『鯔背だね』





〝根津の人〟
湯島界隈
鯔背…2017年5月28日
                                X-Pro2 XF56㎜ F1.2 R
                                      FUJIFILM




『寝ます寝ます』



〝光を自由自在に操る男〟
お台場
仕事のうしろ姿…2017年5月23日 
                                        X100F
                                       FUJIFILM



落ちます落ちます




お休みなさい。




『知らなかった』





〝これが宝塚の…〟
日比谷…というか帝国ホテルの横
えっ?そうなの?…2017年5月8日 
                                       X100F
                                      FUJIFILM





行ってビックリしたのだが、いつの間にか東京の宝塚はこんな大きなビルになっていた。
今回映画を日比谷で観たのだが、実はこのエリア一帯は今流行のシネコンとは違いそれぞれ別の名前を持った映画館が多数点在しているのだ。

今回の映画もネットで調べると上映館が『TOHOシネマズ:スカラ座/みゆき座」と表示され、マップでも示される場所が同一なのだ

えっ?シネコンなの?と思いながら行ってみると…新しくなった東京宝塚劇場の地下に二劇場ともあり、エントランスもフロアも廊下も共通。シネコンなら『スクリーン1』とか『スクリーン2』と数字で分けられるようなものが、『スカラ座』『みゆき座』と命名され隣り合わせの部屋で分かれている形状なのだ。

通りでGoogleマップの住所検索で表示される場所も、Webで調べるビルもフロアも同じで…えっ?と思ったのも当然だ。

『スカラ座・みゆき座』

迷うじゃねぇーか! 

結局観たかった映画は「みゆき座」でやっていました。






『バーニング・オーシャンを観る』




〝場所によっては…なんちゃってなんだけどぉ惹かれる街並み〟
日比谷/有楽町
寄ってきな…2017年5月5日 
                                        X100F
                                       FUJIFILM


目先の小さな利益を追い掛けて大惨事って、なんの商売も一緒なのだなぁと思った夜でした。





『色々考えるGWの初日』




〝マスカレイド〜masquerade〜に紛れて…〟
台場
マスク…2017年4月29日
                                        X100F
                                       FUJIFILM





荒れると言われた天候も崩れることなく…半袖で日本橋界隈に出掛け雨に降られることもなく気持ち良く過ごせた一日でした(多少は場所によって雷雨もあったとニュースでは伝えていた)。
皆さんのお住まいのエリアはどうだったのでしょうか? 

知人が怪我をして入院したお見舞いに行ったり、仕事の算段を練ったり…色々と頭を使う週末でした。一日が終わるとき”あ、GWだったんだ”と改めて確認した私でした…。






「今宵はひたすら眠ります…」




〝shotを待つ間…〟
お台場
shot待ち…2017年4月25日
                                       X100F
                                       FUJIFILM






『桜色の町をゆっくりのんびり約5キロの道のりを…歩く その2』





〝君だってこの季節の主役だ…〟
国立(くにたち)大学通り
さくらなの はな?…2017年4月14日
                            X-Pro2 XF90mmF2 R LM WR
                                       FUJIFILM




私が小学生…昭和50年代の話。


その頃の東京は高度成長の煽りを受けて夏になると光化学スモッグが発生して悩まされていた。区役所からのお知らせが防災スピーカーから流されて、その警報が発令されると屋外で遊んでいる子供達は遊びをクラブ活動などの野外活動をやめて直ちに屋内に退避するように言われたりした。

今の中国の大気汚染ほどじゃないが、それでも光化学スモッグ警報が鳴るレベルになると、目がちチカチカしたり、喉が痛くなったりしたのだ。

特に東京23区をドーナツ状に走る環状七号線、八号線の沿線の小中学校では“体調不調”を訴える児童や生徒が増え、大きな社会にも問題にもなっていた時期である。




続きはこちら...

『桜色の町をゆっくりのんびり約5キロの道のりを…歩く その1』





〝桜の樹の下の宴…〟
国立大学通り
桜の樹の下の宴…2017年4月9日
                                        X-Pro2
                                XF90mmF2 R LM WR
                                       FUJIFILM




YouTubeで『GHOST IN THE SHELL』を見て以来、それを映画館でどうしても観たくなって…雨の中映画館に向かった。 今年は開花が遅れたことで、いつもなら仕事の最盛期と重なり行けない「桜の写真」を撮ろうとも決めていたので、カメラと数本のレンズを鞄に入れて、新宿に向かったのだ。

まずは以前“街歩きのテレビ番組”でやっていた場所に向かったのだが…正確な場所が分からず断念。そのままかつて数年間住んできたことがある国立に向かった。桜の名所だと知っていたからだ。

国立駅のホームに降り立つと戸惑ってしまった。記憶の中にあるホームの風景が違っていて、そこから見える北側の風景も大きく変わっていた。なによりも駅舎自体が全く違うものになっていたからだ。



続きはこちら...

『懐かしい街で…』





〝桜溢…〟
国立大学通り
桜溢…2017年4月8日
                            X-Pro2 XF90mmF2 R LM WR
                                       FUJIFILM



来週からの怒濤のスケジュールを睨んで観たかった映画を観て、その足で今年は開花が遅れたことで見ることができる『桜』を見に行った。
夕方から片頭痛の発作が出たので早めに帰宅。うーーーーん、最近重い片頭痛はなかったのに…(-_-)トホホ 今夜は映画なの話も桜の話も明日以降にお預けにして…寝ますぅ。


皆様 良い夢を…良い週末を。

お休みなさい。








『新年度の街』



〝寒春の開花…〟
善福寺 麻布十番
寒春の開花…2017年4月3日
                                         X-E2
                                    XF35㎜F2RWR



昨日、全国で最初に〝満開宣言〟が東京に出た。紅葉前線は北から南下してくるし、開花宣言は南から北上してくる…みたいなイメージがあったのだけど…どうやら違うらしい。いきなり東京の満開宣言だ(※上野にある基準木の開花が目視で80%を越えたと判断された場合に宣言される)

桜の開花はともかく…まあ寒い。

ほぼ毎朝、SNSで『過去の今日』ということで5,6年前の自分の投稿がポップアップされるのだが、その比較でも今年の春が極端に遅いことが分かる。平均気温が下がるほどかどうかは分からないが、それでも『春のポカポカ陽気』が殆どないことを思うと、桜の開花が遅れるのも納得出来る。

皆様の住む街の桜はどうだろうか?




続きはこちら...

『終わりは始まり…』




〝ガチャリと鍵の閉まる音がした…〟
表参道(夜散歩)
クローズ…2017年3月26日 
                                       X100F
                                       FUJIFILM


大きな仕事が終わると言うことは、次の仕事が始まると言うことです。それはとても幸せな事なんだと噛みしめなきゃと思いながら、時々それを忘れていて…ハッとさせられる。


今年度も間もなく終わります。新年度に向けての準備として、心の中に新鮮なものを取り入れる空間を空けておこう思います。日常に追われるとついつい忘れがちなその空間は、好奇心と共に「ものを作る人」には最も重要なものだと思っているからです。

油断していると加齢と共におざなりしてしがちなものだからこそ、準備をしなきゃ…。


今日の日の終わりにそんな事を思うのでした。


皆様 お休みなさいませ。




『友と飲む…飲めないけど』




〝Mesure〜念入りに手順を確認するコレクション・スタッフ〜〟
 会場にて
スタッフ…2017年3月20日
                                        X100F
                                        FUJIFILM



ニューヨークから一時帰国している友人からのお誘いで、男三人で居酒屋で楽しい時間を過ごした。最近はニューヨークでも日本酒が飲めるところが増えていという。でも『生』の日本酒となると…なかなか難しいと。もちろん値段だって現地と比較したら日本は実にリーズナブルに感じるらしい…当然か。

共通の過去を持つ最も多感な時期の過ごした友人と過去と未来を行ったり来たりした。歌詞ではないが『はたして僕らはあの時夢見た大人になっているのだろうか』と。そして『どんなゴールが待っているのだろうか』と。



続きはこちら...

『寒いけど、あと10日もすれば桜が咲くって…本当か?』




〝空間を支配する〟
某スタジオ
Alone…2017年3月15日
                                 X-pro2 XF56㎜ F1.2 R
                                        FUJIFILM



天気予報の降雪は外れたが、それでも今日一日一桁気温の寒い一日だった。ウェザーニュースは今月の24日に開花宣言をしている。あと10日もすると東京も桜に包まれると言うのだが果たしてどうなるのか。

今年は桜の写真が撮れると良いのだけど…いつもと同じように仕事で潰れるのだろうな。桜と紅葉の季節に大切な仕事の仕込みが重なる今の生活。きっと引退するまで難しいのかも知れないなあ…。

春の寒い夜 エアコンの設定温度を2℃上げた。




『毎晩こいつで唸ってます…』





〝グリット&リリース…ってヤツです〟
自宅
毎晩こいつで…2017年3月8日
                                 X-Pro2 XF56㎜ F1.2 R
                                        FUJIFILM




いわゆる『筋膜リリース』ってヤツです。特に硬くなっている部分は猛烈に痛い。ボクの場合は『大腿四頭筋』『腸脛靭帯』『大腿筋膜張筋』などが痛くて痛くて。
※太股の外側とか脚の付け根辺りです。

身体が硬いこともあって、筋肉を上手く使えてない場所などは体重を掛けて行うことが出来ないほど痛くて…息が止まってしまう時も。続けていればやがて痛みは無くなるらしいのですが…今はその兆候すらありません…(-_-)トホホ

やり過ぎは筋膜炎になので厳禁なんですけどね。



『うーん、なかなか春にならないな…寒いし』






〝U RA KA TA WORLD…〟
コレクション会場
u ra ka ta WORLD…2017年3月7日
                                        X100F
                                       FUJIFILM


仕事ってやってもやってもやっても…〝これで大満足〟とはならないのは何故なんだろう。現役として残され時間がそうある訳ではないのに。

いつかは満足する時はあるのだろうか?

と思う日であった。



『もう3月なんて…』



〝いつ来ても ひとひとひとひと…〟
渋谷scramble
渋谷scramble…2017年3月5日
                                          X100F
                                        FUJIFILM



日本では11月を除くと必ずどこかで桜が開花しているという(種類は様々なのですが)。そろそろ梅の花も終わりを迎える今、都内でも数カ所でサクラが開花し始めている。例えば日本橋室町(COREDO室町の裏)ではオカメザクラが濃いピンクの花をつけて…今がピークだ。

3月卒業4月進級進学だからなのか、元旦よりも『また一つ歳を取るのだな』と強く感じてしまう。加齢に関してネガティブな感情を持たないのだが、それでもここ数年“時の流れの速さ”をより深く感じるようになると、どこかに寂寥感が漂う。



続きはこちら...

『告白〜どうやらバレ無かったので〜(6/6)』(完結編)






〝たった一人のキャストが街を昭和のいい風景に変えてくれた〟
銀座
昭和の香りの風景…2017年2月28日
                                         X100s
                                        FUJIFILM



欧米人のように無造作に伸ばそうが、ランダムにカットしようが、それなりにまとまっちゃう髪質や頭蓋骨の形であればと思ってしまう。
それが無理ならせめて少しだけ癖があって切った毛先にニュアンスを感じる髪質であるなら…こんなことで悩むことも無かった。

いや

今のままでも良い。
このままでも…せめて月に一回のカットでなんとか回る髪質だったら、インフルエンザ明けに片モミアゲの“意図しない不思議ちゃん”みたいなオジサンにはなっていなかったのに、と思いながらの日々でした。


『髪の毛は普通一ヶ月で約10㎜くらい髪は伸びるけど…ナチョパパさんの場合は15㎜~18㎜はいってそうだし、そこまでいってなくても生え方がどうして伸びた感じに見えちゃうよね(※説明すると生え方が爆発系というかウニ系というか)』

もう36年とか37年とか…そういう付き合いの美容師さんなので、本来の髪の癖とか、好みとか、後退し出した生え際だとか、コシの無くなった髪質だとか…そういう全てを理解しているわけです。

だからこそ〝3週間目の応急処置〟を教えてくれたし、それでもセルフカットを躊躇う僕の背中を押してくれたのが…このひと言。


『(刈り上げに)失敗しても1週間あれば4㎜ぐらい伸びるから大丈夫、なんとかして上げるから。失敗しても大丈夫』

心強いじゃありませんか!

美容室にバリカン持ち込んで、他にお客さんがいる中、刈り方を教えちゃうということは、レストランに材料持ち込んで、お客さんが他にいる横でレシピごと料理を教えて貰っちゃってる感じに近いわけです。

本当だったら営業妨害か!って話なんですが(笑)

でもまさか片モミアゲを切り落とすとは思ってもみなかったでしょうけど。



続きはこちら...

『告白〜どうやらバレ無かったので〜(5/6)』





〝春一番が今 倒して逃げてった!〟
麻布十番
春一番の日…2017年2月20日
                               X-Pro2 XF23㎜F2RWR   
                                      FUJIFILM


まさかインフルエンザになって月一の美容室に行けなくなるなんて1㎜も思ってなかった時、髪が伸びるのが早くて困り、ならば!自分で切っちゃえ!!ということでバリカン(ヘアカッター)を買い、セルフカットしちゃおうっと思ったのです。

自分で切ると言っても、プロ並みに仕上げようとか、美容室に行く回数を減らそうとかいう意図はなく、あくまでも次の美容室に行くまでのつなぎ…『我慢できる程度』にカットできれば良いと。

そこで37年の付き合いになる美容師さんの所に買ったバリカンを持ち込み、セルフカットのレクチャー…つまり”3週間目の応急処置”の実演指導をしてもらい、その覚えたての『セルフカット』で臨んだカットだったのです。

今回はこのレクチャーがあったから“挑戦”したのですが…そうする理由が他にもありました。実はキャンセルした予約の再予約は次の日曜日でした。
普通なら日曜に行けば良いのですが、その二日前の金曜日に半年かけて作ってきた商品のお披露である展示会が大きなイベントホールであるのです。

さらに展示会の終了後は、クライアントの方々と打ち上げが催されることになっていて、それに参加する事になっている。
さらにさらに、その打ち上げは慰労の他に、7年間一緒に働いたスタッフの送別会も兼ねていて…欠席するわけにはいかなかったのです。

日常とは違い展示会も含めて、いつもより多くの、しかも不特定多数の人に会う日にボォーボォーのヘアスタイルで臨むことになる…それはちょっと…。

はあ…。



話は先に進む……。



続きはこちら...

『告白〜どうやらバレ無かったので〜(4/6)』




〝ここまで多いと一枚ずつは逆に目立たない…〟
横浜
目一杯…2017年2月15日
                                  X-E2 XF56㎜ F1.2 R
                                        FUJIFILM





このヘアカッターっていわゆるバリカンなんですけど、刃先に長さを調節するアダプターがあってダイヤルを0.5㎜刻みで刈り込み量を変えるのです。

0.5~10.0㎜がAアダプター、10.0~20.0㎜がBアダプターがそれぞれ受け持つわけです。

丸坊主ではないですから、Bアダプターを付け20.0㎜→10.0㎜の間で目盛りを動かしながら段差でシマシマの虎刈りにならないように注意しながらジョリジョリと刈り込んだのです。


頭の形(頭蓋骨)は人それぞれ全く形が違って、丸く見えても微妙な凹凸があって(グリーンのアンジュレーションという感じ)、7㎜の刃先で頭皮に並行に刈ってもボコボコしちゃうわけです。

そして何より毛流に対して逆撫でというか、毛を立てるようにバリカンを動かさないと、同じ長さでもなんだか斑々(まだら)になってしまうのです。


浴室の鏡と手鏡で合わせ鏡をして、耳の後ろは長い髪を留めているクリップを確認しつつ、どうやっても見えない襟足などは指の感覚と駆使しつつ、何度も何度も確認しながら刈り進め…良い感じになったんです。

九割九分仕上がって〝まあこんな感じかぁ〟とバリカンを置き点検してみると…若干、本当に少しだけ左のモミアゲが長めに見えて。

「あとちょっとだけ切ろう!」
と、少しだけ長めの左モミアゲから順番に最終仕上げをしようと再度バリカンを当てたんです。



シュゥインッ!

ん?????

続きはこちら...

『告白~どうやらバレ無かったので~(3/6)』





〝電気街の夜…〟
秋葉原
電気街の夜…2017年2月10日 
                                            X70
                                          FUJIFILM






 感染症はインフルエンザに限らず“突然発症するもの”だろうし、当然こちら側の予定や都合を一切考慮せずお構いなしにやってくる。今回も『瞼のピクピク』が酷くなって病院に行こうと思った矢先にインフルエンザで外出自粛・禁止になってしまったし。


 しかたなくベッドの上でGoogle先生に相談してみると『薬物の副作用の可能性がある』という。その判断を信じて服用を中止するとピクピクは収まり…とりあえずホッとしたという流れでした。


実は病院だけじゃなくてもう一つ、週末の予定が飛んでびまして…それが髪を切りに行くことでした。つまり美容室の予約をキャンセルしたわけです。




ボクの髪型はいわゆるツーブロックで、こめかみから耳の周りそして襟足まで刈り上げられいて、TOPは少し長めにしで刈り上げ部分に被せているのです。

イメージできますか?


おおよそ月一でカットに行くのですが、髪が伸びるのが早いので、三週間目にはヘアースタイルとしては崩壊してしまうのです。

髪質も毛流も頭の形も管理の難しいタイプで、適当に伸ばしてもそれなりにまとまるタイプの人とは対極にある感じ。面倒臭いことこの上ない。
※剛毛、直毛、絶壁…そして頭皮に対して垂直に生えている。イメージとしては海中のウニみたいな…お分かり頂けますでしょうか?




続きはこちら...

『告白~どうやらバレ無かったので~(2/6)』




〝異国では名所じゃないところが気に入るとその国が好きになる〟
渋谷
なんでもない風景を撮る…2017年2月4日
                                  X-Pro2 XF23㎜F2RWR
                                          FUJIFILM




気が付くと瞼の痙攣は生活に支障が出るレベルまで悪化していました(視線の移動のたびに引っ掛かってピクピクする)。

参ったなぁ…病院に行けないのに…。

仕方なくネットで調べてみたのです。
すると瞼の痙攣は「疲れ目」や「ストレス」などと並んで「脳に障害の可能性」などと言うこともあるらしいと。 うーん…ハッとはするものの、いまいちピンと来ないわけです。

さらに調べてみると…ん?と思うような記述が。 『薬物による痙攣』との一行。



数ヶ月前に、片頭痛予防薬を服用し始めた…と報告しました。

ミグシスを服用すると、片頭痛が起こっても飲み薬がよく効き、痛いのを我慢して注射を打つことが減って助かっていたのです。

ミグシスという名の予防薬なのですが本来、朝夜各二錠の用量の薬なのです。が、医師から「取り敢えず朝一錠だけにしましょう」という指示が。 副作用を考えてのことだと思うのです。 ただ一錠だと「片頭痛薬は効果的に効くようになるけど、片頭痛の回数が減るまでは行かない」と言うことで、3週間前から二錠にしてみようと増やしてみたのです。

それで様子をみて片頭痛の回数が減ってくれればいい…と思っていた矢先に痙攣が始まり、外出禁止のインフルエンザになってしまったわけです。 因みにこのミグシス…抗うつ剤でもあるのですね。
だから医師としては一錠から使い始めたのだと思うのですが。



続きはこちら...

『告白~どうやらバレ無かったので~(1/6)』




〝君と僕と彼と彼女と…〟
裏原宿といわれる辺り
分身の術…2017年2月2日
                                  X-Pro2 XF35㎜F2RWR
                                          FUJIFILM





45歳を過ぎた辺りから会話のネタが“健康”に関することが多くなるという。
若さにかまけて自らを省みることもなく走ってきて、気付くと随分と身体に小さな不具合が出ていて、改めて無理をさせている事に気付く時期なのだろう。

気付けばまだ良いのだが、ある日突然ドーンと突き落とされるように体を壊して「油断していた」とか「もう無理できないな」とか思い知る場合もあったりするのだ。


このBLOGをみると、例に漏れず最近やたらと健康ネタになっていて…もう子育てブログなどではなくて、老い老い日記と言った方が相応しくなっている。

なんだかちょっと寂しい(笑)



続きはこちら...

『明日の朝が最後の一粒…』




〝タミフル 有り難う〟
ホント効くわ
明日の朝、やっと終わる…2017年1月28日
                              X-Pro2 XF60mmF2.4 R Macro
                                         FUJIFILM






火曜日の夜、インフルエンザと分かった時から飲み始めたタミフルも、明日の朝やっと規定の”5日間連続服用”が終わります。

前回も書いたので詳細は割愛しますが、『特効薬』というのに相応しい効果抜群の薬でした。




続きはこちら...

『インフルエンザ発症』





〝日赤病院の時間外診療…〟
広尾
待ちます、結果出るため…2017年1月27日 
                                            X70
                                         FUJIFILM




広尾日本赤十字病院の時間外診療…駐車場の係の人から、診療受付の人から、看護士、医師、時間外薬局の薬剤師(多分)まで例外なく患者フレンドリー(馴れ馴れしいという意味ではなくてホスピタリティーが高いというか、親切な対応)でビックリした。
あまり変わらない距離に東京ER(旧広尾救急救命センター)もあるのですが、どちらも救命級指定病院なので、運ばれるなら日赤かなぁと思ってしまった。
あ、でも最近は東京ERに行っていないから変わったかも知れないけどぉ。




さてさて話は下から…。



続きはこちら...

『左瞼がピクピク動く…実に気持ち悪い』



〝使っていないボタンホールなのに…〟
ニットカーディガンとホワイトデニム
ニット…2017年1月23日
                                  X-Pro2 XF23㎜F2RWR
                                         FUJIFILM


夕方、俳優の松方弘樹さんの訃報が入った。リアルタイムでは役者としてよりもバラエティー番組に出ていたり、ワイドショーでプライベートな話題で時の人になっていた印象が残っている。
もちろん映画好きだったり、私より年上の方は任侠モノの松方弘樹さんの方が思い出深いと思うが。

また一つ昭和の大きな星が逝ってしまった。心からご冥福をお祈りしたい。






続きはこちら...

『品』




〝美しいうしろ姿のひと〟
日本橋室町
美しいうしろ姿…2017年1月19日
                                  X-Pro2 XF35㎜F2RWR
                                         FUJIFILM



ゆるシルエット…ドルマンスリーブっぽいモヘアニット。

サンドベージュのスキニータイプのボトム。同じくベージュのエナメルのシンプルなローパンプス。モカのモンクレールのダウン。鞄はシンプルな革製の中型のトート(CELINEかな…)
時計は新しくはないゴールドのカルティエの『タンクソロ』だと思う…。

今月号の女性ファッション誌に載っているコーディネイトではないかも知れないけど、彼女の出で立ちは品があって…実に素敵だった。


席に着くまでの彼女の表情…口角が上がっていることもまた更に素敵に見せていたかも知れないけど。