヘリ)などを見ても、ググッと引き込まれるのです。

 その度に、
『あー次に生まれたら医者になってERで救命救急医になるぞ!』
ってな思うのです。

家内はそれを聞いて『はい はい』って苦笑いするのだけど。至って真面目に思うのです。




 ところがぼくは『血』が全くダメで、傷を見るのも嫌なぐらい。実際に怪我をして血が出る…
って状況はさほどなんですが、健康診断などの採血で真空になった採血容器の中にチューゥと
引き込まれるような感じが嫌で、クラッと来ちゃうのです。


それでもテレビを見ながら毎回『あー次、生まれるなら医者になろう』って
声を出して言う訳です。



刑事になったり、医者になったり。もし神様が決めているのだとしたら、是非次回はそっちの
方面で活躍できる人間にして下さい。お願いします。



今日はとても長い一日でした。





こんばんわ。
今日は早起きした事もあって、長い一日でした。
分かっていた事ではありますが、やはり5時台に起きると一日が本当に長いです。
でもなんとか所用も落ち着いて、今はただゆっくりした時間を過ごしたい…と思っております。


さてそんな事もあって、今日は全く記事も用意していません。ツイッターも出来ない状況があって
ちょっと昭和の時代を過ごしたような感じです(;^_^Aエヘヘ


今からお風呂に入って…今日もまたバタンキュー(古ッ!!)

      ちょっと悪戯…
                @幕張   いやだから全くの加工なんですけどね…




 さて今日はもう10回ぐらい見ている『ダイハード 2』を見ていました。
この映画、笑っちゃうほど見ていて(しかもテレビでダラダラと…)、普通なら
「こうれもう何回も観たから良いや…」
ってなるはずなのに、毎回毎回観ちゃうのです。(((o^∀^)oアハハ一体これは何なんでしょう?


 今日は皆様の所に伺えませんが、明日以降お伺いしますから…お待ち下さいませ。


ではお休みなさい。


二日続けて…、三日続けて…、





 二日続けて朝の5:30a.m.起きで…もうさっきからガクガクしています。
しかも明日もちょっと早く起きる予定で…。普段『お前 寝てばかりいるな!』と言われがちな
僕の生活なんですが、今回は用事てんこ盛りで(^_^;ゞエヘッ


 今も↑の三行を書くのに20分も掛ってしまいました(((o^∀^)oアハハ


 どの線の上を歩こう…
                  @新橋   何かが撮りたいと思って下を見たら、この線が・・・




 ハァ~…二日連続で頂いているコメントにリコメントが付けられませんでした。御免なさい…。
明日以降 お返事しますね。



皆さん…お休みなさいm(_ _)mペコリ


土曜日に河川敷…ヘルシーな僕?




こんばんわ皆様 GW明けの初週末、いかがお過ごしでしょうか?


東京は昨夜の雨からうって変わって、初夏の様な気温で朝から「これでもか!」ってほどの
日射しがありました。

そんな夏の様な日差しの中、朝から娘のクラブ活動『自転車クラブ』の走行会に行きました。

いや

ぼくは走っていませんよ(苦笑) 


あくまでも送って行っただけです。


場所は多摩川沿いのサイクリングロード。出発地点は隣は神奈川県になる二子玉川
【フタコタマガワ】から、川上に向かって片道25キロ、往復50キロの行程でした。

朝の8:30に出発地点に集合なのですが、学校からの地図プリントが潰れていて…
一体何処なのか? 全く分からないで(苦笑)…仕方がないので、早目に家を出て現地で迷っても
大丈夫…的な状態で7;30a.m.に家を出て、近所の同じクラブのお友達と待ち合わせて、
行ってきました。

まあ問題なく現地について、9:30a.m.には無事出発。


さて問題はここからです。帰ってくるのは14:00~14:30予定…それまでの時間、どうしてようかと。


結局、実家のカーテンをオーダーしに行きました。
この1週間ぐらい前に、世田谷から江東区へ父と母が引っ越しをして、未だカーテンが付いて
いない状態なのです。
あらかじめディメンションは計っていたので、早速オーダーに行ってきたのです。

本当は本人達が自分で選べれば良いのですが、両親共に体調があまり芳しくないので、
両親に代わってあれやこれや子供達(つまり僕や妹)が『新居購入』に伴う手続きをする状態に
なっています。


無事オーダーは終わったのですが、それでもまだ時間がある。
と言う事で、ドライブがてら港北のイケアに行ってきました。

実はここにあるフォトフレームが欲しくて、ずっと狙っていたのですが、場所が場所だけに
なかなか行く事が出来ずにいました。そこで青空の中のドライブになった訳です。


         深呼吸をしてみた 久しぶりだった…
               @二子玉川 多摩川河川敷…ちょっと風が強くて…埃塗れになった




イケヤで無事フレームを買って、ちょっと早めにナチョの最終ゴール地点に行き、帰ってくるまで
車の中で待っていようと思ったのですが、港北インターから二子玉川まで思いの外、時間が掛って…
(単純に混んでいたのですが)、15:40に河川敷駐車場に。

寝るには時間がない。。。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ




で、

戻ってきたナチョは…真っ赤に日焼けして(苦笑)、ヘトヘトになっていました。
でも笑顔で『疲れたぁ~』と。新しい自転車も段差に取られてFフォーク
(ショックのアウターチューブ部分)に戦傷を負っていました(((o^∀^)oアハハ



さて明日は私用で東京を離れます。きっとブログもツイッター出来ない状況になると思いますが…
皆様素敵な日曜日をお過ごしくださいね。



そうそうこころさん、金田さん、海さんにコメントを頂いているのですが、ごめんなさい…。
なにせ今日も朝も早起きで。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ 今日はちょっと早く寝ます。 お休みなさい



盗られてナンボ?





いやビックリしました。

先日の事でした。

今までブログのランキング…最高位は13位で、暫く更新が出来ない時期があって一気に
100位~130位ぐらいをウロチョロしていました。

そしてコメント欄を閉じる様になって250~330位までランキングを下げて、
今回初めて750位
なんてランキングになってしまいました。

ランキングは気にしない…とは言っているものの、ここまで下がるとさすがにプレッシャーに
なって来ます。

このブログにお越しの方の多くが、GWにblogをしない環境にあったのかも知れませんが、
そこはランキングですから、他の方のブログにはGWにちゃんと訪問しているって事ですよね?
充分に反省の価値ありです。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ


まぁ冷静に最近ネタをみると…記事が面白くないって面はありますよね。
これは認めざるを得ない。
何しろ書いている本人が、どうなの?って思っちゃっていますから(^_^;ゞエヘッ


それを自覚していたりするので、もう少しちゃんと時間を作れるようになったら、
記事に力を入れないといけませんな。

         経年の仕方として美しい…
                  @新橋   なんか良くない?この経年の感じ…
                 ※是非、写真をクリックして大きくしてみて下さい。






閑話休題


昨日のブログの内容にちょっと被りますけど、ぼくの生業でもあるデザイナー職のイメージ
ってどの様なものなのでしょう。

浪人をしていた事も有って、微妙なズレはあるものの、ぼくがこの世界に入った時期は、
「デザイナーズ・ブーム」と言う時で、一般の人達が競う様にして「オシャレ」を楽しんだ時代でした。


今となっては想像だに出来ませんが、百貨店のセールやブランドshopに徹夜して数百人が並んだり、
◯I◯Iの赤いカードのクレジット払い月額が10万円を超える‼なんて猛者がウジャウジャいた時代
でもありました。


その間にどの位のデザイナーがクローズアップされたのか分かりませんが、時代の寵児の様な
スターデザイナーがいた事もあって、服飾系の専門学校の定員オーバーが甚だしい為、
かなり強気の選抜試験が執り行われた時代でした。


大学進学にさんざん失敗した挫折組だったので、「ここで落ちても困るな…」って言うのも
あったのですが(苦笑)


そんな時代に目指した服飾デザイナーでしたから、輝かしく見えたのですが…
実際になってみると…(^∇^)アハハハ 実に微妙ぉ。
まぁ何の職業でも基本的には一緒だと思いますが、絵を描くって事を除外すると、
多分、他の仕事と何ら変わらない、むしろ地味な仕事なんですね。


まあ聞くとやるとは大違いって感じでしょうか。



「オシャレでこだわりの…」って言うなら、デザイナーよりもセレクトshopのバイヤーとか、
テキスタイルデザイナー(生地を作る人)の方が、何倍もオシャレでこだわり屋さんだと思います。


ちなみにぼくのクライアントの一人の企画課長と、ぼくが並んで歩いていたら、
100%課長の方がデザイナーだろうなって一般の方は思うと思います。


昨日も書きましたが、ぼくの見た目は「44才ニート歴25年‼」って感じですから(^∇^)アハハハ


 つわものたちは…
                        @銀座    汐留を望む





 えっとこの記事は昨日の寝る前に、iPhoneのメモ機能で書きました。
このメモの良い所は、ある程度書いたらメールボタンを押してそのまま使える事です。

もちろん記事を書いている時は、オフライン状態と言いますか…ソフトBANKの脆弱な電波とは
関係無く、メモ機能の単なるアプリケーションとして使えるので、こうして記事を書き止め留めておいて、
ある程度まとまった状態で、電波入りが良い場所でメールしちゃえば良い訳です。


いつでもどこでも時間さえあれば、記事が書けると言うのは、とても有り難いです。


もちろん後でアップするであろう写真なんかもドンドンとっておけば良い訳で。
blogをしている人には強い味方になりますよね。






そうそう最後に…。

火サス(火曜サスペンス劇場)とかで、デザイナーを絡めたストーリーの時がたまにあります。

 細かいディティールは多少の違いはあるのですが、多くは「先生」と呼ばれる世界的な
デザイナーがいて、その名声を欲しいままにしているのですが、アシスタントに殺される…的な
ストーリーで。


 なにかへぼっチョイデザイン画みたいのがあって、「これを作って世界に出るのよ!」みたいな
台詞を吐いてショーを執り行うが、ショー当日にマチ針(仮止め用の針)に仕込まれた毒で命を
落として…ショー会場をパニックに陥れる…みたいな。

犯人はデザインを盗まれたアシスタント・デザイナー…とか。





でもあれ、根本的にあり得ないですから。

まずショー当日にデザイナーが自ら針を持つって事 まず無い。
仮にギリギリまで服が出来ていなくても、その時点で針を持つのはパタンナーとか、
アシスタントとか、(会社によっては)お針子さんとか。

世界的デザイナーが、なんでショー当日にチクチクしてんだ!って話です。


それに、設定の前段階で…僕らアシスタントは「先生と呼ばれるデザイナー」にデザインを
採用して貰ってなんぼですし(苦笑)

それを間違っても「デザインを盗まれた」なんて発想自体ない。
どうやって採用して貰うのか?  どうやってアプルーバル(許諾)を得るのか?って日々仕事を
している訳で。


採用されたら感謝こそすれ、憎しみを抱くなんて、仕事にならないですわ。



脚本にする前に、一度ちゃんとデザイナーズを取材するなり、調べたりするのが大切だと
思うのですけどね-(^ー'*)ウン♪





イメージって大切よねぇ~



言葉からのイメージってありますよね。


例えば、脳外科医って言うと厳格な感じと鋭い眼光。マスクの合間から見える目がキラリと
光っているみたいな。


銀行員って言うと、アタシェケースに英国風の紺地に白のストライプにクレリック
(衿と袖口だけが白いシャツ)、明る目のネクタイは その時の流行に合わせて、時にはピンク
だったりもする。
 ふと足元を見るとストレートチップのバルモラル(内羽根式)…なんて感じかな。

出来たら細い銀のフレームの眼鏡なんかも掛けていて欲しい(苦笑)


弁護士なんかも一緒かも知れないけど、そこはより実直にセルロイド系の眼鏡の方が、
ちょっと良いかなぁ。



そうやって考えると…ボクの職業でもあるデザイナーって、どういうイメージなんだろうか?

うーん…黒い服装で神経質そうで、ミッチー(及川光博)みないな線の細い感じ?
逆には太い線で言うなら大森南朋何てこともあるのだろうか?

それともオカマみたいなオネエ言葉を喋ったりするのだろうか?…ヾ(*°▽°)ノアハハ
良く分からないけど。


でも実際のぼくを知っている人は、顎が外れちゃうほど・・・普通のオジサンで。
そう言う意味では申し訳ない。

謝っても謝り切れないけど、もしかしたら脳外科医だって『バカボンのパパ』みたいに鼻毛が
飛び出しているかも知れないのだから、そこはまあ現実だと「そーはイカンのよ」って事だと
思って下さい(((o^∀^)oアハハ



たまたま今日、東京は夏のような陽気で、お昼に外に戻ってくると、
気持ち悪いほど汗をかいている。
で、着てきた長袖Tシャツを脱いで、普通の白いTシャツにデニム(極普通の)で
仕事をしていたのですね。

その時にlanihoniさんからのツイートが…
『最高のコーディネイトだよね…』
というようなもので。


いや湘南Ladyのlanihoniさんの様にサンタンされたサーファーの美しい人なら、
そりゃもうそうでしょうけど、ちょっとくたびれ加減の、メタボおじさんの私のその格好は、
どう贔屓目に見ても…44歳ニート暦25年!とか
そんな感じでヾ(*°▽°)ノアハハ


かなり厳しい状態なのですよ(笑)


 最近まで何屋か分からなかった
               @西麻布  年配の人が集まっている時もある…不思議屋





でまあネットの良い所は、勝手に想像が出来るって事でもあるので、何もそんなオジサンをリアルに
思い浮かべなくても良いだろう…って事で、ご自由に「いい感じの人」を思い浮かべて欲しいなぁと。

ボクのブログに良く出てくる福山雅治でも良いですし、KAT-TUNの亀梨和也でも良いですし、
竹野内豊でも、誰でも良いのですけど。



でもまあ今までのブログを読んできて、竹野内豊はタンデムの自転車を汗まみれになって漕いだりは
しないだろうし、福山雅治も釣堀で娘の捕った魚を塩焼きにして『美味い美味い』と食べたりも
しなさそうなので…案外、皆さんのイメージは正しく『オジサンナチョパパ』を想像出来ている
のかも知れないぁ~と思ったりもするのだけどね(((o^∀^)oアハハ





そうそう。

最近ヒョンな事から、このブログを会社の同僚(総務部)のOさんが時々見ていてくれることが
分かりまして。Oさんは当然、リアルなぼくを知っている訳で…(苦笑) 
イメージとかなんとか全く関係なく普段のぼくを見て
『あーまたナチョパパ 怒られているなぁ』とか
『なんか完全に総務の私達の方が、お洒落じゃない?』
てな事を思いながら、読み進んでいらっしゃるかと…ヾ(*°▽°)ノアハハ


ウチの会社はとても小さいので、財務・法務・総務が合体して業務を取り仕切っているのですね。
比較的若い部長を頭に、数名の女性達が働いているのです。

因みに総務部長は今の時期から夏に掛けて、これでもか!って日焼けをするので、心の中で
「黒だ!部長」
と呼んでいます。

もちろん本名は黒田でも何でもないのですけど(^_^;ゞエヘッ



確かに総務部の女性たちはお洒落で可愛い人達が集まっている。
で、ぼくが持ち込む「やたらと溜まってしまった小銭」を、文句も言わず笑顔で両替してくれたり、
(ボクは上手く小銭が使えなくて、いつも大量の小銭が溜まってしまうのだ・・・)
出張や長期休みの前のチケットの手配等…様々な業務をテキパキとこなしてくれる訳です。

内心…怒っているかも知れないけど。


んで…通常の業務だけやっていれば良いのか?って言うと、そこは小さな会社なので
『あれもコレも』仕事が回って行くって事なんですね。

でも笑顔なんですね…。









まあ


ぼくも


当番制で


トイレ掃除とかちゃんとしているのでけどね!!(ここはしっかり主張する(笑))

 ちょっと肌感が良くない?
               @大阪 関目高殿付近   ちょっと良い感じの木造の建物だった





そうやって考えると、職業だけじゃなくて文章とか声とか、趣味なんかの話から想像する人物像
なんかもあるじゃない。

例えば総務のOさんが『ナチョパパほのぼのフォト日記』を読みながら想像するボクは、
しっかりオジサンで、汗まみれになってレンタル・タンデム自転車を漕いでいるリアルナチョパパ
である訳です。


でもまあ…場合によっては、及川光博だったり竹野内豊だったり、大森南朋が爽やかに軽井沢の中を
赤いタンデムサイクルで疾走する美しかったり、ほのぼのしたりしている光景を思い浮かべている人が
いても良い訳です(苦笑)


まあ物語じゃないので、映画化って事は無いのだけど、総務部のOさんが監督になって映像化する
場合と、竹野内豊だと思って読んでいる人が監督になって映像化した場合とでは、なんと言うか…
同じシーンでも「喜劇」と「ハートウォーミング系ドラマ」ほども、映像が違う訳です。



だとすると、小説とか、エッセイとか、ノンフィクションも含めて、読んだ人のイメージとか
想像している世界で、全く違った『絵』になってしまうなぁ~と改めて思った訳です。

ぼくが今読んでいる本にしたって、読んでいる文章は一緒なのに、読む人の持っている知識だとか、
想像力でそれぞれ全く違う『絵』が頭の中に生まれているのだろうなぁ~と思うのです。


だから、リアルなぼくを知っているOさんには無理にお願いして『大森南朋として読んでくれ』
とも言えないし、言う気も無いのだけど(苦笑)、せめてぼくを見た事の無い人は、竹野内豊や
福山雅治の図で想像してくれると、ブログを見る気が起きますよぉ~てな事を思ったので
ありました。





暑いぅ~



GWの最終日 皆さん如何お過ごしでしょうか? 暑い一日でしたね。
明日からはまた日常の生活が始まる…と言う方は、昨日にそれぞれの居住地にお戻りになったか、
もしくは本日に戻って、休み疲れ…なんて事にならないように、今日一日はゆっくり過ごされた
方が多いのではないでしょうか?

もちろん『ぎりぎりまでガンガンです』って強者もいらっしゃるでしょうし、お仕事の都合や
比較的自由にスケジュールを管理出来る立場の方は、『明日からGWが始まります』と言う方も
いらっしゃるかも知れません。

少しずらして休みが取れる…と言うのは、やはり羨ましいですね。
もちろんご家族がいらっしゃれば、同じ様にずらして休みを取らないといけない…って事に
なりますから、そう簡単ではないでしょうけど。



今日は昨日ブログに書いた通り、ナチョのMTBが納車されて、その引き取りに行きました。
早速、自宅に戻って自宅付近をグルグルと回って、変速機を操作する…って事を覚えて貰う
為に走りまして…。

後でキョリ側で計ってみたら…なんと10�も走っていました。
この陽気でしたから、半袖のポロシャツを着ていても汗だくで…広尾の有栖川公園側の
スタバで休息を取りました。


 明治通りを渋谷を背に天現寺方面に向かっていたら、徐々に警官が増えてきまして。
普通じゃないのです…なんと言うか、大袈裟じゃなく20メートル置きに制服と私服の警官が
立っているのです。

それは広尾駅へ向かうほどに20メートルが15メートルになり、15メートルが10メートルになり
ドンドンと警官の数が増えて行くのです。私服警官も腕章を付けているので分かるのですが、
腰に…これでもか!ってほどハッキリ分かるほど大きな拳銃を付けているのです。

この真夏のような気温の中、殆どの人がスーツをちゃんと着込んでいるのですが、ノーネクタイで
腰の辺りがしっかり膨らんでいて、風でスーツが乱れる度に、しっかり拳銃が見えている(苦笑)
大使館が多いので、道沿いに警官が並ぶのは慣れているのですが、ここまで物々しいのは米国
大統領が来た時ぐらい。




 ニチジョウ
        @大阪 旭区    今日のブログの内容とは全く関係ないです(^_^;ゞエヘッ





僕はナチョとスタバにいて、煙草を吸う為に店を出て、狭い歩道でガードレールに座って煙草を
喫っていたら、なんと5メートル置きに私服警官が並んで…何やらざわざわとした雰囲気に。

すると横を通っていたおばさんが、「オバマさんが通るらしいわよ」とハッキリ言っていたので
僕は「えっ?いつの間に来ていたのだ?もしかしたら沖縄の問題で電撃来日?
と…思って、ふっとガードレールに腰掛けたまま、対面を見ると一台の白バイが、
殆ど立ち乗り状態で、辺りを探りながら走ったり止まる様な速度で走ったりしながら、
通り過ぎて行ったのです。

続いて黒いクラウンが通り過ぎて…何だ??と思って、ふっとクラウンを見ていると、
1メートルもない所に、巨大なセンチュリーが。

いや…良く見ると、ちょっとディメンションがおかしいセンチュリーが通り過ぎようとしている。
もう歩くような速度で(ちょうどカーブの所なので)走っている後ろの席に…なんと
天皇皇后両陛下が乗っていて、窓を全開で通りにいる人に、何度も何度も会釈しながら通り
過ぎて行くではありませんか。

広尾駅から有栖川公園へ行く道を知っている人は分かると思いますが、極端に狭い所で…
歩くような速度で窓を全開にしているのって、本当に危険としか言いようがない。
冗談ではなくあまりにも近いので、手を伸ばせば簡単に車の中に手が入っちゃう様な所
なのです。

普段、天皇陛下主催の「園遊会」を見て、ガチガチになっている招待客を見て笑っていた
僕ですが、ちょうどカーブの所は警官が通る人を交通整理していて…その途切れた間に僕が
腰かけていたのもだから、周りに誰もいない状態で…会釈する皇后陛下が薄らと微笑んで
頭を下げられた時、思わずぼくは深くお辞儀をしてしまったのです。

いや象徴としての天皇陛下は一国の元首として敬意を表しますが、特に『だから何』と言う事も
ない…と思っていたのですが、目があった瞬間、思わず深々と頭を下げてしまいました。

いや…どのくらいの間、ああして道沿いの人達に笑顔で頭を下げ続けていらっしゃるのか、
分かりませんが、なんだか申し訳ないと言うか、気の毒に感じてしまいました。


あまりにあっという間の事で考えてした事ではないのですが、園遊会でガッチガチの人の事を
笑えない…と思うと同時に、あーーーーー写真撮れなかったぁ~と思ったのでありました。



さて明日からまた日常が始まります。
このGWにリフレッシュされた方も、そうでない方も、夏のような日々が続くかも知れません
ので、健康には留意しましょうね。



 リクエスト頂いたので、久々にコメント欄を開けます(;^_^Aエヘヘ 



帰って参りました。





戻って参りました。
午後2:00には東京の自宅に着いたのですが、父母の所に顔を出したりして…
家に戻ったら午後6:00過ぎになっていまして…。
なんだかボォーと時間を過ごしていたら、こんな時間になってしまいました。

GWも残り一日、明日は先日注文したナチョの自転車が早くも出来上ったと連絡が入ったので
取りに行こうと思います。

毎度の事なんですが、休みの前は『あーいよいよ始まるな』ってワクワク感もあるのですが、
いざ終わってみると…なんだか何もしなかったような気になってしまいます。


  地元に戻る
             @六本木ヒルズ  見慣れた光景に心穏やかに…





 本当は軽井沢の話を何か書こうかと思ったのですが…さすがにもうネタもなく
(ただ生活していただけだから(苦笑))、他の広がりを持たせた話でも…と思いつつ
今日はもう眠くて(;^_^Aエヘヘ 毎回と言う噂もありますが…。


 多くのブログ友人達も続々と東京や赴任先に戻っているようです。皆が変わりなく元気に
戻ってくれる事を心から願って…。


お休みなさい。


ナチョの釣果




そもそもこのブログのカテゴリーを『旅行・プチ旅行』にすべきかどうか? 毎回悩んでるのですが
軽井沢もこうも日常を引き摺る事になると、旅行とは言い難い気もしているナチョパパです。

昨日までとは打って変わって、いきなり23℃の軽井沢。
確かにちょっと体を動かすと汗ばんでくるのですが、それでも沖縄の26℃と3℃しか変わらない
とは思えず…やはり風が冷たいって事なんでしょうね。

今日は午前中から積極的に動きまして、昨日宣言していた通り釣り堀に行きました。
まあ自然の魚を獲ってきて…と言う訳ではないでしょうから、養殖されたものを生簀に放って
それをまあ釣竿で獲るって事なんだと思います。

魚の質に関しては、何の説明もされていないのですが、イワナやヤマメなんかの池と、ニジマス
だけの池に分かれていて、好きな方で竿を垂れる事が出来ます。


取り敢えず獲った魚は買い獲らないといけません。これはきっと沢山獲って生簀に戻しても
すぐに死んでしまう事があるので、そういうルールになっているのだと主ます。
つまりキャッチ&イートになのです。

そもそもが、釣った魚を昼食にしようって事だったので、家族3人分はなんとか釣らないと
いけないのですが、これがなかなか難しい。

魚自体は入れ食い状態で、さっと掛るのですが、針の返しが中途半端で…餌だけ持って行かれて
なかなか上げる事が出来ません。竿の内、何本かに一本はちゃんとした針が付いていて、
その竿に巡り合えれば…かなりの釣果が期待出来ます。


今回はナチョが4匹を釣りまして(苦笑)、それを塩焼きにして貰ってご飯3人分、お味噌汁2人分
を付けて(メニューがそんな物しかないのです)3800円強。
もちろん釣竿代は別で一本300円だったかな?

結構いい商売ですよね。

まあ限られた期間内でしか商売が出来ない事を思えば、当然かも知れませんが。


  お疲れ様 ナチョ
      @軽井沢 かなり高いのか安いのか…良く分からないが雰囲気だけで美味しく感じる




 この釣り堀までも実はレンタサイクルで行っていまして、ママは単独で、ぼくとナチョは
タンデム自転車に乗りました。あの二人乗りの長い奴です。
決して初めてじゃないのですが、これが結構辛くって…。今 太ももとふくらはぎがパンパンです。

何しろまず第一にシングル(つまり変速機などない)なのですが、チェーンとギアの精度が
思いの外低くて、エネルギーの伝達するのに大きなロスがあるのですね(苦笑)
多分…普段デュラエースやXTRなどの精度の高いパーツでバイクを組んでいる人は、
そのロス加減でイライラすると思います(苦笑)

第二にバランスが妙に取り辛い。
これは前の席の人と、後ろの席の人の息の合い方にもよるのですが、何しろ私は相手がナチョ
なので、漕ぐ事もバランス取りも期待できない(苦笑)ですから、必然的に全面的に力を入れて
いる状態なのです。

軽井沢の人ごみと渋滞の中、その両方気を使いながら精度の低くエネルギーロスの多いタンデム
自転車を漕ぐ44才お父さんは…汗まみれです(((o^∀^)oアハハ


     色だけは軽快
             @軽井沢 ナチョよ 次は彼氏と乗ってくれ…




さて何のかんのと軽井沢へやってきて3泊目が過ぎようとしています。
そして明日はお昼には新幹線に乗ろうと思っています。きっとGWとしてはこれからが佳境に
入るのが一般的ですが、我が家は一足先に東京に戻ってまったりのんびりしたい…と思っています。

皆様のGWが平和で、事故なく、楽しく過ぎて行きますように。


またお子さんの受験等々で、毎年様々なゴージャス旅行をしている人が、
「今年はどこにも行けない…」と言う事もあると思います。どうか今年一杯は我慢して下さいませ。
その分、来年にはきっと素晴らしい家族との時間が待っていると思います。


さて今日は、このままゆっくりと時間を過ごして爆睡したいと思います。
皆さん 良い夢を見て下さいね。





軽井沢つれづれ…



やっぱりと言うか案の定と言うべきか、昨日到着した時の軽井沢は寒かった(^◇^;)
あまりの寒さに思わずカバンの中からブルゾンを着込んで別送に向かいました。

途中に電光掲示板の気温計があるのですが、表示はなんと14℃。


(゚∇゚ ;)エッ!? そんなに寒く無いじゃないって思うのですが、半端じゃ無いのです…北風が。

とにかく普通に両手を出しているのが辛くて、尚且つ、耳がちぎれんばかりの冷たさに、
思わず沖縄で氷を食べているnaokoさんを恨めしく思った程です(^◇^;)アハハ



10:44東京駅発の電車だったので、軽井沢到着はほぼ12:00。
義父と義母が駅まで迎えに来て居たので、そのままお蕎麦を食べ行きました。

温かいお蕎麦を食べてから、ちょっと体も温まって、寒風の吹く軽井沢銀座でパンや牛乳などを
買ってから家に向かいした。


      軽井沢夕暮れが始まる時
         @軽井沢  木々はまだ青葉には早い。やっと桜が咲き始めた頃ですから…






 5月のこの時期も、8月のこの時期も、どちらも行楽のシーズンになりますから町は大混雑で
思うような行動が出来なくなるのですが、それでもこれはきっと貴重な町の財政の一部になって
居ると思うので、致し方ないのかも知れません。

 でもやっぱりアウトレットが出来てからは、旧軽井沢の方も大きな影響を受けて、
軽井沢ブランドで成り立っている所はともかく、多くの店が『若者向け』に様変わりしてしまった
事もあって…ちょっと寂しい気もします。

 でも暮らしている人は死活問題ですから、伝統だけではなかなかやっていけないのでしょうから。



 一夜明けて、ボーリングをする為に、アウトレットに行ったのですが…いやまぁ凄い人出で。
例年と比べてどうか?って言うのが、ぼくには分からない(普段行かないので)のですが、それでも
駐車場に停めるだけでもえらく時間が掛ったので…それなりの人は来ているのだと思います。


 さすがにこうして年に二回も来ると、「ここに行きたい」って所が無くなってきますので
ボーリングの後、家で本を読んだりツイッターでつぶやいたり、お昼寝をしたりで…ダラダラと
時間が過ぎて行きました。


      大変だ!
       @大阪 高麗橋付 ちょっと遊んでみました(^◇^;) もちろん合成です。





さて明日はナチョとレンタル自転車で散策をしようと話しています。
その後で釣り堀に行って、、釣った魚を焼いて貰おうとも…(^v^)ニコ 釣った魚を串刺しにして
塩焼きにしてくれるのです。


GWも残り半分になりましたが、どうか皆さん心ゆくまで楽しんで下さいね。




全く目的地とは関係無いけど…



いよいよGWに突入しましたね。
と言う私も今このブログを新幹線の中で書いています。こんなに簡単にモバイル出来るようになると
世の中って本当に日常と非日常の境目が曖昧になってしまうなぁ~と。

いつもはデジタル一眼を持って行くのですが、今回はムービーとDP-1、fujiF100fdだけを持って
軽井沢入りです。本当はDP用にクローズアップレンズを買っていこうと思っていたのですが、
アマゾンのプレミアムで当日便で頼んだのですが、ロジスティックが日本郵便(つまり郵便局便)
だったので、結局間に合わず。

アマゾンも急いでいる時は佐川便で送ってくれれば、一回不在でもその日の内に再配達して
くれるのに…。考えて貰いたいです。

  味
@大阪 旭区界隈  これは初めから目隠しされていたWEBの人の為の注意書き


 さて…この数日は実に不定期な更新やご訪問になると思います。どうかお許し下さい。
皆さんのブログ更新も楽しみしています。出来たら現地リアルレポートなど、旅行先でして
頂けると(;^_^Aエヘヘ 楽しめるのですが。


それでは…GW楽しんで下さいね。