本当に寒くないですか?

ここの所、写真を撮るチャンスに恵まれなくて久々に写真の在庫がなくなってしまいました。
どうしても雨の中でカメラを取り出すことが億劫になってしまって…。
実際には「雨の日ならでは」って瞬間が、至る所にあるのですが…どうもいけません(^_^;ゞエヘッ

えっと…先日ある方のからのコメントに、
「(ナチョパパさんの)昔のブログを読んでみました」
と言うコメントを頂いて「有難いなぁ~」と思いながら、一体どんな事を書いていたのだろう?と
ちょっと興味を持って昔の記事を読んでみたんです。

単純に書き始めの日から順を追って読んだのです。


実は生きていると言う事は繰り返しと積み重ねだったりする

シンプルで力強いと言う事…

困った時のなちょ頼み…(;^_^Aエヘヘ

なんと言うか…「あーとても自由だったんだな~写真も文章も…」と。
写真なんかもたかだか3年前なのに、写真の一部に写る車のナンバーが全く隠されていなかったり、
ひたすら「今日の出来事」を書いていたりして(^u^)ウン 面白かどうかは別にして実に自由で
なにか気負いが無くて、とても楽しそうだな…と。

そしてよくまあ、毎日色んな事を書いていたんだなぁ~と(^_^;ゞエヘッ



きっと当時だってそれなり忙しかったのだと思うのですが、どうやって時間を作っていたのだろうと
不思議に思ったりもしたのです。

確か当時は今みたいに沢山のコメントもなかったと思うのですが、嬉しいのは当時コメントを
下さった方が、今でもお付き合いして下さっている。
そして少しずつではありますが、とても素敵な方々がリンクを下さってコメントを下さるようになった。

手前味噌かも知れませんが、拙ブログにも拘らず「リンクをして下さった方々の質の高さ」に
関しては、自慢したくなる方々ばかりだな…と。幸せだな~と。

ブログって一体いつまでシステムとして存在するのか分かりませんが、細々でもあと10年ぐらい
続いてくれたら良いなぁ~と思ったのですね。





えーーーーーーーーーーーーーーーーナチョがまだ7歳だよ。
今年18歳になるのに!!!

なんて事があるかも知れない訳です。


すいません。。今日はなんだか取り留めもない事を書いてしまいました。

今日はこの辺で…(^v^)ニコ







追記:10年後 僕は53歳だな…

無事運動会は終わりました(^v^)ニコ


昨日、無事ナチョの運動会は終わりましたm(_ _)mペコリ
写真を見ると分かるのですが、とても良い天気で(^v^)ニコ 運動会日和に見えるのですが、
前日とは比較にならない寒さで…日影にいると、もう確実に風邪を引くような感じの冷たい
風が吹いていました。

半袖のポロシャツで出掛けようとした僕に「何かパーカーみたいなものを持って行った方が良いよ」
との一言で、とりあえず家内にパーカーを持って貰って学校に(苦笑)。

案の定…寒いのなんのって。

校庭って遮るものが何もないので、風が吹き抜ける訳ですから…そりゃもう寒いのなんのって。



9時には開会式の行進が始まるって事で、8時45分に家を出たのですが(家が近いもので)
行ったら…もう凄い人でなんです。

幼稚園の時から一緒の方にお会いして挨拶もそこそこに、聞かれたのは…「席ある?」と。
こっちはどっか適当に立ってみようと思っていたので、その旨をつたえると…なんでも
7時に学校に来た時には、もう席が無かったと。


ひぃーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


いや私の家は学校から近いから良いのですが、そうでない人が多いので、朝の6時台に
学校に来ると言う事は…一体何時に起きているのでしょう。

それに引き換え 私達親は…一体何をしているか…(^_^;ゞエヘッ 

ナチョが徒競走でシンガリを務めるのも仕方ないかも…何せ「親の気合」が違いますから
。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ


晴れ晴れぽっちでございます(;^_^Aエヘヘ

勝っても負けても目指すはここ…

どの親も我が子を見る目がとても優しい


本当はナチョの運動会の写真をブログアップしようと思ったのですが、学校の方から釘を
打たれまして…写真を撮っても良いですが、HP等々で公開するのはご遠慮下さい…との事。
幼稚園時代は一切ダメだったので、「写真が撮れるだけでも良い」とルールだけは守ろうと。

もしこれで誰かがルールを破って、写真が流出したら…来年から撮影禁止なんて事になる
可能性がありますから。多くの事はこうしてルールの守れない人のせいで、規制が厳しくなって
行くものですものね。

きっと写真を公開すると、皆さんが見てもすぐに分かる人たちが多いので…それは仕方ない
かと思います(o^-^)ゞハイ



えっと…前回のブログで色々な意見がありました。
どの意見もとても大切な意見です。ですから…これからも、もし意見が違ってもコメントを
頂ける事を心からお願い致します。

反対意見をただやみくもに排除するような…そんなブログにも、そんな世の中にもしたくないと
思うナチョアパパでございます。



本当に寒くなってきました。皆様お風邪などひきませんように…。

うーん…どうなんだ…

沢山の意見があって…きっと最終的には、第一級の国であろうとするならば
当然じゃないか!って言われると思うのだけど…今回の麻生総理大臣の
「集団的自衛権の行使が出来ると言う解釈をすべきだ」的な発言を僕は絶対に
許容することが出来ない。


少なくとも、この法的解釈をいじってはならないと。


多分ここが揺らぐことで大きな問題が起こるような気がする。それこそ…先日書いた
パンドラの箱の様なものって感じがするのだ。

もちろん既に領空侵犯を受けている状態で、一発触発って状態でただ指を咥えて見ていろ!
って言っている訳じゃない。
しかし、この一項を撤廃するのは、次の段階に行くまでの歯止めがなし崩し的になって行く
のが見えるのだ。

開いてはいけない水門が必ずある。

誰かの思いが届きますように…

何気ない一瞬だけどかけがえのないホームタウン

もう少し早ければ…赤いヒールが写ってのに…(^_^;ゞエヘッ

さて…明日はナチョの運動会です。
ナチョ曰く「晴れ晴れぽっち」をかこうかどうか…迷っているようです。






何故なら…







苦手な徒競走があるかららしいですぅ…(((o^∀^)oアハハ

本日は…

本日はリコメントに力を入れてみました。
それが思いの外時間が掛かってしまって…ご訪問が出来ないままになっております。
大変申し訳ないのですが…ご訪問を明日にさせて頂きます。
もうしばらくお待ち下さいませm(_ _)mペコリ

時間旅行的写真

未来写真的建物

過日的幻記憶写真

今から歯を磨いて寝ますぅ~

皆さまも良い夢を…

湘南ビーチFMに乗せて…ナチョパパ

今日は良い天気(^v^)ニコ

久々に晴れた東京でしたが、どういう訳か体調がすぐれず…家に戻ってから
なんと三時間も爆睡してしまいました。
なんか体がだるく…ドヨ~んとした感じで、ベッドに入った時にはもう落ちるように
眠りに入ったのでありました。


半分 僕

全身 僕


半分 ナチョ 半分 僕


ここ数日、子供が被害者になる嫌な事件が続いていて、心が苦しくなる。
社会の闇と言う言葉を何で見たのか、今では覚えていないが、本当にこの闇の深さに
どのように向き合えば良いのか分からなくなる。

この気持ちの悪さを一番初めに味わったのは、神戸の須磨区の事件だった気がする。

何か今までの事件と決定的に違うような、嫌な扉を開いてしまったような、気になったのは
何故なんだろう。

でもその嫌な感覚が間違っていなかったのではないか、と最近思うのだ。



それは小説の話なので、事実と重ね合わせてはいけないのだけど、「羊たちの沈黙」を
小説で読んだ時の気持ち悪さと、質が似ているような感じなのだ。

いつの時代もきっと陰惨で、常識では計り知れない事件があるのかも知れない。
しかしこんなに続くと、あの須磨区の事件はパンドラの箱を開いてしまったような事件なんじゃ
ないか…そんな気がするのだ。


閑話休題




「改革路線を継承」とか
「上げ潮派」とか
自民党の総裁選挙に際して色々言われた。

この話はもしかしたらtomatoさんとか、ジェークさん、えいねんさんが得意なのかも知れないけど、
ここ10数年の経済活動の中心は「証券化」だった。
ありとあらゆる権利、もしくはリスクを「数値化」して、「証券化」してドンドン拡張させていく。

これって結果としてとても大きな流れになって、世界を巻き込んだようになっているが、
もっとはっきり言うとアメリカ型の経済活動が波及したように見えた。



気付くとありとあらゆる金融(派生)商品がとても不安な状態になっている。
リーマンの倒産に始まって、この「証券化」と言うトレンドが壊れ始めているのではないか…と。
このアメリカ型の経済トレンドの崩壊。

この時期にアメリカ型を目指した「改革路線」ってどうなんだろうと思う。

何かここにきて日本型の経済の正しいあり方を模索してもいいのではないかと。
それは決してグローバル化に反する事ではないと思う。
改革改革とお題目の様に唱えて、快方ろう線を歩んでから、とても大きく日本の状況は
変わり始めた気がする。

雇用状況の変化
格差社会
実態のないものが価値をつけてそれを扱う事で巨額の富を得るようなことが横行し
実業の低迷など。

もちろん世界の中の日本である事を忘れちゃいけない。そのおかげで進化成長した部分も
沢山あるけれど。


何かそれだけではいけないような気になっているのだ。

リーマンが倒産した事が、何かの扉を開いてしまったのではないか?って
思うのだった。


どうもすっきり晴れないです…

台風が去った後は「日本晴れ」を予想していたのに、今日も雨の日曜日になってしまった。


朝夕が涼しくなってきているのに、やはり日中はムシムシと暑くて気が付くと
ジッとと汗をかいていたりします。
使ったタオルもイマイチ乾かないですが、これも季節が変わると一気に乾燥の季節に
なる訳ですから、日本は本当に空気の質まで変わる季節感を持つ国だと改めて思ったの
でした。



やがてここも秋が来る

再開発されませんように

えっ…良いのか…この組み合わせ…((+_+))


えっと、9月に入ってから更新している分の写真は、全て28ミリ一本…つまり単焦点で
撮っています。新しく購入したSIGMA dp1で撮影をしていました。

ここしばらくカメラを買い替えようか…とても悩んでいて、ニコンのD3や、先日発売された
(考えていた時はまだ発表されてなく、あくまでも噂だったのですが)キャノンの5Dmark2
などを考えていたのですが、気楽に持ち歩ける事を考えると…なかなか手が出せないで
いたのです。


私の撮る写真は高画素になるからどうだとか…そう言う事でもないので(苦笑)
気軽に持ち歩ける事が第一かな…っと。


単なるコンデジなんですが、値段的には色々な優秀なエントリークラスと言われるカメラが
買えるのかも知れませんが、これが面白いのですよ。


なんと言うか…油断していると全然写真が撮れないし、尚且つ手ブレ補正もない上に、
レンズも暗い。光源が画面に入ると、とんでもないフレアと言うか…ゴーストと言うか…
映像になってしまうのですよ…苦笑。

何が楽しくて、こんな一世代の前のカメラみたいな物を使っているか、自分でもよく分からない
のですが(苦笑)、上手く撮れないからこそ とても面白かったりします。


正に以前の話した「マイナー志向」炸裂です(((o^∀^)oアハハ



ピント合わせから戻ったE-3も調子が良いですし、35ミリ換算で24~400ミリまでの
焦点距離が揃ったので、このdp1と合わせてこれからも写真を撮って行こうと思っています。

これからも拙写真ですが、ナチョパパブログを宜しくお願い致します。




お陰さまで…

 皆様からの「片頭痛お大事に…」の励ましの言葉のお陰で、昨日の更新の後から
何故か急激に治りまして。「ご訪問は明日…」と書いてから「うむ? なんか行けそうだ」
と言う事でご訪問させて頂きました。

 このブログの開設時からの一定のルールが、コメントを頂いた方からご訪問させて頂く…
と言う事にしています。理由はどうしても時間的にリンクの皆様の所全てにはお伺いすると
言う事が出来ないのですが、リンク順だと下の方にリンク位置がなっている方の所に行けなく
なってしまうのです。

 いい歳して12時には眠くなってしまう僕は、遅くまでネットに齧り付く事が出来ません。
ですから、「あいつ(ナチョパパ)最近来ないな…(怒)」とお思いの方もいらっしゃるかも
知れませんが、決して他意はないのでお許し下さい。

 もちろんブログの更新も出来て、リコメントもして、コメントを下さった方のブログへの
ご訪問も終わって、撮った写真の整理&加工(RAWで撮っているのでjpegに変換します)も
終わって、時間があれば必ずお伺いします。しかしなかなかその時間が無いのです。

 どうかお許し下さいませ。

夜に誘われて…

いつか見た夢

夜に輝いて…


 片頭痛はないものの、睡魔が私の右耳を引っ張ってまして…。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ

 一応、今日の仕事は目処がついたのですが、まだ完成をしていません。もしかしたら月曜日
でも間に合うと思うのですが、なんとなくギリギリって言うのも精神衛生上良くないので…
明日も会社に出ようかなと思っております。

 なかなかしっかり休めないこの時期のナチョパパですが、もう無理が利かない歳でもあります
~…(((o^∀^)oアハハ 様子を見ながら仕事をしたいと思います(o^-^)ゞハイ


 



全然話が違いますが…以前はどちらかと言うと「嫌い」の方にウエイトがあったのですが、
最近は大好きな人




楽天の「野村監督」



 試合の結果よりも、あのボヤキが夜のニュースで流れるのを楽しみにしていたりします。
あーやってぼやく所がマスコミに取り上げられて、それが選手の耳に入るって言うのも
計算づくでやっているのだと思いますが、連続で見ていると実に味のあるボヤキ(コメント)が
あって思わず頷ける時があったりします。

…台風…大丈夫ですか?

とてもゆっくり台風が近づいて来ています。

皆さんのお住まいの地域に大きな被害は出てい無いと良いのですが。

今年はゲリラ集中豪雨、大雨による土砂崩れ、河川の決壊など、
水による災害が大変多いので、とても心配です。

皆様どうか油断をせずに十分お気を付け下さい。


えっと昨日、突発的に入った仕事の為に明日は休日出勤になってしまいました。
なんでも明日は関東地方に「台風上陸」だそうで...。

どうせ休みでも、台風じゃ「ナチョ探検隊」も出来ないので、諦めも付くと
言うものかと…。

良いのか、大の社会人がこんな調子で(^_^;ゞエヘッ

さあ始まるぞ…ナチョ探検隊

時々ここにあったのか!と思う店がある

塀が面白いと街が面白くなるかも知れない…


折角、皆様からコメントを頂いているのに、訪問が満足に出来なくて御免なさい。
せめて片頭痛が無くなれば良いのですが、こればかりは持病なので仕方ないと
思うのですが、特効薬レルパックスは飲みたくないので…早めに寝ますぅ。


コメントを下さった皆様 本当にごめんなさい。
片頭痛が収まったら、必ずお伺い致します。それまでお待ちください。

仕事がバタバタしていますぅ

ここにきて急に仕事がバタバタしてきまして。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ
きっと意味のない仕事なんてないって普段は思っているのですが、
今やり始めた仕事が、どうも先走りし過ぎた企画で…明らかに
「これって絶対先のない話だなぁ~」って思いながらするので…辛いです。

ないですか? 
「オイオイそれは今じゃなくて、もう少しアウトラインがしっかりしてから着手しないと…」って
思いながら上司の意向なんで資料をまとめるとか。
一番それが疲れる仕事でございます。


街色

街並

街印


先日、車のサイドミラーをブツケられまして…大した事ないのに110番されて
車を直す事になりました。私は車の中で麻布十番の路肩に止めて本を読んでいたら
いかなりゴツン!と。


んで今、トヨタのマークXが私の足です。
麻布十番界隈を八王子の”わ”ナンバーのシルバーのマークXが走っていたら、
ナチョパパだと思ってい下さい。


※ちなみに家族には大好評のマークX…「この車の方が良い!!」とは娘の弁。
なんでも小さくて可愛いとの事です。


確かに…。










昨日の記録を見る…これはバスの中で移動中に書かれる「ナチョ探検隊行動記録」です。バスの中で電車の中で、立ち寄ったドトールで書かれるので、、、字が躍っているけれど、まあご愛敬って事で…。

久々に睡魔が…

いや確かに日が落ちるのも早くなりましたし、風も真夏のそれとは違いますし、
雲の形も「秋だなぁ~」って感じで、季節は確実に夏の終わりを告げているのですが、
それでもやはり日中に街中を歩くと汗ばむ事には変わりなく…今日も全身夕方には
体がジッと汗ばんで気持ちが悪かった。

外出するのも躊躇してしまうような寒い日も嫌ですが、幾ら歩いても汗のかかない
季節にならないかなぁ~と思うのでありました。


bokou

ブルーブルーブルー

pop

今日は久々に睡魔が右足に食いついてまして…(^_^;ゞエヘッ
今から歯を磨いてゆっくり寝ようと思います。 

リコメントはしましたが、ご訪問が出来ないですが、明日以降頑張ります。
皆様が良い夢を見ますように(^v^)ニコ


ナチョパパ

三連休は終わりました。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ

 この三連休…皆様はいかがお過ごしだったでしょうか?
私は珍しく、しっかり更新していたので(苦笑)、皆さまもご存じの通り、
結果的に「ナチョとの三連休」になりました。

 いつもこの時期はパリコレクション間際になるので、どうしても直接関係する部署の家内は
三連休が取れない事になります(毎年の事なんですけどね)。
当然そうなると、ナチョを一人にするのは…まだちょっと無理なので一緒に過ごす事になり、
この数日のブログのようになる訳です(o^-^)ゞハイ




 今日はハンズ(渋谷)に行って、電球を買いました。
台所の棚下に使われている照明器具がハロゲン球なのですが、なかなか売っていなくて
自宅の傍で買おうと思うと、東急ハンズしかないのです。
(秋葉原のヤマギワに行くとあるのですが…それも面倒なので(^_^;ゞエヘッ)

 行きはバスで行って、帰りはスタスタ歩いて帰りました。
もちろん帰る時は探検隊に早変わりだったのですけど。

ただし今回は単なる探検隊ではなくカメラ探検隊で、ナチョはいつものようにFZ5を持ち、
私もカメラを持って好きな所で好きなように撮影をする…って感じです。

 でも…大きな通りばかりではつまらないので、路地のような所にどんどん入って行って…
ちょっと目を引くモノを片っ端から撮って行く感じなんです。

最近は本当にナチョが撮ったものか、自分が撮ったものか…家に帰って来てから見ても
見分けがつかなくて…凹みます(^_^;ゞエヘッ


マチ ノ アンゴウ

あなたはどこに…

行く先々を…



 えっと昨日の「ポニョ」ですが…皆さんのコメントが予想外で(苦笑)、概ね同意見が多くて
ホッとしたりしました。世界的にも大きなビジネスになっている宮崎映画が理解できない…って、
僕ら夫婦はどーなんだろうと不安になったのですが…どうやらそうでもなさそうです。
 
 昨日、コメント下さった“えいねんさん”が教えて下さったURLが大変面白くて、尚且つ
「そーなんだよ。正にこれが言いたかったのだ!!!」
ってことが書いてあったので、もし宜しかったらこのURLを覗いて見て下さい。
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_746c.html

私たち夫婦は…爆笑しました。途中に出てくる「ポニョを写実的に描いた絵」は大爆笑です。

えいねんさん 情報有難うございました。




でけぇ~
これは二枚目の写真の全体像ですぅ~ 凄く大きかったですぅ~(ナチョとの比較でどうぞ!)

あれ今日は…

 あれ今日は「例えば靴を…」の続きじゃなかったのか?ってお思いの方も
いらっしゃると思うのですが(苦笑)…















「崖の上のポニョ」を見にいてきました。
たまたま…9月14日は映画誰でも1000円Dayだったのですが、それはあくまでも
偶然なラッキーで。決して狙った訳ではありません。でも…結果1000円で良かった。
理由は後ほど。


それよりも…朗報。

なんと六本木ヒルズの東宝って、インターネットで予約が出来て席まで決められて
(エリア毎に決めるので細かい所までは無理ですが)、尚且つ予約料金はないのです。
つまり映画館で払う料金と同じ額で観られるのです。

知りませんでした。

たまたま並ぶのが嫌で、予約できる所が無いかなぁ~多少高くても良いから…
(今スイート席みたいのがありますが、それって3万円とかしちゃうので、それはダメですけど)
ってレベルで探していたのですが、これに引っ掛かったのが六ヒルの映画館なんです。

こんなに楽なら今度からこれで観にいこうと思います。



で「ポニョ」はどうだったか?…
 
快適でした…この眺望も

ちょっと未来的に見えません?

ポップコーンはお約束


あのぉ~


宮崎ファンには大変申し訳ないのですが、


なんて


つまらない


映画なんでしょう…!!


なんだか凄く売れているようですから、こういう意見って少数派なのかも知れませんが
もう全然、全く面白くない。
何か示唆に富んでいるという訳でもないし、もっと分かりやすい感動をくれるって訳でもないし。
一体何が言いたいのか全く分からない。

そもそも話の導入部分が目茶苦茶なんですけど。だれかこの物語が何なのだか
きちんと説明できる人がいたら教えて頂きたいのですけど(優しくネ(;^_^Aエヘヘ)

トトロとか魔女の宅急便はまだ分かったのですけど…。


「ポニョ」全く分からない。
あらすじも書けない…ナチョパパでした。



前回も週末に書いたと思いますが、また週末片頭痛です。
今日も朝から酷くて…さすがに二日連続なのでレルパックス飲みました。
お陰で今は落ち着きましたが、全く片頭痛のない人が羨ましいです。


今日はちょっと早めに寝ます…昨日の分、リコメントが出来てませんが、
お許し下さい。





※写真はクリックで大きくなります。

ちょっとお休み

今日はナチョと久しぶりに「ナチョ探検隊」に出かけました。
いつもの如く「どこに行くのか分からない」チビ旅行なので(苦笑)、行き当たりバッタリの
路線バス&電車の旅です。

 事のルールは「面白い所を見つけたら立ち寄る」って事だけなんですけど、
今日辿り着いたのは…等々力渓谷!(これでトドロキ・ケイコクと読みます)

 渓谷と言うとなんだか都心から離れて遠くに行ったように思うかも知れませんが、
目黒区にある等々力と言う所にある自然公園なんです。本当に渓谷の様に
なっているのです。東京の環状線の一つである「カンパチ」こと環状八号線から数メートル
外れた階段を降りると…そこはとても東京都内とは思えない風景が広がっています。

渋谷からバスに乗り、中目黒まで行って、中目黒から用賀に行って、用賀から等々力駅へ。
ここまで全てバス移動…これはまわり道してこのルートになっていますが、本当はもっと
楽に行ける場所です。


さてその等々力渓谷ですが、川を中心にドンドン周りから滲みだしてくる地下水によって…
独特の湿気と景観を作りだしています。

別世界への入り口


静かな渓谷はストレス解消になります。

茶屋まであるのだ

最後はこの等々力渓谷からバスに乗って小田急線の駅、「千歳船橋」(※千葉県の船橋市
とは違います)から表参道に戻って、徒歩で帰宅しました。
真夏のそれとは違うものの、やはり歩けば汗まみれ…(^_^;ゞエヘッ 良い運動になったかも
知れません。


正直言うと、今日はちょっと片頭痛が有って…何とか薬で誤魔化していたのですが、
家に戻ったらもうダメで、ベッドに倒れ込みました。
それでも折角の三連休…ナチョを何処にも連れて行かないって言うのは可哀そうだったので、
身近な路線バスの旅をしました(^v^)ニコ

きっと「ナチョ探検隊」も、間もなく出来なくなるのだと思うと、ちょっと寂しい気もしますが、
初めはナチョの脚力を付ける事と、東京の地理感をなんとなく覚えさせようと思ったことで
始まったのが、今じゃナチョの方が体力有りで…(;^_^Aエヘヘ 

パパも、もう少し体を鍛えないといけませんね。

明日以降、また「例えば靴を…」の続きを書きたいと思います。

身近な所にも知らない世界が待っている

皆様、良い三連休をお過ごし下さい。

例えば靴を…2

長い入院生活を考えれば、出産はあっけないほどすんなりと終わった。
帝王切開が前提だった事もある。あらかじめ決められた日のあらかじめ決められた時間に
分娩室に入り、少しばかりの時間待たされて。

気が付いた時には生まれたばかりの赤ちゃんが真っ白な布に包まれて目の前にいた。


あと一カ月と少しで21世紀が始まるという2000年の晩秋のある日の午後、小さな命…
0歳の女の子が誕生した。そして全く同時に0歳のお父さんとお母さんが誕生した。


その日以来、我が家はちょっとしたパニックが連日の様に起った。何しろ当たり前のように
おしっこして、当たり前のようにウンチをして、当たり前のように夜泣きをして、0歳パパも
0歳ママも、アタフタしたけど…今度は信じられないほどの笑顔を、信じられないほどの充実を
信じられないほどの幸福も同時に与えられた。

パニックはパニックでも、それはハッピー・パニックと呼ぶべきだったのかも知れない。

ある意味35歳を過ぎて初めての経験が、矢継ぎ早に起きるシチュエーションなど、
普通はない訳だから、目まぐるしい一日はあっという間に過ぎて行った。

娘が二ヵ月になる時(もちろん僕も家内も二ヶ月なった訳だけど)、娘を育てて貰う事になる
託児施設に巡り合えた。


このルームの話は、いつかもっと掘り下げて書きたい。
何か華美なパンフレットや設備自慢をとうとうと述べているいるような所では決してない。
都会の真ん中のマンションの数部屋を使って、「育児をする(人を育てる)」という“矜持(プライド)”と、
高い理想と、常に子供を中心に据えた教育を目指す小さな小さな託児施設『ルーム』の事を。


話が逸れてしまった。



何も引かない何も足さない

そこ

ディティールとマテリアル

当時のボクの住まいは勝鬨橋の近くにあった。

 現在は大江戸線が開通し高層マンションが立ち並び、この辺一帯はすっかりお洒落な地域に
なっているが、10年前まで遡ると、「下町感」を残している所と、トリトンスクエアを始めとする
近代的なエリアが程良くハイブリッドな街だった。

 いざとなれば銀座から徒歩圏であり、タクシーはほぼワンメーターで、各種行政サービス、
医療も受けやすい環境だった。そして当時は銀座を中心に生活の基盤があったので、これは
とても案配が良かった。

 

 この街には結婚してすぐから住み始めた。
きっと多くの人が住居を決める時に、色々な条件を考えながらも予算(家賃)との兼ね合いで
物件を決めるように、僕らも予算を考えながら色々な条件を出していった。その中でもっとも
プライオリティが高かったのが、「夜景」だった。

 部屋からの眺望。特に夜景が美しい事。そして…無機質であること。


 この部屋からは東京湾とレインボーブリッジが端から端まで見渡せた。
そして部屋の中には白とグレー、そして黒以外の色が一切なかった。
少しばかりセキュリティがうるさ過ぎた面はあるけど、安全を思うとそれは我慢が出来る
範囲だった。

 何しろ普段、色に囲まれている職場から家に戻ってまで、色のある生活には耐えられなかった
ので、これは絶対の条件だった。




 娘が家にやってくると、この状況は一変した。ミルクを保温するポット。それを消毒する器具。
汚れたおむつの匂いが拡散しな様な構造のオムツ専用ゴミ箱。女の子用だと殆どがピンクの
色合いが中心で…その「赤ちゃんグッズ」で溢れだしたのだ。

 夜景の美しい無機質な部屋は…気付くとコンビニや99円ショップのような...猥雑で醜悪で…
美的感覚が優先されるような空間では一切なくなっていた。その代り…人のいる空間に変わって
いた。部屋の空気が甘くなった気がした。






 やがて玄関には僕と家内の靴の間に、小さな小さな靴が加わるようなった。
本当はきっと洗濯物などがベランダに掛かっていたら、Tシャツを見たって同じ事を考えてた
のかも知れない。
 けど、このビルは「全体の美観を損ねる」…と言う事で、それが禁じられていた。

 だから大人サイズと子供サイズの衣服が並ぶのは、小さな玄関の靴だけだった。


 家に帰ると小さな靴が玄関に行儀よく並んでいて、その靴を目で確認するとほぼ同時に、
小さき者が言葉にならない「アッー」だの「ウー」だの言いながら、ヨロヨロと近づいてくる
…歩けるようなった娘だった。




そして…ある日曜日の朝、一緒に買い物に行って貰えないか…と家内に頼まれた。




















と言う所で、


話はまた続くのだ(^u^)ウン

例えば靴を…

 春から夏になる時も、夏から秋になる時も、何かちょっとワクワクするような感覚が僕にはある。

「夏のワクワク」は分かって貰えるのだが、「秋のワクワク」の方はなかなか理解して貰えない。
でも…冬に入る前の、ちょっとロマンチックなニュアンスを持った街並みの変化は、自然物も
人工物も、目の前に沢山の変化を見せてくれる。
木々の葉の色や、葉のヴォリューム、ウィンドウ越しの商品の変化、その色などもそうだ。

 もちろん「物悲しい」様な「切ない」様な感じも含んでいるのだけど、それがちょっとロマンティックに
感じるのは僕だけだろうか。

かなたに続く道…

照らされて…

いざなう光…

 娘が11月生まれと言う事もあるけれど、朝夕が寒くなると娘の生まれた年を思い出す。
前置胎盤と言う状態の妊婦であった家内の体調は、常にデリケートで日々の仕事(家事)さえも
出来なくなってしまっていた。出来る事は僕がやるようになっていた。
 その後、緊急入院する事になった時、余りにデリケートな状態でシャワーは勿論のこと、
シャンプーまで禁止されたことを思うと、かなりギリギリの状態だった事が後から分かる。

 ある朝、破水して救急で聖路加国際病院に入った日から、24時間面会が可能なシステム
だった事から朝晩の病院通いが始まった。
 会社に行く前に顔を出して、帰宅の途中で病院に寄って…。そんな生活が何か月が続いた。

 11月に入ると、それまでの気温が嘘のように一気に下がり…秋という言葉がリアルになって
来た頃に、同じようにほぼ毎日かそっている親子がいた。

 当時子供のいなかった僕には、その女の子が一体何歳ぐらいなのか全然分からなかった
のだけど(今になれば、きっと2.3歳だった事が分かるけど…)、その子はいつもオレンジ色の長靴を
履いているのが、とても印象的だったのだ。

 聖路加は全床が個室なので、オレンジの長靴を履いている姿を見るのは産婦人科の
談話スペースでの話なのだけど。お父さんと二人で来ているらしかった。

 僕は既に家内のお腹の中の子供は女の子である事を聞いていたし、エコー写真も見ていた
のだが、「まるで大仏だね」って夫婦で話していたほど、娘の行く末を心配していたのだが、
その長靴を履いた女の子のような可愛い子が生まれてくれると良い…と、ずっと思っていた。
 
やがて予定出産日よりも一ヶ月近く娘が無事生まれた。 早く生まれた娘の体重は2700グラム
との予想だったのだが、実際には4500グラムもあって…医者もボクも家内も驚いていたのだけど、
五体満足であったので器量に関しては、何かを望んだりしなかった。


 
 いつの間にか、その長靴の女の子の事もしばらく思い出す事が無くなっていた。





 でも…ある日の事、










 




ってところで次回に続く…(久々に“続く”が出たぁ~(苦笑))

光に触るように…

数週間前naokiさんのブログに「空(雲)の表情」について書かれている一節があった。
その記事を読んでから、なんとなく外出時に空を見上げる機会が増えた気がする。

最近話題の「ゲリラ雨」の元になるのか、確かにこの夏の空の表情はとても多彩で、
見ていると、このままずっと見ていたいような感覚に陥ってしまう。
写真を撮っても、きっと同じような写真になってしまう事が分かりながらシャッターを
押す事が増えた気がする。



今日も日本橋に所用で出掛けて、空を見上げると「もう最後かも知れませんが…」って感じで
積乱雲が遠くに見えた。
本来夏の特徴的な雲だと理解していたのだけど、今年は三月には立派な積乱雲が見る事が
あった事を思い出した。

やはりこの夏少しおかしいのかも知れない。


雲によるビルとのコラボ

遠くに…力強く…

建物の中まで…


先日、北野武監督の「アキレスと亀」が海外の映画祭に参加していると報道されていた。
日本でも人気のある北野作品だけど、海外ではストーリーや完成度だけじゃなく、実は映画全体に
感じる(らしい)色についての評価がとても高いのだ。

北野作品に共通されるこの評価の高い色…それは「KITANO BLUE」と呼ばれている。



当初この話を聞いた時、僕は策士でもある北野氏の意図的なものなのかな…と思っていたのだが、北野自身が「言われるまで気が付かなかった…」とインタビューで答えている。

勿論その答えそのものが、はぐらかしと言うか…、実は嘘で意図的に仕組んでいるのかも
知れない。しかし…それが本音だとしたら、、、と思い、確認の為に先日DVDを借りてきて見てみた。


DOLLS以外の作品は、特に「北野ブルー」と言われるようなものを感じなかった。
というか…感じられたかった。

でも…やはりそれはロシアでもイタリアでも、フランスでも同じ様に北野の色を「ブルー」と
特色づけている事を知って、フッと思ったのだ。


実は欧米人の見る色合いと、日本人の見る色合いは、微妙に違って見えるのではないかと。


青味がかっているように見えると言う事は、黄色が弱まっている事と同義語なので、
日本人は少し黄色味が強く感じるのではないか…と思ったのだ。

もちろんなんの科学的根拠もないし、まして確固たる仮説が立てられる訳でもないのだけど
仮にそうであれば何かちょっと面白い気がする。







オルセーで見た多くの絵画に描かれた雲の描写に息を飲んだことがある。
その辺の素養がない僕は、誰のなんと言う絵なのかは分からないけど、巨大なキャンバスに
描かれた白馬に乗る中世の戦士たちの後ろに見える、荒野のような世界に描かれた雲は
郊外に出た時に見る雲そのものの表情だったのだ。

色も形も…質感も。


と言う事はやはり。。見たままの色で(同じ色に見えている)見ているのか…と、
色々考えを巡らせてしまった。



きっと日本人である限り、永遠に真相を知ることは出来ないのだけど
一つだけ分かったのは緯度の高いところにあるヨーロッパの太陽光線が、どうしても
大気を斜めに横切る事を考慮に入れれば、スペクトラトしては『黄色側に振れてもおかしくない』
と思うのは…素人考え過ぎだろうか?

46日間世界一周の旅

9月から始まると言った新ブログ…なかなか始まりませんね(^_^;ゞエヘッ 
如何せん文章がなかなか書き終わらない(苦笑) 実は『下書き状態』で写真までアップ
されていて、後は文章を詰めるだけなんですけど。

しっかりしないと。

えっ!? なんか他人事みたいだって!!
















「アタナとは違うんですよ!!」


すいません…お言葉を頂いてしまいました。





んで…このブログの「新:ナチョパパほのぼのフォト日記」の方はどうしようかと
考えていたのですが、こっちは普通に時間のある時は続けてみようと。
こっちはまあ日記みたいなもので、新ブログは先日の『アントニオの話…』みたいなモノを書いて
行こうかなと思っています。

そもそも一つのブログだってまともに出来ないのに、二つのブログをやっていけるのか?って
事もあるのですが、そこはまあ…そのうち整理すれば良いかなと(苦笑)思いと。
同時に更新はしないから、まあ良いかと…(;^_^Aエヘヘ



話は全然違うのですけど、ここの所、皆様のブログにもお伺いもしないで何をしているのか?
というと…写真の整理をしていまして。しばらくサボっていたのです。
心の中では『いざという時の為にやっておかないといけない』と思いつつ、なかなか手をつけて
いませんでした。

写真の整理というのは、バックアップって事なんですけど…バックアップをサボり始めた時期と
RAWで写真を撮るようになった時期が重なりまして、その膨大な量にどういう形式で保存しようか?
物凄く悩んでしまって。

RAWのままだとデータ量が大き過ぎるしって事でtiffでの保存にしようかと思ったのですが、
それでも結構なデータ量になってしまうのですね。最終的には普通にjpegする事にしたのですが。
枚数が枚数なので…『これはいらんだろう』だの『これはどっちを残すべきか?』なんてやっていると、
とても時間が掛かってしまうのです。

基本はパソコン内のRAWデータをJPEGにして、外付けのHDDにコピーして、さらにDVD-Rに
月毎に焼くのです。やっぱり何度もHDDを飛ばしている僕としては、外付けとは言え『HDDは恐い』
って思いがありまして。
幸いにして多くのデータはCD-R(当初は画像一枚辺り500万画素ぐらいだったのでCD-Rで
大丈夫だった)に焼いていて、難を逃れているのだけど…外付けHDDを使うようになっても、
それが飛んだ事を考えるとディスクには焼いておこうと思うのです。

ところがここに来てカメラの画素数が大きくなってDVD-Rじゃないと何枚ものディスクが必要に
なってしまうので、DVD-Rに焼く事にした訳です。

↑とここまで書いて、実は一昨日からDVDに焼いているのですが、新しいパソコンになって
初めて焼いてみたのですが…これはイマイチ要領を得なくて・・・「焼く」って作業自体は間違って
いないのですが、どうもパソコンの癖があるらしくて…。約4Gb(DVD一枚分)を一気に焼こう
としたら恐ろしいことが起こりました。

まずは写真を見て下さい…これです。
DSC03986.jpg

見て下さい! たった一枚のDVDに46日間と21時間もかかる!!と!!!








実際には24時間で終わったのですが(苦笑)、24時間でも掛かり過ぎです。
通信速度が72キロバイトまで落ちちゃうのです。理由は分かりません。

で…とりあえず幾らなんでも寝ている間には終わるだろうと、寝しなにディスクをコピーし始めて
朝起きても終わっていない。会社から帰っても終わっていない。結局また就寝時間頃に終わって
それで何も出来なかった訳です。

ですから、皆様の所にもお伺い出来ない状態で…大変申し訳ない事をしました。


パソコンの能力的にはかなり高スペックなので、何か手順が悪いのか???と残ったデータを
移行して分かった事。

どうも一気にコピーすると極端に遅くなることが分かりました。

約1Gbぐらいずつコマ目にコピーすると、そのスペック通り(約30秒)でコピーできるようなのです。


理由は全然分かりません。


とにかく一昨日から始まったデータのコピーは、本日午前9時に半年分のデータを移行し終えました。
その間にコメントを沢山頂戴していて…m(_ _)mペコリ
kannaさん
maronnさん
naokoさん
本当に有難うございあました。後ほどきちんとリコメントしたいと思います。

しかし凄い質感
しかし凄い錆び方だ! クリックして見て下さい。

いやこれなんですけど…
大きくして見るとやっぱり…迫力です。

無造作にこんな駐車場で…凄い贅沢な感じ
なにも砂利の駐車場に置かなくても…




昨日久しぶりにナチョと夕方にお散歩に出ました。
コレクションも間近でなかなか休めないのですが、昨日はデータの移行をしつつ(苦笑)
時間を見つけてお散歩です。

本当に一時間ぐらいの短距離でしたが、近所にランボルギーニが無造作に停められていると
思えば、ペンキが剥げ掛けた地震が起きたら…を考えると怖くなるようなアパートがあったりして…
実に楽しい散歩になりました。

さあ行くぞ!
いつの間にナチョが先を歩くようになっていた。




さて今日は髪の毛を切りに行きます。
ちょっと…リコメント&ご訪問が溜まっていますが、お許し下さいm(_ _)mペコリ
今夜にはリコメント&ご訪問を致します。