FC2ブログ

『食べられないラーメン…の話』




〝Nite Walker〟
   中野駅 (東京)
夜横断歩道…2019年8月13日
                                           GRⅢ    RICOH


夏休みに入ってすぐ、デザイン学校時代の友人と恒例になっている暑気払いをした。
何年経ってもいつも同じネタで笑っていたりするのだが…今回は話の流れが『あいつ何してる?』状態になって…ちょっと面白かった。
悪くない夏休みの始まりだった。


続きはこちら...

『ヒートアイランド大阪』



〝街の様相が変わるのは何も東京だけじゃない…〟
   大阪市 淡路町界隈
              夜街…2019年7月31日                           
                                     Nikon Z7    Z50mmf/1.8s



とにかく体がベタベタするのが嫌。
深呼吸するも肺に入ってくる空気が既に熱帯びていて…生物として危険な領域にいるんじゃないか…って思ってしまう。

あああ…夏好きの方には申し訳ないが、早くも「秋」希望します。



『日本の姿…』



〝半分とは言わないが1/3は外国人…〟
   中野ブロードウエイ  中野
ひまわり村上…2019年7月22日
                                   Nikon Z7  Z24-70mmf/4s



沢山の外国人を見ながら、今の日本って本当は海外からどう見られているのか?と、目の前の光景をボォーと見ていた。(予約投稿)






『映画「新聞記者」を見た…』



〝単館系の映画…で流れた予告映画やたら面白そうだった〟
  渋谷 ユーロスペース
新聞記者…2019年7月16日
                                           GRⅢ   RICOH


私が見聞きした噂なり情報の真偽はわからない。でもこの映画に出演することで受ける不利益があるかも知れないとオファーを断った俳優もいる…というのが本当ならば…尚更この映画を作ることの意味はあったのではないか?

映画の中で何度か出てくる「(対象者は)民間人ですよね?」という台詞がある。

かつて国家権力で蹂躙された「個人の(自由の)権利」を猛省して手に入れたものを、自ら手放そうとしている事に驚きを感じ得ない。





続きはこちら...

『今どき、昔ながらカフス付きのシャツにビジネス用のパンツみたいなこのボトム…』



〝守る人〟
  御茶ノ水界隈
               policemen…2019年7月11日
                                          Nikon Z7    Z35mmF1.8


この一年、元号変わったり、G20があったり、更に選挙があったりで…都市の治安を維持すると言うような名目でやたらと警官が街を歩いているのを見る。

色々な大人の事情で細かいことは書けないし言えないが(笑)…変わりつつある日本の気候を考えると、日本の警察官の制服は素材も含め大きくデザインを変えてもいい時期にきているのではないかと思う。


続きはこちら...

『マインドセットを解く…鍵を探す』



〝古い工場などをリノベーションしてカフェにするケースが散見する〟
   猿楽町 千代田区
               アンティークな…2019年7月4日
                                       Nikon Z7     Z35mmF1.8



かつて親が言っていたからとか、業界の慣わしだからとかじゃなく…自分の頭で考えろよ。本当に喧伝されてるほど数字が良くて、結果を出しているのか?


よく見てみろ。





『令和2年の予定が入った…』



〝裏通りにひっそりとある自家焙煎の店がとてもお洒落だったりする〟
   猿楽町 千代田区
自家焙煎…2019年7月3日
                                Nikon Z7       Z35mmF1.8



約1年半前、会社で受けた健康診断で“尿の中に潜血がある”と指摘され紹介状を持って…東京医科歯科大学附属病院で詳しい検査を始めた。

基礎的な尿検査や血液検査は何度受けたのか …もう覚えてないが、エコーやCTなどの画像診断も併せて段階を経ながら受けていた

今日は最新の健康診断の結果を持って東京医科歯科に行き、半年前に受けた細胞検査の結果と合わせて診断するのだと言う話だった。

初めに結論から言うが、ウィルスや菌に侵されていることもなく、細胞検査での異常も見られなかった。もちろん画像から診断できる体の異変もなかった。

つまり原因はよくわからないが…微量とは言え未だ尿に潜血があると言うことがわかった。

続きはこちら...

『蒸し暑いのは… 勘弁して欲しい』



〝撮影と画像確認を何度も繰り返して本堂をiphoneに収めていた〟
浅草寺 台東区
ブルー…2019年7月2日
                               Nikon Z7    Z24−70mmF4



梅雨だから仕方ないとは言え…まあ湿度の高いこと高いこと。
若い時は汗をかいても一定の時間を過ぎればサッと引いたが、50歳を境に一度出始めた汗は引かない引かない、止まらないのがおじさんの汗。

温暖化のせい?  それとも…私だけ?


続きはこちら...

『境内に多言語が溢れる…なんだかちょっと良い空間になっていた』



〝浅草寺に世界から多くの人が訪れるようになって嬉しい〟
   浅草寺台東区
sensoji international …2019年7月1日
                                   NikonZ7    Z24-70mmF4



もちろん宗教施設ではあるけど、日本の文化伝統を感じる場所として「浅草」や「浅草寺」を訪れる外国人が増えるというのは、なんだかとても嬉しい。



『台風はどうなったのか… 』



〝大門(浜松町)から東京タワーを臨む〟
   浜松町 港区
              行く末の空…2019年6月28日
                                        Nikon Z7   Z50mmF1.8



大きな被害が出ないですんだのか? 
思い込みかもしれないが、近年の自然災害は…度を越しているように見えるから。

※予約投稿
 

『梅雨の晴れ間…最高気温27.5℃』



〝美しいライン〟
 麻布十番 
梅雨の晴れ間…2019年6月25日
             Nikon Z7 Z50mmF1.8


関東甲信越はすでに梅雨に入りしていてしばらく雨が続いていたが、今日は久しぶりに青空を見ることができた。

もちろん恵みの雨である事は分かっているが、やはり連日雨が続くと気分も塞ぎがちになってしまう。

続きはこちら...

『フライト時間1時間半程度なら…エコノミークラスで充分だった』



〝Night Flight〟
   羽田空港
お疲れ様キャプテン…2019年6月20日
                                      Nikon Z7 Z24−70mmF4 



普段から「疲れてる」だの「忙しい」だのといい、ほとんど子供と遊ぶことのなかった父の代わりに遊んでくれたのが九州の久留米に暮らしてた父の弟だった。


当時、まだ叔父夫婦には子供がいなかったこともあると思うのだが、夏休みになると姪や甥をエメラルドグリーンのフォルクワーゲンに詰め込むように乗せ、阿蘇までドライブに連れて行ってくれたり、プールに連れて行ってくれたりした。

今から45年以上前の話だ。

その叔父が亡くなったと連絡が入ったのは、年に一度大阪で商品会議をする出張の最中だった。

続きはこちら...

『雨街』

  • Day:2019.06.10 23:26
  • Cat:


〝雨街〟
   麻布十番 港区
雨街…2019年6月10日
                                             RX100m5 SONY



雨ばっかり。
うんざりするほど濡れた街に落ちているドラマを探して歩く。




『行っちゃいけない道』




〝突然通れなく道…ってあるよね。昨日までは普通に通れたのに…〟
   麻布十番 港区
行っちゃいけない道…2019年6月9日
                                          RX100m5 SONY



通れなくなってから不便を感じたり、通れたときのことを「あああの時は良かった」って振り返っても…もう遅いんだよね。


続きはこちら...

『2019年6月7日 関東甲信越 入梅したと思われる…とのこと」r



〝ママの陰から…可愛いあいつが…〟
   麻布十番
入梅…2019年6月8日
                                         RX100m5  SONY



しっかり…梅雨入りした。


昨日のブログのネタからの今日の入梅宣言。
※なんでも最近は「宣言」ではなくて『思われる』という表現に変えているらしい。

梅雨…


今年はちょっと楽しむ方法を一緒に探さないか?

そこの君…どう?



『そろそろ梅雨』



〝夏服の女…〟
   麻布十番 
夏服の女…2019年6月6日
                                            RX100m5  SONY



天気予報によると、この週末には天候が崩れてそのまま梅雨に突入すると告げていた。
なんでも今年の冬は極端に雪が少なかったために、既に広範囲なエリアで水不足が顕著になっているらしい。

梅雨はもちろんジメジメとして鬱陶しいが、それでも梅雨がなければ人間だけでなく動物や植物まで、生きとし生けるもの全ての生命を脅かすことになるのだから…降雨に対して有り難いと思わないといけないのだろうなぁ。


続きはこちら...

『あまりにも悲しい…』



〝これもユニフォーム…〟
   向島百花園
庭…2019年5月8日 
                                         X-pro2  XF56mmF1.2


今日もまた悲しいそして痛ましい事故が起こってしまった。

あまりにも幼い命があまりにも一瞬にして失われてしまうことに、戸惑いと憤りと悲しみが溢れている。

加害者にも被害者にもならないような仕組みと、新しいテクノロジーが生まれることを願う。

天に召された幼い命の冥福を心から祈り、また息も出来ないほどの悲しみの中にある遺族たちの心の傷が一日でも早く癒される日が来ることを願って止まない。




『散歩中の雷…凄かったなぁ。危険だけど…なぜか惹かれる』



〝東京はかつてベネチアのように水都市だった…下町にはその名残りがある〟
   森下界隈 (江東区)
横顔…2019年5月6日
                                        X100F FUJIFILM




東京ローカルのTV番組のタイトルを真似たネーミングのウィークエンド散歩を始めて二年が経ちます。

そもそもは親離れしてしまった娘がいなくても土日が楽しめるように(笑)…と始め、最近やっと〝一人散歩〟のリズムがつかめて(苦笑)…楽しい時間を過ごすことができるようになってきました。


それで気づいたのですが、この散歩を始めた頃に比べて、明らかに「お一人様」がとても多くなっている…と。

男性女性問わず一人でカメラ片手に散歩をしていたり、ガイドブックに何かを書き込みながら史跡をめぐっていたり…という人を何人も見るようになったのです。

たった二年なのに…その変化は大きく、例えば食事に入った店でテーブルにつくと相席を頼まれることが多く、その相手はお一人様。

まぁ私自身がお一人様なので(笑)…拒否するわけもなくお一人様同士が一つのテーブルにつくことになるのです。

知らない女性と同じテーブルで食事をすると言うことに元はかなり抵抗がありましたが、最近はあまりにもそんなケースが多いので慣れてきました。

思いのほか違和感が解消されないのが女性より男性。
同じ位の年齢のおじさんとテーブルで向かい合わせ蕎麦をすするという状況はかなりシュールできついものがあります(笑)

続きはこちら...

『振り返る時代 想いを馳せる時代』



〝受け継ぐものと受け継がれて行くもの…〟
  神田 神保町
次の時代へ…2019年4月30日
                                      X-pro2  XF16mmF1.4 R 



ついに今日で終わる…「平成」という時代。

一体どんな30年だったのだろうと改めて考えてみる。
今このブログを書いているパソコンだって、こんなに一般的なものでは決してなかった。
そう考えながら周りを見渡すと、目の前にある一つ一つのガジェットの多くが…平成になって生まれたり、もしくは平成になって普及したものだったりする。


例えば電話、例えばテレビ、例えば音楽を聴く方法、例えば電車に乗るときの切符、例えばコミニケーションの仕方、例えば仕事ので使うツール、思いつくだけでも大きな変化がたくさんがって言葉し出すとキリがない。

テレビを見ながらこのブログを書いているのだが、それですらテレビはブラウン管から液晶になり、文章はワープロ専用機(RUPO JW-R10)から、パソコンに変わり(しかも音声入力をしている)、電話は一家に1台ではなく1人に複数のスマホやタブレットになり、音楽は配信、しかもサブスクリプションで聞くようになった。

30年前にはなかった多くのモノ、多くのコトが今では普通になってしまっている。

いよいよ新しい元号が始まる。


続きはこちら...

『Cathédrale Notre-Dame de Paris』



〝Cauchemar (悪夢)〟
   ノートルダム大聖堂 パリ
ノートルダム大聖堂…2019年4月18日
                                          X100s FUJIFILM



ノートルダム大聖堂(パリ)の火災から三日。信じられないような大惨事を目の当たりにして心が痛んだ。

すでに再建に向けて世界から1000億円の以上の寄付金が集っているという。
併せてマクロン仏大統領は再建会社選定に国際コンペをすると発表した。

心強いのは「完璧」と言われる3Dデータが残っていると発表されたことだ。
あとは技術と工期(もちろんコストもだろうが)の最も優れた再建チームが選抜されるのを待つだけだ。


宗教心とは別に、思い出がある場所が延焼し崩れ落ちていくのを見るのは辛い。大げさにいうと自分の過去の一部が崩れ落ちていくような感覚とでもいうか、ディスプレー越しであっても見続けることができなかった。

続きはこちら...

『あなたの心のすき間にそっと入り込む…その名は…』



〝赤いパンツ屋さんを激写〟
   巣鴨商店街
楽しんで欲しい…2019年4月15日
                            X-pro2 XF90mmF2 R LM WR



去年4月、突然難聴(低音障害型感音難聴)になって、ゾッとするほどまずい薬を飲むことで9割まで聴力が戻ったと以前に書きました。

でもそれから半年して…10月に再発。

この時もいい大人が「薬、飲んだことにして捨ててしまおう」と子供じみたことを考えながら、まずい薬を飲んで7割程度まで回復させて今に至るのです。
健常な時に比べると約6割程度しか聴こえてないのはやはり辛いものがあります。

実はこの難聴、いずれも年二回(各春夏/秋冬)の重要なプレゼンが終わった直後になってまして…医師から「原因はストレスですね」と言われたのもなんとなく納得したのです。

続きはこちら...