『ホッとする…』




〝たわわ…という言葉そのもの「梅雨の紫陽花」言うことなし〟
   京橋 見に行く価値あり
トカイノハナゾノ…2018年6月14日
                                                                                  X70 FUJIFILM



東京メトロ銀座線を京橋で降りると〝東京スクエアガーデン〟という大きなビルがある。
ビルの壁面にも沢山のグリーンが配されて、一階の敷地と歩道の境には「これでもか」って数の紫陽花が植えられている。

アスファルトだらけの街中に心安らぐ景観を披露している。

通り過ぎる人がポンポンを触れたくなる…赤ちゃんの頭ほどもある大きな花をつけた紫陽花が、風に揺れてそれはそれは見事な風景を作っている。

梅雨のこの時期…雨に濡れる紫陽花は演出されたように完璧な美しさを見せる。

出来るなら是非仕事の帰りに“鬱陶しい雨”を嬉しく感じる不思議な光景を見に行ってはいかがだろうか?




『一日があっという間に感じる…』




〝皆 うしろ姿 うしろ姿の数だけの人生…当然だけどぉ〟
 池袋 
   ほぼうしろ姿の街…2018年6月13日
                                     X100F FUJIFILM


特に何かに没頭していたわけでもないのに、やたらと一日が短く感じる時が年に数回ある。
今日がまさにその日で…「ただでさえ年月の流れが速いのに、日単位で早くなられたら堪らんな」と苦笑いをしてしまった。

加齢と年月の流れっていうのは、そういう関係なのかなぁーと。


続きはこちら...

『米朝首脳会談』




〝なんか落ち着くんだなぁ〜〟
 長寿庵 〜麻布十番〜
   長寿庵…2018年6月12日
                                   RX100m5 SONY




この後で様々なことがどのように進んでいくのか全く分からないけど、「メモリアルな日」ということだけは確かだろう。

まあ全く日本の立ち位置がないように思っているのは私だけではないだろう。
何しろ『米朝関係』って実は米朝だけでどうにかなる話じゃないから。

ね。


続きはこちら...

『どうすれば…』



〝ジャスト1000㎞〟
  なかなか走行距離は伸びない繰り返される…2018年6月8日 
                                                                                      X70 FUJIFILM


あまりに悲惨な事件が続くと、目を背けてしまう。
二度とこの様なことが起こらない様に、まずは現実を直視して状況をしっかり理解しないといけない…と分かっていても、最近それをTV画面越しに観ると…どこかに死者を冒涜しているニュアンスを感じてしまうのだ。



続きはこちら...

『で、難聴はどうなったのか?中編』


〝あまり関東ではメジャーじゃないけど…行くと食べたくなるとん平焼き〟
 大阪にて…

   とん平焼き…2018年5月27日
                                  RX100M5 SONY




話が長くなっているので…いつ誰にでも襲いかかってくる可能性ある”突発性難聴”に興味のある人だけ…どうぞ(笑)


仕事を前倒しにしたことで、ハードな山ではあったけど、超えた今は『仕事を持ち込まない初のGW』になるわけで、それを楽しみにしていた訳です。

ところが現実は前半は突然難聴に、そして後半も…残念なGWに…という話になって行きます。


続きはこちら...

『で、難聴はどうなったのか?』



〝まさかタバコの匂いが気になって入れない店が出来るとは…〟
  神田神保町

        老舗…2018年5月17日 
                                                                    RX100m5   SONY 




『難聴はどうなったのか?』って話です。

大の大人が飲んだことにして捨てちゃいたい…と思うほど、不味い薬を飲むにつれ、聴力は「うそ!」って言ってほど確実に戻って行くのが自覚できました。
結果、GWが開けた月曜日(5月7日)の再診で
『まだ数回分の薬が残っていると思いますが、飲まなくて良いですよ』
と。
つまり、とりあえず治りました。
(一応なんですけどね。完璧じゃないんです…違和感が少しある。聞き取れていない音もあるので)


でもまずは…ホッとしました。

何しろ音酔いしちゃうほど不安定な聴力になっていて、尚且つ不具合が一気に来ると笑っちゃうような眩暈(グルンと景色が回ってしまうほど)があって、座っているのも辛いほどでしたから。

色々お騒がせ致しましたが、ご心配いただいた皆様、有難うございました。

続きはこちら...

『でたらめに過ぎるだろう…』



〝ずっと外を見ていて…呼ばれて気付いた…仕事中だった〟
 汐留エリア
東京バラッド…2018年4月19日 
                               X-Pro2 XF35㎜F2RWR 
                                      FUJIFILM



なんかさぁ自分の国ってこともあるけど、日本って国は多少融通の利かないところはあるけど、根幹はしっかりしている国って自負があったのだけど…最近の出来事を見ているとまあ〜でたらめな事ばかり(しかも国の根幹で)。

自分の国の歴史を後世検証するだけの資料も残せない国。

何じゃそりゃ。

と思うのであった。


『ちょっとビックリするくらい…時間を管理できないヾ(;´Д`●)ノ…トホホ』



〝Hey! 話ぐらい聞いてくれよぉ〜〟
 麻布十番
へーい!…2018年4月16日
                                  SONY RX100m5




言い訳しか出来ないのですが、ほぼ15年続けている仕事のスケジュールが一ヶ月前倒しになりまして。本来なら東京コレクションが終わったら温泉なんか行っちゃうくらい“ひと時の自由時間”もしくは”つかの間の休息”がとれたのに…2018年はガンガンに仕事が詰まっていて、写真もろくに撮りに行けない状態になっています。

はあ…ただただ惰眠をむさぼって、或いは勝手気ままにドライブしながら通りすがりの温泉でも見つけて、ダラダラ過ごす…みたいなことをしたい。

ブログ記事も書きかけのままだし、いただいたcommentにも返信できなくて…心から申し訳なく思っていますぅ。

4月26日が過ぎたら楽になると思います。もう少々お待ち下さいませ。




『いかんいかん…ちょっと時間がなくて更新できない…タブレットから更新』




〝ビール小、三枚、お勘定、ごちそうさま〟
   亀戸餃子(本店)
              餃子…2018年1月11日
                                                                               X70 FUJIFILM


きちんと更新できなくて申し訳ない。今日はタブレットから待ち合わせ時間に更新。

うーーーーーん、どうも2018年は正月から時間の使い方が下手すぎるな。
心して掛からなくては。







『白い髭お空の宅急便もう配送は終わったのだろうか?』



〝窓窓キラキラピカピカ…煙突探しの配送便〟
 確か…渋谷 :六本木通り渋谷寄り

リフレイン…2017年12月25日
                                                                    X−pro2 xf90mmf2r lm wr
                                                                                            FUJIFILM





『色と味』2



〝お洒落な大人を見ると嬉しくなる…〟
 北青山

大人が…2017年12月21日
                             X-Pro2 XF90mmF2 R LM WR
                                       FUJIFILM



痛がる妹の足元にしゃがみ込む母。
しばらくして、
『あなた今日幼稚園でお外で遊んだ?』
などと質問をしながら、その夜妹は“お手伝い”から解放された。


翌朝、痛みを訴える妹をみて「これはただごとじゃない」と屈んで母が見たのは、足全体に広がっていた大小様々な形をした赤い斑点だった。


手早く身支度をさせ一番下の妹を胸に抱えると、痛がる妹を自転車のうしろに乗せ、押し歩きながらかかりつけ個人医院に向かった。




実はここから記憶はかなり怪しい。

”覚えていない”のではなく、逆にハッキリし過ぎていて…。
多分刷り込みなのだろう。
さらには無意識に盛っている可能性もあるので…与太話程度に聞いて欲しい。


続きはこちら...

『色と味』1




〝4年保つかな…〟
 キャットストリート〜神宮前〜
相棒探し…2017年12月17日
                           X-Pro2 XF90mmF2 R LM WR
                                     FUJIFILM





ネット友人が趣味にしている電車模型の写真をSNSにアップしていた。

巷でいう『鉄分』が私には全く無いのだが、時折彼がアップする写真を見て、気の遠くなるような細かな作業を繰り返し、丹念に作り込む姿は尊敬に値するし、先ずはその模型の出来栄えに見入ってしまうのだ。
※少し前には彼が模型仲間の作品としてジオラマを紹介していたのだが、それ見て「あっ俺 ジオラマ見るの好きなんだ…」って自己認識したこともあった。


先日も綺麗なオレンジ色に塗られた電車がアップされ、それを見た瞬間”あっこれは!”と息を止め見入ってしまったのだ。


そのオレンジの車両は幼い頃に乗っていた中央線のように見えたので、懐かしさと果たしてあっているのかが知りたくて彼に確認のコメントした。

「これって昔の中央線ですよね?」

と。


続きはこちら...

「年末進行」




〝異国の船窓から見えた風景はどう彼女に映っただろう〟
 水上バス〜東京クルーズ〜
街眺…2017年12月11日
                               X-E2 XF56㎜ F1.2 R  
                                     FUJIFILM




職業としては季節を二期に分けて取り組むので、仕事が年末や年始に影響されることは少ない。
それでもなぜか気ぜわしい感覚になる。

53回目の冬なのだから、いい加減慣れてもいいものなのに…あたふたあたふた。

さ、明日も頑張ろう…でもきっと…あたふたあたふた。

しっかり寝ようと…うん、でも…あたふたあたふた。








『悪くないんだって…』



〝誰かのために…〟
 浅草
     眼差し…2017年12月9日
                            X-E2 XF56㎜ F1.2 R
                                  FUJIFILM




 浅草寺の境内にボランティアのガイドが数人見られるようになった。
数年後のオリンピックとの関係は分からないが、増加している外国人観光客対策が至るところで見られて海外からのお客様が多いこと、多いこと。

 一時期、火が消えたようになっていた浅草…ここ七、八年で完全復活といっていいのではないだろうか。


 そうそう、このボランティアのガイドさんのユニフォーム。冬物ですから直接オリンピックとは関係ないだろうが、遠くからの視認性もよく、完全にユニフォームと分かる。大胆な市松模様といい…悪くない
なぁと。
 

 それは…



続きはこちら...

「また会おう…」2(終話)





〝近くで見ても美しいペイントとユーモラスな曲線〟
 広尾
何だろう…2017年12月7日 
                                X100F FUJIFILM





訃報を聞いてからしばらくの間、彼女が元気だった何十年も前のことを思い出していた。

セローというオフロードバイクに乗り、ショップ主催のオフロードレースに出るような男勝りの一面があったかと思うと、夜中に『クッキー焼いた』とわざわざ届けてくれたりした。

缶コーヒー片手に恋愛相談にのったのは夕暮れの玉堤通りの土手だった。

『行かない?』と誘われたて、真夜中に向かったのは深夜営業している環八沿いのモーターサイクル専門書店でだった。

楽しかったことばかり思い出した。



しばらくして…確か今年も年賀状が来ていたことを思い出し、ファイルを引っぱりだした。


あった。

改めて見ると、25年前とほとんど変わらない筆跡でそこにはこう書いてあった。

「一昨年は少し病気をしましたが、今はもう大丈夫です。元気になりました。今年はみんなで会いたいです。」


それはとても切なかった。


続きはこちら...

「また会おう…」1


〝光の道〟
 御堂筋 大阪
     光の道…2017年12月3日 
                           RX100M5 SONY



帰宅するとまず郵便物と宅配ボックスの確認する。
いつものように郵便物を取っていると、お尻のスマホがブルッと震えてメッセージが入った。


仲間が亡くなったことを知らせるものだった。

そこには…

『もしかしたらご存じかも知れませんが…彼女が亡くなりました。喪中ハガキが来てます』
画面には悲しみと驚きのメッセージと共に、喪中葉書の写真が貼られていた。

とても重い夜を向かえることになってしまった。


続きはこちら...

『2017年11月30日…』




〝怠いはずだよ…〟
  突然視界がひらける場所…

TOKYO SNAP…2017年11月30日
                                                                               EX-FR100L  CASIO




頭痛には慣れている私ですが、今日は今年二度目の腹痛。
〝痛み〟自体はさほどなく我慢出来るのですが、問題はトイレ。
とにかくエンドレスで…トイレに駆け込む状態で。
当然会社には行けない朝になってしまいました。

朝風呂も入って、着替えて、バックパックも背負って…スニーカーの紐を結ぶ。と…お腹がグルグルグルと鳴って、慌ててスニーカーを脱いでトイレにGO。

繰り返すこと4回。

我が社には午前半休という制度があるので…それで午後まで様子をみることにしました。

途中から数えるの止めましたけど…ウォシュレットを何度ONにしたことか。


続きはこちら...

『行ってみよう…』その4(終話)


〝The 東京スナップ〟
 歌舞伎町 新宿

     東京スナップ…2017年11月20日 
                           X70 FUJIFILM




映画を観るまでの2時間半…高田馬場を歩くことにした。

すずやでの食事を止めたのだから、どこかでゆっくり食事でもすれば良いのだが、ノスタルジックな気持ちのままちょっと街を歩いてみたくなったから。

35年前に無かった至るところに設置された防犯カメラで監視されていたら…きっと実に不可解な動きで完全に怪しい人に映っただろうだなぁと。


『最近ハマってんだよね…ジャーマンポテト。単なるイモだから…高ぇ~ちゃぁ~高いけど、美味ぇ~からさ』
と得意気にジャーマンポテトを紹介する友人の顔とか、エレベーター横にへばりつくようにつくられた喫煙具屋のガラスケースに鎮座したスターリングシルバーのジッポーとか、今もう存在しない〝かつてあった空間〟の横を通るだけでそこに多重露出の像が浮かんだりした。


続きはこちら...

『路地に惹かれるようになったのもBLADE RUNNERの…』



〝そりゃ見終わったら探したくなるでしょ…荒廃する路地〟
 新宿 歌舞伎町

     ブレードランナーを思いながら…2017年11月19日
                           X70 FUJIFILM




かるい片頭痛があったのでジムには行かず、「ブレードランナー2049」を観に行くことにした。
先週電車が止まって観られなかったからだ。

ブレードランナーという映画は、肯定しても否定しても含みを持ってしまう試金石のような大きな映画になってしまったので、ここでは「ブレラン論」はしない。

ただブレードランナー(1st)肯定派としては、どうしても厳しい目でみてしまう続編だが、それでも”あ〜よく作ったなぁ…”と。


続きはこちら...

『行ってみよう…』その3



〝店から漏れる灯りが好き…〟
 麻布十番
     店灯り…2017年11月18日 
                           X70 FUJIFILM



少し前にSNSで…〝予備校のそばにあった喫茶店を知っている(覚えている)人はいないか〟という投げかけをしたことがあった。

残念ながら知っている人はいなかったが、もしかしたら場所がら早稲田の学生だった人なら知っている可能性も…と思って。



その店が無くなっていることは既に10年くらい前に知っていた。ただ浪人の時だけではなく高校性の時から通っていた事もあり、時々思い出しては懐かしく思っていた。

日替わりランチは500円。海老、カレー、和風ピラフがローテーションしてて、ガラスの小鉢にの盛られたサラダ、そしてホットかアイスのコーヒーor紅茶。
特別に美味しいわけでも(当時のマスターやママに読まれたら怒られるだろうけど)、特段量が多いわけでもなかったが、予備校の隣にあって未成年者でもタバコが喫えて(苦笑)、週刊マンガ(ジャンプとかサンデーとかマガジンとか)が置いてある…当時はどこにでもあった、今はほとんど見ない喫茶店だった。



続きはこちら...

『行ってみよう…』その2




〝街を眺めた…〟
 日本橋
横切る…2017年11月15日 
                                X100F  FUJIFILM






 改築前のずずやは店内に民芸品が飾られいた。
そして看板やメニューは棟方氏に手によるものだった。棟方志功氏とオーナーに親交があったという。

店内はホッとする何かがあって、そこに入ると昭和感の匂いと共に亡き両親の記憶の断片が重なって、時々無性に行きたくなった。


 新しいビルはイメージも全く違っていた。
ある意味どこの街にもある、さして特色のないビルになってしまっていた。

 最近の改築とか再開発は、ビルの一部を残しながらも効率を高めるような新建築が多いから、ニューすずやも二階にあったエントランスへのアプローチが階段からエレベータに変わって…オマージュを感じさせるような建築を期待していたのだが…少し甘かった。


続きはこちら...

『行ってみよう…』その1




〝変わっちまったなぁ〜〟
 新宿 歌舞伎町
変わっちまったなぁ〜2017年11月13日 
                               X100F FUJIFILM





ルーティンになっている月一のヘアカットに行けず、昨日やっと美容室に行くことが出来た。
風は強いものの穏やかな日曜日で、いつの間にか街路樹の銀杏が真っ黄色になっている所があってビックリした。



前日に連絡をして予約を入れたのだが、美容師さんの心遣いで午前の早い時間にカットして貰えたこともあって…お昼過ぎには都心に戻ることが出来た(※美容室が私鉄の急行で小一時間掛かるので)。



続きはこちら...

『いろいろ、いろいろ…』





〝不明ってのが凄いな…〟
 日本橋室町
見えないもの観る…2017年11月8日
                                  RX100m5 SONY





綺麗に表現すると“人生遠回り…”、正確に表現すると…“ポンコツな人生…”を生きて来た52歳も、社会人という括りでみると間近にゴールが迫ってきたなぁと最近つよく感じる。


一般的に単純に労働期間を考えると…高卒で働き始めると…41年間(19歳~60歳)、大卒だと37年間、院卒だと…35年間が社会人として働く期間になる。

私のように多浪して、専門学校に行って、更に留学なんかしちゃうと…更に短い期間しか労働していないことになるのだが…労働開始時間、もしくは社会人開始時期は一切考慮されずに「ゴール」だけが決められている訳だから、私に残された時間は8年弱しかない。


この8年弱という時間…ってどうなのだろうって思いを馳せる。




続きはこちら...

『ずーーーーーとディスプレイ見ていて瞼のピクピクが始まった』



〝こんなものがないと絵が描けないとは…。そして有り難う石坂浩二〟
    仕事場
テスト…2017年11月4日 
                                                                                      X70   FUJIFILM




朝陽が上がる前に温泉に浸かり、そのまま日の出を待ってる。




とか良いなぁ〜。



日帰りでいいから行きたい(;´д`)トホホ



さ、頑張ろう。



続きはこちら...

『暖かかったよね…今日?』



〝アンタぁ〜 逃げてぇ〜!!!!(ドラマ風に読んで下さい)〟
 麻布十番
     逃げて…2017年11月3日 
                                   X70
                                 FUJIFILM



最近はよく聞くようになった『男性更年期障害』。
要は加齢が原因でホルモンバランスが崩れ体調不良が現れるやつだ。

人によって時期も症状も様々なのだけど…私の場合は30才過ぎから始まった片頭痛の原因は若年性の更年期障害だった可能性が高い。
※血中のテストステロンの量である程度分かるらしい…。

また代表的な症状では”鬱”があるのだが、男性の場合それが更年期障害だと分からずに重篤化してしまうこともあるらしい。

代表的と言えば『体温調節』が上手く出来ないと言うのもある。
これは男女の性差は無いのだが、ホットフラッシュといい突然カッと体温が上がって汗が止まらない…なんてことになる。

私の場合、カッと熱くなるわけではないのでホットフラッシュではないのだが、街でコートを着ている人が散見するようになった今でも、ちょっと体を動かすと体温が上がって…それが続いてしまうのだ。TシャツとUNIQLOのウルトラダウンベストがあれば充分みたいなことに。

恥ずかしいので一応パーカーだの、ブルゾンなどを羽織るのだがそのまま電車に乗ると辛くて辛くて。
汗まみれになっちゃう…うーん困ったものだ。


やっと季節は秋から冬へ。

これで少しは楽になるなぁ。